イベントのご案内

次の「子猫・成猫譲渡会」

平成29年10月9日(祝日・月)
13:00~16:00

場所:番町市民活動センター 
http://www.bancho-npo-center.org/access.html

3兄弟でシャーシャー言っていたブランの兄弟は、皆里親さんのお宅ですっかりゴロゴロの猫になったと聞いている。


そして唯一今も我が家に残っているブランくんも、



あの絶叫していたブランくんも、、




すっかり、いや必要以上にゴロゴロでベタベタな猫になってしまった。






















自分で寄ってきて膝に乗せればゴロゴロ大音量で降りる気配なし。


最近はブランが必ず膝の上にいるのでご覧の通りのブランの写真ばっかり。



あんたどうしちゃったの?(^_^;)





最初に比べて変わり過ぎだろ!(笑)







更にブランはものすごーーーく元気で、まぁ子猫だから当然ではあるけれど、
元気すぎて色んなものを壊される。



あ~~あ




あ~~あ~~





これ誰の仕業?




最近どーもワイファイの調子が悪いと思っていたらLANケーブルかじられてオシャカになってたし、

気がつくと何かに抱きついてキックしてるとかガジガジしてるとか( ;∀;)


もうなんてやんちゃなんだー!








だけどすごーくかわいい。

かわいいからしゃーないね。^_^;

おばちゃんが落とされるような場所に置いておくから悪いんだよね~


しかも元気でよろしい。


真菌のハゲもやっと治ったし。







ブランこそは(兄弟達も)保護されずそのまま置いておかれたら、超絶ド級の野良猫になっていたのは間違いない。


ホリさんに保護してもらって本当に良かった。..>_<..




最近ますます成長してきたけど^_^;
もう在庫になる心配はしていない。



ブランはどんなおうちにもらわれるのかな?




少しくらい悪いことしても全部受け止めてくれる心のひろーい里親さんが見つかるといいね!




ね。ブラン。













2017/9/20
スポンサーサイト

9月24日 日曜日 10時~15時

静岡市駿府城公園で動物愛護フェスティバルがあります。











私達「グループねこさと」でもボランティア活動紹介のコーナーで展示ブースを出します!


以前清水駅の南口広場でやって好評だったフェイスペイントや、ちょっとした物販をやりますので遊びに来てくださーい。


今回はかねてより「こういうの欲しいよね」とグループ内で話していたものを、うちらグループでオリジナルで作ってみた。


それがコチラ⤵︎







猫飛び出し注意ステッカ~


(↖︎ドラえもんがポケットから出す感じで読んでみて下さい)




いいでしょお~これ!
オリジナルですよ、オリジナル!

うちらグループのメンバーのイラストレーターやってるねこまんまさんが描いてくれた100%オリジナルなんですの~~

玄関に貼って宅配のお兄ちゃんや初めてのお客様に注意を促すんですのよ~奥様♡


こちらも売ります。



すみません、売り物で。












写真は里親募集中のメスの姉妹、ふくちゃん(白黒)とゆきちゃん(白)3ヶ月。



ゆきちゃんの目が濁っているがわかるでしょうか。


多分光は感じるだろうけれど動物病院の先生によると見えていないだろうと。







でも見えてないとは思えないほどぜーんぜん違和感なく生活してる。


仲良し姉妹でもらってくれたら嬉しいけれど、一匹だけでも気になったらご連絡下さい!




次の譲渡会(10月9日)に参加します♡

動物愛護フェスティバルもよろしく♡





2017/9/18

これは友人からもらったオマル型のトイレ。




こんなトイレで本当にオシッコしてくれるかどうか半信半疑だったので、

試しにヒメちゃんのリハビリ部屋に置いてみたら、








使い方は間違っているけど、


ヒメちゃんのソファとして活躍中。( ^ω^ )



たわっちありがとう♡




*****




前回の診察からまた1ヶ月が経ったので再び病院へ。



ヒメちゃんの骨、今度こそくっついてて欲しい・・・(ノ_<)



ヒメちゃんのその後③




実は前回藁をもすがる思いで飲ませていた「サントリーカルシウム&マグネシウム」は、

猫仲間から「マグネシウム入ってたらダメじゃん」と指摘を受け、


Σ(゚д゚lll)ハッ!


