今度は総勢6人でボジョレーを楽しむ会


オステリアティアロカ2
葵区鷹匠2丁目


こじんまりした可愛らしいお店




まずは日本のヌーボー
淡いピンクでロゼのよう。甘口だけどスッキリしていて飲みやすい!









前菜いろいろ
奥はむかごのトマト煮?1枚目と3枚目のお肉は違うお料理デス




お次はフランスのボジョレーヌーボー




イワシのマリネ・・・だったかな?




ほろほろ鳥のグリル・・・だったかな?




ブルーチーズのリゾット・・・だったかな?




多分アラビアータ・・・だな





デザートはいちごのティラミス



フランスのボジョレーもう1本飲んでシャンパンも1本開けて(多分)ひとり8200円でした。



美味しかった~
お誘いいただきありがとう~(^人^)



2015/11/27
スポンサーサイト

カスミ荘のママのところに、以前里親になってくれた方から、
近所に子猫が産まれていてその子達を捕まえて保護したいと相談があった。


一般の人からそんな依頼があった場合はとても受けきれないが、里親様となると断るわけにもいかず・・・




子猫は5匹いて、連絡をくれた里親のYさんが捕まえてカスミ荘に連れてくることになった。


最初に捕まえた1匹が、例のハート模様のラブちゃん。






ところがその後の捕獲がさっぱり埒が明かない。


1週間後にやっともう1匹の子猫を捕獲でき、





・・・子猫はあと3匹になった。がこんな調子じゃいつになるかわからない。
今生後1.5ヶ月ほどだが、ぐずぐずしてたら大きくなって活発になり、いよいよ捕まえられなくなる。




「ママ、私手伝いに行って来るよ」


こういうことは一気にやってしまわないと。




ところが捕まらないのには里親のYさんがモタモタしているわけではなかった。

なんとなく話は聞いていたが現場に行って状況を把握した。
子猫と母猫はYさんのいるアパートの2軒隣にあるお宅の庭先にいる。
それが昔ここのお家が犬を飼っていたであろう使っていない犬小屋に居を構えているのだ。

犬小屋は入り口は母屋側を向いていて、その犬小屋の隣りにも犬小屋から続く長屋のように猫が入るスペースを作ってある。

つまりそこの家主が親子猫をかくまっている?状態だった。



そこに居る猫達を捕まえるには、当然そこのお家の庭に入っていかないとならない。
まずはお家を訪問し、市の野良猫対策についていかにも的に説明をする。

ところがすでにここの奥さんはYさんに対して敵対心を燃やしていて、
「人の家の庭に勝手に入って子猫ばかり連れていく」
とYさんをまるで泥棒よばわりしている。



ではここの親子猫はお宅の飼い猫なんですか?

と聞けば「違う」と言い、

「猫なんてあっちにもたくさんいるんだからそっちの猫を捕まえればいいでしょ!」



あっちって・・・・どっちだよ


「じゃあここの子達はお宅が全部避妊手術をしてくれるんですか?
 このままだとお母さんはまた産むし、子猫だってすぐ大きくなって子供産みますよ」


「そんなことは貴方達に関係ないでしょ!大きくなったって全部がここにいるとは限らないし」



・・・・・・・・・・・おいおい




「子猫は私達がちゃんと里親さんを探します、親猫の避妊手術だってこちらがやりますし、(だから文句ないでしょと言いたい)」


その時はまだかろうじて私の立場は中立的だったので、Yさんを促して子猫の捕獲にとりかかった。

そこの奥さんとの話はすれ違うばかりなんだもん。




犬小屋の周りの植木鉢やら、バリケード的なもの動かしながら地面に這いつくばってどうにか子猫2匹を捕獲、でもあと1匹を逃してしまった。




その1匹はもうどうにも姿が見えない、
しかたない、残りの1匹はまた次回にしよう。


「奥さん、植木鉢やら動かしたものを元に戻したつもりだけど、元通りじゃなかったらごめんなさいね。
私は平日仕事があるのでまた来週来ますけどご協力お願いしますね!」


そう言って帰ろうとすると「親猫も連れてけ!それが条件だ!」と家の中から怒鳴り声が聞こえた。




あっら~~~

この奥さん、なにが気に入らないのかさっぱりわからない。


ここのおうちの人が捕まえてくれたら一発で片付くのに~(ーー;)







そして1週間後、

バリケードは更に頑丈に、




しかも庭には置き手紙(?)










