りゅうのすけのお届けから3週間遅れでしんのすけをお届けしたその日、
そういえば、、と思い出しりゅうのすけの里親様にメールをしてみた。

「その後ルークくんいかがですか?」



トライアル期間はとっくに過ぎたことになる。




最後にもらったルークくんの画像は「トイレの中が定位置の図」だった。





もしやあまりに懐かないとか、、、
もしや逃げちゃったとか(出た。いつもの考え過ぎ
返されるなら返されてもいい、、、でも聞くのが怖かった。



それが



しんのすけの里親様から正式譲渡のお返事をもらったその日の夕方、思いがけなくりゅうのすけの里親様からメールが届いた。



こわごわメールを読んで驚いた。




こんばんは

ご無沙汰しています。遅くなりましたが、りゅうのすけ改めルークの近況についてお知らせします。
慣れたと思っても翌朝になると、まるで初めて会ったようにシャーシャー言っていたルークでしたが、すっかり我が家での生活に慣れ、とっても甘えん坊さんに変身しました。



え? 




今では、名前を呼ぶと返事をしてそばに寄って来ますし、遊んで、かまって攻撃が半端ないです。


あんだって???? 




自分から私達の膝の上や体の上に乗って来て寝るようにもなりました。


まじか?! 




うちに来た時はずっとシャー君のままかなと一抹の不安がありましたが、こんなに慣れてくれてとても嬉しいです。
ルークと出会える機会をいただき、ありがとうございました。




ええええええええええええええ~!!!!!








里親様より





信じがたい、、りゅうちゃん・・・いやルークくんの変わりようだった。




◇◇◇



あのT町からタカラさんとマシューさんがやっとの思いで保護してくれたしんのすけとりゅうのすけ。



最初は人間に向かって精いっぱい威嚇していたしんのすけは、
もうけして私に「シャー」ということはなかった。
毎日鳴いてご飯の催促をしてくるしんのすけが可愛くてたまらなくて、
ご飯をあげる前に、「しんちゃんいい子になったね~」と抱き上げて頬ずりせずにいられなかった。

りゅうのすけに至ってはタカラさんが「こんな恐い子猫は初めて」と言い、
「この子を懐かせた人を尊敬します」とまで言い、
預かって3日目に素手で触れるようになった時、カレンダーに「素手で触れる」と書き込んだほど長期戦を覚悟していた

ツンデレなのがわかっても、里親様に懐くのにどれくらい時間がかかるかはわからない、
「必ず慣れますから長い目で見てください」
と、そう言い切ったものの祈るような気持ちだった。




まさかこの1ヶ月余りでこんなにも変わるとは、、、



私でさえ想像していなかった。







T町にいた時はいつも空腹だったろう、
明日をも知れない毎日を過ごして、どんなにか不安だったことだろう、、、
もしもそのままT町にいたら人間を怖がり、人に甘えることなど知らず一生を終えていただろう、、、

それが2匹ともこんなに愛される家猫になって・・・・ 

ううう・・・・

うううう嬉しいぃぃぃぃぃぃぃ・・・・  




保護して3日目に亡くなった長毛の女の子は・・・明らかにしんのすけとりゅうのすけの兄弟だ。

だからしんちゃんとりゅうちゃんには、あの子の分まで幸せになってほしかった。

どの子も幸せになってほしいのは同じではあるけれど、
しんのすけとりゅうのすけには、あの子の悲しい思い出を払拭するほど幸せになってほしかったのだ。




fc2blog_201506171213095b7.jpg







そうだ、里親様からいただいた夢のような2通のメールをタカラさんとマシューさんにも見せてあげないと。

メールを転送し、そしてふたりに改めてお礼を言った。




「この子達を保護できてよかったです。
本当にありがとうございました。」












2015/8/27 同じ日にしんのすけ、りゅうのすけの正式譲渡のお返事をもらう
スポンサーサイト

保護猫のチャジロウは子猫からは大人気なんだけれど、











うちの女の子達からはイマイチ・・・・







うのちゃんの耳、完全に倒れてま・・・





険悪なムードになるとチャジロウを制してこう言う。


「チャジくんいい?
男の子は女の子が嫌がることをしちゃダメなんだよ。
うのちゃんイヤって言ってるでしょ?だったらかまわないの。」



チャジロウからちょっかい出すのか、はたまたうちの女子が意味もなく怒るのか・・わからないけど・・・
逆にチャジロウの方が子供なんだからうのに対して「大人だからが許してあげなさい」と諭す方法もある。
でもとっくみあいになったら筋肉質のチャジロウが強いに決まってる。

