前回、前々回と、2回続けて譲渡会に参加して、まだ里親さんが見つからないNさんの保護猫3兄弟。

IMG_3401.jpg




Nさんは一般の人だけれど、住んでいるアパート界隈のTNRと子猫の保護をしてくれている。



保護した時は小さ過ぎて譲渡会を一度見送っていたのに、
その後2度の譲渡会で里親さんが見つからず・・・。
もうこれ以上大きくなると子猫と呼べなくなってくるよなぁ。



子猫であっても里親さんが決まらない、

これはもう譲渡会ばかりに頼っていられない、
(新聞広告を出しても電話が1本もない、と仲間うちのHさんが言っていた)

ここは奮起して多方面あたってみないと・・・



Nさんの子猫達をネットの「里親募集サイト」に掲載しよう。

ネットの方も昔ほど反応がなくなってきたけれど、
少しの可能性もあたってみないと。



「いつでも里親募集中」



いつもは「できれば近隣市内の方」少なくとも「県内の方」と募集内容を記入するところを、

「遠方の方はご相談ください」

としてみる。



近くに里親さんがいなければ多少遠くたって。ここは無理しないと!!!


コーシローくん

IMG_3406.jpg

IMG_3423.jpg

尻尾に柄があるので真っ白じゃないけど、ブルーの瞳が美しい男の子。



茶タローくん

IMG_3417.jpg

IMG_3412.jpg

きれいな茶トラの男の子。性格も茶トラなら抜群!(に違いない)




ミケケちゃん

IMG_3408.jpg

IMG_3409.jpg

うちのナナと同じ、白が多い三毛の女の子。性格はちょっと慎重なところがあるけれど慣れればOK!


深夜にいつでも里親募集中~3匹分を掲載していたらもう眠くてフラフラだがね。


負けるもんかァ~~~~


      



すると



愛知県豊橋市の方からコーシローくんにオファーが来た


連絡を取り合ってみるとなんの問題もないよいお宅だったため、
Nさんとも相談してお話しを進めることに!


コーシローくんは人慣れはバッチリ、あとは先住猫ちゃんとの相性だけなので、
こちらからお届けがてらトライアルということになった。



お届けはNさんと私の休みの都合が合わず、今回は保護主であるNさんが豊橋まで届けることになり、



お届けの日、Nさんからこう報告が来た。


今静岡に戻って来ました。
大変ありがたい里親さんでした。
ちょっとコーちゃんがサイズ違いになってしまったのですが優しく受け入れて頂けました。
あとは先住猫さんに気に入ってもらえるかです、ご心配ありがとうございました。




あーひと安心!

あとは先住猫ちゃんとうまくいきますように祈るのみ!  





たとえ一匹でも、たとえ遠くでも、



猫達のおうちが見つかるのであれば、



あたしゃがんばるけんねー!!!




