5月の終わり、続々と子猫が保護されていた時、
タカラさんが引き取ったのは町内のあるお宅で2匹の母猫が時間差で産んでしまった子猫たち。


2匹の母猫はそれぞれ5匹ずつ産んだので、その時は一度に10匹もの子猫が来ることになっていた。
(幸い母猫も子猫も家の中で保護されていた)



慌てて名前もつけた。



サスケ



ドット



グレー



この子何だっけ・・・



・・・名前思い出せない




マメ



ララ



ちょうど子猫待ちをしていた里親希望者様も続々といたので、
私はその母猫の避妊手術のために車を走らせ、タカラさんは子猫達のお見合いを一手に引き受け、
子猫の里親は次々と決まっていった。



時期を同じくして町内の別の場所からキジトラの兄弟(オス2、メス1)を保護したが、その子達は外で捕獲したため人馴れが出来ていなかった。
その3匹はしばらくの間ケージに入れてタカラさんが面倒を見た。





里親さんが決まった子猫も先方の都合ですぐにはもらわれない子もいる、
私はというとちょうどみやびを捕獲して、みやびが皮膚疥癬だったため他の子を預かれなくて、
預かりを申し出てくれた方の協力でどうにかなったが、タカラさんのおうちは子猫の保育園状態だった






やがてあとから保護したキジ兄弟も譲渡会に出れるまでになり、そのうちの1匹を気に入ってくれたご家族様にもう1匹をオススメすると、2匹一緒に飼ってもらえることになった。
オスのシンちゃんとメスのネネちゃんを選んでもらった。




シンちゃん


ネネちゃん





小学生の男の子2人いるご家族様で、家族4人で譲渡会に来ていた。
猫は初めてのお宅だった。



猫が初めてということもあり、そのご家族様~Tさんへのお届けには私も同行することにした。


休日の朝10時の約束をしてお宅に着くと、家の中からご家族全員が出てきた・・・と思いきや、子供たちとお母さんは今から出かけると言う。子供さんのサッカーの送迎でお母さんも付き添いだと。



えっ・・・



やむなく私達は、ひとり残されたご主人に注意事項やらの何やらの説明をすることになった。





Tさん宅で


シンちゃんはオドオドしてタオルにもぐってしまった。
ネネちゃんは好奇心旺盛な様子で比較的落ち着いていた。
こういう時、やっぱり2匹一緒だと安心する。




子供達も含め、家族全員にお話しを聞いて欲しかったのに。
なんだか不安な気持ちが押し寄せる・・・・ゆいいつ嬉しかったのは子供達が段ボールで作った猫ハウスがあったこと
私はタカラさんにその後のフォローをよくするように頼んだ。



しかしタカラさんからは芳しい報告が来なかった。
タカラさんは奥さんとメールでやりとりしていたが、奥さんからは子供達がトイレの掃除をしっかりやっている、とか、目薬はうまく出来ている、とか、報告は毎日しなくてはいけないのか、とかいう内容で、

猫をもらってよかった、とか、かわいいとか、そういう言葉がひとつも出てこない

と、私に不満を漏らした。




私はタカラさんにこう言った。
「Tさんからシンちゃんとネネちゃんを返してもらってもいいんですよ」


猫を虐待してるわけでも、間違った飼い方をしているわけでもなんでもない、
でも、私は保護主さんの感情がいちばん優先されると思っている、
苦労して保護して、病院に連れて行って悪いところは治療して、一生懸命手をかけて慣らして、、、保護主さんがいなかったら存在しなかったかもしれない命。

保護主が「あげたくない」と思ったらあげなくていいんだ、


と私は思っている。




ただ、




Tさんに返してもらったら子供達がさぞ悲しがるだろうなぁと。



Tさんのおうちにはトライアルを長めに設定してあった。
万が一返してもらう場合は猶予は長く取っておいた方がいいからだ。
タカラさんがずっともやもやしているので、1週間過ぎた頃、私はタカラさんにもう一度家庭訪問をすることを提案した。
今度こそ家族全員がおうちにいる時に。




家族全員がいるのは平日の夜だった。
両親とも共働きで、子供達は家に帰ると2軒隣のおじいちゃんの家でお母さんが帰るまで過ごすのだという。
子猫が来てからはおじいちゃんが子供達の家に来るようになった。
その日はそのおじいちゃんも一緒に私達を迎えてくれた。