(猫は低マグネシウムの食事に気を配らないとオシッコ詰まっちゃうから)



結局なんの対策も打てずに1ヶ月過ぎていたのだ。




果たして。







左が現在、右は7月21日


(゚ω゚)






なんか・・・



うっすら骨が出来てるんでない?!





(´;ω;`)


(´;ω;`)


(´;ω;`)




あああああああ!

ヒメちゃん、骨が出来てる!



やったーーーー!




でも先生からは「今いちばん大事な時ですからくれぐれも慎重に」と言われた。



だけどこれでやっとトンネルの先に光が見えてきた感じがする!





ナナはヒメちゃんが気に入らなくて相変わらず部屋の境目にマーキングしてるし・・・

.°(ಗдಗ。)°.



ヒメちゃんもたったひとりで狭い部屋にいて気の毒ったら・・・

.°(ಗдಗ。)°.




一緒に遊ぶ友達もいないし、
私が朝と晩のご飯とトイレ掃除にヒメちゃんの部屋に入るだけで、
ヒメちゃん、さぞつまらないだろうな・・・


ゴメンね、ゴメンねヒメちゃん。

.°(ಗдಗ。)°.






本当はヒメちゃんにも里親さんを見つけてあげたいけれど、
いつヒメちゃんの骨折が完治するかわからない。


うちで面倒見てあげるにしてもナナと不仲でどうしようもない・・・


せめてAさんのおうちへ一日も早く帰してあげたい。



だからヒメちゃんもそれまで我慢してね、
早く骨ができるといいね。






ヒメちゃん

ヒメちゃんは毎日ひとりで何を考えているの?







リハビリ部屋のヒメちゃん










2017/9/2 診察

みなみちゃんはカスミ荘のママの家の物置に野良ちゃんが置いていった3兄弟の一匹。


全員フーシャーだったがその中でいちばん懐こい子が先にもらわれると、あと2匹は人慣れさせるためにのっぽさんにしつけを頼んだ。




オスがほくとくん
メスがみなみちゃん


名前はほくとくんのお見合いが決まった時に慌ててつけた。





のっぽさんのしつけのおかげで人慣れはできたものの、実はみなみちゃん達兄弟はエイズ陽性疑惑があった。


3兄弟で最初にもらわれた子の里親さんが、病院で血液検査をしてもらったところ「エイズ陽性反応」が出たと言われたのだ。


慌てたカスミ荘のママはすぐに残り2匹の血液検査をしたところ、2匹ともエイズ陽性反応が出たのだ・・・




その頃まだ生後2ヶ月弱だった。

カスミ荘のママは絶望していたけれど、
おそらく母親からの抗体移動だ、もう少し大きくなってから再検査すれば大丈夫だよ、そうママを慰め、、それでもほくとくんはもらわれて残ったみなみちゃんを私が預かることにした。


(最初の里親さんもエイズ反応が出た子を返さずにそのままもらってくれた)



エイズ陽性反応が出た子を譲渡会に出すにはプロフィールにそう記さないとならない。

子猫だらけのこの時期に「エイズ陽性」という子をわざわざ選ぶような人はいないだろう。


可愛い盛りのみなみちゃんだったが、私はもう一度血液検査をするまで譲渡会に出すのをやめることにした。



そして2回目のワクチンの時~最初の検査から2ヶ月ほど経った頃、

みなみちゃんの血液検査をすると、





陰性や~~ん!!!



良かった、みなみ!
これで大手を振って譲渡会出られるよ!


