ハッチーさんのブログで知った、
浜松の多頭飼い崩壊のビーグル犬の現場。

あまりにおぞましい状態ですが「アニマルフォスターペアレンツ」さんがレスキューを担い、
少しでも多くの助けを必要としているため以下に転載します。


写真を見ただけで言葉を失います。

もちろん飼い主が悪いのですが、
なぜもっと早く止められなかったのでしょう。

犠牲になるのは言葉なき動物達、、、
私達は話して行動することができます。

私達は行動するべきだと思います。



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


わずか10畳ほどの空間に、、50数頭の犬がひしめいている、、
悪臭と騒音、、近隣からの苦情、、行政の指導も入り飼い主は処分も考えている、、
この事情を知った複数の方から相談が入りました、。


現地に出向くと、、数十メートル手前からも悪臭、、1頭が鳴きだすと悲鳴のような鳴き声、、飼い主の話によるとフードを切らすと数日食べさせられないこともあるという、、言葉を失いました、。



1356895467846199.jpg



立ちすくんでいます、、ゆっくりと寝る場所はありません、。


ほとんどがビーグルmixです、、避妊去勢をしないままわずか4~5年でこんなに増えたようです。




1356895483650929.jpg



子犬や小柄な雌はなかなか食べ物にありつけないようです、、食事時は床に直接フードをまくと聞きました、。


飼い主さえ正確な頭数の把握が出来ていません、、。




1356895503772899.jpg



いったいどこから手をつけたらいいのか、、本当に悩みました。



まずはご飯、、それから避妊去勢、、里親探し、、何の罪もない犬たちを助けたい、、ただただその思いだけです、。

これから少しづつ移動を開始します、、長い道のりになりそうです。



いつもいつもお願いばかりで心苦しいのですが、、フードを募りたいと思います。

ゆっくりと眠るための毛布もあればと思います(古毛布で大丈夫です)、、。



子犬たちは足が折れていたり、、噛まれたのか足先が欠損したりしています。



皆さまからの暖かなご支援をお待ちしています。




・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


現在は少しずつ犬達の移動を始めているようです、、、が、数が数です。

少しでも多くの人に知ってもらい、手を差し伸べていただけたらありがたいです。

そして私達の身の周りにこのような恐ろしい飼い主がいなくなるよう、
関心を持っていただけたらと願います。



アニマルフォスターペアレンツ「浜松里親通信」


ハッチーさんのブログ「50匹SOSについて」



2013/1/16
スポンサーサイト



最新記事