よって「いい?男の子は・・・・」といつもチャジロウをたしなめることになる。






そんなチャジロウを怒る時につい間違えて呼んでしまう名前がある。



「ジュウちゃん!!!・・じゃなかったチャジ!!!」



そう、なんとなくチャジロウはジュウキチに雰囲気似ているんだな~






2年前に保護して里子に出したジュウキチ。
目が小さくてよくおしゃべりをして人が大好きだったユニークな猫ジュウキチ。


ジュウキチの里屋様がインスタグラムをやっているおかげで、私は今でもいとしのジュウちゃんの写真や動画が見れる。




先日インスタグラムの画像があまりにかわいらしくて、里親のMさんに直接ねだってもらった写真がこれ。






ジュウちゃんかわいい~~~~~~~



Mさんの出張のスーツケースにピッチリ荷づくりされてる。(笑)




そんなMさんのインスタグラムはコチラ。→ https://instagram.com/catman3015/
(公開しているのでどなたでも見ることができます)




そしてそんなジュウちゃんのお話しはここから。




「カツさん界隈の猫達④~ジュウキチに会う」





◇◇◇





チャジロウはいい猫なんだけどな~~



普段はおとなしくて穏やかで父性があって人も好きでおもちゃを振ると急に子供っぽくなる。

なかなか里親さん見つからないね~でもいつかきっと見つかると信じてる。
ジュウちゃんだって4ヶ月かかったもんね・・・





チャジロウとマシャ




茶トラというだけでなんだか顔が似てきたような気が・・・・







2015/9/4

一度やってみたかったんだぁ~






こういうの








猫カフェ風食事風景の図













ふっふっふ・・・




そして同時に我が家の保護猫の多さに気づく・・・





   



焦っちゃダメなんだけど・・・・

のんびりもしてられない・・・・・

ううう・・・





今週末は譲渡会あります。





2015/9/5


生後4ヶ月近くなって保護したミリヤとマシャ。

3ヶ月を回ると人慣れも難しくなる。
しかし餌を与えていた河川敷のななちゃんの飼い主であるくそおや・・・いやご主人とご近所さんがやさしかったせいだろう、最初から威嚇もなくほどなく慣れてきてくれた。


そこはしんのすけやりゅうのすけがいた環境とは大きく違ったところだった。




しんのすけとりゅうのすけは、たとえ人慣れしなかったとしても、私はT町には絶対返さないつもりでいた。
しんのすけ達がいた環境はひどすぎる・・・だからあの子達がもらわれた時は喜びもひとしおだったのだ。




でもミリヤとマシャの場合、引き取る時にななちゃんのご主人にこう話しておいた。




「もしもこの子達がどうしても慣れなかったら、または重大な問題が出てしまった時は、その時は手術してここに返しますけどいいですか」


ななちゃんのご主人は「しょうがねえな」と返事をした。



◇◇◇


去年猫ハウスを作って持って行った時の河川敷の猫達。


260.jpg
シルバーグレーの女の子 右はななちゃん 



264.jpg
アビシニアン風男の子



263.jpg
キジトラの女の子  2014.10月撮影



ここのご近所はすべて猫に友好的だ。

猫ハウスも置いてくれてるし、ちゃんと餌もあげてくれている・・・外猫としても充分暮らしていける・・・






でも私はミリヤとマシャもここに返すつもりはなかった。



544.jpg


545.jpg
大きくなったグレートラの女の子 2014.12月撮影



542.jpg
自転車の荷台で昼寝するキジトラの女の子 このあとダッシュで逃げられる 2014.12月撮影





それはミリヤとマシャのためじゃない。

この子達・・・・・この3兄弟のためだ。


ミリヤとマシャの2匹が増えたらその分、この子達の食いぶちが減る。

いくらここのご近所さんとななちゃんのご主人がちゃんと餌をあげてくれていたとしても、
それが充分な量かどうかはわからない。
猫の数は少ない方がいいに決まっている。


いいに決まってる。





だからミリヤとマシャが慣れてくれて本当によかった。

トイレもちゃんと覚えてくれて、、、河川敷へ返さなくて済んだ。




でもねーマシャはいまだに私から逃げ回るんだよ。





だからコイツだけ鈴つけてんだけど、

ご飯の時だけはご飯に夢中で触らせてくれるのに・・・




ところが最近、

マシャのツンデレ疑惑発覚!!!