チャイムを鳴らせど誰も出てこない。

これじゃあとても捕獲できない。







2015/11/21

翌日再びお宅訪問。


すると洗濯を干している奥さんを見つけ、すかさず声をかけると、なんと今度は私も泥棒の一味になってしまっていた。


今にも警察を呼ばれそうな勢い・・・・




結局最後はそこのご主人も交えて話しをすれども、なぜか里親のYさんが「勝手に庭に入った」ことになっていて、
(Yさんは1度も無断で侵入していません)
奥さんは感情的になっているし、、

ご主人が話をまとめる形で、猫達をどうするか相談してお返事します、ということになってその日も捕獲を断念。




この奥さんの考えてることは理解できないが、親子猫のお世話だけはちゃんとやってくれている。

私が昨日猫を探すために犬小屋の中の毛布をかき分けたのも綺麗に直っているし、雨に濡れない場所に毎回フードも置いてある。



要するに私達が信用できないだけなのだろうか?




それならそうで仕方ない、
その後ご主人からの連絡もなく、
結局最後は動物指導センターに介入してもらった。



指導センターがそちらのお宅へ捕獲器を貸し出し、そのお宅が母猫と子猫を捕獲し、
母猫は動物病院へ、子猫は自分のところで飼いたい、という話しになった。


捕獲器を貸し出すとすぐに母娘一緒にあっけなく捕獲できた。


ところが子猫は家に入れてすぐに懐くはずもなく、
そこは素人、すぐにギブアップしてカスミ荘で預かり、
母猫は手術が済むと再びそのお家のお庭へリリース。




ああ~~~~


片付いたー








泥棒呼ばわりされようとあのまま置くわけにいかなかった。

放置すれば確実に野良猫は増えていく。

5匹の子猫を産んだお母さん猫、

下手したら来年の春には子供達も産んであっという間に2倍3倍になるんだから!






野良猫を増やしたくない一心でございます。









捕獲した子猫達。


オス



メス



メス



なんと5匹中4匹がメスだった。



いちばん元気だったグレーキジの女の子はすぐに里親さんが決まったけれど、
他の子は食が細く体重が増えなくてカスミ荘のママは日参で病院通い。

そして里親さん探し。




それもこれも、




野良猫を増やしたくない一心でございます。







親子猫に執着していたあの奥さん、

子猫はいなくなったけど、
どうかリリースしたお母さん猫を生涯手厚くお世話してくれますように。





2015/11/30

12月は父のお誕生日月で、毎年同じレストランで父のお誕生会をやることにしている。




中島屋ホテル「四川飯店」


前菜



イカ~



海老~



おこげと季節の野菜のなんとか~
















今年の杏仁美味しかった~
(HIBIKIコースより)



美味しいし満足間違いない。


その後青葉公園まで歩いてクリスマスイルミネーションを見るんだけど、
今年はツリーもなくて、ちょっと淋しげな青葉公園だったなぁ~




ツリーの代わりにこんなのがあった。



世の中は景気がいいのか不景気なのかよくわからない。

飲みに行くことと、必需品買うことくらいしか、街に出かけなくなってしまったものだから

自分にご褒美的な買い物とか・・・したいのに・・・・できない!クリスマスの実感わかない!


ツリープリーズ!!!   







ところで、

毎年12月はやることがたくさんあり過ぎて、毎年1ヶ月ブログをお休みするんだけど、



安心して下さい!

休みませんよ!






書きたいことが残ってるし、、ちょっと更新が少なくなるだけです! 