家におじゃまするとすぐにネネちゃんの元気いっぱいに飛び回る姿を見ることができた。
お届けした日におどおどしていたシンちゃんも、最初はソファの下に潜り込んでいたが、ほどなく顔を見せてネネちゃんと一緒に遊び出した。

奥さんが「子猫と遊ぶのに夢中で子供達が勉強をしなくて困る」と言うので、

私がすかさず下の男の子に「お勉強しないと猫返してもらおうかな~」と言うと、


彼はあわてて学校のドリルを開いて読み始めた。(笑)


目薬が終わってしまったと聞いていたが、もう点眼はしなくても大丈夫そうだ、
おじいちゃんから「喉がゼイゼイ言うのが心配だ」と言われたが、それはゼイゼイではなく「ゴロゴロ」だった。
猫初めての人は猫のゴロゴロを知らないのだなぁ~
あれは歓喜の声だ。
おじいちゃんにそれを教えられただけでも家庭訪問してよかったと思えた。



奥さんは仕事から帰ったばかりなのか、、まだ制服を着ていた。
そうか―――
奥さんから「猫がかわいい」という言葉を聞けないのは、奥さんが忙し過ぎるからだろう。
時間は夜の7時半を回っていた。
子供達は夕飯は済んでいるが、奥さんもちょうど帰ってきたご主人もまだなのだろう、
私達の訪問に家のことにも手をつけずに落ち着かない様子に見えた。




シンちゃんもネネちゃんもストレスなく元気にやっている、
私はタカラさんに目で合図して、その日は帰ることにした。


キッチンとリビングの間にはご主人の手作りのメッシュのドアが作りつけられていた。




こんなに素敵な爪とぎも。






帰りの車の中でタカラさんは安堵の気持ちを吐露していた。
「今日はTさんのおうちに来れて良かった」と。
私ももう「返してもらったら」とは言わなかった。




それから更に10日ほど経って、
タカラさんから「シンちゃんネネちゃんは正式譲渡になりました」と連絡が来た。


「2匹とも元気ですし子供達が夢中みたいです、

奥さんの言葉が柔らかくなって嬉しかった



と。





奥さんはまだ本当の猫の良さを知らないのだろう、
奥さんもいつかゆっくり猫達を膝に抱いてくつろげる日がくる、
その時猫の歓喜の声を聞けるに違いない、
その声に癒されて心がほどけていくに違いない、
その時きっと猫が愛おしいと思えるだろう







2016/6/25 シンちゃんネネちゃんお届け  7/16正式譲渡
スポンサーサイト

夏真っ盛り。

暑い夏を元気に乗り切るためには、食べ放題!


ちゅーわけではないですが、前々から予約してあって猫仲間と行ってきた。
税込み2500円。






へっへっへ。



月のはじめで仕事も忙しいというのにわざわざ休みとって(笑)



会場はグランディエールブケ東海4階。






さすがはグランディエールブケ東海、お料理美味いっす。








目玉はローストビーフ。

だけどそれより炭水化物が食べたくなる。
ざるうどん、あんかけ焼きそば、冷し担々麺、カレー(お約束)、冷たいパスタ、温かいパスタ、ピザ、サンドイッチ・・・


全部は無理!




そしてスィーツも!




もうねー
スィーツの種類だってこんなもんじゃないんですのよ、奥様。

パンケーキあり、カキ氷(超細かくてなめらかなやつ)あり、アイスクリームあり、パンナコッタ、ムース、ゼリーあり、ケーキも数種類、でもそんなに食べられない。



11時半から14時半までたっぷりおしゃべりにも花が咲き、お腹ぱんぱんで帰ったのだか、

実はこの日の前日、会社の後輩のれーこちゃんから急なお誘いを受けていた。
「本社でやるサントリー会に来ませんか」と。


勤務先の親会社では毎年恒例で「サントリー会」というのがある。
サントリーさんとのおつきあいのある関係で、サントリー商品のビアパーティを開催してるのだ。


え・・・


明日はランチバイキング・・・だけど夜は空いてるなぁ~

ちゅーわけで1日で◯◯放題のはしご




夜はビールの飲み放題~!!!



ビールはもちろん




ハイボールも




ワインもスパークリングも




ソフトドリンクも飲み放題(笑)




お料理もでるけどあっちゅー間になくなる。





こっちは会費千円で飲み放題抽選会つきお土産つき~



サントリーの新商品「プレミアムモルツ香るエール」めっちゃ美味しかったっす!
苦味が少なく水のように飲める。
女性にオススメ~




◯◯放題のはしごでお腹いっぱいーーー!