よかったぁ~~~~。゚(゚´ω`゚)゚。




そんなこともあるからあまり月齢の小さいうちの血液検査はアテにならなくて、
小さい子は敢えてしないようにしている。




みなみはシャイな子だった。




先日の譲渡会でそのみなみの里親さんが決まり、
里親さんのところが自営業だったため、お届けの日程が噛み合わず、
結局その日に「今日の夕方なら」ということで譲渡会の帰りに届けることにした。



幸い会場からも近く、他の猫達のキャリーもぎゅうぎゅうに積んだまま里親さんのお宅に着くと、家の前で家族全員総出で待っててくれていた。



私はみなみをうっかり別の猫と一緒にキャリーに入れてしまって、慌てて車の中でキャリーの入れ替え作業をしているとみなみがキャリーから出てしまった。


まぁ車内にいることは間違いなかったから、


慌てず騒がず狭い車内でいざみなみを探してみたのだが、


シートの下のどこを探しても見当たらない。






そんな馬鹿な?

いやホントにどこにもいないのだ。
意味がわからん?



イリュージョン?




里親さんは懐中電灯を貸してくれたりしたがまったく見つからず、待たせるのも申し訳なくてやむなく一旦家に帰ることにした。

「す、す、す、すみません、出直します!」




ところが。




帰ろうとして走り出すと車のメーター部分から警告音が・・・





げっ。
わかった、ハンドルの裏側にいるんだ・・・




警告音が鳴ったままでは恐ろしくて車を走らせることもできない、

再び車を停めると今度はハンドルの奥の機械がごちゃごちゃしているところに手を突っ込んでみた、すると、
みなみちゃんの尻尾が!!!




でもみなみは私が引き出そうとすると更に奥に体を突っ込んでいく。


おねがい!みなみ、出て!




すると一瞬みなみの身体の力が抜け、その隙になんとかみなみを引きずり出すことに成功し、やっとのことで里親さんのおうちに届けることができたのだ。


その間ずっと見守って待っててくれた里親さんに必死で謝ると、里親さんは、

「これもいい思い出になります」



と言ってくれて・・・



(´;ω;`)





みなみとしてみれば随分怖い思いをしたことだろう。


でもこの里親さんになら任せて大丈夫だと確信した。
















みなみちゃんにはずっと「ホントにエイズだったらどうしよう・・・」と心配してたから、
その分余計に気にかけていた。


そんな人の心配も知らないで、シャイで私から逃げ回っていたみなみちゃんは、




今ではご家族皆んなに撫でられて遊んでもらって、夜はお布団にも来るようになったという。






2017/9/3 みなみちゃんお届け

先日の譲渡会。

今回もほぼ子猫だらけで20匹が参加。


















三毛柄多めの5匹兄弟達は、
先日ネットから申し込みがあった市内のご家族に、すみれちゃんとげんきくんが貰われて(やったー!)残り3匹が参加。



れんげちゃんとひなぎくちゃん





ブランも。




あの絶叫していたブランくんは嘘のように人懐こい猫に変身しどんなお客様にも可愛く対応し遊ばれまくられていた・・・




つくづく猫って不思議 ^^;






で、

この参加猫20匹のうち、



なんと私の保護猫7匹!



多過ぎだろ・・・



ふっ・・・(。-∀-)




それが、


いつも私達の譲渡会では5~6匹のトライアルが決まるのが常だったのだが、

この日の譲渡会では、なんと10匹のトライアルが決まった。


そしてなんとそのうちの5匹が私の保護猫!





ああ~~~~
苦節ウンヶ月!!!

先月8月の譲渡会では一匹しか決まらなかったんだよな~~(それがミシェル)


それが今月は5匹も!




決まったのはタツヤとみなみちゃん





三毛柄多めの5匹兄弟の残り3匹。


しらぎくちゃんと



柄そっくりで区別がつかないれんげちゃんとひなぎくちゃん



それぞれ皆んな違うおうちへ5匹バラバラに決まった!