=================





今年は本当にあたたかい。


そうはいってもわが家でもストーブを出した。
猫様用にホットカーペットも24時間稼働。



いくらホットカーペットがあたたかくても、基本猫は人のいる場所にいる。

誰もいないホットカーペットの部屋と、
私のいるストーブの部屋では、
私のいる部屋の方にいる。









単にホットカーペットよりもストーブが好きなだけかもしれないけど






あたたかそうな猫を見ているとそれだけで気持ちが安らぐんだよね。




よかったね


お家の中でよかったね


お腹いっぱいでよかったね


保護してもらえてよかったね









見つけてくれた人に感謝







自分ちツリーでも出すか。


2015/12/6


欄子ちゃんの里親さんでチャジロウの保護主でもあるTさんご夫婦は、
当初はチャジロウを自分のところで飼おうと思っていたのが、先住の欄子ちゃんが嫌がって?というか最初のシャーの挨拶に奥さんが耐えられずに(笑)すぐにギブアップしてしまった。



すると次に「ムゥちゃんはどうだろう」と打診してきてくれた。

ムゥちゃんは抱っこも好きだし、どちらさまにもおすすめな猫だったので、Tさんご夫婦なら願ってもない・・・と思ったものの、なんとなく気がのらなくて生返事になっていた。





それというのも兄弟のジロちゃんがおとなしくてビビリなため、ムゥちゃんがもらわれてジロちゃんだけ一匹残ってしまうことがイメージ出来なかった、、いやしたくなかった?からだ。

ジロちゃんが残るイメージが出来ないというよりはむしろ・・・ムゥちゃんとジロちゃんは一緒にもらわれるような気がしていたのだ。
いやそれは単に私の強烈な願望だけなのかもしれない。

でもなんとなく・・・そんな気がしていた。





12月6日の譲渡会で、
なんとムゥちゃんとジロちゃんを一緒に、という里親様があらわれた。


普通のおとうさん、おかあさん、お嬢さん、息子くん、そしておばあちゃんもいるお宅。
最初ムゥちゃんを希望していたのだが、家族も多いし取り合いになると困るしもう一匹どうしようかしら、と言っていたので私はここぞとばかりにお勧めしたのだった。

・・・いや最後は拝み倒して決めてもらった。

どうかこの子も一緒に決めてください、と。









その4日後、ジロ・ムゥをかのんさんとふたりでお届け。

ムゥちゃんがよく入っていたドーム型の猫ベッドをキャリーに入れてキャリーごと置いてきたのだが、、、










トライアル初日はそのキャリーの中から出て来れなかったのだろう、猫ベッドの中でおしっこもらしてしまったらしい・・・・


だだだ、だいじょうぶか、ジロちゃん・・・・



その後トイレでおしっこが出来るようになったのだが今度は里親様から、

「夜中というか、昼間もですけど、ジロちゃんが結構泣くのですが大丈夫でしょうか?
 泣き声は昨夜は結構寂しそうでした。」


と・・・・


  


「大丈夫です、そのうち泣かなくなります無視して下さい



幸い里親様は私のこんなガサツなアドバイスにも、いつも「は~い、わかりました」とお返事をくれる。

集合住宅ならご近所迷惑を理由に引き取って欲しいと言われることもあるけど、そこも一軒家のおかげでクリア。



あ~~~ジロちゃんてば、ムゥちゃんと一緒でもコレだから、一匹だったらどうしようもなかったよ



ムゥちゃんと一緒で本当によかったよ~~~~~!







ジロちゃんがんばれ。
ムゥちゃんと一緒で、しかもこんなにいいおうちにもらわれるチャンスはもうないぞ!
ジロちゃんだけ帰ってきたらあとはもうないんだぞ!

