おしっこをしなくて一晩ゲージに入れられっぱなしだったメルちゃんは、
ゲージから出して欲しくてゲージの中で大暴れして、

やっとのことでおしっこを確認できて外に出してもらうと、
もう二度とゲージに入ろうとしなかった。


ご飯をゲージの中に入れても、頭だけつっこんでご飯を食べるという器用なことをやってのけたという・・・



Tさんからは早々に「ゲージはもう引き上げていただいて結構です」と連絡をもらった




Tさんのお宅ではメルちゃんのお試しは順調だった。
そのおかげでメルちゃんの行動範囲はすぐに広がった。
居間だけでも充分広かったが、
その隣りの和室、
そのまた隣りの応接間(ただし皮のソファーで爪とぎしようとしてすぐに出入り禁止になる)、
廊下、そして2階のベッドルーム以外のすべて!

時折居場所がわからなくなるほどで、鈴のついた首輪もしてもらった。


そしてお試しからわずか5日で、

「是非うちの子に」とお返事をもらったのだった。

110525 004



まだまだ様子見も必要だと思ったが、もちろん願ってもない良いご縁。

やった!メルちゃん!

私は天にも昇りそうな気持ちだった。
こんないいお宅に決まるなんて!


メルちゃんはベッドでオシッコの心配はあるけれど、
特別なかわいい性格をうまれ持った猫だった。
「天は二物を与えず」というけれど、
その愛らしさはオシッコのマイナスを差し引いても、あり余るほどだと私は思っていた。

Tさんと、最初は渋っていたTさんの旦那様も、
そんなメルちゃんのかわいさにメロメロな様子だったのだ。



===============



しかし、正式譲渡の誓約書を交わしたばかりのその翌日、
Tさんからショッキングなメールをもらい、私はしばらくボーゼンとしてしまう。


Tさんがクローゼットのある部屋で衣替えをしていたところ、
たたんだ衣類の上にメルちゃんがおしっこをしてしまった、というものだった。



「ショックで今朝からメルちゃんと殆んどお話しできていません」



あんなにかわいかったメルちゃんに、裏切られた気持ちになったのだろう・・・
その言葉にTさんの正直な気持ちが現れていた。




メルちゃんはお布団だけでなく、たたんだ衣類も気をつけなければならないことがわかった。

でもTさんにしてみれば、不安はそのふたつだけにとどまらず増幅してしまう。

いったい何に反応するのか、どこまで気をつけなければならないのか、

また同じことがあるかもしれない、それでもメルちゃんを許せるのか・・・・



Tさんはしばらく考えます、と言ってきたが、
結局ご夫婦が話し合って出した結論は、「お返し」だった。



110601 003



2011/5/29
スポンサーサイト

その日私はバレエのお稽古だったが、

「一日も早く」というTさんのご希望で、
お稽古が終わった足でメルちゃんを迎えに行くことにしていた。


お稽古場でゆううつな顔をしていた私に、ちずこさんが話しかけてきた。


ちずこさんはバレエ友達で、ロンちゃん・メイサちゃんの姉妹猫の「まこちゃん」という猫をもらってくれた人だ。

アンちゃん(アニキ)というオスの先住猫の友達にと、
人馴れしていないまこちゃんをもらってくれたのだった。


そのアンちゃんももとは野良だったが、私が貸した捕獲器で捕まえて、自分ちの子にした猫だった。




だからちずこさんは時々、私にまこちゃんの話しをしてくれるのだ。
私はついちずこさんへと、メルちゃんのお試しがダメになってしまったことをこぼした。


するとちずこさんは、昔飼っていた「モモコ」という猫の話しをしてくれた。



モモコちゃんは、生後一歳くらいでちずこさんのところにきた猫だったが、
それからまもなく、下半身不随になってしまったという。
医者の見立てでは、小さい頃の栄養障害が原因だということだった。

だからいつもオムツをして、前足でお尻を引きずるように移動していたらしい。
それでも病院に通って点滴を続け、それが功をなし、最後には立って歩けるようになったということだった。
モモコちゃんは約7年間オムツの状態だったが、その後8年ほど普通に生活できるようになり、
16歳で亡くなったという。


