温泉旅行に行ってきた。

もうずいぶん前に計画を立てた当時は、

「その頃には保護猫もいなくなるだろう・・・」てなつもりだったけど予定は狂った。


でもアラレさん達が猫のお世話に来てくれるので、
安心して出かけられる。

猫の活動は「無理はしない」


ちゃんと楽しいことも好きなこともしながらでないと続かない、と私はしているけどね。




一泊旅行の宿には「ニャン蔵」という猫がいた。

宿の猫ブログは更新が止まったままだったから、果たして猫はいるのだろうかと思ったら、
ずいぶんおじいさんにゃんこのようだったが元気で迎えてくれた。


いらっニャイませ~

sansuikan-2.jpeg




sansuikan-1.jpeg




ロビー兼談話室


3_20121126222836.jpg


柱で爪研いじゃっても怒られニャいもんね~~~



sansuikan-5.jpg



4_20121126222837.jpg

朝の身だしなみを整えるのは常識ニャ~




お風呂はこんな感じ

1_20121126222834.jpg

こちらは内風呂が檜。めちゃめちゃいい匂いで癒される~~~



2_20121126222835.jpg



sansuikan-4.jpg


この床、床暖房であったかいニャりよ~





sansuikan-3.jpg


お部屋は7室の小さな宿でした。



ニャン蔵がたくさん撮れたので、ついでにお宿の紹介をしてみました。


長野県鹿教湯温泉(かけゆおんせん)「三水館」

写真




      



いつもご訪問ありがとうございます。




「10月と日曜日」という居酒屋さんがあるんですが、

そこは定休日が日曜日と10月一ヶ月間。
10月まるまるお休みってすごい・・・
それでそういう名前なんだそうな。

なにを言いたいかとゆうと、

12月があまりに忙しく、ブログをまるまる一ヶ月お休みすることにしました。

今もまだ猫舎に泊まっていることも理由のひとつです。



今までよくもまぁブログに書く内容(猫のこと)があるなぁとわれながら感心しております。
相変わらず記録しておきたいことはつらつらありますので、
もしよろしければまた年が明けた頃ご訪問いただけましたら嬉しいです。


そのあいだお暇な方は過去の記事も読んでいただけたら幸いです。



過去記事はコチラから(保護猫たちindex)

もしくはプロローグよりお入りください。




いつもありがとうございます。



2012/11/30

スポンサーサイト

ちょっと前に機会があって奈良へ行ってきた~


車で短い時間で回っただけなのでたいした観光は出来なかったけど、




奈良といえば鹿。

IMG_3170.jpg

IMG_3175.jpg

IMG_3176.jpg

かわいい~~~~~~


奈良の鹿は神様だから大事にされている。

大事にされている動物を見るのは好き~~~~

折の中にも入ってないし。



鹿たっくさんいました。

繁殖制限とかどうしてるんだろう?(とりあえずすぐそういうことが気になる





そして奈良といえば興福寺五重塔。


IMG_3173.jpg


IMG_3172.jpg
「おお~~~~」


修学旅行の時見たっけかなぁ~(なんか記憶ないや)



そしてその五重塔のすぐ横に国宝館があって、
その名の通り「国宝」や「重要文化財」がゴロゴロ置いてある。



その中にはかの有名な「阿修羅像」や、

千手観音菩薩像、

バカでかい仏像の頭部だけ、とか、

幼少の聖徳太子像とか、

社会の教科書で見たことのあるような有名な像がたっくさんあって見応えハンパないっす。


すばらしいっ!



表情豊かな仏像の顔はなーんかどこかで見たことある人に似ている・・・

「ほらあれ草彅くんの『37歳で医者になった僕』のミムラのお父さん役だった役者に似てる」みたいな。(笑)
(役者さんの名前知らなくてゴメンナサイ)



とにかく興福寺オススメです!



      




奈良に行く前に途中の「三輪」というところで有名な「三輪そうめん」を食べた。

「千寿亭」

土曜日のお昼どきは順番待ちの人がたっくさん

IMG_3167.jpg
三種のつけダレで食べるそうめん つけダレはふつうのつゆとくるみダレとトマトダレ

IMG_3168.jpg
千寿亭昼膳 そうめん・かしわすき焼き・柿の葉寿司・小鉢がついている。(1,575円)


私はいつもそうめんは「揖保の糸」を使っているけど、

三輪そうめんまいう~~~~



おみやげにも買っていったけど、揖保の糸よりぬめりが少なくてしっかりしている感じ。

その差はものすごく微妙なんだけど、そんな気がするなりよ。



      