・・・それにしても食べれなくなったなぁ。





悔やまれる食えぬブッフェのあと一皿
byけむ。







2016/8/4

今回の譲渡会も子猫たんまり。

多分18匹子猫がいて、大人猫さんも入れると全部で23匹参加、そしてトライアルは7匹決定。
中にはお断りした先もある・・・子猫を希望される場合は希望者様の年齢やそれによっては後見人の有無、小さな子供さんがいる場合は住環境も考える。

たくさんいるから飼って欲しいのはやまやまだけど、安全で最後まで幸せになれるところへ巣立って欲しい。













指導センターから来た白猫組は、
プロフィールを源氏名に変えて参加してみた(笑)


オスの大ちゃんは「玉之丞」





メスのイチちゃんは「あなご」





・・・そうです、猫侍の白猫さんの役名と本名です!(笑)



結果はまた次回に期待。
2匹ともものすご~く人懐こくてくねくねスリスリ。
でも大ちゃんは座布団に隠れちゃって(最初だけ)あらら~
イチちゃんはお顔もすごく綺麗になった。2匹ともいい子だなぁ~



この子は左後ろ足の無い未来くん。





動物病院で保護されているが、病院に来た時にすでに脚のない状態だったというので理由はわからない。

未来くんは黒猫特有の人懐こさがあって、これまたすごく可愛いくていい子。
未来くん、足がないこと不自由さをまったく感じない、本人はなんともないといった様子。

おうち見つかるといいなぁ~・・・




ビクビクしていたちっちゃいのちゃんや、



同じくエイケミさん保護のビビりのすずちゃんもトライアルが決まった!


新しいおうちで頑張れよ~




うちの彗ちゃんとテイちゃんはまた次回。



「彗」って名前、自分で考えたのにプロフィール表書こうと思ったら漢字が書けなかった(笑)
もう覚えたよ。


彗ちゃんはものすご~くいい子になって、もう私が近づいても逃げない。
自分からお膝にくるほど。










いい子になったね~

きっとおうち見つかるよ、彗。
次回も頑張ろうね。






2016/8/7


先日の譲渡会でトライアルが決まった銀次くんとヒデくんは、お互い赤の他人(他猫)だけれども一緒のおうちに行くことになった。


ヒデくんは三兄弟のうちの2匹が先に決まったので1匹で残ってて、銀次くんは1匹だけで保護されてたのだ。


そーか、あんたたち、兄弟の盃を交わさないとならないねぇ・・・




銀次



ヒデくん



一緒にもらわれるとなれば相性が気になる、譲渡会会場で試しに銀次くんのケージにヒデくんを入れてみる(私もゴーインだな(-。-; )
すると銀次がモーレツに怒る、
ヒデくんはというとまったく意に介さないでマイペースでクタクタしている、

・・・猫の性格はほんとーに色々だ。
銀次くんの反応はまぁ普通っちゃ普通、ヒデくんの警戒心ゼロなところは逆に面白い。


お届けは1週間後になった。
そこで銀次くんの保護主さんにヒデくんを預けて2匹を慣れさせようと画策した。


あんたたち、仲良くなってね~




結果、
ほぼ1日で運動会が始まる(笑)




あ~やれやれ、銀次くんは結構な怒り具合だったから心配したけれど、子猫は単純でいいなぁ。

ところが今度は・・・




ねえさん!事件です!
ヒデくんの兄弟にエイズが出たそうです・・・!!!


ヒデくんはもう生後4ヶ月から5ヶ月に入ったくらいだろうか、あまり小さい時のエイズ反応は親からの母子感染で陰転することも考えられるが、この月齢でエイズ陽性なら確実かもしれない(ノ_<)

兄弟の子は具合が悪くて病院にかかり、そのついでに血液検査をしたようだった。

エイズがもう発症したとは考えにくい、もしもエイズだとしても、それほど重篤な問題ではない(と私達は考える)、でもその事実がわかった以上里親様には正直に話してご理解いただいた上でもらっていたたがないとならない。


銀次くんは血液検査は済んでいた。
すぐにヒデくんを病院へ連れて行き検査してもらうと・・・






陰性でした!