      


~~~今週末は譲渡会があります


「譲渡会のお知らせ」

平成25年9月8日(日)11:00~16:00
場所:番町市民活動センター番町市民活動センター 中会議室



おうちを探している猫達がまだたくさんいます。

よろしくお願い致します!!!



2013/9/4
スポンサーサイト

コーシローくんの保護主のNさんは車を持っていない。

やむを得ず譲渡会の時は私が猫の送り迎えを担当している。



今日はいつもの番町での譲渡会。
Nさんの家へ猫達のお迎えに行くと、Nさんは先日コーシローくんをお届けした時のことを詳しく話してくれた。



里親希望の豊橋のお宅には小学生の娘さんがいらっしゃる。

その日娘さんが「今日は新しい猫が来るパーティだから」といって、
お部屋を色紙の鎖で飾り付けしてくれてあったというのだ。


kazari_20130909192320ffd.jpg←←こーゆーの


そしてコーシローくんの似顔絵も飾ってあったって。





(いい話しや~~~~)



そんな報告を聞いたあと残りの2匹の兄弟(茶タローくんとミケケちゃん)と会場へと向かったわけだが、
あまりに感激して運転しながらベソかく私・・・・


  

アンタたちもコーちゃんみたいにいい人にもらわれるといいね、
おうち見つけようね、がんばろうね、、、
不安そうに鳴く茶タローにそう言い聞かせ、車を走らせた。


IMG_3590.jpg
チャタローとミケケ


****************



今日の譲渡会も子猫はたくさん。

成猫も合わせ全部で23匹も。

IMG_3583.jpg
男の子の兄弟 サバトラの子は中毛で尻尾もふわふわ


IMG_3582.jpg
一旦リリースしたのに身体に油をべったりつけてきて再び保護した「しゅん」くん
もう返したくない保護主さんの一心で。



開始時刻の11時、いつもは時間ちょうどにパラパラと来場するお客様が今日はひとりも来ない。


「やな予感・・・」


そんな不安を紛らすように私はウェットティシュでプラケージをみがいていた、、、
ゴシゴシゴシゴシ・・・
どれくらいみがいていただろうか、その後突然まとまってお客様がいらっしゃってほっと胸をなでおろした。


IMG_3586.jpg
かのんさんの保護猫「ななちゃん」と「ひがしくん」


IMG_3588.jpg
前回里親さんが決まったもののすぐにお返しになってしまった「アサリ」ちゃん



いつもの「見学だけ」のお客様もたくさん来ていただいた。
アリガトウゴザイマス


そんな中、
前回の譲渡会で「猫のこと」を夏休みの自由研究にしていたぐりぐら母さんの娘ちゃんが、
できあがった自由研究を持ってきてくれたではあ~りませんか!!



ああ~~これ見たかったんだ!


その時ちょうどお昼をとっていた私とMさんは、お弁当を食べながらだったが、早速その自由研究を読ませていただくと、、、


IMG_3593.jpg



そのあまりに感動的な出来上がりに、、、

読み終わるとMさんも私もお互い目をうるうるさせながら顔を見合わせていた。



市の愛護館の獣医師さんに聞いたお話、
先月の譲渡会で私に聞いた話、
自分で本を読んで知った知識、
そして自分で思ったこと。


小学校5年生の女の子がこここれを作っただなんて・・・すばらしいっ!!!


本当にすばらしくて、
皆さんにも見ていただきたいくらいです。


もしかしたら殺処分されていたかもしれない子猫たちに出会ったことで、
娘ちゃんも猫のことを、そして猫をとりまく社会や環境のことを、真剣に考えてくれたんだ、、、

猫の力は偉大だなぁ。


そんなぐりぐらご家族は、今回もお父さん、お母さん、娘ちゃんが遊びに来てくれて、
そしてなんと「猫の里親希望」の身内の方も一緒にご来場!


こちらのご家族様、一家で私達譲渡会のサポーターでございます。

IMG_3592.jpg
きこちゃんと三毛子ちゃん


IMG_3585.jpg
相変わらず美猫のキティちゃん なかなか決まらないねぇ・・


IMG_3581.jpg
まだドキドキしてるんだろうね、ソルトちゃんのケージは他の猫から離れた場所に。




*****************


泣けるほど嬉しかった3つめのこと。