宿泊は慌ててとった奈良ロイヤルホテルの1泊2食付のプラン。


夕食をホテルのレストランの和洋中の中のどれかを選ぶんだけど、
中華の「沙山華」ってとこにしたんだがね。

そのプランが2食もついてひとり8,800円だったかな(?)めっちゃ安いんで、
ひとり1,500円プラスしてお料理グレードアップにしてもらった。



そちらの中華のお店はホテルと別棟になっていて、

仲居さんが全員着物でサービスにてくれて、日本料亭みたいな高級感あふれるお部屋でびっくり。


IMG_3177.jpg
お庭が見えるよ~


料理もめっちゃうまかったんだよ。


IMG_3178.jpg
前菜の盛合わせ(これひとり分)


IMG_3179.jpg
フカヒレ入りスープ


IMG_3182.jpg
紹興酒をお願いしたらこんな素敵な酒器できました


写真ないけどこのあと北京ダッグが一切れずつ。


IMG_3183.jpg
海鮮の炒め物みたいな


IMG_3185.jpg
中華風牛ヒレステーキ(これひとり分)


IMG_3187.jpg
食事は冷し中華麺ゴマダレ(これひとり分)


IMG_3188.jpg
デザートは杏仁豆腐ORマンゴープリン



ホテルの地下にはスーパー銭湯みたいな大浴場があって、

部屋はまーやや古くてふつーでしたけど

朝食もバイキングでふつうにおいしかったですけど、



とにかく「沙山華」の夕食付きプランはコストパフォーマンス高いです!!!


ホテルの隣りにはカラオケ店がふたつくらいあるので、
夜はカラオケで盛り上がってはいかがでしょう~




2013/7/



長野の旅は春から計画してあった年に一度の温泉旅行。


旅行の日程が近くなって、ジュウキチがうちにいることに気持ちが焦り始めていたところが、直前に里親さんが決まったことは今回の旅行にとってもラッキーだったのだ。


うちの猫達を1泊置いていくのはそれほど心配じゃないけど、
ジュウちゃん置いていくの心配だったんだー。


留守中の猫のお世話はchuchuさんとアラレさんにお願いする。
ふたりともいつもありがとう。





名古屋を8時発の「しなの」に乗る。


は~~~ちじちょおおおどのぉ~~~~~~

あ~~~ずさ2号ぉでぇ~~~~~~~~~




狩人の「あずさ2号」

ふ・・・ふるい・・・古い歌だけど今の私はまさに・・


た~び~だ~ち~~~ます~~~~~


IMG_3710.jpg

(列車の写真撮ってると鉄オタみたい・・・現に鉄オタさんが三脚使って撮っていた)


長野まで3時間。

長野から最初に行ったのが「小布施」。


小布施は観光地らしくいかにもなお土産物屋さんがメイン通りの両脇に連なっている。
ここで昼食。


桝一市村酒造場の酒蔵の一部を改装して作った和食レストラン「蔵部」。
連休初日だったので念のため予約をしておいた。

IMG_3713.jpg

お店の中は酒蔵っぽくてすてき~
袢纏にハチマキのイケメンおにーさん達が作ってくれてます。


IMG_3730.jpg

大釜でご飯炊いてる炊いてる



昼の定食はたとえば「北信州みゆき豚ロース粕漬け焼き」がご飯とみそ汁・香の物付きで1,780円
単品だと1,350円
そこで単品で頼んで3人でシェアする。

IMG_3727.jpg みゆき豚ロース粕漬け焼き


ご飯と豚汁も単品で。かまど炊きご飯320円、豚汁530円

IMG_3725.jpg 豚汁が具だくさんでうまーい!



こちらは栗ご飯630円

IMG_3726.jpg



卵焼き370円といくら醤油漬け420円も頼みました

IMG_3723.jpg

ロース豚はボリュームがあってシェアして正解。いくらもお値段のわりにたっぷりあって嬉し~




その後お土産をここ小布施であらかた買い、
散策しながらお店を見て回る。
お腹いっぱいになったけど小布施でもうひとつ食べたいものがあった。

それはモンブラン


「栗の木テラス」というカフェのモンブラン。


し・・しかしお腹いっぱいだしお店は入り口の中と外にまで並んでいる人が・・・




そこでモンブラン1個だけ店頭で買って、これまた3人で一口ずつ分け合って食べた。

IMG_3734.jpg


IMG_3735.jpg 1個だけでも丁寧に売ってくれました~



う・まーーーーーーーーーーーーい!!!


さすが栗で有名な小布施のモンブラン。
マロンクリームがおいしい~

ひとくち食べれば気がすむってものでございます!!!



