現在エイケミさんがお世話している「多頭飼育崩壊Part2」の猫達は、

今もひっそりと6畳一間の部屋に6匹で暮らしている。



朝晩エイケミさん達がご飯とトイレのお掃除に立ち寄っている。



6畳一間といっても以前この子達がいた環境に比べたら雲泥の差で、

ハメ殺しの網戸の窓から風も入ってくるし、

きれいな畳の上で皆それぞれ好き勝手な場所でくつろいでいて、
(最近いただきもののキャットタワーもあるし)

きれいなお水とご飯もキチンキチンともらえるてなにより清潔。



今は毛づやもよく、体格もしっかりしてきた猫達。



201306-4.jpg

うずちゃん♂(左)とモッくん♂


モッくんは来たばかりの頃ご飯を食べなくて心配したけれど、今は完全にリラックしている。



201306-3.jpg

そのモッくん(手前)とロッシー♂(奥)




そういえばモッくんは以前は口から常に舌が出ていた。

__ 1
6/22撮影


今は普通に見えるけど・・・直ったのかぁ?



ロッシーは相変わらず人にスリスリ。おもちゃ遊びも大好き。

無邪気な男の子組。



女の子達は・・・・

201306-6.jpg
ヨルちゃん(黒めのサビ)

近づくとさりげなく逃げる・・・(笑)



201306-2.jpg

アサちゃん(明るいサビ)はテーブルの下でお休み中~



201306-5.jpg
黒猫のキキ。

金色の目の大きな美猫のキキちゃん。高いところで毛づくろい中。



もう少し愛想がよければいいのになぁ~~




驚いたのはうずちゃん。

うずちゃんは左目に障害がある。

そのことが関与しているのか、首を大きく右に傾けていた。



130501-4.jpg
以前のうずちゃん



でも今は普通に見える。


もしやうずちゃんの首も治ったの????



201306-1.jpg


この子達、成猫だしハンデもあるし、
なかなか思うように里親さんが見つからない。

でもこんなに健康的になった猫達を、もう元いた場所に返したくない。



がんばっておうち見つけようね!!!



      



「譲渡会のお知らせ」

平成25年7月7日(日)11:00~16:00
場所:番町市民活動センター番町市民活動センター 中会議室



この子達も参加します!

子猫もたくさんいます・・・

猫達に会いに来て下さいね~!!!


2013/6/30

スポンサーサイト

関東から西は梅雨が明けたとかなんとかで、


ひさしぶりのピーカンのお天気の日曜日の譲渡会。



ずっとぐずぐずしていたから晴れてよかったねーと思ったのだけれど、
それが逆に災いしたのか?それとも七夕だからか?




お客様がぜーんぜんいらっしゃらない・・・・。



・・・・・・・・・・・・・・・・


今日はいつもの多頭飼いPart2の猫達と、
これまたいつものブリーダー放棄のスコティッシュ2匹のほかに、

201307-1.jpg
いつものしずかちゃんとななこちゃん


子猫が出てきたよ~~~!!!



子猫のみ紹介と致します。。。

IMG_3016.jpg
前回から出ている美人猫のキティちゃん。かわいいねぇ~



IMG_3018.jpg
公共施設に1匹だけ捨てられてさまよっていた寡黙なカリナちゃん。


エイケミさんから「けむさんこの子の仮名は?」と聞かれ、


「あー名前聞いてくるの忘れた!え~~~~っと仮名(かりな)はカリナ!」 




IMG_3028.jpg
ひとりで7~8匹いる子猫の捕獲に乗り出したMさんの保護猫。サビとクロ。(色まんまやねん)
Mさんは一般の方です。母猫はやっと捕獲できたそう。



IMG_3043.jpg
捨てられた母猫から産まれて保護されたコーシロー(左・白)とチャタロー(右・茶トラ)
あと妹分の三毛がいるのだけれど右奥にお尻が見えてるシャイな子がそうです。(笑)

この子達も一般の方の保護猫。



IMG_3027.jpg
くるるんからはおっとりコンビが参加、にゃんた(手前キジ)とオセロ(白黒)
2匹とも性格抜群です!