それはジュウキチのトライアルが決まったこと。




ジュウキチのことを、
「味わいのある顔」と言ってくれて、

たくさんの子猫がいる中から、
「子猫はいくらでもいるけどこういう子はなかなかいない」と言ってくれて、

本当にジュウキチという猫を気に入ってくれたご家族様。




今まで譲渡会に3回出ていたジュウちゃんはちょっとした人気者になっていたから、
仲間はもちろんのこと、
常連のお客様も、あとで報告した私の友人達も、
皆くちぐちに「よかったね~~~でも淋しくなるねぇ」と喜んでくれた。



いいや、


淋しいより嬉しい。

なにより嬉しい。



ジュウちゃん

ジュウキチのことをこんな風に気に入ってくれる人がきっとあらわれると思っていたよ。

ジュウちゃん、おとうさんとおかあさんとおねえちゃんができたよ!

ジュウキチよかった、本当によかったね!!!


IMG_3540.jpg




2013/9/8


猫好きの方ならもうご存知かもしれない、

NHK教育テレビ、朝6時55分から7時までの5分間だけの番組。

「0655」


この中でやる「ねこのうた」と「いぬのうた」がなんともいい。

それを見たくて6時55分に起きていた。



・・なんだけれど寝室のテレビが壊れてからというもの、その番組も見ない代わりにその時間に起きもしない、というか起きれなくなってしまった。


IMG_3604.jpg
仕事に行こうとすると玄関に先回りするジュウキチ



実はわたくしごとだけれど勤務先の会社が合併、本社が静岡から名古屋に移る。

それにともなって名古屋への転勤話が浮上し、半分は転勤覚悟でいた8月後半、

名古屋の「ペット可物件」を必死に探し、
家の中のいらないものを総ざらえし、
積極的に冷凍室の中のものや乾物・缶詰を食べ、
バレエの先生やお世話になった動物病院へのお礼の品物も考え、
後輩には「送別の品物はambaiの卵焼きフライパン小がいいなぁ」とリクエストまでして、



結局上司から「引き続き静岡支店勤務」と内示をもらう。・・・・




ま、結果オーライですけどね。



IMG_3605.jpg
「ジュウちゃんはお留守番なんだけど~~~」



しかしながら新しい会社では開始時間が30分繰り上がるので、
朝はもうちっとばかし早く起きないとならなくなってしまった。

しかも家の中を中途半端に片付けて出てきたいらないものと、
フリマ用にいただいた荷物があふれ、
その影響でテレビも寝室に移動させたため、

早起きの練習も兼ねて最近また「0655」を見るために6時55分に起床するようにしている。



「ねこのうた」 (男の子バージョン)

 おれ、ねこ おれ、ねこ 

 ここ おれのうち ここ おれのうち

 これ いつものごはん これ スペシャルごはん

 それ だいすきおもちゃ それ おちつくねどこ

 おれ、ねこ これ うちのやつ 

 こいつ ごはんをくれる こいつ あそんでくれる

 おれ ねこだから こいつのことばわからない

 おれ ねこだけど こいつのきもち なぜかよくわかる

 おれ、ねこ おれ、ねこ おれ、ねこ おれ、ねこ



IMG_3606.jpg
「ジュウちゃんはおりこうさんだからおるすば~~~~~~~ん」





いやそれで何を言いたいかというと、

月曜日の「0655」に爆笑問題の田中が「たなくじ」っていうのをやっているんだよ。
(前見てた時はなかったんだけど)

携帯をカメラモードにし「たなくじ」の間テレビに向かってシャッターを切る。
画面ではめまぐるしく「大吉・中吉・小吉」などが回転しているので、
シャッターを切った瞬間にカメラに写ったものが1週間の運勢になる、というもの。


今週の月曜日、その「たなくじ」でなんと私はいきなり「大吉」をGETしたぜぃ!


IMG_3602.jpg


いいことありそな1週間。

ジュウちゃんのトライアルも決まったし。



次はジュウキチお届けのお話し。



2013/9/9

ジュウキチのお届けは譲渡会の1週間後だった。



保護猫はトライアルが決まった途端、大事な預かり猫になる。
お届けまで万が一の怪我などさせないように、脱走しないように、特に気をつける1週間、、、そしてジュウキチといられるものあと1週間だった。