他にもさっきの「蔵部」で使っている(ブレンドしている)というお味噌屋さんへ行ったり、

IMG_3732.jpg



小布施のワイナリー行ってワイン試飲したり、

IMG_3738.jpg

IMG_3736.jpg



岩松院の天井の鳳凰の絵を見たりして今宵の宿へ。



ちなみに岩松院では「寺瀬黙山」という人の作品展が小さく開催されていたのですが、
この人の作品がすばらしくて、

私、生まれて初めて「仏像が欲しい」と思いました。



この人の作った仏像なら欲しい!



本当は撮影禁止だけどこっそり撮った1枚。

IMG_3739.jpg



ああ良さが伝わらない・・・・





続く・・・

2013/9/21


お宿は奥山田温泉。


連休初日は長野なのに「うそでしょ?」ってくらい暑かった。

信州はひと足早く秋が訪れているかな~なんて思ったら大間違い。
小布施を回っている時は「暑い暑い」を連発。
それがお宿を目指し車で山に向かって走っていくうちに外気温がどんどん下がっていった。



「満山荘」は日本秘湯を守る会会員のお宿で、
いまどきめずらしいことに宿のHPがない。

それでも全国各地から宿泊客が来る人気のお宿・・らしい。


私はなんの苦労もなくたまたま予約が取れたけど、お風呂で一緒になった奥さんは、
予約開始日にすぐに電話したと言っていたっけ・・・



ロビーはこんな感じ。

IMG_3748.jpg

IMG_3751.jpg

IMG_3798.jpg


ここでほうじ茶をいただきながら、宿長書いて、夕食やお風呂の時間の説明を受ける。


宿のご主人が「日本秘湯を守る会のスタンプ集めてますか?」と聞くので、
それは何かと尋ねたら、3年でスタンプ10個集めたら好きなお宿に1回泊まれるというじゃないか!

今日から集めます!


と言ってスタンプ1個もらった。



でも待てよ。
1年で1回しか旅行しない人が3年で10箇所なんて無理に決まってるじゃん。

ま、人生何があるかわからないし。
(突然専業主婦になる可能性もないわけじゃない)



お部屋。

IMG_3752.jpg


私たち3人だったので、これ以外にベッドがふたつ。


ステップフロアになっていて、階段3段くらいあがったところにくつろぐスペースが。


IMG_3753.jpg


そのソファから外のデッキへと続く。


IMG_3754.jpg


なるほど、こんな山の中だけど和モダンな雰囲気でおしゃれだなぁ~





さて夕食は時間を決められてお食事どころで宿泊客が全員一緒に食べるスタイル。

変わり種の器に盛られた前菜にハートつかまれるよなぁ・・

IMG_3758.jpg


IMG_3760.jpg

IMG_3761.jpg


メニューです
IMG_3889.jpg


最初に地ビールで乾杯、つぎはずらっと並んだ日本酒を物色して飲み比べ。

IMG_3757.jpg

IMG_3762.jpg

お酒の飲み比べ用にグラスをたくさん



岩魚~~~~
IMG_3765.jpg


巻きしゃぶしゃぶ。肉やわらけ~~~~
IMG_3766.jpg


至福でございます



IMG_3767.jpg
枝豆饅頭豆乳あん

IMG_3768.jpg
食事の梅茶漬け

IMG_3769.jpg
デザート






夜になってもさほど寒くなく、ベランダのデッキに出てこのゆらゆら揺れる鳥籠みたいな椅子で酔いを醒ます。
そしてさらに飲む。

IMG_3776.jpg



べろべろでございます・・・





まだまだ続く・・・




2013/9/21

旅行日記が遅々として進まない。
仕事が忙し過ぎる。
(愚痴でした)




さて


お風呂はってえと山間の景色がすばらしい露天風呂が夜8時までが女性専用。

洞窟ちっくな岩風呂が夜8時~朝8時までが女性タイム。



夕食前の夕日が落ちる頃、ゆっくりと露天風呂につかる。

お湯加減もぬるめのちょうどよいお湯で、お湯はうっすら白濁していて、

あ~~~~~~~~ずーーーーーーーっと入っていられるわ~~~~~  

IMG_3796.jpg 内風呂から

IMG_3795.jpg 露天風呂



あまりの気持ちよさに朝食後にダッシュでもういちど浸かってきたよ~


IMG_3794.jpg 朝風呂なりよ~





IMG_3792.jpg お風呂に続く廊下

ところどころ窓にステンドグラス


IMG_3780.jpg 朝のお部屋のデッキ



IMG_3779.jpg 朝の空




ちなみに朝食はバイキング。
なめこたっぷりの味噌汁がおいしかった~

IMG_3783.jpg



今回ちょっと広めのお部屋に3人で宿泊してひとり19,450円でした。(お酒別)




ところで夕べの夕食時に、お食事処のデッキにたぬきが来ていた。


IMG_3771.jpg 餌付けされてるのかな~人が近くに寄っても逃げなかった


たぬきだけじゃなくて、このあたりは猿もイノシシも出るらしい。


そしてなんと朝には・・・ 


猫が・・・   え?・・・




猫?!