毎日毎日、「今日はジロちゃんどうしてるかな・・・」と気を揉んでいる。




トライアル終了はクリスマスイブ。




今年のサンタさんのプレゼントは、





ジロ、ムゥ一緒に正式譲渡のお返事・・・が欲しいなぁ~




fc2blog_20151110124412d0e.jpg


 

2015/12/10 ジロ、ムゥお届け


ジロちゃんムゥちゃんをお届けして数日後の朝、里親様から一通のメール。


2匹は今、念のため里親宅のリビング限定でトライアルしてもらっている。
ふたつあるリビングの出入り口の片方を塞ぎ、出入口をひとつにしてそちら側には鍵もつけてくれた。
ところがやはりうっかりはあるもので、うっかりリビングからジロちゃんが脱出、
それがなんとそのおうちの縁の下に潜り込んでしまったということだった。

そこのお宅の裏出口の上り框と地面の間に隙間があったんですね~


幸い縁の下から外には出られないとのこと。
それなら大丈夫だ、
たとえ縁の下でも、家の中にいることには違いない。
外に出てしまった場合に比べたら安心感がまるで違う。


仕事が終わると捕獲に向かった。



ジロちゃんがもぐりこんだのは裏出口側、私は里親様から懐中電灯を借り、キッチンの床下収納庫からもぐりこむことにした。
里親さん宅はなかなか大きなおうちなので、床下もなかなか広い、しかも細かく区切られていて迷路のようになっているので、最短距離で進めない。


そしてさすがに狭い・・・・


暗闇の中をほふく前進していくと、

頭の中に「インディージョーンズのテーマ」が流れる・・・・


チャーチャラッチャー
チャーチャラーー
チャーチャラッチャー
チャーチャラッチャッチャーー





すると遠くに影が動いた。

いた、ジロちゃんだ!


「ジロちゃん!」


でもジロちゃんは私がいる迷路から区切られた隣りの迷路にはいってしまった。その間には小さな隙間があって、その隙間は猫でなければ通れない。
つまりそこから先に私は進めなくなった。

そこでジロちゃんが抜けた隙間をこちら側からダンボールで塞ぎ、ジロちゃんがいる場所を小さな迷路側に特定する。

そして今度は小さな迷路側から入って捕獲する作戦にした。よしっ!

ところが・・・・




ジロちゃんがいる小さな迷路側の縁の下に入る隙間は、

どう見ても、

人間の頭がい骨より狭い・・・・つまりここから中に入るのは無理。





やれやれ。
やむなく捕獲器登場。(念のため持ってきた)



