9月11日(土)
一緒にボランティア活動をしているグループの自主上映会があった。

「犬と猫と人間と」

0913 002


チケットも手作り、市販のチケット用用紙に印刷して切り離す、
チラシの余白には上映日時を印刷する、同じくポスターにも上映日時の紙を貼り付けるなど、
自主上映会は初めてだったけど、作業はみんなでやったので楽しかった。

その映画本番の日、全部で250人ほどの人に来てもらった。
200人が目標だったのでまずまず。
私が呼びかけて来ていただいた人達もみな口をそろえて「いい映画だった」と言ってくれた。


***********************


映画の内容は、ひとりのおばあさんに映画制作を頼まれた監督さんが、
日本全国、果てはペット先進国の英国まで飛んで、
ペット王国である「日本」の現実をドキュメンタリーで紹介したもの。
おばあさんはそういう映画をひとりでも多くの人に見てもらうことが、
自分がやっていることを理解してもらう近道だと考え、映画制作を頼んだのだった。

映画の中ではもちろん行政で処分される犬猫達の様子も見せられる。
でもその場面は淡々としていて、悲しみを誇張するような演出にはなっていない。
むしろ、それに携わる人達がいること、その人達もせつないのだということを伝えている。

若い市の職員が、
「動物が好きな自分だからこそこの仕事ができる、嫌いな人が扱ったらもっとかわいそうだ」
と言っていたのが印象的だった。



物言えず犠牲になっていく弱き者達、
この映画の中で、そんな犬猫達のケアを一生懸命にやってくれる人が日本各地にいるのがわかったことが励みになった。
この映画はそんな悲しい犬猫達を知るというよりはむしろ、
犬猫達を救おうとがんばる、心やさしい人達と知り合える映画なのだ。


0913 001


だからかわいそうな映画ではありません。
機会があったら皆さんも見て欲しいと思います。



◇◇◇

その後同じ会場で、県内の他市でそれぞれ活動しているNPO、またはボランティア団体の代表の方に来てもらい、フォーラムを開催。
活動内容の紹介をしてもらい、一般の方からの質問などに答えていただく。

それぞれの代表の方のお話は、大変ためになった。
こういった活動をしている人達はやはり、考え方が大人だなぁ。
猫を嫌いな人にも一緒に「困りごとを解決しましょう」と言っているということ、
そして猫達を守るため、けして感情的にならないこと、
人との関わりがいちばん重要だと言っていたこと
が印象的だった。


0913 003

NPO、他団体の代表の方々が並ぶ。



0913 004

フォーラムにも一般の方が多く参加してくれた。
盛会だった。



2010/9/11


スポンサーサイト

前回譲渡会をやらせてもらった「○町市民活動センター」の1周年のイベントがあった。
ここの市民活動センターは、今まで小学校だったところを市の機関としてリフォーム(?)した建物で、色々な市民グループの活動の場になっている。

私達は今までペットショップの駐車場などを借りて譲渡会を行ってきたのだが、このセンターを使わせてもらえることで屋内の場所の確保ができたことは大きな進展だった。
今月もこちらの会議室を借りて、2回目の譲渡会を行うことになっている。

つまり今回のフリマはいつもの資金集めのフリマというよりは、センターの1周年イベントを盛り上げるための参加だった。


フリマ会場は体育館の中なので準備が楽だ。
仲間は私を入れて全部で6人来てくれて、なにかと手伝ってくれる。
本館の方では餅つきをやったり、おでん、富士宮焼きそば、ポン菓子、パン、お弁当の販売、
似顔絵や風船アート、演奏、デモンストレーションなど催し物もたくさん。

0000 128 餅つき

0000 126 「富士宮やきそば」は大繁盛

0000 125 「焼津おでん」
 
0000 127 あれもこれも食べたいパン


しかしフリマで出店すると、他のお店が気になるところが私の悪い癖。
売った額より買った額の方が多くなっちゃうと何にもならないのに・・・・

しかし、今回は意外な戦利品が。


それがこれ。

0000 130

レトロなベビーベッド。

しかもタダ。
いーんですか?


「誰か欲しい人がいたらもらってほしい」と言われ、すぐに(猫のベッドにどうかなぁ~)と考えてしまう私。

それにこのベッド、すごく使い勝手がいい
足には車輪がついていて移動も楽、それにこの足は折りたたみテーブルと同じ仕組みでたためるのだ。
そして足をたたむと揺りかごになるというすぐれもの!