よーしよしよしよしよしよし・・・
(ムツゴロウさん風に)


そうかと思うとまた逃げるんだけどね・・・まだまだやなぁ・・・





それに比べてミリヤはすごくおとなしい猫だ。

しかもすこぶる美描。

ミリヤ、いい猫だなぁ~~~~~~







そんなミリヤの



猫かぶってました疑惑発覚!






子猫達がいる部屋の仕切りにしていた格子のドアをよじのぼって脱出するミリヤ・・・





ま、ただのおとなしいだけの猫じゃなくて安心したよ。







ただいま絶賛里親募集中!!!

明日は譲渡会。



2015/9/10

先月の譲渡会でミリヤを気に入ってくれたもののエイズ陽性で一旦お断りになったご夫婦様が、


血液検査の再検査の結果を待ってくれることになった。
多分それくらいミリヤが気に入ったのだろう。


嬉しい・・・が再検査の結果やはり陽性だったら私も打撃の追い打ちになる





母子感染による抗体が出ただけだとすると、本来なら生後6ヶ月から8ヶ月くらいになってから再検査した方が確実だ。

でもそんなに置いといたらせっかくのかわいい盛りが・・・それにもし陽性でそこからまた里親探しでは行き遅れる。

そのご夫婦様に早めに結論を出してもらうよう、ミリヤだけ先に血液検査の再検査をすることにした。



すると







真ん中の青い丸の左下

1ヶ月前はここにはっきりとエイズ陽性を現す青い丸が出ていたのが、今はうっすらと・・・

かすかにうっすら見えるだけ・・・



つまり消えつつあるということ。



つまり、


最初の検査の陽性反応は、
親からの移行抗体による陽性反応だったと想定できる。





やった~~~ミリヤ!

やった~良かった~

ミリヤ、おうち見つかったよ!!!












しっぽの金色に見える箇所はただの油脂なんだって(⌒-⌒; )




2015/9/12


急に秋の気配を感じるようになった今日この頃。


最近は雨も多い・・・




自転車通勤の私は、少しぐらいの雨ならダッシュ(自転車の)で帰ってしまうことがままある。

家に帰って、濡れた服を着替えて、乾いた布団に寝転がると、
さっきまで濡れていた身体がサラサラして気持ちいい。
気候も良くなったせいでサラサラで気持ちいい。





そしてわが家の保護猫達にこういう。








アンタ達、おうちの中で良かったね、

濡れなくてサラサラで良かったね、

保護してもらえて良かったね、、、






マシャとチャジロウ








外の猫さんはどうしてるだろう。



・・・・・・・・・・・・・・・




濡れた毛皮は着替えができぬ

雨があがってもすぐには乾かぬ

カリカリごはんはふやけてしまう

明日のお空はどうだろう

もうじき冬というものが来る

寒いと噂で聞いてはいるが

私の毛皮はこれ一枚

春までもってくれるだろうか








ナナとミカ




ジロちゃん




ムゥちゃん







2015/9/16


追記

北関東の集中豪雨で家がなくなってしまった方々、本当にお気の毒と思います。
被災地の一日も早い復興をお祈りします。








先日の譲渡会はすごかった。

子猫がいっぱい(T▽T)

大人猫はチャジロウだけだったもんな~



いや何がすごかったかというと、子猫ばかり十数匹参加があった中、なんと9匹のトライアルが決まったのだ。
更にその関連であとから兄弟を一緒にとか、譲渡会に出れなかった乳児に声がかかったりとかで、最終的には全部で16匹のトライアルが決まるという素晴らしい成果だった。


すごい~~~~~!!!!   




でもその日は私にとっては厄日でもあった。

その日保護猫マシャの検便検査でコクシジウムが微量に出て・・・


ええええええええ!?