捕獲器を仕掛けて、、、





これで朝になったら入ってくれればいいけど。



帰り間際、
「ジロちゃんおばちゃん帰るからねー」
と声をかけると、


「グゥ」

と返事が聞こえた。


「おばちゃん帰っちゃうよー」


「グゥ」


「出ておいでよ」


「グゥ」


「ジロちゃん!」



「グゥ」





声はすれども声は動かず、仕方なくあとは里親さんにお任せすることに。



ムゥちゃんはというと、もうすっかりそこのおうちの子になっていて、リビングでのくつろぎ感ハンパない。

里親様は「この子達本当に兄弟なんですか?兄弟でこんなにも性格が違うものですか?」と。



違うんですね~~~~

猫も人間の子供も同じです。
みーんな違います。
100匹いれば100通り。



完璧馴染んでるムゥちゃん




翌朝、ジロちゃん無事確保。
やれやれ。


次の日も捕まってくれなかったらもう一度行こうと思った。

だって私しかジロちゃんが安心できる相手はいない。



縁の下と上で呼び合った時、ジロちゃんにとって私がゆいいつ知っている声の主だったことを思い知った。

猫なんていつも里親様にお届けして1週間もすれば、「この人誰?」になるのに、

お返事をしてくれたジロちゃんが愛おしかった。





いつかジロちゃんにもきっとここのお母さんもお父さんも、おねえちゃんもおにいちゃんも、
安心できる人間だってわかる時が来る。


だからジロちゃん、それまでがんばってね。



2015/12/15

ぴーちゃん(ぴーやちゃん)は ゆっぴさん の保護猫。
※ゆっぴさんは震災のあった福島からの保護犬などを引き取っている※



Radiante@静岡

ゆっぴさんのブログ→  Radiante静岡




もう何ヶ月も譲渡会に出ていて、かわいくて人懐こいのでトライアルが決まることは決まるんだけど、、、未だ正式譲渡に至っていなかった。




10月の譲渡会のぴーちゃん



結局月齢も6ヶ月くらいになっていた。




今月の譲渡会は2回もあるのに、ゆっぴさんが忙しくて会場に連れていけないから譲渡会参加をあきらめると言ってきた。

そんな、、、ぴーちゃんならあと2回の譲渡会で絶対決まるって!
それなら私が一時預かりして譲渡会に連れていくよ!




というわけで、わが家にホームスティ。






ぴーちゃん、なおじろうに似てる。(笑)

(なおじろうは今あいこさんのところでトライアル中)



ぴーちゃんとなおじろうは、顔だけじゃなくて、人懐こさも、お膝が好きなところも、
ナナに嫌われるところも似ていた・・・


ナナ、もしやキジトラが嫌いなのか?   マサカ・・・ネェ・・・





お膝大好きぴーちゃん






そのぴーちゃんが13日の譲渡会でトライアルが決まった!

やった~~~!




13日の譲渡会というのは静岡市主催で動物愛護館で行われたもの。
広報しずおかで告知もされるのでいつもの譲渡会よりもお客様がたくさん来てくれる。
今回は成猫さんが多かったにもかかわらず、たくさんのトライアルが決まった。






臆病でアピール不足で子猫の時からずっと決まらなかったクウちゃんや、


9月の譲渡会のカイちゃん、クウちゃんの兄弟(カイちゃんは里親様決定)



人慣れが微妙で「抱っこしないでください」としていた三毛のニコちゃんや、


ニコちゃん 三毛柄がきれい




多頭飼育崩壊からレスキューされた6歳のベアーくんも、
里親さんが決まったのには驚いた。



ベアーくん




この暮れにきて、たくさん決まって本当に嬉しいよ~~~~  





7月からわが家にいたジロちゃんムゥちゃんがトライアル、なおじろうもトライアル、そしてぴーちゃんもお届けしたら、

わが家の保護猫はゼロになる。




一時期はチャジロウ、ミリヤ、マシャと5匹もいたのに。



なんかしみじみ・・・・・



しみじみするなぁ・・・・・・





ぴーちゃんは先住猫さんとの相性のトライアルがあるんだけれど、どうかうまくいきますように!
 
ところがそのぴーちゃんも今またピンチ。

ぴーちゃんはなんと9月の譲渡会で決まったレンくんの遊び相手に、と猫初めてだったお宅が2匹目に選んでくれたのだった。



「ミリヤとここあちゃん」


トライアル後の猫達




レンくん




それが・・・・




レンくん、ぴーちゃんが気に入らない・・・・・



レンくん ぴーちゃんガン見の図




ぴーちゃんが2階に居ると1階から上がってこないって・・・・・・・



      


年末は混戦模様になってきた。

おばちゃんちにはいくら帰ってきても大丈夫だけどね、

がんばってほしいなぁ・・・・



がんばってほしいのは猫達だけでなく、
里親様の我慢とか、工夫とか、根気とか、実はそっちもお願いしたい。


里親の皆様もどうか、、、がんばってください!





ぴーちゃん、レンくんのトイレ嗅ぎまくりの図








2015/12/17 ぴーちゃんお届け

 

毎年秋に「長野旅行」というのが私のここ数年の定番だったのが、今年は事情があって長野に行けなくなった。


 ううっ・・・・・




だけど温泉に行きたい


どうしても温泉にいきたい


なにがなんでも温泉にいきたーーーーい!! 