IMG_3788.jpg


こちらの猫さん、なんとお宿の飼い猫じゃないらしい。
話を聞いたら半年くらい前からあらわれるようになって、多分捨てられたのではないか、という話だった。



でも朝ごはんの時にお食事処のデッキにやってきて、しきりに鳴いて中に入れてくれとアピール。


IMG_3784.jpg


こんなに人懐こい猫なのに、なぜ捨てられたんだろう・・・しかもこんな山の中に。



帰り際に帳場を担当しているおばあさん(こちらのお宿は家族経営のようです)に猫の話をいろいろ聞いていたら逆に、

「あなた猫好き?」と聞かれ、



「え・ええ・・・」


「じゃあの猫連れてってくださらない?」



「・・・・・」 



連れていってあげたいのは山々だけど、私はここから車と新幹線に乗って何時間もかけて家に帰らないとならなくて・・・
ちょっと無理なんです・・・キャリーバッグもないし・・・(いやバッグの問題じゃなくて)



「かわいそうにねぇ、誰が捨てて行ったのかしらねぇ」


と、おばあさん。



・・・・・・・・

半年前、その猫が捨てられた季節は春だったろうから、

これから冬になってうんと寒くなって雪も降ったりして、

そうしたらあの子どうなっちゃうんだろう。


こんな山の中でおうちにも入れてもらえないなんて・・・
(ご飯はもらっているようだった)




お宿は満足だったけど、あの人懐こい猫が気になって気になって、、、、


寂しい思い出が残るお宿になってしまった。


IMG_3799.jpg 私達が帰るのを見送った猫さん




どうか冬が来る前にお宿の猫にしてもらえますように、と
ただ祈るくらいしかできなかった。



(猫は太っていて身体の大きさからてっきりオスだと思ったら玉がない。避妊済みのメス猫か?)


2013/9/22

お宿を出発して少し山を降りて行ったところに「雷滝」という名所があった。


ここは滝を裏側から見れるので有名らしい。



こんな辺鄙な場所にあるのに思いのほか観光客がいるんだね。

なかなかスリリングで涼しくて、夏場はいいね~

IMG_3801.jpg IMG_3802.jpg


IMG_3805.jpg IMG_3809.jpg
裏から                         表から

迫力~~~~~~



2日目の観光のメインは「善光寺」

善光寺はもうずいぶん昔(20年くらい前?)に来たことがあってなんとなく覚えている。



ただ門前のメイン通りは「こんなにきれいだっけ?」と思うほど整備されていて、
観光客が喜びそうなお店がずらーーーーーーっと並んでいる。

楽し~い!


それというのも長野市が善光寺周辺の町づくりに力を入れて整備したということのようで。


IMG_3825.jpg

 
全部のお店を覗いていたら時間がなくなりそうなので先を急ぐ。




途中にあった「藤屋旅館」

旅館というより立派なホテル。
この日は結婚式のため「貸切」となっていて、

古いけど格調があってその古さが逆におしゃれで素敵~



ここ、地元の人が結婚式をあげたい憧れのホテルのようです。

IMG_3813.jpg
(トイレだけ借りました~)



IMG_3817.jpg
善光寺の三門


IMG_3820.jpg
本堂



善光寺には「お戒壇めぐり」といって、本堂の地下の暗闇に入って極楽の錠前をさわると極楽浄土が約束されるというアトラクションがある。
(アトラクションなどというとバチがあたるかな

私は昔1回やってるからもう極楽浄土を約束されている(?)けど、
楽しいのでもう1回やりますわ~。


本当の暗闇を経験できます。



楽しいのは皆同じなようで、ほとんどの観光客が皆体験するため入るまでがすごい行列。
なんと出てくるまでに40分もかかってしまった




昼食~

IMG_3824.jpg
お昼は善光寺近くのお蕎麦屋さん「小菅亭」で、鴨せいろ1200円



その後川中島古戦場へ立ち寄ると、

IMG_3826.jpg


地元のボランティアのおじさんがガイドをしてくれた。



このおじさんのガイドがよかった。


おじさん、小学生に話すみたいに語尾に「・・・なんだよ」「・・・だったんだよ」をつけるのが口癖で、
(実はおみやげ屋のおじさんで最後にみやげ屋の宣伝していたけど、

歴史にうとい私は川中島の決戦のことが今になってものすごくよくわかって、
そのすさまじかった戦に思いを馳せたんだよ。(おじさん口癖)


おじさん、ガイドありがとう
おじさんのガイド、すごくよかったよ!