うちに持って帰るとさっそくベッドに乗るうちの子達。

0000 133

満足満足。
いいものもらったなぁ~~~~

猫が使うんじゃもったいないよなぁ。


イベントのお客様はご近所の人達といった感じで、それほどの人出ではなかったけど、
(フリマの品物もだいぶ持ち帰りました

仲間とおしゃべりしたり、お弁当食べたり、ちまちまと買い物したり楽しい1日だった。


普段はぐたぐたしている日曜の朝早くから動き回るのもなかなか清々しい。
こういう日があるところは活動の楽しい一面なのだ。



2010/10/3

10月11日祝日、私達グループの譲渡会。
今回の参加は成猫も含め全部で36匹!←多い~~~~(泣)


10月とはいえ生後1ヶ月程度のちびっちゃいのもいる。

1011 012


私はうちからターニャとゆめちゃん、カスミ荘のママのところのはーちゃんとかおちゃんの4匹を連れて参加した。
あっこちゃんはしおちゃんを連れて参加、耳の聞こえないしずかちゃんもいる。

1011 001 1011 010

7月に1度やっている会場なので、今回は要領がわかっていて設営も順調にできた。
しかし前回は開始時間とともにお客様がなだれ込んできたけれど、今回はポツリポツリな心細いスタートだった。

あ~不安的中か?


でも結局その後まんべんなく入場者があって、なかなかの盛況ぶり。
来場者には声をかけて、興味のある子猫を抱っこしてもらう。
その時に子猫の性格を説明したり、里親希望者側の環境や先住猫ちゃんの様子を聞いたりする。

1011 004


36匹もいる中で、子猫を欲しくて来る人にとっても「決め手」が欲しいはずだ。
その決め手をアドバイスしてあげるのだ。
もちろん希望者のまったくのインスピレーションで決まることも多い。

三毛猫が欲しかった

前飼っていた子に似ていた

長毛の子が欲しい

・・・・・・・・・・・

そんな中、カスミ荘のママのところのはーちゃんが「この子がいい」と言われ即決???

なぜ(???)なのかと言うと、、、はーちゃんは兄弟の中でいちばん人に慣れていなくて、いちばん里親さんを探すのが難しいだろうと私はタカをくくっていたのだ。
「はーちゃん」という名前も、すぐに「ハーーーーッ」と威嚇するからだった。

「いまいち人慣れができてない」ことを説明したが、そのご家族は「前の子も連れて来た時はシャーシャー言っていたので大丈夫」だと言う。


他にも適当な子がたっくさんいるのに、
いいんですかこの子で?本当に?


そのお宅で以前飼っていた猫と柄が同じだってわけでもなさそうだし・・・
まったくのダークホースだった。
そんなこともあるんだ・・・


1011 005 1011 011

1011 006 1011 003


会場には新聞社の方が取材に見えてくれた。
取材に見えた女性の記者は、「どうしてこんなにみんなきれいなんですか?」と質問をしてきたらしい。
私達グループの代表の人がこう答えてくれたようです。

「それは保護した人がお金と労力を惜しまずお世話しているからです」


われながら・・・あらためて・・・皆えらいなぁと実感。




終了時間ギリギリまでお客様がいて、終わってみれば10匹ほど成立。

しおちゃんも里親さんが決まり、しずかちゃんもトライアルが決まった! ヤッタ~

しずかちゃんは耳の聞こえないハンデはあるが、長毛がミンクの手触りで、性格も抱っこが好きなすっごくかわいい子だった。
私も立ち止まって見ている人に一生懸命オススメした甲斐があった。


ターニャとゆめちゃん、そしてかおちゃんはお帰り~ 

希望を捨てずにおうちを探そうね。

1011 035 かおちゃん



2010/10/11





市の動物愛護館の「愛護館祭り」があった。
たぶん9月の動物愛護週間の流れだと思うけれど、毎年この時期に行われているのだ。

1018 012

私達ボランティアのグループがテントひとつ分を使わせてもらえて、地域猫の掲示物をしたり、小物を売ったりした。
「私達ボランティアグループ」と言っているのは、市内で最大でいちばん古くから猫のレスキューをしているサークルのことだ。

ちなみに私はどこのボラグループにも所属していない。
グループの活動~たとえば餌やり当番などができない、というのと、
どこかに所属すると逆に他との繋がりで動きにくくなる、ことを考えたのだったが、
実際はこちらのグループとほとんど歩調を同じくして活動している。


ハロウィンということで、ハロウィンの仮装をしたわんちゃん達がいっぱい!
わんちゃんはこういうイベントに連れ出すのが楽しくていいなぁ。


1018 018

101017

1018 020

1018 022

みんなかわいい~~~~~ たまりましぇん!