ちゅうわけでゲットしました、温泉旅行。




会社の友人の妹さんのお勤め先が会員制リゾートホテル「エクシブ」の法人会員で、
そのツテで「エクシブ箱根離宮」の法人会員限定プランの予約が取れて、
人数揃ってなかったけどとりあえず部屋を押さえてあとから人数合わせをしたという・・・・







箱根って静岡から結構近いんだよね。

ゆっくりめに出発して三島でランチ。

「四季酒菜 風土」
(ここは三島の里親様に教えていただいた三島で人気のお店)










限定10食の松華堂弁当 1,620円


おかずいっぱい。
ご飯と赤だし、おかわり無料。


予約するとデザートがつきます。





おなかいっぱ~~~い。




その後箱根神社に立ち寄るつもりがその前にこんな場所を発見。


「三島SKYWALK」
日本一長い吊り橋・・・・だとか。




なんのために作ったのか?
単なる観光施設?

ハイ。
どーもそうらしい。
お天気がいいと吊り橋渡りながら富士山の絶景が見られるそうで。
(この日は曇りで見えませんでした)


なんでもまだできたばっかりだというので、話しの種に・・・いやネタに。

ただ吊り橋往復するだけで1,000円も取るんだよねー
高っ!


だいたい日本の観光施設の入場料とか拝観料とかって高過ぎるんだよなーブツブツブツ




でも揺れるしスリル味わえてそれなりに面白かったー!

ここの良かったところは「お土産物売り場」。
お土産品がまた高いんだけどここにしかないものがたくさん売ってて、女の子ウケするものもたくさん売ってて、

トイレはきれいだし、




入室は赤ランプ、空室は青ランプ




お土産物屋さん見るだけならタダなので途中休憩おすすめスポットです。





吊り橋とお土産屋さんで結構時間とってしまったのでその後は一路ホテルへ直行。



さて友人とその妹ちゃんが行く前から「エクシブ箱根離宮なんてめったにとれない」と興奮していたが、私は温泉さえ行ければよしだったのでふーんと思っていたら、

ホテルに着いてみて納得。







ロビー



素敵~~~~



更にお部屋も広めの「ラージグレード」を選択してあったので、広いしラグジュアリー感ハンパないっつーか、もうテンション上がりまくってわけもなく笑う。















このカウチソファーみたいなところから、斜め左に山の景色が見えるんだけど、
それが、、、








ちょっと形はいびつだけど、多分雪だるま(笑)


その下に「みやのした」って書いてある。





夕飯まで時間があったので、このカウチソファーに寝そべり赤ワイン(持ち込み)を飲んでいるといつまでたっても笑いが止まらなかったのですよ、奥さん。




2015/12/20 続く

この日の夕食は中華。
基本プランが中華で、和食とかイタリアンに変更も可だったけど、
メニュー見て中華がいちばんそそられたんだよね~



その前に待ちに待った温泉でまったりしよう~



ところがここで「リゾートホテル」というものに不慣れな私はひとつの不便にぶつかった。



いつもの旅ならば、
チェックイン→宿の浴衣に着替えて温泉→浴衣のまま夕食→また温泉


なんだけどリゾートホテルは、
チェックイン→洋服着たまま温泉→洋服着たまま部屋に戻って→洋服で食事



つまり館内を浴衣や部屋着で出歩けない、もちろんレストランには自前の服で、しかも靴を履いていかにゃならない。(スリッパNG)


1泊2日程度だといつもパンツくらいしか着替えは持って来ていないっつーのに。
だからお風呂から出たあとで、またもやさっきまで着ていた洋服に着替えなければならない状況が辛いったらありゃしない!


今度エクシブ来る時は絶対「湯上がりウェア」を持ってくるぞ!
(現に湯上がりにバスローブ羽織ってる人もいて・・・ 慣れてる~~・・・)






