11匹の猫達を猫舎に連れて来たのが1月の上旬。
私が自宅に戻ると入れ違いのようにやってきた。

すぐに2匹は里親さんを確保し、

残り9匹のうち、

IMG_1655.jpg


ボクちゃんは仲間が保護を申し出てくれて、

ジニーちゃんはハッチーさんのネコカフェへ、

ハルカちゃんスミレちゃんは2匹一緒に猫カフェのお客様が里親を申し出てくださり、

ブイくんサクラちゃんは先日の譲渡会でトライアルが決まった。




するってーとあと3匹。

まだ1ヶ月も経ってないのにこの成果はすごい!と喜んでいたさなか、




更に里親希望の方が猫舎を訪れ、

なんとプッチとジャジローを2匹一緒にトライアルしてくれるということに!!!!



しかしそのあとスミレちゃんがお返しになって、
そうはいっても結局あと2匹!


なんてすばらしい・・・



maru2.jpg
マルくん


IMG_1688.jpg
スミレちゃん




猫舎は今月いっぱいで大家さんであるケンくんに返すことになっていた。

「家を売却する」ということだった。



ケンくんには感謝しきれない。

この家があったおかげで、
たくさんの猫達を救うことができたんだ。

結果この家で3箇所の多頭飼い崩壊の猫を保護したことになる。



今はとにかく、2月末日までにマルくんとスミレちゃんの里親さんを、
がんばって探さねば!!!



大人猫さんはこの時期を逃したら里親探しは難しくなる。
猫数は少ないけれど、皆で話し合い今月も「譲渡会」を開催することにした。

2月11日(祝日)
いつもの「番町市民活動センター」で譲渡会開催します!!!



2013/2/2
スポンサーサイト

今月いっぱいで猫舎を出て行く・・・
でも向かいのUさん宅の猫のTNRはまだ終わっていなかった。


オスも含めほぼすべての猫の避妊去勢手術はしたものの、Uさんから、
「あと一匹三毛猫がいる」と聞いていた。

三毛猫といえば・・・完全なメスだ。
メスを一匹でも残したらその子がまた子供を産む可能性がある。

TNRは一匹残らずやらなければ意味がない、
その三毛猫は餌をやっているUさん夫婦にさえ寄り付かない捕獲の難しい子だった。
捕獲器にも入ってくれないし・・・
どうやって捕まえようか、思案の最中だった。




そして実はもう一匹。

Uさんの奥さんが「体が弱くて死にそうなメスがいる」と聞かされて、
かのんさんが急遽保護を申し出た白黒猫。

左の頬に黒い丸模様があるので、Uさんご夫婦が「ほっぺちゃん」と呼んでいた。


食が細く、身体もがりがりで、当初避妊手術をするのが目的だったが、
痩せてそこまで体力がなかったので、
ずっと入院生活をしながら体力の回復を待っていたのだった。



IMG_1706.jpg
ほっぺちゃん


やや長毛がかった毛のかわいい子だった。

保護した当初、ところどころ薄毛で白茶けていてみすぼらしい感じだったが、
入院してからはだんだんきれいに生え揃ってきた。
病院の見立てでは「ノミアレルギーだろう」とのことだったので、
「元気になってもUさんに返さず里親さんを探さないとね」とかのんさんと相談していたのだが、
一進一退でなかなか普通の状態にならなかった。

それほど弱い子だった。



そのほっぺちゃんが急逝してしまった。




病院にはかれこれ4ヶ月くらいいただろうか・・・

やはり急に食べなくなってしまい、最後は腎不全だったらしい。


Uさんに連絡したが、、、
Uさんの奥さんは、見送らずにこのままお別れすると言って電話を切った。





IMG_1719.jpg IMG_1721.jpg



かのんさんと一緒に焼却場へ行った。






ほっぺちゃん、虹の橋に行ったら元気に走り回ってね。


今度生まれてくる時はもっと元気な身体をもらっておいで。


それから・・・



最後の三毛猫ちゃんを連れてきてちょうだい。






最後の一匹が終わらないとUさんの家のTNRは終わらない。
何が何でも最後の一匹を捕まえないと。






2013/1/21



年の暮れから始めにかけて里親さんからご挨拶メールが届いたりする。

皆お嫁にいった猫達の報告をしてくれるので、
そんなメールに心癒され、幸せをおすそ分けしてもらっている。



先日も去年の春に5匹一緒に里親探しをしていたかわいい兄弟姉妹の一匹、
「姫ちゃん」の里親さんからこんなメールをもらって、

大爆笑してしまった。




新年のご挨拶が遅くなってしまい申し訳ありません・・・(中略)