      



最後は佐久平から新幹線に乗る。



佐久平の駅前の「田衛門」というお店で帰る直前にいただいた、

IMG_3828.jpg
馬刺しと

IMG_3827.jpg 
鯉のお刺身。


佐久市は鯉料理が有名なんだって。


臭みが全然なくてそこそこ脂ものってておいしかった~!




ところで佐久平は新幹線が停まる駅なのに駅前ガラガラ。

私も今日の今日までここに新幹線が停まるとは知らなかった。

それというのも長野新幹線を開通させるにあたって、
「小諸市」が新幹線の駅はいらないと言って、代わりに佐久市を通ることになったためで、
これでも新幹線が停まるようになって開けてきたんだって。(佐久の人から聞いた話)



佐久平駅の改札に昇る階段にはコスモスのプランターが並んでいて、

最後はやっぱり狩人の歌でしめくくった・・・



右は越後へいく北の道
左は能登までいく中山道
続いてく~~~~~~コスモスの道が~~~~~~~




           


コスモス見たかったんだ~~~




(終わり)

2013/9/22

2月は短い。

月末があっちゅーまに来てもう3月。


会社の端末入力システムが30年ぶりくらいにリニューアルされて先月新しいシステムになったら、不具合続きで仕事が進まない。

毎日残業。

朝から必死でやってるから1日終わって2時間も残業するとぐったりしてしまう。


あううう~~~
(これはブログを更新できない言い訳か・・・)




そして予期せぬ残業で家に帰るとこいつらが・・・


IMG_4932.jpg エネと、


IMG_4931.jpg テト。
 


ゴミを荒らすわ、フードの入った袋は食いちぎるわで、

君らいったいどれくらいの量が適量なんだ・・・・・。


IMG_4976.jpg

黒いギャングふたり






最近そんなお疲れの私を癒してくれるのがお風呂。


たまにひとりでスーパー銭湯には行くんだけど最近のお気に入りが、

 「大江戸温泉物語すんぷ夢広場」 


IMG_5025.jpg



2月に静岡でも山間部で雪が降った日、

確か土曜日、

仲良しのthuthuさんと興津の奥の立ち寄り湯に行く計画をしていたのが、
どうも52号線は雪で通れないかもしれないという情報を仕入れ、
やむなく近場の「すんぷ夢広場」に行き先を変更した。

そうしたらここがすんごくいーじゃな~い



確か以前は入館料1500円くらいだったと思ったが、
なんと今は平日600円、土日祝日でも800円。

はっぴゃくえ~~~~ん???


お風呂は内湯が3つ、露天風呂は全部で5つもあり、
プラスサウナと水風呂1つ。

ここのサウナはそれほど大きくないけれど、
私が普段行く某スーパー銭湯のサウナみたいに熱すぎず、水風呂も冷たすぎず、
サウナに他の客のマナーを見張るようなこわい常連のおばさんもいないし、
「汗を流して入りましょう」とか、
「身体をふいて入りましょう」とか、
「混雑時の寝ころびなどはご遠慮ください」みたいな説教臭い張り紙もなくてリラックスできる~



露天風呂は花の香りのするお風呂、
生薬の薬草風呂、
白く濁った絹風呂などがあって全体的にぬるめなのでいつまでーーーも入っていられる。


さらに脱衣所ではドライヤーもタダで使えるし、
(私が普段行く某スーパー銭湯は5分20円)
綿棒もタダで使えるし、
ボディシャンプーとリンスインシャンプーも置いてある。
(私が普段行く某スーパー銭湯は持ち込まないとない)

これで平日600円は安い!!!


(私が普段行く某スーパー銭湯は500円!!!)