ああああ~~嬉しい!
お届けが忙しいけどうれじいよぉ~ヽ(;▽;)ノ




残ったのは中猫3匹と成猫1匹だけど、皆慣れてていい子なので年内には間違いなく決まるだろう。


と勝算たっぷり(笑)







・・・



今まで確かにキャパオーバーだったけどこうして里親さんが決まると本当に保護して良かったと思う。



ほんとうに。






今年もあと4ヶ月だけど

なんとかなりそうだ。






ケムリちゃん、ありがとね。








2017/9/3


「あん」は7月にのっぽさんが「近所で死にそうになっていた」という5匹兄弟の中でなんとか生きながらえていた2匹を保護してきた、そのうちの一匹の黒猫。




fc2blog_20170707122301db6.jpg

fc2blog_20170707122357c47.jpg

隣のナナおばさん②~また子猫




実はこの時のもう一匹の黒猫の子は死んでしまった。

のっぽさんが子猫を10匹ほど抱えて世話をしていた時だった。
のっぽさんからそう聞かされた。





あんは保護当時、尿道から膿が出ていた。
しかものっぽさんはあんの身体は異臭がすると言い、病院へ通い、案の定血液検査の数値も悪かった。



だからのっぽさんから「黒猫の子が死んだ」と聞かされた時、てっきりあんが死んだのかと思ったほどだった。


黒猫の女の子が「あん」、男の子を「おはぎ」と名付けてあった。
死んだのはおはぎちゃんの方だった。






数値悪かろうが異臭がしようが、あんはやたらと元気だったという。





その後病院に通わないとならなかったこともあって、あんの面倒は私が見ていた。


飲み薬と血液検査を繰り返し、どうにか元気になってワクチンも1回済むと、


今度は真菌を発症。(><)




飲み薬、塗り薬、シャンプー。










そんなある日、
突然見ず知らずの女の子がわが家を訪ね、あんを欲しいと言ってきた。

彼女は私が留守がちだったので、自分の名刺をポストに入れてメッセージを残してコンタクトを取ってきたのだった。
その女の子は生命保険の営業をやっている子だった。



20代、ひとり暮らし。

保険の営業の仕事は2年やっている。
実家は市内で一軒家で実家でも猫を飼っている。

アンケートに書いてもらった実家の住所を訪ねるとその家はちゃんとした家で彼女と同じ名字の表札がかかっていた。
彼女の住んでいるペット可のマンションは1DK、
ひとり暮らしだけど営業だから日中家に帰ることもできるという。





―――せっかくあんを欲しいと言ってくれている、この女の子にあんを貰ってもらおう。




生命保険の仕事はもしかしたら長続きしないんじゃないか?など考えたりもしたが、
彼女は猫が欲しくて積極的に私に連絡を取ってきたくらいだ、
案外営業の仕事が向いていて将来は優秀なセールスレディになるかもしれない

若いけど落ち着いているししっかりしている、、と思う^^;



でも1DKのマンションは元気な子猫には少し狭いかもしれないかな・・・


と思いきや、



よくマンションの中に突き当たりの広めのお部屋ってあるじゃんね、

その突き当たりの部屋が彼女の部屋で、
しかも3階で、お部屋の中めっちゃきれいで片付いていて・・・ちょっとびっくり。




みなみちゃん(上)とあん




あんは、よくおしゃべりする子だった。
おもちゃをくわえると唸りながらひとり占めしては(笑)ひとり遊びでよく遊んでいた。
人も好きで抱き上げただけでゴロゴロ言うすごくかわいい性格の猫になった。




そして真菌も鎮静して2回目のワクチンを済ませてから、
その女の子の元へお届けした。







死にそうだったところを助けて、治療して、悪いところを全部治して、元気になったところでもらわれていく。





やれやれ。







あんは今テレビをつけるとテレビに釘づけのテレビっ子になっているらしい。(うちのテレビは小さかったからね
突然走り回って壁にぶつかって落ち込んでみたり、
そうかと思えば壁に蜘蛛のように張り付いて、彼女を驚かせているらしい。




そしてその里親になってくれた女の子から「お嬢さん」と呼ばれている。(笑)