1018 013

子供達もハロウィンの衣装。
スタンプラリーで景品がもらえる。

動物問題のウルトラクイズ(○×クイズ)もあったけど、出題内容はイマイチだったなぁ~
もっと飼い方や動物愛護法にからめた問題もあればいいのに。



あまりのにぎやかかさに、せっかくなら猫もアピールしなければと、
わが家のナナを連れて来た。
写真撮影コーナーがあって、仮装衣装つけ放題。
せっかくなのでナナ撮影。


なんとなくふてくされナナ・・・ 

ナナ

結局ナナはほとんどゲージに入ったままで、たまにくるお客さんもシカト状態。(笑)
お疲れだったね、ナナ。ご苦労様。


仲間とのおしゃべりもはずみ、最後にキャットフードのサンプルのお土産もたんまり。

こういったイベント参加は楽しいです。


2010/10/17

市の動物愛護館で、毎年猫の日近辺に行うイベントに譲渡会で参加させていただいた。

今回私は譲渡対象の保護猫はなし。
運搬とお手伝いで参加。
メイサちゃんは恐すぎて抱っこも出来ないし、今回の譲渡会は見送ったのだ。


10時開始とともにお客様がわんさか。

110220 018


今回の参加猫は少なく14匹だった。
譲渡会のスペースもこじんまりだったのに、この人の押しかけよう。

常にぎゅうぎゅう


本当はゲージに張り付いて猫の説明をしたいところだが、
参加猫がいない私はなるべく外野でスタンバイすることにした。


それでも今まで私から猫をもらってくれた里親さんがたくさん遊びに来てくれた

白猫4姉妹のみおんちゃんの里親さん

譲渡してちょうど一年経ったラッキーちゃんの里親さん

事故で亡くなってしまったそよちゃんの里親さん

保護したナナシちゃん(現在ココちゃん)の里親探しをお手伝いしたMさん




それぞれなつかしくおしゃべりしたが、話し足りないほどだった。

お手伝いでも行った価値があったというものだ。


110220 019 110220 020

ターニャのように片目が濁ったふうちゃん(♀)     ワンパクなのに内弁慶のチャロくん(♂)



110220 023

キジトラのすいかちゃん(♀)といちばん人気だったシロ太くん(♂)


110220 022

ダヤンのような長毛の美猫 カイルくん(♂)



みんな生後5ヶ月から1歳くらいの大きい子ばかりだったけど、
毎年この子猫のいなくなる時期には、そんな大きい子にも譲渡のチャンスがある。
大きい子は性格もわかっているので希望の猫を探しやすいし、健康状態も安定していて飼いやすい。

今までの譲渡会でずっと決まらなかった子でもがっかりすることはない、
最後に最高の里親さんに巡り会えればそれでいいのだから。


110220 021 110220 024

今日が3回目の譲渡会でやっと決まったナツメちゃん(サビ♀)  同じく3回目の今日決まったくぅちゃん(♂)


この日はそんな猫達にも里親さんが見つかり、本当に嬉しいことだった。




実は同じフロアーに愛護館で保護している譲渡対象の子猫がいた。
こんな時期に生後2ヶ月の子猫・・・
それがのけぞるほどかわいい
譲渡会に来たお客様に子猫を見られるとこっちの商売(?)あがったりだ!
なるべく子猫を見せないように~~~


それにしても6匹まとめて小学校に捨てられていたとは・・・全員アメショーくずれのシルバーの子猫で、時期的に考えてもおかしい・・・もしやブリーダーの仕業かもしれないという意見が。


しかしこの子達は間違いなく飼い主さんが見つかるだろう。
いや、希望者が多くて抽選になるとか。
なんだかなぁ~~

110220 026

110220 027

110220 028 中には長毛シルバーの子も。オス3匹、メス3匹の兄弟姉妹。



子猫・・久しぶりに見たなぁ・・・・・・かわい過ぎる。
 

2011/2/20





  

今日は年に3回、春・秋・冬とやる活動資金を集めるためのフリマだった。

私の出品は姪っ子が着なくなった洋服がメイン。
まったく近頃の若者は、洋服を買ってもすぐに飽きる。

でもたいした服ではないので、売り値は100円~50円程度。
捨てないで済めばそれでいい。
資金集めというよりは、枯れ木も山の賑わい的な参加だ。


それに何より仲間との交流が楽しい。

案外いちばんのお客様はその仲間内だったりする。


いつも
「ガラクタを売りに来てガラクタを買って帰る」

などと言って笑っているが、


今回の戦利品はガラクタなんかじゃない。

すごくいいものが手に入った。


COOK画像


上から→右へ順に、

①絶対プラスチックじゃない塗りの浅鉢 100円

②橘吉の豆皿   5枚で100円

③サラダボウル きれいなので買って裏をみたらNARUMIだった! 100円

④衣類 2枚で150円

⑤ポップな色のミュール 100円

⑥水色のストール、素材不明だが肌触りがスゴクいい 50円
 と、おまけの陶器の猫の置物


この他に350ml缶ビール1本100円×4本
ステンレスのフォーク2本50円!