オムツしてた時はさー、お尻引きずって歩くから、どうしてもオムツがずれちゃうんだよね。
 
 そうするとオムツの隙間からオシッコが漏れちゃうわけ。
 
 だからうちもしょっちゅうオシッコ臭かったよ。
 

メルちゃん、モモコよりも全然マシだから大丈夫だよ。



110601 004



・・・・・・・・・

「そうだよねちずこさん、メルちゃんがいくらオシッコしても、

 それでも面倒見てくれる人が、きっといるよね!」


そう言いながら、私はちずこさんのしてきた苦労と、ちずこさんの言葉に、
ついべそをかいてしまった。


ありがとう、ちずこさん・・・ 



===============


メルちゃんを迎えに行くと、メルちゃんは玄関の柱から顔だけ出して、
私をチラッと見ると走って逃げた


メルちゃんがTさんのお家から帰るのを嫌がると、余計私が辛くなるじゃないか。
メルちゃんはすっかりTさんの家に馴染んでいた(ように見えた)。
Tさんは随分恐縮していたが、私はできるだけ明るくTさんの家をあとにした。


110601 005 Tさん宅の猫ベッドで眠るメルちゃん



本当は・・・メルちゃんがかわいそうでならなかった。

メルちゃん、がっかりしているだろうな、
せっかく幸せになれると思ったのに・・・・・






・・・いや違う、メルちゃんがかわいそうなんじゃない。


かわいそうなのは私だ。


メルちゃんはなんとも思っていない。




メルちゃんはがっかりなんかしていない。


がっかりしているのは私だ。



メルちゃんは今この時のことを考えているだけだ。

家に帰ってゲージに入れられると、

「なぜゲージなの?」

とそれくらいしか考えていないだろう。

110601 022
メルちゃんはひものおもちゃが大好き



私ががっかりしてどうする。
広くて立派なおうちじゃなくても、
こんなメルちゃんを承知の上で迎えてくれる家をさがせばいいじゃないか。


「天は二物を与えず」

そう、メルちゃんはそれほどかわいいのだから。




メルちゃんのおうちはきっと他にある、、、きっとあるさ。




2011/5/31


メルちゃんの里親さんを募集します。
ご希望の方、お問合せ等ありましたら、右のメールフォームよりご連絡下さい。

リオがうちに来て、ちょうど1ヶ月が経った。


りお



うちに来たばかりの体重はわずか250gだったけど今はもう900gになった。

よたよた歩いていたのが、今はそこらじゅう飛び回っている。



りお

りお


わが妹と姪っ子達は、毎日のようにリオに会いに実家に行っている。
そしてなぜか妹だけはリオのことを「くまくん」と呼んでいる?

まぁどうせ今だけの名前だからなんて呼ぼうが関係ないが、
本人はふたつの名前で呼ばれていることになるなぁ・・・






そんな時、エチカさんから電話があった。

「けむちゃんのところで子猫預かれないかなぁ・・」という電話だった。

その子猫のいきさつはこうだ。



あるスーパーの駐車場で、車のボンネットから子猫の鳴き声がして、
ちょっとした人だかりになった。

車の持ち主が自動車関係の人を呼んで、ボンネットから子猫を取りだした。
しかし車の持ち主はその子猫を「保健所へ連れていく」と言ったので、
たまたまそこに居合わせたエチカさんの知り合いの餌やりさんが、
思わず子猫を連れて来てしまったと言うことだった。


私は最近リオに噛み癖が出て来たのが心配だった。
兄弟がいないと噛み癖がひどくなる危険がある、、、
それにあまりに妹や姪達にちやほやされて、うんとわがままな猫になったら困るなぁ・・・