201307-2.jpg
かのんさんの保護猫、黒猫のななちゃん。

ななちゃんは生後7~8ヶ月程度。
この月齢で保護されたので最初はなかなか警戒心が取れなかったけど、徐々に人慣れしてきている。

耳イカになってるし。(笑)

でもたっぷり愛情かけてあげればきっと甘えん坊さんになるでしょう。




こんなにかわいい子猫がたくさんいるのに、里親希望者さんがいなければ話にならない。

夏場はケモノは(毛物は)敬遠されるんでしょうかねぇ~・・・・



それでもこの日は今まで里親になってくれた方がたくさん陣中見舞いに来てくださって。

 感激  感激  感激  感激   


お客様少ないのになぜかご寄付はたくさん・・・・ 感激 



ありがとうございます!!!



子猫達はいまがいちばんかわいいさかり。
来月の譲渡会には二周りほど大きくなってしまうけど、、、、
それでもがんばって探すしかない。



あ、そうそう。
ジュウキチも相変わらずにぎやか・・・というかやかましく譲渡会に参加。


おとなしくなったタイミングの一枚。

IMG_3041.jpg

寝ている姿はかわいいね。




今日トライアルは1匹のみ。(にゃんたくん)

過去最低記録。ガーン

・・・っても落ち込んでもいられない、来月もがんばろう!

来月は会場を変える計画もしています。



K様、また遊びに来て下さい、来月は会場がかわるかもしれません。
N様、いつもありがとうございます。
その上大事な本をいただき感激ですご寄付もたくさんありがとうございました。
ぐりぐら母様、ご主人と娘さんが来てくれました、ありがとうございました。
ロビン母様、フードをたくさんありがとうございました。

お名前がわかる(覚えてる)方のみここでお礼をさせていただきました。
譲渡会結果は散々ではありましたが皆様のおかげであたたかい気持ちになれた譲渡会でした、
本当にありがとうございました。


2013/7/8

先日、今度は自分の保護猫だった子の里親様よりメールをいただいた。



マリア改めあんずちゃん。

あんずちゃん


マリアの記事はコチラ→「ソマリのリーちゃん」




あんずちゃんを里子に出したのがちょうど一年前。(らしい)

里親さんから、

「一年経ちました」

のタイトルで連絡をもらったからだ。


あんずちゃんも家に来て1年が経ちました。

もう何年もたつ気がします。

あんずちゃんを会わせいただきありがとうございました。

5月にワクチン接種も済ませました。

この頃は私が見えないと鳴いて呼びます、あとを付いてまわりいつもそばにいます。

この頃のマイブームは猫じゃらしです。

(中略)

でも 元気に飛び回り良く寝ています。ご安心下さい。





あんずちゃんの里親様からは、年に何度か定期的にご連絡いただいている。

ずっと猫を飼いたくて長年の夢が叶って初めて迎えた猫があんずちゃんだった、というお宅だ。



こんな風に喜んでもらっていてうれしいなぁ~

特にここ↓
>あんずちゃんを会わせいただきありがとうございました。


うれしいなぁ~~~~



*************************



同じく最近連絡をいただいた「海」くん。

「そらくん」というワンちゃん(シェルティー)がいるおうちへ行って、そらくんともとっても仲良しだという。



海くんの記事はコチラ→そらくんに会いに

海ちゃん


こんにちは、ご無沙汰しています。お元気ですか?

海はすっかり大きくなって、毛もフワフワになりましたよ♪

そらとも仲良くやってます。




海くんは子猫の時に毛がフワフワだったのが、一時短くなった気がしたんだけど、
やっぱりフワフワちゃんだったのね。

顔の模様に特徴がある海ちゃん。

世界に一匹だけの模様だね。



***************************



フワフワといえば、


レミちゃん改め「しおんちゃん」という中毛の子も、
「毛が長くなるかな~」と思ったところ一時落ち着いてしまった。



子猫のときのしおんちゃん→レミちゃんの名前



ところが今はこんなゴージャスな猫に!