2012年の我が家の流行語大賞は、「噛みつき姫」でした

とにかく何でも、ガブガブ、ガブリ、です。

頭を撫でてあげようと手をだせば鋭い牙で「ガブリ」。

抱っこをしようと抱けば「ガブガプ」の嵐です。

母などは、明け方に枕元に気配を感じて「ヒメちゃん、いるの?」と手を伸ばせば、「ガブリ」と返事が返ってくるそうです(苦笑)。

くるるんのココちゃんナッツちゃんはこんなことしないのに、この違いはどこからやってくるのでしょうか

ワイルド過ぎます。時々くるるんに伺っては「ここの子達、噛まない」と、母娘で感動してしまう程です(笑)。

とは言え、我が家の可愛くて大切なお姫様であることは変わらないので、手に穴を開けられながらも、母娘で猫可愛がりしている毎日です

長くなってしまいましたが、本年がけむさんにとって、善き年、素敵な年になりますように。

写真は、最近写したヒメです。

なかなかの美少女では。。。と完全に親馬鹿な私です。




IMG_1609.jpg


・・・お・・お気の毒な

くるるんのスタッフ猫、ココちゃん・ナッツちゃんはこの姫ちゃんと姉妹になる。
ひとりっ子で育てると、噛み癖がついちゃうのかしら?


猫の噛み癖はかなり深刻になることもある。
なんとかしてあげたいと思いつつ、
でもヒメちゃん女の子だし、それほど困ってる風でもないし、、、いやそれ以上に愛情が勝っているようだし、

メールを見て泣き笑いしたのだった。



      




姫ちゃん、確かに美人さんに成長しましたね。

今年は違う流行語大賞が生まれますようお祈りしています。



2013/2/6

こちらも毎年恒例で里親のNさんより一年一度のお便りが届くみおんちゃん


IMG_8930.jpg



相変わらず真っ白な被毛にブルーの瞳が美しい。
里親さん宅でも「お姫様」扱いのみおんちゃん。

みおんちゃんも3歳の女ざかり、
いまだにお兄ちゃんとは毎日運動会を開催中だとか。

元気で何より  

最近は人見知りが激しくなったようで、来客があると出てこないんだって。


みおんちゃん、そんな子だったのか~
(いやそんな猫の方が多いです)
せっかくの美人猫さんなんだから、皆に見てもらえばいいのに~



そして嬉しい猫団子も見られるとのこと。



IMG_3952.jpg
おにいちゃん(左)少し痩せたかな?

運動会の成果?(笑)



この猫団子がたまらない。
里親さんが夢見ていた猫団子。
私も願っていた猫団子。

それがこうして今でも見れるなんて!
嬉しいわ~~~




しあわせはたとえるならば猫団子
 Byけむ






メールの最後はこう締めくくられていた。


No Cat No Life!


昔はね、私もそんな風には思わなかった。

でも今はよくわかる・・・

猫のいない人生は考えられないって。(私が言っても説得力ないですが)



さあこの3連休には
猫を探しに「譲渡会」にでも行ってみよう。(笑)


「猫譲渡会」

1月27日(日)11時~16時

場所:静岡市葵区一番町「番町市民活動センター」
2F中会議室





2013/2/8

今回の譲渡会の参加猫は8匹!


す・・少ないっ!!!