私はその猫を、リオと一緒に預かれればちょうどいいと考えた。

(・・・と言っても母に頼むんだけど。




そんなわけで私はその子猫を預かることを快諾し、
エチカさんに「名前はどうする?」と聞いてみると、


「う~~~ん、じゃあそこのスーパーの名前をとって『マック』か『マッキー』」


「・・・・・・・・・」


私はいつも、どーもエチカさんの名付けのセンスには賛同できない・・・・





渋る母にまたしても「今だけだから!」と頼み込み、やってきたのがこの子。
リオと身体の大きさもまったく同じだった。

そら



この子を最初にリオに会わせると、
リオは逆毛を立てて「シャーーーッ」と言った(らしい)。
さすがひとりっ子・・・・( ̄∇ ̄;)
でも今では2匹でじゃれ合い、飛び回り、お互いをなめ合い、重なって眠る。
まるで兄弟のように。


そして名前は私がなにも言わないうちに妹が勝手につけてくれた。


「今度の子は『そら』くんにしたからねー」と。



「そら」か、いい名前だ。
エチカさんには悪いが「マック」は却下だ。

そら



そしてリオは意外なところから里親候補さんが見つかる。
今週末にはお婿入り。

私は里親さんが見つかったことが嬉しいし、
ほぼ預けっぱなしだったからリオと離れるのも平気だけど、

・・・・・・・・・・

どーも妹が平気じゃなさそうで。



妹にとっては初めてミルクから育てた猫だったからな、、、無理もない。
妹の借家はペット不可だ。
離れることになるとわかると、余計足しげく実家に通うわが妹・・・・・



こらえてくれよ~~~

りお
姪っ子の足の間で眠るリオ



2011/6/5



リオくん、お婿に行きました。

里親になってくれたのはCOOKPADでお付き合いのあるメンバーのJUNWさんのおねえさんの知人の方。(←ややこしや~)
わざわざ東京から迎えに来てくれた。


JUNWさんとは会ったこともないのに里親さんをご紹介いただき、

まさか本当にその方にもらってもらうことになるとは、私も驚きだった。




ストレートのロングヘアーでスマートなのにグラマーな美人のNさん。
(口には出さなかったけどグラマーだなぁと・・・オヤジか?




リオを抱っこしてもらって、「この子でいいですか?」と聞くと、

「いいもなにも、もういただくつもりで来ましたから。」と言っていただき ・・・



「私、猫の顔は関係ないんです。ブサイクだろうがなんだろうが。」

(注釈:リオがブサイクって意味ではありません;;)


「私、猫がすることは全部自分のせいだと思ってます。」

(注釈:猫がした失敗・悪戯は自分のせいだという意味。
 たとえば猫が高いところからモノを落として壊しても、そこに置いてあった自分が悪いということ)



Nさんと猫のことを話していると、
猫に対する感覚がかなり自分と似ていることがわかった。


リオはひさしぶりに会ったうちの猫達や、今日初めて会ったNさんに対して、
全然怖くない「はーっ」を繰り返している。(笑)


大丈夫よ、リオちゃん。

幸せになれるよ。

グリーンの目のきれいなおにいちゃんもいるよ。


(Nさんの先住猫もオスの黒猫である)




新幹線の時間を気にして、慌てて帰してしまったが、
もう1本でも2本でも遅らせて、もっと話せばよかった・・・・

私ったら・・・・






あとに残ったそらちゃんは、1匹で寂しいだろうと思いきや、
メルちゃんに気に入られ舐めまくられて・・・

110612 009


ガブガブされて・・・

110612 010



ついには逆ギレ・・・・・



そらちゃん、メルの遊び相手にうちに置いておこうかな。






・・・いや、ダメだ。

リオがいなくなったわが妹の寂しさを紛らす方が重要だった。

そらとりお
眠っているリオ(左)とそらちゃん





JUNWさん、里親様のご紹介本当にありがとうございました。


2011/6/11

以前ピクピクを一緒にお届けに行ったKさんの保護猫たち。
近所に住んでいるおばあさんの物置で、野良ちゃんが産んでしまったのを保護したそうだ。

白の多い三毛のメスが3匹、

110612 004

110612 003

この子は模様がうちのナナそっくり。




110612 006

三毛というより二毛?