IMG_0855.jpg


イナバウってます。(笑)

これっていったいどうなってんでしょう?って感じの写真だけれど、

しおんちゃん、お腹のところの毛がすごいんだね。




しおんちゃんを見るたびに、

「あの臆病だった子が・・・」と感慨深くなる。

とてもかわいがられていてすっかり家猫になったしおんちゃん。





里親の皆様、ありがとうございます。


つづく



2013/7/11

実家で預かっていてもらったのは、茶トラ兄弟のレイくんとモモちゃん。

当時の写真。

120710 031
(椅子の上に炊飯器が乗っているところはスルーしてください・・・



このモモちゃんは「みかんちゃん」になって、

里親様がお誕生日を決めてくれて、

「1歳のお誕生日を迎えました」と言って連絡をくれた。


みかんちゃぁ~~~~~ん  

 

みかん


まーなんて美人さんになって!!!


こんな写真も。

IMG_3073.jpg

みかんちゃん、尻尾が長いのね~~~~~


そーよ、かあさんも~な~~~がいのよ~~~~

(おかあさんの尻尾の長さは知りません・・・)




*みかんちゃんの里親さんはみかんちゃんを迎えたすぐあとに三毛の子猫を保護してしまい、
今は2匹仲良く暮らしているとのこと




***********************************



今年子猫の出始めの頃、カスミ荘のママのところから2匹一緒に子猫をもらってくれたUさんからも時々長文でメールが届く。




しばらくたった頃の2匹。
IMG_7607.jpg

キジトラの女の子が円(つぶら)ちゃん、黒猫の男の子は玄(ゲン)ちゃん。


なんてかわいい名前




先日「避妊去勢手術を済ませました」と連絡をくれた。


IMG_5844.jpg
IMG_9042.jpg


もともとかわいかった円ちゃんは更にかわいらしくなり、
玄ちゃんはお膝が大好きなご家族様の人気者に。

こちらのUさんが猫初めてにもかかわらず、

「2匹飼って本当によかった」と言ってくれていることが、
譲渡会で兄弟2匹一緒にすすめる時の私のセールストークになっている。




里親様の皆様、
本当にありがとうございます。



2013/7/12

以前外猫「クロちゃん」の捕獲避妊をして、クロちゃんの子猫たちの里親探しをした酒屋さん界隈で、
またしても子猫が見つかった。

つい1ヶ月ほど前のこと。

酒屋の奥さんから電話があって捕獲器を貸し出しした。
それによりすべての子猫を捕獲し、ついでに里親探しも酒屋さんのお知り合いと捕まえたおうちが飼ってくれるいうことになって私が出て行くまでもなく、

あ~~~すばらしい!と思っていたのもつかの間、


また子猫が1匹見つかったという。




いったいこの子猫達、どこからくるんだろ~~~~



再度捕獲器登場。


持っていくと酒屋の前に近所のおばさんたちが3人ほど集まって立ち話の真っ最中だった。



(ここからの会話:おばさんたち→ば 私→わ)


ば「ところでこれ(捕獲器)いつかければいいかしら」

わ「子猫はいつぐらいからいますか?」

ば「おとといからね」

ば「あら、3日前くらいからあたしは鳴き声聞いてるけど」

わ「3日ですか・・・お腹すいてると思うからかければすぐはいると思います。今夜にでもかけてみたらどうですか」

ば「私、明日じゃないと病院へ連れていけないんだけど、、もし入ったらどうすればいいの?」

わ「入ったら明日の朝まで捕獲器のまま置いておけばいいです。」

ば「入れっぱなしでかわいそうじゃない?」

わ「かわいそうなのは今日だけです、早く捕まえないと弱ってどこかで動けなくなると困るから」

ば「あらそう?それじゃ今日やろうかしら」


ば「ちょっときれいな猫だったわよ、ほらえーとアニビシアンとかって猫みたい」

わ「アビシニアンですね。」

ば「そうそう、目がつり目で体は白くてしっぽが茶色かったかしら」

わ「・・・(たとえ迷い猫にしたってアビの子猫がいるわきゃ~ないよな~)アビシニアンの子猫がいるとは考えにくいですね、色も違うし、、普通の野良ちゃんの子だと思いますけど」