保護したばかりの頃、ジュウキチはこっちが降ろすまで抱っこされていたけれど、最近は遊びがおもしろいのか、抱っこに飽きたのか(笑)、それほど膝の上に来なくなっていた。

私が抱っこしてもすぐに降りようとする・・・なんだよー。


IMG_3541.jpg



お届け前日の夜は仲良しのchuchuさんが猫じゃらしのお土産を持って遊びに来てくれた。


ジュウちゃんのお別れパーティだって言って。
ジュウちゃんは本当に人気者だったからね。

カワウソ似のおもしろい顔、きれいなグレーと白の被毛、人(猫)一倍人懐っこい性格・・・ジュウキチのように人懐っこい子は他にもいたけれど、なんだか特別訴えかけてくるものがあるんだよな、ジュウちゃんて。
そう、人間の子供のようだった気がする。。。


      



ジュウキチを選んでくれた里親様は市内の方だった。
土曜日の午前中に伺う約束をすると「ランチをご一緒していただけないか」と誘われる。
えええええ~~~~~っ!と思ったけれど、「いろいろお聞きしたいこともあるので」と言うのでお言葉に甘えることにした。



その日里親のM様はご夫婦で迎えてくださった。
私は2階にあるリビングに通されて目を見張った。
そちらのお宅は1階がプライベートスペース、2階がリビングで3階ロフトへ続く階段があるのだが、3階まで吹き抜けになっている。
吹き抜けの天井に柱が横に渡っていて、そこがキャットウォークになっているのだ。

(ジュウちゃん!すごいよ、すごいお家だね!)



キャリーから出るとやけににゃごにゃご鳴きながらずーっと家の中を歩き回るジュウキチ。

20130914-1.jpg
ジュウちゃん高いね~~~~


20130914-2.jpg

キャットウォークも渡れたよ!


すごいね~ジュウちゃん!


20130901-3.jpg

20130914-4.jpg

何しゃべってんのかな~~ 



そしてその間、私は奥さまのすばらしく美味しい手料理をごちそうになりながら、Mさんご夫妻とおしゃべりに花が咲いた。


Mさんご夫妻はジュウキチをたいそう気に入ってくれて、おしゃべりの間もしみじみとジュウキチを眺めながら、


「いい顔だねー」

「いい人(猫)だねー」

としきりにつぶやいている。(笑)


来月の29日が先代の猫の命日だということだった。
ご夫婦にとっては約1年ぶりの猫ということもあったけれど、初日ながら足にすり寄るジュウキチ、奥さんが膝を叩いて「おいで」というと膝に飛び乗るジュウキチが、かわいくてたまらないといった風だった。

私もこんなにも猫が愛されるおうちにジュウキチが選ばれたことがなにより嬉しかった。


20130914-5.jpg

ソファの下で早くもくつろぐジュウキチ





おいとまの時、私はジュウキチを抱っこをしてこう話した。


「ジュウちゃん、おばちゃんこれで帰るからね、
 
 いい子にしてかわいがってもらいなさいね、
  
 帰って来ないようにしなさいね。」


(本当はいい子になんてしなくていい、ジュウちゃんはジュウちゃんそのままでいいんだから)



するとジュウキチは私に身体をあずけ、恍惚の表情でゴロゴロと喉を鳴らした。
久しぶりに見たすごく嬉しそうな顔だった。



ジュウキチが「ありがとう」って言っている- - - -



このゴロゴロはジュウキチのありがとうだ、、、そんな気がした。





私が階段を下りていくとジュウキチも一緒になって階段をかけ下りてくる(笑)。

ジュウちゃんは玄関でご夫婦に抱かれて見送ってくれた。

すると旦那さまから「ありがとうございました」と両手で握手され(奥様からも)、なんだかこそばゆいというか恥ずかしくなって、最後はジュウキチの顔も見ないでMさんの家をあとにしたのだった。




2013/9/14

保護猫の里親さんが決まってお届けが済むと心から安堵する。

すばらしい里親様に出会えれば出会えたほど。




ジュウキチがうちにいた時、ベランダに出るとやつは必ず手すりの上に乗ってしまう。
手すりに乗る時点で「きゃ~~~~コワイからやめて!」なのに、さらにお隣さんのベランダへ飛び移ろうかなどと考えていた風があったので、うちの猫達全員ベランダ出入り禁止になった。