あとはキジ白のオスが1匹、の4兄弟。

110612 005





遊びたい盛りだけど、病院の狭いゲージの中にいる。

ちょっとかわいそうだけど。。。



こんな子もいた。

すっごいかわいい・・けど顔が傷だらけ。
どういった経緯で保護されたんだろう・・・


でもよかった、野良にならなくて。

110612 002



みんな、早くおうちが見つかるといいね。




こちらで里親募集しています。↓↓↓

「いつでも里親募集中」

エチカさんが最近猫をもらってくれた里親さんから、
「子猫を拾った」とヘルプが来た。


里親さんが犬の散歩をしていた時に、とある公園のトイレで発見したらしいのだ。

ダンボール箱に入って血のついたタオルと一緒に捨てられていたそうだ。

110620 013


いずれもへその緒のついたキジトラ柄の子猫3匹。
こんな小さいのは私も見たことがない、生後数日しか経っていないはずだ。


人の手で捨てられたということは、

①自分の家の飼い猫が産んでしまった

②野良猫が物置で産んでしまった

といったことが考えられるが、私は①が怪しいと考える。
野良猫が産んだとしたら、そんなにすぐには家人に発見されないと思うから。



こんな小さな生き物を外に捨てれば、もしや発見が遅かっただけで命の火は消えるだろう。
それならばいっそ自らで処分してもらいたい。
(賛否両論あるとは思うが、私はいつもそう思ってしまう)



エチカさんはこの子達のお世話でいっぱいいっぱい、、、、

エチカさんがいっぱいいっぱいの時はほかの事を受け付けなくなるので、

私はちょっとだけねぎらいの言葉をかけて、この日はそうそうに退散してきた。

110620 014

110620 015


これが3匹もいれば無理もない。
ミルクをのませるだけで、どんなに時間がかかることか・・・・



小さすぎてピントが合ってませーん。
いやそれともそろそろカメラの変えどきかしらん?



かくいう私もメルちゃんが片付かないとお手伝いができない。

エチカさん待っててね。
メルちゃん、きっと里親さんを見つけるから!



2011/6/20

かわいいメルちゃん。


あれからメルちゃんは、リビングに閉じ込めっぱなしで生活している。

それはお布団にオシッコしちゃうだけの理由じゃない、
うちのオージがメルちゃんのことが大嫌いで、メルちゃんに本気で襲いかかるからだ。

・・・実はオージはエイズなのだ。


私が留守の間、オージとメルちゃんが流血の騒ぎになろうものなら、
メルちゃんにエイズがうつってしまうからだった。


毎日あまりにお留守番時間が長くて、かわいそうな思いをさせてしまっている。

110601 024

ゴメンよ、メルちゃん。



=====================


先日メルちゃんにまた「お試し」の話しが来た。
29歳の美容師さん、先住猫あり。
うちの前で「猫もらって下さい」のポスターを見て連絡をくれた方だった。
(お名前をミントさんにしておこう=たぶん先住猫の名前がミントちゃん)


私はミントさんに、実はかくかくしかじか、メルちゃんにはお布団にオシッコをしちゃう心配があって、
と最初に打ち明けた。

今までの私は、メルちゃんは一度会ってもらえばそのかわいさから、
多少の欠点は目を瞑ろうと思ってくれることに可能性を賭けていたが、
集合住宅にお住まいのミントさんでは、そんなお試しも何もたぶん無理だろうと予想した。


だから最初にこちらからご辞退し、
その代わりといってはナンだが、うちのそらちゃんやKさんの保護猫の三毛猫シスターズなど、
他の子猫達を紹介しようと考えたのだ。


そうお話しすると、ミントさんは、

「オシッコしちゃうって、そんな毎日お布団にするわけじゃないですよね?」

と聞いてきた。



・・・・


毎日ってあーた、

お布団にオシッコなんて1回でもされたら嫌でしょうが?が?が?



そのミントさんがメルちゃんのことをこう呼んだのだ。


「お漏らしメルちん」


くっくっく。かわいい。

お漏らしメルちんだって。


三毛猫シスターズもかわいいけど、その前に一度メルちゃんに会わせてくれだって。


かくしてお見合いすることになったメルちゃん。
ポスターを見てそんなに気に入ってくれたのかな?