そして館内には食堂もあるけれど食堂には見向きもせずに、
お風呂のあとは車でビューンと仲良しのthuthuさんの家に帰って家飲みするという更なるお楽しみ付き。


だって現地で飲んだら車で帰れないからねー


IMG_4919.jpg  IMG_4918.jpg

おつまみはこ~んな感じで♥




IMG_4920.jpg  IMG_4922.jpg

お酒もこーんな感じでいい酒揃ってます!!!(酒屋か)



おうちでおいしいもの食べておいしいお酒飲んで飲みつぶれるのが、月に一度の週末の楽しみになった。





またいこ~~~~っと。


でも大江戸温泉物語さん、ほんとに800円でいいの?
私、土日千円でも行くよ~





・・・つぶれないことを祈る。





2014/3/5


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

平成26年3月9日(日)10時~12時

「野良猫の不妊手術に対する市民負担の削減を求める市民のつどい」

場所:生涯学習施設アイセル21 4F研修室
   (静岡市葵区東草深町3-18)

静岡市の野良猫に対する不妊手術補助金制度はいまだ改善されておらず、
静岡市民の費用負担はメスで10000円、オスで8000円と県下の他都市と比較しても3倍から4倍と高額になっていて、
飼い主のいない猫を減らし殺処分ゼロを目指す活動の妨げになっています。
*浜松市3700円、焼津市0円、富士市4100円、沼津市2500円

現在静岡市指導センターと獣医師会と話し合い「人と猫が穏やかに暮らすためのガイドライン」の作成に至りましたが、不妊手術費用については一向に改善されないため、署名を集め陳情することに致しました。
多くの皆様のご参加とご協力をお願い致します。

※興味のある方は是非ご参加ください。また友人・知人・お近くの方から署名が回ってきましたらご協力をお願い致します。




~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

先週の3連休は家で法事があった。


祖父の33回忌と祖母の27回忌を一緒にやることでご供養にも区切りがつく。


それで父のふたりだけの兄妹である叔母が静岡に来ていたため、
その叔母を連れて家族で近場の温泉に泊まりに行くことにしたのだった。



家族旅行の幹事はいつも私。



静岡の近場といったら焼津か油山か梅ヶ島を考えていたんだけど、
そのあたりなら慌てなくてもとれるだろうとタカをくくっていたら、

春休み&卒業&3連休&増税前(?)と条件がそろったせいか、
どこもかしこも満室・・・・
キャンセル待ちも叶わずとりあえず押さえておいた梅ヶ島温泉に行くことにしたのだった。



静岡から車で1時間数十分。


近いのか遠いのかわからない距離である。
同じ市内とは思えない山のなかやんけー



しかも同じ市内とは思えないほど寒い!
梅ヶ島にはまだ雪が残っていた。



梅ヶ島温泉はわずかに温泉街といった風情があるけれど、ほぼなーんにもない。
お宿がつらなる道路沿いに勢いよく川が流れているだけ。
雪解け水かな?
市の水道の源泉になる川なんだとか。


IMG_5087.jpg


IMG_5086.jpg
おゆとお水のふるさとなんだね



お宿はこちら。「いちかわ」さん。

IMG_5077.jpg



元気で笑顔だらけの女将さんが迎えてくれた。


玄関をあがるとなんとっ!


IMG_5088.jpg


にゃあちゃん!!!

(ストーブの前にはりついている・笑)


いやーーーん、かわいい!
なんちゅー名前なの?
名前は「ミヤオ」だそうです。

みやおーちゃん!
お世話になるね~~~

IMG_5076.jpg




梅ヶ島温泉のお湯は硫黄のにおいがする。
とろっとぬるっとしたお湯だ。
源泉は40℃で加温するだけで、すべてかけ流しして使っているとのこと。

小さいけれど露天もあって、お湯加減がちょうどよくていつまでも入っていられるわ~~~

露天風呂からは青空と山の先っぽが見えた。





私がここでお風呂より楽しみにしていたのは夕食で、
「いのしし鍋」が食べられること。

天城いのしし村でいのししの芸を見たあといのしし鍋を食べるのはとても無理だけど、実はいのししは大好物。
こういうのジビエ料理っていうんだよね、大好きなんだ。

夕食は別部屋で。

最初に並んでいたお料理がこんな感じ。
これだけでも充分酒が飲めるんですけど~~~!

IMG_5089.jpg


右の青い小鉢はそばの実にとろろをかけたもの。
すごくおいしかった!
それにサラダの中には鹿肉が・・・


IMG_5091.jpg


IMG_5092.jpg
里芋饅頭にカレーあんをかけたもの。おいし~~~!!!



IMG_5093.jpg
てんぷら。

あまご、タラの芽、ふきのとう、しいたけ。



IMG_5094.jpg

そばがきのてんぷら。天つゆで。






そしておまちかねのいのしし鍋も。

どーーーーーーーーーーーーん!!!