でも一匹でも決まればよしとする気持ちで、今日の開催を決めたのだった。




参加猫達

0209-4.jpg
超常連のチョコちゃん♀ 譲渡会慣れしてるね~


0209-5.jpg
こちらも常連ルイくん♂ 3匹兄弟で1匹残ってしまった。
なんだかさみしそうだったルイくん


0209-3.jpg
カスミ荘の保護猫カツオ♂すっかり大きく成長して・・・カツオいい子なんだけどな~


0209-1.jpg
今回一番人気のチーちゃん♂ まるでシャルトリューのような美猫。


0209-6.jpg
うちのミカ♀・・・この通りでビビリまくってアピールもなにも・・・


0209-2.jpg
そして耳の聞こえないゆらちゃん♀

ゆらちゃん、今日はだいぶ落ち着いて、最後に来たお客様になでられて、
すごく嬉しそうに体をくねらせていた・・・




0209-9.jpg
そしてマルとニャジロ―。



なぜマルとニャジロ―?

・・・実はこの日までに11頭置き去り猫は二転三転。


そしてこの子達の強運に度肝を抜いた。。。




(その話はまた次回として)

この日は去年里子に出したうららの里親さん(ご主人)が来てくれたり、

長毛猫達の里親さんがご夫婦で来てくれたり、

なつかしい再会があって本当に嬉しかった。

会えば里子に出した猫達の話しで盛り上がる幸せな瞬間・・・


手土産やらご寄付やらいただきまして、本当にいつも応援いただきありがとうございます。



2013/2/11



猫舎にいる11匹の置き去り猫はその後、



お返しにになったスミレちゃんの里親さんも別のお宅に決まり、

喜んだのもつかの間、

チップとニャジロ―が2匹一緒にもらわれるはずが、

不動産やさんから「一戸一匹契約」と言われ・・・ナントッ!

ニャジロ―が帰ってくる。



(3歩進んで2歩下がる)



猫舎でニャジとマルの2匹になると、
急にマルくんが甘えるようになった。


130209-4.jpg
足元にすり寄ってくるマルくん


私達に慣れてきたのか、それとも今まで苦手なメンバー(猫)がいて、
そいつがいなくなったおかげで自分らしさを発揮できるようになったのか?(苦笑)


130209-2.jpg
自分から膝に乗ってくるマルくん


マルがこんな人が好きな猫だったとは。

これなら譲渡会でもうんとプッシュできるぞ!


130209-3.jpg

ニャジロ―は怪傑ゾロのようなマスクがおもしろい。
おおらかで人が好きな子だから、このマスクを気に入ってくれる人がいれば!

そんなわけで譲渡会にはマルとニャジロ―が参加したのだった。



なんと言っても猫舎の家を借りられるのは今月いっぱい。
それまでになんとか全猫の行き場を決めたかった。




それが、、その譲渡会でなんとマルとニャジの2匹の里親さんが決まった!

参加猫8匹のうち、トライアルが決まったのが3匹。
その3匹というのが、
シャルトリューのようなチーちゃんと、
マルとニャジロ―だったのだから。


この子達はなんて強運だんだろう。
1月5日に11匹の猫を猫舎に連れてきてから、なんとたったの1ヶ月半で、
全部の猫の行き先が決まってしまったのだから!!!


0209-0.jpg
黒猫女子組のスミレ(左)とサクラ(右)


こんな事件に首を突っ込むハメになったエイケミさんも不運だったけど、
こんな奇跡のような結果にたどりつくと、
不運よりもむしろ幸運を経験できたと感じるんじゃないだろうか?