本当は里親さん探しがてら、仲間の猫カフェでホストに使ってもらおうとしたのだが、
なんと初日にソファーにオシッコをしてしまい・・・


現場を見たわけじゃない私は、「これってメル?ね?ホントにメル?」←往生際の悪い


結局そのアイデアも水の泡。

110606 015  猫カフェにて


もうどうやって里親さんを探していいかわからなくなっていた。




たまたま舞い込んだお話しだ、
まぁダメもとを何度も繰り返すしかないだろうな。



2011/6/26

さてミントさんが美容師さんということもあって、
なかなかお見合いの日時が定まらなかった。

そんな中状況が一転する。


ミントさんから、

「話しが急展開して申し訳ありませんが、
メルちゃん、私の母が飼いたいそうです!!」

と言ってきたのだ。



な・・なんですって!



「もうお漏らしの話もしてあるのでそのへんは大丈夫です。
実家なら寝室と他の部屋も分けられるので、メルちゃんにとってもその方がいいと思います!」




ミントさんの実家は山の方だと聞いていた。
おかあさんは農業をやっているらしい。

私はミントさんには申し訳ないが、集合住宅のおうちの方にメルちゃんを譲る気はまったくなかった。
でも田舎で農家の一軒家となれば話は別だ。

なんという好都合?! 



ミントさんのお母さんと電話でお話しすると、確かに猫を飼いたいとのこと。
オシッコの話しも通じていた。

本当にメルちゃんでいいんですか?

かくしてメルちゃんは、ミントさんの実家へお届けすることになった。



そのご実家というのが、、、同じ市内ながら山の方に向かってどんどこどんどこ行ったところに、小さな温泉郷がある。
その温泉郷のちょっと手前にお茶とわさびを栽培している小さな集落があるのだが、そこだった。
なんと車で片道1時間くらいはかかる。


その場所を目指して行くのは初めてのことだった。
仕事が終わって夜行くのは危険すぎる、きっと目印を通過してしまうだろう、、、
平日の午後、私は仕事を早退してメルちゃんをお届けすることにした。


110629 004



行く道々の山の緑のきれいなこと。


110629 010



まさかこんなところにメルちゃんがもらわれて行くことになろうとは。

110629 005



ミントさんのおかあさんは素朴でやさしそうな方だった。
確かに、この人ならメルちゃんが多少粗相をしてもさほど気にしないだろうという感じがした。

メルちゃんはミントさんのご実家でも全くマイペース。

ひとしきり探検すると、私の持ってきた砂のトイレで最初のオシッコをしたではないか!

私はその時点で「たぶんここのお家で大丈夫だろうな・・・」と思ったのだった。



帰る時、おかあさんから手土産に生のわさびをもらった。
そこはわさびで有名な地区だった。

いただいたわさびは大きくて立派なわさびだった。

大きくて立派な玉ねぎもゴロゴロ持たせていただいた。






私はメルちゃんがあまりにきれいでいい猫だったから、
以前お返しされたTさんのような立派なお家にもらわれるイメージを勝手に作り上げていたのだと思う。

だからTさんに断られたことがショックだったんだ、、、
でもそんなの関係ない、
メルちゃんがのびのび暮らせて、お家の人にうんとかわいがってもらえればそれでいい。



「お試しですからね、どうしてもダメなら連絡くださいね。また迎えに来ますから」
と、それでも念を押して帰ってきた。

110629 007



メルちゃんなら何度だって里親さんを探してあげる。

メルちゃんはそれくらいいい猫だから。





でもねメルちゃん、ここがいいと思うよ、ここで幸せになってね。

そして時々メルちゃんに会いがてら、
こんなのどかなところへ私をドライブさせてちょうだい。


◇◇◇



帰り道、私はその足でカスミ荘のママのところへ子猫を預かりに向った。
ママのところで、子猫が6匹捕獲されたという話だった・・・


2011/6/28



最新記事