前回捕まえたのは酒屋の向かいのおうち。
今回は2軒となりのおうち。
そこの奥さんに捕獲器の使い方を教えて、バレエの帰りで夕飯もまだだった私は、その後も立ち話で盛り上がる奥さん連中を置いてそそくさと帰ることにした。



子猫はその夜あっけなく捕まった。


    



3日後、捕獲器を返してもらいがてら子猫を見にいった。

酒屋さんの話によると、子猫はケージに入れて1階のガレージに置いてあるということだった。

「家の中の人がいるところに置いてあげないと慣れないと思うんだけどねぇ」と、
猫3匹飼っている酒屋の奥さんは子猫を気の毒がっていた。



そちらのおうちでは家の中でわんちゃんを飼っていることもあり、
子猫は犬とはスペースを別にしていたのだった。

子猫は犬用の大きめのケージに入られていはいたものの、ケージの床にはペットシーツがしいてあり、
トイレと思われる箱の中を寝床にしていた。
完全に犬用のしつらえだ。
寝床には新聞紙を破いたものがはいっていたが、子猫にそこがトイレだという認識はなさそうだ。

子猫は白い猫で頭にサッと筆で墨を塗ったような、そして尻尾は茶のスレンダーな猫だった。
私の顔を見て「しゃー」と言った。



わ「猫のトイレは新聞紙でもいいですけど、ちゃんとあつらえてあげた方がいいですね、そうすればすぐトイレも覚えます。これではトイレがどこなのかわからないので・・・私がケージ用の小さなトイレを貸しますから」



どちらにしても人っ気のない広いガレージの一角に子猫1匹が置かれていて、
急にこんなところに捕らえられこの子もさぞ不安に違いない。
このままじゃ人慣れも難しい、、、、

捕まえたお宅は最初「飼ってもいい」と言っていたのが「里親を探す」に変わっていた。
獣医さんで「アビシニアンではなく普通のMIXです」と言われたせいだろうか・・・

もし里親探しをするならば余計慣れさせないとならない。




どうしよう、、、このままじゃこの子がかわいそうだ、困ったなぁ私が預かろうか・・・・・




************************




次の日猫トイレを持って再びそのおうちを訪ねた。

心の中ではまさに「この子は私が預かります」と言わんとしてまだ迷っていた。




するとその日は、そこの奥さんの親戚の方?が遊びに来ていて、
その親戚のおばさんとやらが私にこう言った。


「こんなところに置いといたらこの子も慣れないでしょう、もっと抱っこしていいこいいこしてあげないとねぇ。
だから私がこの子をうちへ連れていくことにしたの


 


「ほんまですか!!!」





あ~~~~よかった~~~よかった~~~~

聞けばその人は今まで猫も犬も飼ったことがあるそうだし、
というかそう言ってくれている時点で猫をよく知っている、
とにかく私が預からずともよくなった・・・そうだうまくすれば飼ってもらえるかもしれない!!!




白い子猫は救われた。

そして私の気持ちも救われた。

今までとは世間の人も変わってきている。

私が出て行かなくとも、助けてくれる人が他にもいる、、、!!!





そのおばさんは「○○日になったら返しにくるからそれまで猫トイレお借りしておくわね」と言っていたけど・・・



・・・どうかそのままそこのおうちの子になりますように!!!