エイケミさん、おめでとうございます。


そして幸運な猫達に幸多かれと祈ります。


130209.jpg


*******************


トライアルは順調。

里親さんからの嬉しいメールが次々転送されて、
こちらも嬉しい悲鳴。

ずべての猫の本譲渡が決まりそうです。




11匹の置き去り猫達に応援ありがとうございました




2013/2/12

お隣の富士市で猫のレスキューをしているボランティア団体より
大変な情報が飛び込んできたことをハッチーさん経由で知った。


多頭飼い崩壊・・・



この事件の詳細を知った日は、そのことを思うだけでなかなか寝付けず、、、

翌朝も早くに目が覚めて、猫達のことを考えては2度寝もできずうつらうつらとしていた、、、

それほどひどい状況で・・・


なので見たくない人はここから先は読むのをやめるようにして下さい。





===============


その飼い主のおばあさんはいずれ猫を処分するつもりで、
まるで荷物のように猫をキャリーに入れて玄関先に積み重ねていたという。


いったいいつからキャリーに入れっぱなしにしていたのか、


いったいいつまでそのままで置くつもりだったのか、




それを考えただけでぞっとするし、考えればまた眠れなくなる。



―――以下ブログより一部抜粋―――

あまりの惨状を見かねた一般の方から、どうにかならないかと相談があったものの・・・相談者自身はその子たちの避妊・去勢のお金は出せません、とのこと。

とにかく状況を見るため、クマさん、akoさん、Tさんが現場へ。

しばらくして、クマさんから泣きそうな声で電話がかかってきました。

…ひどすぎる…

…とてもこのまま置いてこれない…

その声を聞き、まだ状況もよく飲み込めないまま、車に積めるだけキャリーを押し込んで現場へ出動しました!




詳細はこちら

「富士市多頭飼育崩壊」



asamiさんのブログ

「はぐれCAT」




悲惨な現場からすべての猫が救出されたことだけが救いだった。


全頭未避妊未去勢の猫、、、その数27匹




・・・この数には聞き覚えがある。

そう、1年半前に私達がおじいさんのところから保護した長毛猫も27匹だった。

27ってなにかイワクがある数字に思えてきた。



・・・・・・・・・・・・・・



そして実はもう一箇所。

同じ市内でとんでもない多頭飼い崩壊が起こっていた。



こちらの詳細は手がかりがなく、以前先輩のエチカさん経由でなんとなく情報があったものの、
おそろしくてその後の経過を確認できずにいたのが、

つい最近またしても仲間から知ることができた。


その数71匹。
(最初は100匹と聞いていました)



もしや市が介在してすべて処分に回されているかもしれないとも思っていたが、
レスキューされていたのだ。


これもブログからでしか内容は確認できないが。


80匹多頭飼育崩壊




よくぞ助けていただきました・・・



・・でもこれで市場に出まわる里親募集猫は増えるばかり。
だからこそこれ以上もう増やしたくない。
やはり自分ができることをコツコツとやっていくしかない・・・



ちょうどこちらの猫舎がすべて片付いたところだったので、
猫舎に残っているフード、猫トイレ、猫砂、毛布などを、
すべて寄付に回すつもりでいます。

そしてこんな飼い主がいなくなるよう、、、

こんな飼い主へと動物が渡らないよう、、、

今後の課題にはなりますが、二度と起こって欲しくない事件です。


IMG_1827.jpg
ナナとミカ



2013/2/15

27匹多頭飼い崩壊の猫の中で、

最後に一匹残っていたデビですが・・・・



里親さん決まりました。




それが・・・・







一時預りしていただいていたHさん・・・に。




Hさんは動物病院のスタッフをしていた人で、旦那様の転勤で病院をやめて隣町に行く際、
デビを連れていってもらったのだった。

Hさんはいずれ障害があって貰い手のないような猫の里親になるつもりの人だった。

実は先日なくなった「ほっぺちゃん」もHさんにもらっていただこうかと、
かのんさんと相談していたくらいで・・・




そのほっぺちゃんも死んでしまい、


更に旦那様が県外へと転勤になってしまい、、、


「びっちゃん、もらっちゃおうかな~~」
(注:「びっちゃん」とはデビのこと)


と、つぶやいたのをかのんさんは聞き逃さなかった。





Hさん談

「びっちゃんみたいな子は一緒にいないと良さがわからないから」






そうそう、そうなんだよ。



100匹の猫に100の個性があるものだから、
どんな猫もみな世界で一匹だけの猫。

最初からゴロゴロすりすりの子ばかりではないし、
ものすごく臆病かと思えばある日を境に急に甘えだす子もいる。
その瞬間の嬉しさったら。



まさにうちに居候中のミカちゃん。

先日急に自分から膝に乗ってきた。


__ 2



もうびっくりでええええ~~~~!?てなもんですよ。



__ 1


ナナが膝に乗っているのを見て、自分も乗りたくなった・・・と思われる。(笑)

でもかなり甘えん坊になる期待!(笑)




ミカも一緒にいないと良さがわからないタイプの猫なんだよね。

ここまで来るのに時間がかかるだろうし。



ミカちゃんただいま絶賛里親募集中!!!