シャワーを浴びたあとはいつもドアストッパーをして中の湿気を抜いていたけれど、ジュウキチはドアストッパーも押し開けてお風呂場に入ってしまうので、浴室のドアノブをヒモでひっかけて猫が入らない隙間を作っていた。
そのヒモがダサいったら・・・


それにジュウちゃんは来たばかりの頃、冬用の羽毛布団にオシッコしてしまったことがあった。ガーン
「このお布団メルちゃんのオシッコのにおいがついてるからなぁ・・・」とあきらめて、まっさらな夏掛けの羽毛布団をだしたらそれにもオシッコし・・・・

何がイケないんだ?羽毛だから???

と実家から綿の夏布団を持ってきたらオシッコしなくなった。

もしかしたらその時は去勢手術したばかりだったのでマーキングしたくなる神経に触っていたとか?(ナンジャソレ)
ただそれを確かめたくても、もう一度羽毛布団を出してみる勇気が私にはなかった。・・・



ジュウキチがいなくなって、それもこれも全部元に戻せる。

(羽毛布団も出せる)



・・・・・・・・・




それなのになんだろう、この淋しさ。


秋風のせい?ヒュゥ~~~~~ (まさか)




初めてケムリを保護した時も、里子に出した途端あまりの淋しさに恥を忍んで返してもらいに行ったっけ。

でもジュウちゃんに帰ってきてほしいなんて微塵も思わない。
ジュウちゃんがどんなにジュウちゃんにふさわしいおうちに行ったか、よーくわかっている。





なんてったって最初にダンナ様からもらった写メについていた言葉が、

「可愛すぎて気が変になりそうです!」




IMG_3636.jpg




奥様からいただいた写メには、

「目頭が熱くなるほどすばらしい子です」
と。


IMG_3635-1.jpg




ジュウちゃんという猫に出会えたことを心から喜んでくれて、

そのジュウちゃんを連れて来た私は命の恩人くらいに感謝をされているのだ。




そんな私の心を察して、Mさんご夫妻はとってもまめに日々ジュウキチの様子を報告してくれていた。






IMG_3684.jpg

首輪をつけたらすこぶる男前になりました




今日は巨大なハナクソが取れました


IMG_3687.jpg

夕べは娘とねんねしました




今朝はあっさり二度寝してくれてたので難なく出勤できました



IMG_3683.jpg

引き戸の開け方を会得しました




jyukichi.jpg

さすがカワウソ。水を恐がらない




jyukichi-3.jpg

目薬も協力的。きれいになってきたかと思えばなかなか手強い目ヤニです





毎日届くジュウキチが主人公の物語り。




唯一心配していた「羽毛布団にオシッコするかも」も、
奥様にお話しした時すでに「No Probremです」と言ってもらえて、
本当になんと心の広いありがたい里親様だったことか。

そして今、オシッコの粗相をすることもないのだという。





それにケムリを返してもらったあの時とは違う、

私にはうちの猫達がいる。


ジュウちゃんに遠慮して膝に来れなかったミカやナナがまた膝に乗ってくるようになった。

私は淋しくなんかない。




猫を飼えない人もいる。

猫と暮らせることはなんと幸せなことか。



改めて猫と暮らせる幸せを、私と、そしてMさんご家族も噛みしめていることだろう。





ジュウちゃん
ジュウちゃんを保護してあげられて本当によかった。
少しの間でもジュウちゃんと暮らせて、おばちゃんも幸せだったよ。


IMG_3634.jpg
Mさん旦那様撮影





2013/9/19

ジュウキチのお届けの翌日には、やはり9.8譲渡会でトライアルが決まった「三毛子ちゃん」をお届けしてきた。


三毛子ちゃんは私の保護猫ではなかったが、三毛子ちゃんを気に入って迎え入れることにしてくれたのが、なんと以前サンディくんをもらってくれた私の友人のはるちゃん。

三毛子ちゃんはかのんさんのご近所の居酒屋の大将が、苦労して母猫ともども捕獲してくれた子猫だった。

一般の人の保護猫だったため私がお届けを請け負ったのだ。


IMG_3592.jpg
三毛子ちゃん(うしろは妹分のキジトラのキコちゃん:里親募集中)



はるちゃんは三毛子ちゃんに「しっぽな」ちゃんと命名。

まぁなんてかわいいお名前