食器棚あふれてますが、これらを買わずにはいられない~!!!





私達のフリマには本当に掘り出し物が多いんです。

特に毎回私の隣りでやる I さんは、旦那様がおエライ人で私達に比べたらお金持だし、、、

エチカさんは毎回里親さんから物品を寄付してもらっては、ワケわからず破格な値段をつけるし、、、


今日もウエッジウッドのキャンドル立て一対を、うっかり300円で売ってて・・・・

 ゲッ!

待って~~~!と思ったが遅し。

買った人、いいお買いものされました。。。




最後にコレ。


DSCF3917.jpg

孫の手10円・・・・

孫の手、欲しかったんだ!




日曜日の歩行者天国では、「東日本大震災への義捐金」集めの高校生が募金箱を持って声をあげていた。

歩行者のほとんどの人が素通り状態・・・

義捐金は個人でも送れるし、皆義捐金疲れしているんだと思うな。

そのうち場所を変えたのか、あっという間にいなくなってしまった。

そしてそのあとには「あしなが育英金」の募金箱を持った高校生達が・・・・・





私達も今日の売り上げと募金の一部を、わずかですが「アニマルクラブ石巻」へ送ることになっています。







2011/4/17  

8月7日の日曜日はいつもやっている市の公共施設の会議室を使っての譲渡会だった。


110808 015


110808 016


110808 017


110808 013


私達の譲渡会は、個人のボランティアさんの集まりをグループ化させ、そのグループで運営している。

その中でも、たくさんの猫を抱え何人かの仲間と自ら会を立ち上げた人がいて、
私達のグループから枝分かれし、譲渡会も別の団体として登録・運営することになった。


つまりいつもの公共施設での譲渡会開催グループがふたつに増えた、ということになる。




それは単純にレスキューされる猫が増えたということになるが・・・

以前も書いたように、猫が欲しいという人も増えなければ、需要と供給のバランスはとれなくなる。




この日は24匹の参加。

うちの2匹も参加。



110718 012


長毛のグレートラ柄が「レミちゃん」

きれいなブルーアイで、白にシールポイントの柄が「マロンちゃん」。



マロンは母のところで預かってもらった成果があって、多少人懐っこくなった。
抱っこすると必ずゴロゴロ大音量。

レミは見た目かわいくて人気があるのだが、
これで人懐っこければなぁ~


譲渡会では2匹は水も飲まずに、トイレにすっぽりと入りっぱなしだった。
さすが臆病モノの2匹・・・・




この日の譲渡会では、お客様は極端に少なかった。
公共施設という場所もよくないのかもしれない・・・ここ、あまり知られていないからなぁ。


レスキューの団体も増え、猫も増え、
譲渡会会場も場所を変え、もっと人が集まるところを探した方がいいのかもしれない。




お客様は少なかったが、その割りに譲渡が決まった猫が7匹。
確率的にはかなりいい。

なによりも・・・

3本足で処分寸前だったはる君、この子の里親さんが決まった!

・・・といっても仲間うちだったが。

110808 018


はるくんもトイレにスッポリだったけど・・・良かった良かった。





そしてマロンちゃんもお試し決定

それまでにもう少し母のところで家猫修行をしてもらおう。


2011/8/7

ブログの更新が遅いです。

仕事が忙しくて更新してる間がない←言い訳



9月23日は動物愛護週間にちなんで市主催の「愛護フェスティバル」があり、
私達グループは協賛団体として参加。

手作り小物を販売したり、TNR活動をアピールしたり。


110924 013


その中でメンバーのひとり、イラストレーターのねこまんまさん
「アニマルフェイスペイント」をやってくれた。



これが大好評!

110924 009

110924 010


子供大喜び。

順番待ちができるほどで、臨時の整理券を出したり。





そして同じくメンバーのひとり、あまねさんがなんと猫のきぐるみを着て、大ハッスル!


110924 008


犬大喜び。 ・・・・違う?