なにはともあれ、デビちゃんのおうちも決まり、
こちらの27匹多頭飼い崩壊事件はやっと幕をおろすことができた。


応援していただいた皆様、

ブログでずっと呼びかけてくれていた真さんchuchuさん

本当にありがとうございました。


__ 3「家政婦は見た」風デビ(笑)


_0.jpgHさんメールより


一時預り転じて里親様のHさん、
本当にありがとうございました。

デビちゃんを末永くよろしくお願いします。




2013/2/16

暮れにミカと一緒に我が家に連れてきたぴーちゃんは、


IMG_1632.jpg


猫舎にいた時はフタちゃんからストーカーされ、

我が家でもやっぱりうの(うちの猫)から嫌われて行動を逐一見張られ、

そのせいかいつも一箇所にじっとして動かない猫だった。


IMG_1631.jpg


そのぴーちゃんは、ポスターを見たと連絡をもらった人のところへトライアルにいっていた。
私が作ってアラレさんがスーパーに貼ってくれたポスターだ。
先月の下旬のことだった。


里親希望のWさんは、これまでずっとシャム系の猫ばかり飼ってきて、
去年一匹が亡くなり、
もう一匹の先住猫がさみしがっているから子猫でなくともいいということだった。



ぴーちゃん、今度はうまくいくかなぁ・・・



Wさんに、
「3日くらいご飯を食べないかもしれません、夜鳴きもするかもしれませんが、そのうち必ず慣れますから長い目で見て下さい」

そう説明したところ、トライアル1日目でふつうにご飯を食べたと聞かされ、

(これはぴーちゃんがWさんのおうちを気に入ったに違いない!)

そう確信したのだったが・・・




1週間が過ぎて様子を聞くと、Wさんからこんなメールをもらった。

先住との相性は問題ないようです。
ご飯も食べてますし、猫じゃらしで遊ぶようにもなりました。
ただ、
今日も出かける時にどこを探してもいなくて、天井の押入れに器用に入っているのを見つけました。
今までの子はいつも私のあとばかり追っかけていて、上から見ている子はいなかったから???
慣れればうちの子に迎えるつもりですが、ちょっと違うかなと感じているところです。・・・



ガ━━  ━━ン!!




・・・あ~そーなんだよな~~

ぴーちゃんは私が帰宅してすべての猫が玄関に出迎えてくれても、ぴーちゃんだけは出てこない。
でもそれは「うの」という嫌いな猫がいるからで、
環境が変わればそんなことはないだろうと思っていたのだが。


1週間後には「譲渡会」が控えていた。

もし返されるのならば、譲渡会の前に返してもらえればぴーちゃんを譲渡会に出せる、、、
(前回もトライアル中に譲渡会があったためぴーちゃんは出られなかった)

――――でも、今回はWさんに賭けてみようと思った。
だってぴーちゃんはWさんのおうちが気に入っている(はずだ)。
Wさんの環境もぴーちゃんにぴったりだと(私は)思ったのだ。

私はWさんには譲渡会の話しはせずに、そのまま黙って放置することにした。




するとWさんからのメールの内容に少しずつ希望がさしてきた。




今朝ミルク(先住猫)とぴーちゃんは運動会らしきものをやっていました。

ぴーちゃんは出窓で道路を走る車をずっとみているようでした



×××××


ぴーちゃんの表情が随分変わってきたように感じます。

夜中、ベッドに上がってきてミルク(先住猫)のところに来ました。

もう少しがんばります!