IMG_5090.jpg




あたたかいお料理はできたてを一品ずつ運んでくれてありがたーい!
それぞれ意外においしいし!(などと言っては失礼か
満足でした〜!

お風呂場の前にあった卓球台で妹と卓球(いやピンポン)したり、、、ゆっくりできて楽しいプチ旅行になった。



ちなみに朝ご飯はこんな感じ。
納豆・湯豆腐・温泉卵・甘露煮がついてて朝ごはんも充~分。

IMG_5098.jpg

お味噌汁はなめことワカメでした。






実は携帯の充電器をわすれるという失敗をしてしまい・・・


肝心なところで写真がとれなくなる・・・・



肝心なところ=家族で集合写真を撮ろうとした時


肝心なところ=赤水の滝



梅ヶ島に行く途中「赤水の滝」という名所がある。
駐車場もあるので梅が島温泉においでの際は是非お立ち寄りください。




その後安倍街道沿いの福一丸さんで叔母さん用にお土産を見て、
同じく安倍街道沿いの「こなや」さんでお蕎麦のランチを食べて帰ってきた。

ここで携帯復活!!!


IMG_5104.jpg
海老天おろし

IMG_5103.jpg
野菜天おろし  各980円

「こなや」さんはオススメのお蕎麦屋さんでがんす。




久しぶりに楽しいプチ旅行だった。
運転手の私、おつかれちゃんでした~~~!



2014/3/23

昨年末に高校時代の同窓会があったが用事があって欠席してしまった。


当時の担任の先生はかなり高齢になっているはずで、
お元気なうちに皆で会っておこうという趣旨だった気がする。


同じく欠席した高校時代の親友と、

今会っておかないとそのうち先生は本当に死んじゃうかもしれない、
死んじゃったら同窓会欠席したことを後悔するから、
やっぱり今のうちに先生には会っておきたいよね、と話して、

日を改めて会いに行くことにした。


皆でなすり合いの上、親友のTちゃんが先生とアポをとってくれた。





高校卒業して以来だからウン十年ぶり・・・・

ウン十年ぶりって・・・・

はっきり言えばいいのに年がバレるからって肝心のそこを濁したら全くわからない・・・





高校時代の担任のT先生は、お寺の住職をしていてなんといまだ現役。


そのお寺というのが由比の広重美術館のすぐ隣にあって、
T先生は広重美術館の初代館長も務めていたのだ。

親友のTちゃんと同じくクラスが一緒だったKちゃんと3人で行ったのだが、
Kちゃんが「どうせなら美術館も見たい」というので早めに出発。
れっつらご~~



IMG_5139.jpg

いいお天気なり~



広重美術館は由比駅から旧東海道を歩いてくるとその道沿いにあって、
その周りもなんとなく宿場町の雰囲気を残している。


美術館の前の小さなお堀にはなんとカメが


IMG_5138.jpg


カメだらけ。

IMG_5137.jpg


置き物かと思ったら全部本物(生きていた・・・)
こんな小さなお堀になんでこんなにたくさんのカメを放流したのだろう?



私達は美術館に入る前にその横にある「御幸亭」という建物に惹かれてそちらを見学することにした。


IMG_5148.jpg

拝観料は150円。煎茶つき。

お茶飲ませてもらえるってーところに心惹かれたんだなきっと。(笑)



明治天皇が休まれたとかいう由緒ある当時の建物を再現して立て直されたんだって。

IMG_5147.jpg

玄関には桜エビの吊るし雛が。



IMG_5144.jpg

IMG_5145.jpg

お茶いただきました。

この窓から池が見えて、池には立派な鯉が泳いでいる。


IMG_5143.jpg


この中には本当のお茶室もあって、お茶室の中にも入れる。

一緒にいったKちゃんはお茶をやっているので(先生級の腕前)お茶室に興味津々だった。



IMG_5146.jpg

この書は3文字ずつの漢字で構成されていて、内容は富士山のことを書いてあるんだそうな。



他にお客もいなかったので(失礼)お茶をいれてくれた女の人がつきっきりで説明してくれました。

のんびりできてくつろげるね~


そうこうしているうちに先生との約束の時間になってしまったので、美術館に寄れずにお寺に行くと―――――
先生とウン十年ぶりの再会、そして少しおしゃべりしたのち、
今度は先生が美術館に招待してくれた。


そうか、昔の館長さんだったもんね。



T先生は倫理社会の担当をしていたんだけれど、
私は倫理社会の授業が苦手で・・・
しかもT先生の話しを聞いていると決まって眠くなって、
授業中居眠りしてよく怒られたっけ。


その隣りの席でビクビクしていたのが今回一緒に行った親友のTちゃん。


T先生は学年主任もしていて学校中でいちばん恐い先生だった。

その先生の授業で居眠りする私もたいした度胸だが、
度胸関係なく眠くなるんだからしょうがない。

今思えばT先生はお寺の住職していたくらいだから、
授業がお経に聞こえちゃっていたんだろうなぁ~・・・・



その後美術館の斜め向かいにある「海の庭(テラス)」というレストランで、
先生がお昼を御馳走してくれた。


桜エビかき揚げ付きのお蕎麦!わーい!