あん、幸せになってね。










2017/8/26 舞台本番の日の午前中、あんお届け


今回の舞台はチルチルミチルの「青い鳥」をモチーフにしたもの。


木こりの家に生まれたチルチルとミチルは自分達より裕福で楽しそうな人達を羨んでいた。
クリスマスの夜、夢とも現実とわからない世界でふたりの前に老婆が現れ、青い鳥を探してくれと言われる。
チルチルとミチルは光の精に導かれながら青い鳥を探す旅に出る・・・





本番は何が起きるかわからない。
舞台はナマモノだから。

おじいちゃんとおばあちゃんに再会した思い出の国から青い鳥をもらってきた途端、鳥が黒くなるシーンがある。

鳥の中には電気を仕込んであり、リモコンで電気を消す、すると鳥が黒くなる予定だった。


なんと本番で電気が消えず(初日)・・・そんなことあるの~~(ノ_<)



ここ重要な場面なのに~~





他にも本番中にヴァイオリンの弦が切れたりとかなり大きなアクシデントが。




でも初日の失敗は翌日に活かし、なんとか無事に終わった。踊り切った。
あ~~~~終わった~~~~!




一仕事終えたあとの脱力感と満足感、気だるさ、その日の打ち上げが終わって家に帰って寝たのが3時半!
あ~あ明日休みなら!と思えど仕事は休めず、
リハーサルのためにお休み取っちゃったからこれ以上休めないんだよねー(T▽T)


でも今回は仕事を休んでリハーサルに全部参加できて、なんだかどっぷり現場に浸かった感じがする。



おかげで家の中の汚いこと、猫達も長時間のお留守番ごめんね。
やっぱりね、あれもこれも全部はできないよ、と自分に言い訳する・・・





毎日炎天下




でも作品が素晴らしくて、
それに参加できたことの満足感の方が大きくて、
すごく大変だったけどすごく楽しいし、また来年もやるんだろうな~~ど思ってしまう。





開場前








見に来てくれたいつもの仲良しは、


「けむちゃ~~ん!すごいじゃん、先生と踊ってたじゃん!天下取ったね!」

(いやいや天下は取ってないから)

「準主役みたいなものだよね!」

(いやいやいや準主役でもないから)


とにかく私贔屓で喜んでくれてε-(´∀`; )友達ってありがたいや~(笑)


初めてお誘いしたお客様からも大絶賛いただき(´∀`; )もう来てもらうだけで嬉しいのに嬉しさ倍増。


足をお運びいただきました皆様、ありがとうございました。


(覚え書)
ひでみん、マナちゃん、かねこちゃん、いつもありがと~~!フカザワさん来年も皆んなと来てね。
タニダさん、お母さんといつもありがとう、かのんさんお友達誘ってくれてありがとう!
ヤザワさんご夫婦でいつもありがとうございます。
カスミ荘のママ、のりちゃんさんありがとう!
てー3姉妹でありがとう、タニさんおひとりでも来ていただきありがとうございます!
りくくんとまあるちゃんのママ、プレゼントまでいただきありがとうございます!
マキタさん、ふくいさん、初めて来ていただきありがとうございます!

ひろみちゃん綺麗なお花ありがとう!
あさのさん、さおりさん、お菓子の差し入れありがとう!
ちずこさんいつものゴーヤサラダありがとう!
ゆみこちゃんフルーツゼリーおいしかったよ~~
ミヤコさんお弁当ありがとうございました!







舞台の様子は毎年ゲネプロを取材してくれるしずおかハピスホさんの告知サイトで垣間見れま~~す。
⇓⇓⇓⇓⇓⇓

しずおかハッピースポット



ハピスポさんもとっても綺麗な写真と記事、いつもありがと~~~~~!!!











翌日は別の飲み友達に打ち上げしてもらった~~















草薙「なすべえ」にて





ビールの美味しかったこと。
やっぱりビールは最高やね。







2017/8/28

今年のSPACの公演日程は26日27日。

月末月初と絡まないため、今年はスケジュール通りリハーサルに参加できる。






お天気の心配はなさそうでよかったー!!