IMG_3067.jpg
本文とは関係ないけれど冷蔵庫の上で寝るジュウキチ





2013/7/13



仲良しのchuchuさんのお友達つながりのお友達、ハピスポさんのおうちに行って、

ハピスポさんの飼い猫「クロちゃん」に会ってきた。
こっちもクロちゃん。やっぱり黒猫はクロちゃんだねぇ~



chuchuさんはハピスポさんのことを「クロパパ」と呼んでます。


クロちゃん こにゃにゃちは~~~

kuro3.jpg


クロちゃん、金の目できれいなりよ~





クロちゃんはハピスポさんの界隈に現れた野良ちゃんだった。

ハピスポさんが保護しておうちの子にしてくれたのだ。



その翌年にはまたしても家の近所で黒猫の子猫を発見し、

これまた保護しておうちの子にしてくれたという弟分の「ノアちゃん」がいるのだけれど、

ノアちゃんよその人の前には出てこず・・・。


kuro2.jpg

クロちゃんはとってもフレンドリー





実はこのハピスポさんお友達がクロちゃんを見て黒猫を欲しいと思い、

猫舎生活をしていた時のコクシ3兄弟の中の黒猫~プッチ~をもらってくれたのだった。


プッチは「海(カイ)くん」になり、おかげさまでものすごく幸せに暮らしている。



kuro1.jpg

その節はお世話になりました





ハピスポさんのブログには静岡のおいしい情報、楽しい情報、役立つ情報、おもしろい情報がいっぱい!!!

ブログが更新されるとメールでお知らせしてもらえるメルマガ機能がついているので、

静岡にお住まいのアナタはメルマガ登録するのがアススメです!



しずおかハッピー☆スポット



こちらで時々譲渡会の案内もしてくれるのですよ。

ハピスポさん、いつもありがとう。



ついでに(ついで?)

こちらはつい最近オカマちゃんになったchuchuさんちのルネちゃん。♂

runrun


ルネちゃん(ルンルン)はノルウェイジャンフォレストキャット。
同じくノルウェイジャンのレイちゃん♀というお嫁さんをもらったにもかかわらず、子供が出来ない(作らない?)ため、ついに子作りを断念して先日去勢手術をした、というわけで。


これでルンルンのオシッコテロが終わるといいねぇ~


私ならとても耐えられなかったな~・・・
今まで我慢してきたchuchuさんエライ。お疲れちゃんでした。



2013/7/6

去年の冬避妊手術してうちに居候したあと、その年のGWにヨーコさんのおうちへ行ったクレアちゃん。


最後の記事はコチラクレアちゃんの新しいおうち





あれから一年。


クレアちゃんは今もヨーコさんちの洗濯部屋で元気に暮らしている。


201210100724001.jpg
2012/10/10


実はそこにはもう一匹違う猫がいる。



**********************


クレアちゃんをおうちに連れてきたあと、ヨーコさんは家の周りでよだれを垂らして、
放っておいたら確実に死にそう(ヨーコさん談)な猫を保護したのだった。


茶トラのオス猫でとても人懐こい子だったという。




その時ヨーコさんはものすごく悩んだ。

次から次へと野良猫を保護していたらキリがない、

自分のキャパだって苦しい、、、見て見ぬふりをすることも必要だ。

・・・・・・・・・・・・・

でも結局ヨーコさんはどうしてもその茶トラ猫を放っておくことができなかった。

その子を病院に連れていき、泣きながら先生に症状を話したという。





ヨーコさんはその茶トラくんを「そらくん」と名付け、クレアちゃんと同じ洗濯部屋で保護することにした。

そらくんもエイズだった。







去年の秋、私がクレアちゃんに会いにヨーコさんちに行くと、

クレアちゃんは荷物の隅っこに入って出て来てくれなかったけれど、
このそらくんはスリスリで歓迎してくれた。


sora2.jpg


sora1.jpg


本当に人懐っこい子なんだね。

ヨーコさんは「捨てられた猫かもしれない」と話してくれた。
(保護した時そらくんは未去勢だった)