手前味噌だけど、私達グループはひとりひとりの質が高く、
皆常識的な考え方の持ち主で、お互いをリスペクトしている。(と思う)


こういう時の団結力は抜群!



イベントはどちらかというとワンちゃん主体。
ワンコは屋外のイベントに連れて来れるからね。

わんこ達もかわいい~~~!!!

110924 015





私がこっそり仕入れた「招き猫バッグ」もそこそこ売れて会の資金になった。

(画像なし、次回ご紹介します!)


名古屋からわざわざフェスティバルの様子を見に駆けつけてくれた、
招き猫バッグ製造元の I さん!!!  マサカキテクレルナンテ・・・

おかまいできず、申し訳ありませんでした!!!

来月のイベントでも売るぞ~~~~




2011/9/23

愛護フェスティバルの翌日はいつもの公共施設での「譲渡会」。

働くねー  ・・・


会場がこの日しか取れなかったから仕方ない。

譲渡会の会場はほかでなかなか確保できないのだ。。。




この日は全部で28匹参加。

110924 020 110924 021




うちのチャロくんも参加。

110911 003



この子はマロンちゃん(現在のキルアちゃん)の兄弟の子で、
マロンと入れ替えに実家の母がお世話している。

しかしもう1ヶ月以上も経つのに、チャロは人間の前だと固まってしまう。

見かけはかわいいのに・・・この子の里親さんを探すのは難しいかもしれない。






多頭飼い崩壊のお世話している猫達も4匹が参加。

110924 022

ゲージの中は慣れてるとはいえ、トイレにスッポリのマリちゃんピーチちゃん


やはり子猫人気で里親さんは見つからなかった。



いやそればかりではない、、、最近譲渡会に来る客足が少ない。



やはり需要よりも供給が上回ってしまっているのか・・・








捨てられる運命にある新しい命は産まれてほしくない。


拾っても拾ってもキリがないからだ。


だから元を絶とうとしてがんばっている。


けれどそれすらもキリがない・・・。





みんな、もう少しがんばろうね!

おうち探そうね!




2011/9/24

10月9日、

市の動物愛護館で「猫の飼い方&譲渡会」というのに出させてもらった。

市が主催する行事に呼んでもらったと思いきや、
なんのことはない、会場を貸してもらって、すべてこちら主体で行う形式の譲渡会だった。



この日は全部で30匹ほど参加。

うちからはピースケララちゃん

DSCF4766.jpg




そして実家で預かっているのチャロくんと、カスミ荘のドロンジョちゃん

DSCF4768_20111010223934.jpg

(2匹ともトイレに入りっぱなし)



お世話している多頭飼い崩壊の成猫4匹も参加。

参加したのは、
テンちゃん♂、ロクちゃん♂、マリちゃん♀、ナナちゃん♀の4匹。


テンちゃんはなにが気に入らないのか、いつもゲージの中で鳴きわめく。

DSCF4759.jpg



抱っこしてあげると途端に「ぐるぐるぐる・・・」

ただの甘えん坊か?





それにしても・・いつまでも子猫がたくさんいるものだ。

DSCF4770_20111010223933.jpg

DSCF4765.jpg




2週間前にやった譲渡会よりは客足もあり、なかなかの盛況ぶりだったけど・・・。

DSCF4772_20111010230304.jpg


そしてトライアルは7匹!

結果もまずまずってことで、よかったよかった。



そして何より嬉しかったのが、なんと、





マリちゃんとナナちゃんが

2匹一緒に里親さんが決まったこと!!!


こんなありがたく嬉しいことはない!

私はすぐにお世話しているかのんさんにその場で電話をすると、
かのんさんももちろん大喜び!

そしていつも気にかけてくれている仲間の皆も大喜び。

ほんと、嬉しいよ~~~~~~~~






うちのピースケもトライアル決定。  


ピースケはふつーのキジトラ模様だけど特別いい子だ。

最近は自分から膝の上に乗ってきては喉を鳴らしている。

おばちゃんはなんだか寂しいよ。。。







この日の夜夢を見た。


夢の中で場所はどこかわからないけど屋外のどこか、

生後1ヶ月くらいのパステルカラーの三毛猫がよちよちしていた。
(譲渡会で見た柄の子だった・・・)

手を出せば容易に捕まえられる場所に2匹、、、、



なぜこんなところに?

つ・・・捕まえなきゃ・・・



そう思いながら手を出せずにその場を立ち去った夢。






どうして捕まえなかったのだろう。


本当は子猫など保護したくない、いやもう外で見たくない。



夢でよかった、いやあれは本当に夢だったのだろうか・・・・




2011/10/9











最新記事