コクシジウムの卵(?)はウンチに混じって、トイレから猫の足につき、家中に散らばっている恐れがある。
なのでその経路で他の猫にも伝染るのだ。



・・・げに恐ろしなりけりコクシジウム




仕方なく保護猫&先住猫全員にバイコックスというコクシジウム一発退治のにが~いお薬を飲ませ家中のお掃除。

猫トイレは当然ながら、
トイレを置いてある玄関の土間は水洗い、家中の雑巾がけ、私のベッドも猫Allフリーにしてたからシーツからカバーから全て洗い、
捨てられるものは捨て、

会社を一日休みました。




洗濯物がベランダに干しきれないのでコインランドリー。






こんなに素晴らしい秋晴れの日にコインランドリーにいるだなんて微妙~・・・



もーコクシなんて大嫌いダァ~~~ 





でも夏物のタオルケットもこれで洗って仕舞えたからすっきりした。





すっきりしたね~~~みかちゃん





コクシジウムは大人になれば自然と落ちてしまうという獣医さんもいるくらいで、それほど神経質にならなくてもいいのかもしれない。
しかし保護猫を預かる身としては全員シロにしておかないとならない。




私「どこまで拭き掃除していいのか、何を捨てればいいのか、考え出すとキリがないよ~


ボラ先輩のかのんさんに泣きごとを言ったら、


か「そんなに神経質にならなくていいよ~」

と言いながら、


か「病院ではいちいち消毒するのが手間だからウエスみたいなぞうきんで拭いて捨ててるよ、そうするといいよ」


私「ウエスないから洗って使ってる」


か「洗っただけじゃ菌は死なないからさ、ホントは捨てる方がいいよ。菌を拭いて広げることになるから」


私「そんなこといったら拭き掃除自体ができないじゃん!!!」




神経質になるなと言いながら更に神経質になるようなアドバイスをするかのんさん・・・・・






リク&カイの黒猫兄弟は引き続き里親募集中!
 



ゴマ&シオの白黒ハチワレ兄妹も引き続き里親募集中!




ナツメちゃん♂ 引き続き里親募集中!




仮面ノリダー風のソケットくん♂も引き続き里親募集中!






2015/9/15

エイズの再検査でほぼ陰性が確実になったミリヤ。
前回の譲渡会では里親希望者様が今一度ミリヤに会いにきてくれて、更にもう一匹ミリヤのお友達にここあちゃんという女の子も決めていただいた。




ここあちゃん



ここあちゃんもまた近所の野良ちゃんが産んだ子を保護した、という子猫だった。
みるくちゃんという白い猫と兄弟で参加して、みるくちゃんともども無事里親さんが決まった。



そこでミリヤとここあちゃんを一緒のおうちにお届けするため、まずみるくちゃんを保護主さんと私とで一緒にお届け、その日はここあちゃんをわが家で一日お預かりして、翌日ミリヤとここあちゃんを私がお届けする、という流れにした。




君たち明日から一緒のお家にいくんだから仲良くしてね!

と、ミリヤとここあちゃんを会わせると、




シャ~~~~~~~!

フーーーーッ!!!




ここあちゃんは突然違う環境に来て、しかも知らない猫だらけでビビっている・・・から無理もないが、

ミリヤの拒絶反応もハンパない。



・・・マズイやんけ。 



お泊まりここあちゃん





ミリヤとムゥちゃん




子猫同士だからすぐに仲良くなるだろう、と踏んでいたが、わが家の保護猫の中でミリヤがいちばん怒ってる・・・・



どどどど、どうしよう・・・・・




仲良くなるまでわが家で様子見ようか?
いや、わが家では余分な猫が多過ぎる、、むしろ里親さん宅で2匹だけにして様子を見てもらった方がいいんじゃないか?
頭の中で色々なことを悶々と考え、まず部屋の中に2匹だけにしてみるとお互い全く別の場所で知らん顔しているだけ・・・ならばとミリヤとここあちゃんを一緒に遊ばせてみると・・・









おもちゃを介して2匹はなんとなくニアミス。

2匹ともおもちゃ遊びには反応してくれる。



なんとかなるだろう、

なんとかなってくれ!


お届け直前まで2匹を遊ばせてそう結論を出し、あとは里親様に託すのみとした。
たとえどちらか一匹返ってきてもそれはそれだ。




◇◇◇




ところでお気づきだろうか、このここあちゃん。

このお耳は・・・・まさかスコティッシュフォールド?????