そらくんは私もお世話になっているN病院で処方されたお薬が効いたのか、ヨーコさんから話しに聞いていた猫とはとても思えないほど元気になっていたのだ。


2匹は最初つかず離れず、でも喧嘩もしなくてどうにかこの同居がうまくいったのだという。


クレアちゃんはもとより足も弱いし、喧嘩なぞしても勝ち目はない。

そらくんはどちらかというとクレアちゃんと仲良くしたい。


時間が経つに連れて段々仲良しになり、、、、



一年経った今年のGW、ヨーコさんが2匹の写真を送ってくれたのがコチラ


IMG_2013042712803.jpg

「今日は久々そらくんを病院に連れて行こうと朝お迎えに行ったら、
2匹で仲良くのんびりしていたので、病院には夕方行くことにしました」




クレアちゃんもそらくんも、穏やかに日々過ごしているのだということがよくわかる。



クレアよかったなぁ、本当に。


ヨーコさんに感謝しなさいよ。


それにそらくんがいてくれて良かったね、、、1匹でいるより寂しくないもんね。






もちろんヨーコさんちの先住のメメちゃんも元気でいるのだけれど、
メメちゃんとは全く別次元で2匹を保護しているのだ。


ヨーコさんはえらいなぁ。



メールの最後はこう締めくくっていた。

「長生きしてほしいです(^^ゝ」





そうだ、またクレアちゃんに会いに行かないと。


2013/4/27

前回の譲渡会が散々な結果だったため、私達譲渡会のグループは、次回開催の会場を「清水区にしてみよう」という話をしていた。

いつも使っている市民活動センターが清水区にもあるのだけれど、
駐車場が少ない、ケージや猫達の搬入が大変、などの理由で一度も開催したことがなかった。

でもいつもの「番町」に比べると、場所の認知度は高い。

それに初めての開催になるので新しい来場者も期待できるかも、と次回譲渡会開催を決め、先日メンバー揃って登録と打ち合わせに行ってきた。



清水の市民活動センターで開催するにあたってのネックは駐車場だった。
台数少ない上にどこが専用駐車場なのかわかりにくい。
台数が少ないから自分達の車は駐車スペースも別の場所に確保しないとならないし。

なんとそれをメンバーのひとりの口利きで、近くに広い駐車スペースを開放してもらうことができたのだった!



うちらグループすばらしいわぁ~~~~~~


毎回自画自賛ではあるけれど(〃 ̄ω ̄〃ゞ

それぞれが色々な場面で力を発揮してくれて、
ものごとがうまく動いていってくれる。
(・・・恥ずかしながら私の出番は少ないですが)


これで清水区初開催の譲渡会も成功するといいなぁ・・・



昔、ハッチーさんが「子猫であれば100%(里親さんは)決まります」と言っていたことがあった。
でも今年の状況をみると、それが神話になってしまいそうで・・・こ・・こわい。


たくさんの子猫達の里親さんは一向に決まらない。

そして子猫は日に日に大きくなる。




次の譲渡会でなんとかおうちをみつけてあげたい!!!


IMG_3039.jpg
超キュートなキティちゃん 抱っこをするとずーっとグルグル言ってます。



清水区での譲渡会開催は

25年8月18日(日)11:00~16:00
場所:清水市民活動センター


を予定しています。
また近くなったらご案内します。



その前に私には一大イベント・・・コンテンポラリーダンス公演があって・・・
リハーサルのお稽古以外に衣装作りもあって・・・

役柄で自分の衣装に鳥の羽を縫いつけるんだけど~~~~


・・・・
猫って鳥の羽が大好きなんだよね。


この鳥の羽を見つけられたら最後、ヨダレでくちゃくちゃになること間違いなし!


・・・つーわけで猫達全員部屋から閉め出してお裁縫をするんだけど、




この人がドアの外でずーーーーーーーーーーーっと鳴き叫んでいる。。

IMG_2933.jpg





「入れろ」ってか?


そうは問屋が卸さない。
鳴き声を無視し続けてどうにか完成。


IMG_3150.jpg




ジュウちゃんはほんとーに人が好きだねぇ。

おばちゃんなんてジュウちゃんが嬉しいことなにもしてあげてないのに、そんなに一緒にいたいの?
(毎日猫じゃらしはふってあげてますが)


IMG_2807.jpg
ぬいぐるみをくわえて「遊んで」をアピールするジュウキチ



おバカちゃんだけどかわいいやつ。


子猫もそうだけど・・・ジュウちゃんもおうち見つけないとね。


2013/7/16





最新記事