久しぶりに会うサンディくん


IMG_3651.jpg

サンちゃん大きくなったね~

しっぽもフサフサなりよ。


IMG_3650.jpg
はるちゃん曰く「無駄に毛葺きがいい」って・・・・





しっぽなちゃんとまずはケージ越しにご対面。

IMG_3654.jpg

IMG_3653.jpg


おっとりじっとしているしっぽなちゃんに対して、興味津津のサンディくん。


IMG_3659.jpg



サンディくんはもうしっぽなちゃんに構いたくてたまらないという様子。



IMG_3661.jpg

IMG_3663.jpg

チョイチョイ



うまく仲良しになれるといいね~






その後はるちゃんに様子を聞いたところ・・・



サンディくん現在生後6ヶ月で来月去勢手術の予約をしてあったらしいのだが、

しっぽなちゃんの登場で地味にサカリがきたのか、しっぽなちゃんに乗っかる事件があって
急遽この土曜日に去勢手術を早めたらしい・・・




乗っかるくらいだから仲良しになれそうだにゃ~~~



2013/9/20

ちょっと前に機会があって奈良へ行ってきた~


車で短い時間で回っただけなのでたいした観光は出来なかったけど、




奈良といえば鹿。

IMG_3170.jpg

IMG_3175.jpg

IMG_3176.jpg

かわいい~~~~~~


奈良の鹿は神様だから大事にされている。

大事にされている動物を見るのは好き~~~~

折の中にも入ってないし。



鹿たっくさんいました。

繁殖制限とかどうしてるんだろう?(とりあえずすぐそういうことが気になる





そして奈良といえば興福寺五重塔。


IMG_3173.jpg


IMG_3172.jpg
「おお~~~~」


修学旅行の時見たっけかなぁ~(なんか記憶ないや)



そしてその五重塔のすぐ横に国宝館があって、
その名の通り「国宝」や「重要文化財」がゴロゴロ置いてある。



その中にはかの有名な「阿修羅像」や、

千手観音菩薩像、

バカでかい仏像の頭部だけ、とか、

幼少の聖徳太子像とか、

社会の教科書で見たことのあるような有名な像がたっくさんあって見応えハンパないっす。


すばらしいっ!



表情豊かな仏像の顔はなーんかどこかで見たことある人に似ている・・・

「ほらあれ草彅くんの『37歳で医者になった僕』のミムラのお父さん役だった役者に似てる」みたいな。(笑)
(役者さんの名前知らなくてゴメンナサイ)



とにかく興福寺オススメです!



      




奈良に行く前に途中の「三輪」というところで有名な「三輪そうめん」を食べた。

「千寿亭」

土曜日のお昼どきは順番待ちの人がたっくさん

IMG_3167.jpg
三種のつけダレで食べるそうめん つけダレはふつうのつゆとくるみダレとトマトダレ

IMG_3168.jpg
千寿亭昼膳 そうめん・かしわすき焼き・柿の葉寿司・小鉢がついている。(1,575円)


私はいつもそうめんは「揖保の糸」を使っているけど、

三輪そうめんまいう~~~~



おみやげにも買っていったけど、揖保の糸よりぬめりが少なくてしっかりしている感じ。

その差はものすごく微妙なんだけど、そんな気がするなりよ。



      




宿泊は慌ててとった奈良ロイヤルホテルの1泊2食付のプラン。


夕食をホテルのレストランの和洋中の中のどれかを選ぶんだけど、
中華の「沙山華」ってとこにしたんだがね。

そのプランが2食もついてひとり8,800円だったかな(?)めっちゃ安いんで、
ひとり1,500円プラスしてお料理グレードアップにしてもらった。



そちらの中華のお店はホテルと別棟になっていて、

仲居さんが全員着物でサービスにてくれて、日本料亭みたいな高級感あふれるお部屋でびっくり。


IMG_3177.jpg
お庭が見えるよ~


料理もめっちゃうまかったんだよ。


IMG_3178.jpg
前菜の盛合わせ(これひとり分)


IMG_3179.jpg
フカヒレ入りスープ


IMG_3182.jpg
紹興酒をお願いしたらこんな素敵な酒器できました


写真ないけどこのあと北京ダッグが一切れずつ。


IMG_3183.jpg
海鮮の炒め物みたいな