桜エビがみごとに丸くサックサクに揚がっている!


うまい~~~~!

IMG_5152.jpg


このレストラン、3方が窓で眺めがすばらしい。

(でも人手が足りないのかお客さんが行列でなかなかテーブルも片付かない感じ~)


実は私そのあと用事が入っていて、
大変申し訳ないけどここで一足先に帰らせてもらった。

するとお蕎麦ごちそうになった上に更に、

なんとT先生ったら桜エビのかき揚げのお土産を持たせてくれたんだよ~~~! 





先生ありがと。


これからもお元気で長生きしてね。


今日先生に会えてよかった、お元気なうちに会えてよかった。


T先生は今年88歳です。


・・・・・・・・・・・


ところで広重美術館のお堀のカメは、

誰かは知らないけど勝手に捨てて行った人がいて、

それが増えていったのだと先生が教えてくれた。



のどかに見えたカメさんにもそういう残念な理由があったんだね・・・。



2014/3/29

仲良しのchuchuさんとすんぷ夢広場のお風呂に入りびたるうちに、

今度「温泉旅行でも行こうよ」的な話しになって、



いってきました



大江戸温泉物語「土肥マリンホテル」



猫ボラ先輩のかのんさんが去年の暮れに行って来て「よかったよ~」というものだから、

しかも平日8800円というとってもリーズナブルなお値段に心惹かれ、

サンデーくんの里親さんでもあるこれまた仲良しのはるちゃんと3人で、

車でごー! 



平日8800円は4月からの消費税増税でお値段の見直しがあって9200円(税込)になったけどそれでも安い。

しかもカラオケ1時間無料付きプラン。

温泉はいって~~~~~
バイキングで食べ放題して~~~
カラオケで歌いまくって~~~~

ああああああ~~~~~考えただけでワクワクするやん!!!




     



到着するとまずは好きな浴衣を選び~~~


chuchuさんはマフラーしている上に浴衣試着して「アントニオ猪木」とか言っちゃって
「元気ですか!?」
とかやってる・・・・


その後ひとっ風呂浴び・・・

バイキングに備えて軽めのお昼だった私は空腹に耐えられず早々にお食事会場へ。



旅行の前にエネとはなの里親さんが決まってお届け済んだばかりだった。

はるちゃんは娘ちゃんの高校受験が志望校にみごと合格。

そんなこんなでお祝い事も重なり、声高らかにカンパ~~~イ


バイキングのお料理はこんな感じ。

IMG_5309.jpg

IMG_5312.jpg
天ぷらは揚げたてを食べ放題(天つゆもあるでよ)

IMG_5310.jpg
お刺身のメインはなんてったって金目鯛

伊豆といったら金目鯛でしょ!


プレモルの生ビールは570円
(チェックインの時にお風呂会員になると2杯目以降が100円引き)

グラスワインは1杯360円。(安い!)

伊豆のみかんサワーは1杯280円(安い!しかもうまい!)


お食事時間は5時から8時半まで(ラストオーダー8時)



お腹いっぱいなのになぜか最後にカレーを食べるんだな・・・

IMG_5320.jpg

吐きそう・・・でも食べる。



ぐだぐだ閉店時間まで飲み続け、次はカラオケ・・・の前に卓球台を発見!




IMG_5355.jpg


たのし~~~~~~~~~



カラオケルームは自販機でビール買って持ち込む制度なので、
自分達で調達したおつまみやお酒を持ち込み放題。

IMG_5316.jpg


今日はやっぱり「天城越え」な気分。いつ歌うか?今でしょ!




      



お風呂の最終が12時だっていうのでしかたなくその前にカラオケルームを出て、
最後にもうひとっ風呂。



部屋に帰って全員顔にパックをのせて横になる。


お部屋は全室オーシャンビューで、

窓を開けるとさざ波の音が聞こえる。


暑くも寒くもなく、波の音が心地よく、

波の音を聞きながらまた飲みつつ夜は更けるのだった・・・・・・・・・・・・・・・







続く。


2014/4/18



最新記事