いつもの景色。





リハーサルで今年の夏休みを使い切る~~
ε-(´∀`; )











今年は和太鼓のはせみきたさんをゲストに迎えて、
バイオリンと和太鼓のコラボ。







ヴァイオリニストは柴田菜穂さん




柴田菜穂さんは、当初出演予定のヴァイオリニストの中西俊博さんが怪我のため急遽代役でいらしてくれたのだ。



野外で聞くバイオリンの素敵なこと!








おかげさまで自分の持ち分のチケットはソールドアウト、
私は毎年新しい里親様と出会えるので、

新しい里親様がチケット買ってくれたりする( ̄∀ ̄)

ヘヘッ






当日券はまだありまーす!




2017/8/25

ホリさんのTNRの現場から来た子猫は5匹、そのうち4匹はこれで無事に里親さんが決まったわけだ、ああ良かった~~!


引き取った時は5匹とも漏れなくフーシャーだったからどうなることかと思ったがなんとかなった~~ヽ(;▽;)ノ



むしろすでに中猫になってきたわが家にいる猫達は、いまだ決まらずにうちにいる。


うちの保護猫達、性格抜群なんだけどな~~








それにのっぽさんのところにも最後に保護した5匹兄弟がそのまま残っている。

保護した時超チビだったから色々後回しにしてたらまさに可愛い盛りになってきた(~_~;)






7/11 撮影分





新しいケージ用に買った青とストライプ柄のハンモック。

ネットで千円ちょっとの安いやつを買ったんだけど、その割になかなか丈夫で気に入っている。
いつもは自分で作るんだけどね、そんなヒマなかったので^^;


しかもこのハンモックの上で撮った写真が、





まるで写真屋さんで撮ったみたいにちょー綺麗♡



ハッチーさんが「カレンダーみたい!」って!イェイv(^_^v)♪






さぁ、この子達も里親さん探し始めないと。
名前もなかったので慌てて名前もつけた。


似たような三毛が2匹いるものだから見た目でも区別がつかない。


とりあえずよくわかるのは、体が白いオスとメス。





左がオス=げんき、右がメス=しらぎく



三毛のうち頭だけ三毛柄の子



すみれちゃん



で、そっくりな柄の三毛のコンビは、




れんげちゃんとひなぎくちゃん




・・・でもやっぱり区別がつかない。

どっちがレンゲでどっちがひなぎくだっけ?




しらぎくとひなぎく以外は、

すみれ、れんげ、げんき、と尻とりにしてみた。

(´∀`; )





少しずつ少しずつ、

一匹ずつでも決まればいつか保護猫がいなくなる。


時間かかってもいつか必ずいなくなる。




頑張らにゃいと。


里親探しを頑張るというよりも、

気持ちが折れないように頑張らないと。






2017/8/21

あの絶叫していたブランは






なぜか突然超ゴロゴロな猫になった。













ケージを新しくしてから、割と友好的になって来たことは来たのだが、


サガンが噛んでまで攻撃するようになって来たので、
まずはサガンをのっぽさんのところに連れて行って再度調教してもらうことに。^^;

それでブランが一匹になったわけだが、
そのあたりから徐々に甘えるようになってきた。






実はブランは皮膚病を発症してしまい、患部を舐めて酷くしてしまうので舐めないように服を着せてみたのだが、







洋服着せたタイミングかなぁ
急に大人しくなったのは・・・( ゚д゚)



普通猫に服を着せると、
後ずさりする、動けなくなる、歩けなくなる、などの症状が出るのだがブランくんは大丈夫だったのでそのまま着せておくことにした。



毎日飲み薬と塗り薬塗布のために抱っこする。

するとゴロゴロ度合いはどんどん増してくる。




あの絶叫していたブランはなんだったのか・・・








猫ってホント不思議。


でもまぁ安心した。
これなら在庫になることはない。






ちなみになんとサガンものっぽさんのお知り合いの方で里親さんが見つかったからビックリ。




サガン




しかももうお父さんと一緒に寝てるって。( ゚д゚)






子猫は兄弟に習うところがある。


警戒心の強い兄弟は引き離して、それぞれ人馴れさせるのが案外効果的だったりするのだ。











2017/8/20



最新記事