IMG_3185.jpg
中華風牛ヒレステーキ(これひとり分)


IMG_3187.jpg
食事は冷し中華麺ゴマダレ(これひとり分)


IMG_3188.jpg
デザートは杏仁豆腐ORマンゴープリン



ホテルの地下にはスーパー銭湯みたいな大浴場があって、

部屋はまーやや古くてふつーでしたけど

朝食もバイキングでふつうにおいしかったですけど、



とにかく「沙山華」の夕食付きプランはコストパフォーマンス高いです!!!


ホテルの隣りにはカラオケ店がふたつくらいあるので、
夜はカラオケで盛り上がってはいかがでしょう~




2013/7/



長野の旅は春から計画してあった年に一度の温泉旅行。


旅行の日程が近くなって、ジュウキチがうちにいることに気持ちが焦り始めていたところが、直前に里親さんが決まったことは今回の旅行にとってもラッキーだったのだ。


うちの猫達を1泊置いていくのはそれほど心配じゃないけど、
ジュウちゃん置いていくの心配だったんだー。


留守中の猫のお世話はchuchuさんとアラレさんにお願いする。
ふたりともいつもありがとう。





名古屋を8時発の「しなの」に乗る。


は~~~ちじちょおおおどのぉ~~~~~~

あ~~~ずさ2号ぉでぇ~~~~~~~~~




狩人の「あずさ2号」

ふ・・・ふるい・・・古い歌だけど今の私はまさに・・


た~び~だ~ち~~~ます~~~~~


IMG_3710.jpg

(列車の写真撮ってると鉄オタみたい・・・現に鉄オタさんが三脚使って撮っていた)


長野まで3時間。

長野から最初に行ったのが「小布施」。


小布施は観光地らしくいかにもなお土産物屋さんがメイン通りの両脇に連なっている。
ここで昼食。


桝一市村酒造場の酒蔵の一部を改装して作った和食レストラン「蔵部」。
連休初日だったので念のため予約をしておいた。

IMG_3713.jpg

お店の中は酒蔵っぽくてすてき~
袢纏にハチマキのイケメンおにーさん達が作ってくれてます。


IMG_3730.jpg

大釜でご飯炊いてる炊いてる



昼の定食はたとえば「北信州みゆき豚ロース粕漬け焼き」がご飯とみそ汁・香の物付きで1,780円
単品だと1,350円
そこで単品で頼んで3人でシェアする。

IMG_3727.jpg みゆき豚ロース粕漬け焼き


ご飯と豚汁も単品で。かまど炊きご飯320円、豚汁530円

IMG_3725.jpg 豚汁が具だくさんでうまーい!



こちらは栗ご飯630円

IMG_3726.jpg



卵焼き370円といくら醤油漬け420円も頼みました

IMG_3723.jpg

ロース豚はボリュームがあってシェアして正解。いくらもお値段のわりにたっぷりあって嬉し~




その後お土産をここ小布施であらかた買い、
散策しながらお店を見て回る。
お腹いっぱいになったけど小布施でもうひとつ食べたいものがあった。

それはモンブラン


「栗の木テラス」というカフェのモンブラン。


し・・しかしお腹いっぱいだしお店は入り口の中と外にまで並んでいる人が・・・




そこでモンブラン1個だけ店頭で買って、これまた3人で一口ずつ分け合って食べた。

IMG_3734.jpg


IMG_3735.jpg 1個だけでも丁寧に売ってくれました~



う・まーーーーーーーーーーーーい!!!


さすが栗で有名な小布施のモンブラン。
マロンクリームがおいしい~

ひとくち食べれば気がすむってものでございます!!!



他にもさっきの「蔵部」で使っている(ブレンドしている)というお味噌屋さんへ行ったり、

IMG_3732.jpg



小布施のワイナリー行ってワイン試飲したり、

IMG_3738.jpg

IMG_3736.jpg



岩松院の天井の鳳凰の絵を見たりして今宵の宿へ。



ちなみに岩松院では「寺瀬黙山」という人の作品展が小さく開催されていたのですが、
この人の作品がすばらしくて、

私、生まれて初めて「仏像が欲しい」と思いました。



この人の作った仏像なら欲しい!



本当は撮影禁止だけどこっそり撮った1枚。

IMG_3739.jpg



ああ良さが伝わらない・・・・





続く・・・

2013/9/21




最新記事