中国料理「翆陽」のコースメニュー


前菜盛り合わせ



干し貝柱入りふかひれスープ玉ねぎのフラン仕立て



天使の海老と茸のチーズ炒め

ビールから紹興酒に


鯛の中国式お造りジャスミン茶オイルソース
写真なし、最初に混ぜる前の料理を見せられてあとは混ぜこぜにされたものを取り分けてもらったため。



ホタテ貝柱のワンタン葱の香り醤油で



子牛のロース肉の魚香ソース炒め



紅鮭のチャーハン山葵の香り




チャイニーズスィーツプレート







今月父のお誕生日でもいつもより奮発した中華を食べてるのに、


すべてがワンランク上で、


「初めての味」なものばかりだった。



ふかひれに入っているオニオングラタンスープみたいな玉ねぎとか


中華だけどチーズな味の海老とか


「あ、ホントだジャスミン~!」な香りの鯛とか


クリスマスを意識した骨付きのロース肉のパリパリしたソースもみんな初めての味。



シ ・ ア ・ ワ ・ セ ・ ・ ・ ・





いいんだもーん。
がんばったよね私。
ご褒美だもんね私。

自分に甘い・・・私。





そのあとは部屋飲みで盛り上がるつもりで、ワインやら微発泡の日本酒やら持ってきたのに、
夕食があまりにお腹いっぱいで、これ以上飲めない・・・


つまみもいっぱい持ってきたのに、お腹いっぱい。





無理。



あああ~~~~無理!




それでもワインちびちび飲みながらお部屋にあったほうじ茶のティーバッグでお茶入れて、それをチェイサー代わりにしておしゃべりしながら延々飲み続けたところ、


夜中にトイレに起きること10回・・・・













引っ張るつもりはないがまた続く。




次の日の朝はと~~~~~ってもいい天気で、
朝風呂がまた爽快で、

朝食は普通のバイキング。



けむ’sセレクション



朝食は、和定食・イタリアンブッフェ・普通のバイキングから選べたらしいけど、
今回わたしらギリギリまで旅行の人数合わせのあとひとりを探すのに一生懸命で、
朝食のことまで気が回らなかったんだよね~。

この年末近くなって1泊2日旅行だなんて、

「仕事休めない」とか「その日は予定が」とか、、、


結局一緒に来てくれたのはあやめさん


あやめさん、来てくれてありがとう。
(4ベッドルームに3人じゃ寂しかったも~~ん)



それで朝食のことはノーマークだったんだけどもしも皆様が箱根離宮に行く時は、「和定食」か「イタリアンブッフェ」の方がよろしいかと・・・・






チェックアウト11時。
朝いい天気だったのに、だんだん曇り空になってきた。


エクシブ箱根離宮の斜め向かいに、かの有名な「富士屋ホテル」がある。




富士屋ホテルもいつかは泊まってみたいホテル。

じゃ見学していこ~~~









いいわ~~~






ツリーだぁ~!



中庭からオーチャードルームを見る



中庭の庭園


クラシカルなところがすごく素敵!


あこがれ度が増しましたわ~~~~







次は箱根神社。
雨がしとしとしてきた。






ここに九頭龍神の霊泉というのがあって、このお水を飲むと一切の不浄を清めてくれる・・・とか。





空のペットボトルが売ってて(100円)持ち帰れるようになっている。





もしも皆様が箱根神社に行く時は水筒か空きペットボトルを持って行かれるのがよろしいかと・・・・





遅めの朝食だったのでお昼になっても全然お腹は減らず、
芦ノ湖畔にあるお店でお土産さがしたりして、

Bakery &Table 箱根で軽くお茶して、








雨降ってきたな~・・・


コーヒー480円とかだけどたっぷりあるのが嬉しい。
おしゃれなお店で芦ノ湖一望できて雰囲気いいけど、とっても混んでで(平日なのに)頼んだものが出てくるまですごーく時間がかかるのでせっかちさんはやめた方がよろしいかと・・・



紅茶



アイスカプチーノ




更にお土産探して、



その後帰路に着いた。




最後の最後、
箱根峠を降りてくる時に霧であたりが真っ白になり、
5メートル先も見えなくてスリル満点の帰り道となりましたとさ。



エクシブ箱根離宮は今回4人でひとり15,500円プラス入湯税150円、という超お得なプランで行けて大満足でございました♡

れーこちゃんまた誘って~~~






2015/12/21















最新記事