×××××



今日もしっぽを立てて1時間くらい運動会してました。

ミルクはしょっちゅうぴーちゃんのところに行って遊んでコールをします。

ゆうべは腕枕をしてやるとミルクと一緒に朝までベッドで寝ていました。



×××××


Wさんから「もう大丈夫ですよ」とお返事をいただいたのは3週間後。


ぴーちゃんはWさんのおうちに正式譲渡になったのだ。

あーよかった。
焦って譲渡会までに結論を出してくれだなんて言わなくて。



     



そのぴーちゃんに保護主のNさんと会いに行ってきた。


ぴーちゃんはWさんの部屋のベッドで丸くなって、いつものようにじっとしていて動かなかった。


でもそうなるまではタンスの中、ベッドの下、下駄箱、天袋の中などに逃げ込んで、
ベッドは2回持ち上げたとWさんが説明してくれた。

こうしてベッドの枕元に寝るようになったんだね。

130222-0.jpg



ひさしぶりのぴーちゃん。
私も、保護してくれたNさんのことも、もう忘れちゃったかな?



先住猫のミルクちゃんはぴーちゃんをそのまま長毛にしたようなすごくかわいい子!


130222-2.jpg

130222-3.jpg


そんなミルクちゃんも、ものすごく臆病な猫だったため、
最初にもらわれた家から返されてきたのだという、、、

「やさしい性格の者同士だから相性があったのでしょうね」とWさんは言った。


ミルクちゃんはぴーちゃんにかぶさって寝ているという。



ヨカッタヨカッタ。
ぴーちゃんも自分の居場所を自分で見つけたってことだね。

130222-1.jpg




・・・・いちばん喜んだのはNさんで、、、

いつまでもWさんの家から帰ろうとしなくて困った。


そりゃそうだよね。

今回アラレさんがあちこちに頭を下げてポスター貼ってくれたおかげなんだけれども、


保護してくれた人がいちばん嬉しい。
保護してくれた人がいちばんえらい。



2013/2/22

おととしの夏、

ケンくんから貸してもらった一軒の空き家。


それから一年半。


この家で27匹の長毛猫のお世話をし、
向かいのUさんの外猫のTNRとUさんの猫の里親探し、
そして焼津の11匹置き去り猫の猫舎として活躍した家を、
いよいよケンくんに返すことになった。



27匹の長毛猫の時からのメンバーが皆集まって、
床や壁の養生として使っていたビニールクロスをはがし、
猫トイレの掃除、毛布の片付け、捨てるもの、再利用するもの、
みんなで大掃除をした。

130223-1.jpg



みんなでやればあっという間に終わると思っていたお掃除も、
あれやこれや、たまっていたものがたくさんあって、
ビニールクロスはガムテープでつなぎ合わせていたので、粘着部分を削ったり、
ほぼ一日仕事になってしまった。


・・・それにつけても自分の荷物の多いこと・・・・


ま、半年もの間、ここで寝起きしていたからね。



扇風機、湯沸しポット、自動給餌器、自宅でじゃまになったテーブル、フリマの商品、人体型(フリマ用)、ほうき、チリトリ、蚊取り線香、置き時計・・・

いちばんの大荷物は「ゲージ」で、

うちに持ち帰っても置き場所がない・・・・
(どどどうしたものか)


倉庫が欲しい。



ありがとう猫舎。

ありがとうケンくん。

おかげでここからたくさんの猫達が巣立っていくことができた。


ケンくん、本当にありがとう。


__ 3
1Fキッチンの次の洋間

__ 2
洋間から和室を見る

__ 1
南向きの朝日がさす和室


ビニールクロスのフロアシートをはがすと普通のおうちに戻った。



さようなら猫舎。

猫舎、ありがとう。




2013/2/23



≪追記≫

猫舎で使っていたオイルヒーターをかのんさんがいらないというので、
どなたか欲しい人に差し上げます。着払い運賃のみ負担して下さい。
画像、後日アップします。
また私の自宅で使っていた藤のフロアテーブルも同様、欲しい方に差し上げます。
画像、後日アップします。→すみません、仲間内で決まりました。

ただしどちらも大物なので、取りに来てくれる人がいるといいのですが。

場所は静岡市駿河区です。
メールフォームよりご連絡ください。

オイルヒーターは旧式です。
電気料かかるみたいですが、無人の猫舎でもつけていられてじんわり暖かくて私は大好きでした。






最新記事