譲渡会の時、メンバーのねこまんまさんとここあちゃんを見て、

「この子スコかなぁ?」
「まさかねぇ~」
「でもこの耳スコだよね?」
「・・・うん、スコだね・・・」
と話していたのだが、

保護主さんに聞くとどうやらお母さんがスコミックスらしい。
ここあちゃんは多分おばあちゃん似なんだと思う。
それにしてもどうやってスコミックスの野良猫ができたんだろう・・・




こんな野良ちゃんの子猫は初めて見たよ・・・
すごいねーここあちゃん、スコティッシュって言っても騙せるねー(笑)





ちなみに兄弟のみるくちゃんは立ち耳。


猫初めてのおうちにトライアルにいって、ものおじしない人懐こいみるくちゃんはお届けの日、すぐにお宅に馴染んだようだった。


みるくちゃんは「レン」くんという名前になった。
連休初日に来たからだって(笑)



素敵な首輪をしてもらったレンくん 小判ついてる(笑)




レンくんに用意してもらったキャットタワー及び猫グッズ一式




良かったね、レンくん。









2015/9/19 みるくちゃんお届け
2015/9/20 ミリヤ&ここあちゃんお届け



・・・・・・・・・・・

ムゥちゃんやめて・・・ 






そこは寝床じゃなーーーーーーい!!!!





宅配便で届いたばかりのキャットフードが・・・





ムゥちゃーーーーん!!! 







空き箱では遊んでよろしい。





たくさん遊べ~



このあとチャジロウは小一時間空き箱で遊んでいた・・・





活発でいたずらなんだけれども膝に乗せるとゴロゴロ。














ムゥちゃんは人が好きだ。
単に食いしん坊で、キッチンやテーブルに乗ってくるだけだはなかった。
好奇心旺盛で私のやっていることを観察したいんだ。
寝る時はムゥちゃんだけが枕元に来る。

ムゥちゃん―――かわいい子だなぁ。






ムゥちゃんに比べると、


ジロちゃんは地味でおとなしい。









でも単におとなしいだけじゃない。


ジロちゃんはものすごく優しい子だ。









抱っこするといつもとまどいの表情をみせる(笑)

抱っこされるつもりじゃなかったのにどうしよう・・・みたいな(笑)

ジロちゃんは、でしゃばらず、いつもそっと傍らにいて見守ってくれている彼氏のような存在。




子猫の時はどの子も、

「元気」「活発」「いたずら」「おてんば」「おとなしい」などの行動の説明しかできないけれど、これくらいになるとそれぞれの性格と個性がよくわかってくる。

それでも一匹一匹の性格を言葉で表現するのは難しい。

だって全員少しずつ、そして全く違うんだもの。





    





ジロ・ムゥは本当はかのんさんの保護猫だった。

けどかのんさんは病気の猫を保護していた。
その病気は猫伝染性腹膜炎(FIP)
そのため同時に他の猫の保護ができなくて代わりに私が預かったのだ。



その病気の子が亡くなったそうだ。

かのんさんの腕の中で息を引き取ったって。




ジロちゃん、ムゥちゃん

2匹とも大きくなってきたね。
チャジロウと体つきが変わらなくなってきたんじゃないか?


あんたたちを保護してくれた人のためにも、

そしてかのんさんのためにも、

必ずおうちを探そうね。





2015/9/22 カール亡くなる



これは私のお手製のオリジナル猫じゃらし棒。







この猫じゃらし棒のポイントは先端に開けた穴。




売ってるおもちゃは棒から紐が取れちゃうとそれで使い物にならなくなる。
この猫じゃらし棒のいいところはひもを通せば何度でも簡単に猫じゃらしが作れるということ。

ひもだけ振っても充分食いついてくるけど、ひもの先端におもちゃを結べばなお良いでしょう。
材料費は200円程度。





こーゆーのがエンチョーに売っているので、


それをエンチョーの工具コーナーで、半分に切って更に先端に穴を開ければ出来上がり~!



これをたまに自慢気に里親様に差し上げたりする・・・んだけど・・・






先日実家にこんなおもちゃがあった。






あ、すごい!
これも棒に穴が開いてる!
すごい!いいじゃん、これ。



「おかーさん、これどうしたの?」


「100均で買ってきた」



え?

100均?


しかもおもちゃ付き・・・・・・・・







負けた・・・・





※注意※
この100均の猫じゃらしはゴム紐なので、猫がじゃれた時に尻尾などに巻きつくと締め付けられて猫が恐怖を味わうこともあるため、できれば普通の紐に付け替えると良いです。



2015/9/28



最新記事