あああああ~良かった~
陰性に越したことない~


銀次とヒデくんはもうすっかり兄弟のように仲良くなっていた。
今さら引き離すのも・・・

これで大手をふって2匹一緒にお届けできる。
良かったよ~~~(T ^ T)




2016/8/12

最近休日になると着ているのが



浴衣地で作ったシャツ。



右上はミカちゃん(笑)




これオーダーメイドなの~
普段は着物を仕立てているであろうおばさんに作ってもらった。
浴衣生地を選んで形を好きなように指定する、袖をつけてとかノースリーブにしてとか、襟ぐりはこれくらいとか、そうして出来たのがこれ。
※そのおばさんはかのんさんに紹介してもらった※


これ、すごーく涼しくて~
しかも奥さん!
ノーブラでも平気なんですの。
(ノーブラがバレない)
だからこれ着始めると楽だし涼しくて手放せないんですの~
夏場のヘビーローテーション。




      




さてヒデくんと銀次くんのお届けには、

銀次の保護主さん、銀次の預かりさん(途中からヒデくんも一緒)、そして私の3人でぞろぞろ行ってきた。(^^;;


2匹の里親希望者様は、私達の譲渡会の常連さんだったご夫婦。
常連さん?とお思いだろうが、
実はそちらのご夫婦、以前はペット不可の住居にお住まいだったため、猫は飼えないけどしょっちゅう譲渡会に遊びに来ていたのだ。

それが晴れてペット可に引っ越した(つまりはおうちを建てた)ということで、やっと猫を迎え入れることになったという。



譲渡会で「あ~また来た~(笑)」などとやりとりをしながらすっかり顔見知りになっていたので、
いつかこのご夫婦が猫を飼えるようになったら、私の保護猫をもらって欲しいなぁ~などとぼんやり思っていた。

結果私の猫ではないけれど、今回はヒデくんの責任者としてお届けに同行したのだった。

ヒデくんは昔飼っていたオージに毛色がそっくりなんだよね、、丸顔のところも似ている。
その分惹かれる猫だった。

銀次の預かりさんのところに1週間いたわけだか、そこで初めて見た犬にも動じず、先住猫もなんのその。
面白い子だなぁ、ヒデくん。
性格はオージとは全然違うね(笑)




*****




里親様のおうちに着くと、
新築のお宅はもちろんなにもかも綺麗で、
気持ちのいい天然木のフローリングのリビングが広々として、
いいんですかぁ~~~(傷つかないかな)って感じ。


ヒデくんはさっそく動き回る。
銀次は案の定隅っこに入って固まっていたが、そのうちヒデくんにつられて、
2匹一緒に階段も昇ったり降りたり。


あんた達、カーテンは昇らないでね


・・・・でもそのうち昇るんだろうなぁ、この新しいレースのカーテン・・・








ヒデくんの保護主のSさんはものすごくたくさんの猫を保護している人だ。
そのSさんから聞いた話しだが、ヒデくんは一度別の里親さんのところに行ったことがあった。
その家の奥さんがポロっと・・・「ネズミ捕り用に飼う」と言った言葉をSさんは聞き逃さなかったらしい。
慌ててその家から返してもらったという。
「首輪もさせてたけどあれは絶対外に出すに違いない」
「連れに行ったらあのヒデくんが部屋の隅っこで小さくなってた、かわいそうに」
と。

ヒデくんは、、あの子にはネズミなんて獲れない。
多分ネズミと一緒に遊ぶタイプだ(笑)
Sさん、よくぞ取り返した!
おかげで銀次くんと一緒にこんな素敵なおうちでのびのび暮らせるんだから・・・T^T




今日はSさんは来れなかったので、2匹の写真(と家の写真)をSさんへ送ってあげようと、
いつもより多めに写真を撮る。












でもやっぱり2匹一緒はいいなぁ。

アカの他猫だったけど、君達こういうご縁だったんだね~~

どうか無事に正式譲渡になりますように。




2016/8/13 ヒデ、銀次お届け

5月の終わりにタカラさんが保護した10匹の子猫の中で、いちばん小さくて成長が悪かったマメちやん。



こんなんだったんだよ~T^T



この子とサスケちゃんは、預かりさんのところに行った。
あまりに子猫が多い時期だったので、預かりさんを募集したのだった。預かりさんの存在のなんとありがたかったことか。


預かりさんの丁寧なフォローのおかげで、マメちやんもサスケちゃんも可愛らしい猫に変わっていった。




なんとっ!




見違えた!





サスケちゃん



マメちやん / 6月2日撮影




サスケちゃんは程なく里親さんが決まり、マメちやんはそのままずっと預かりさんのところで大切に育ててもらっていた。




7月21日撮影



ところがこのところ、1匹だけで甘やかせてもらっていたせいか 
「噛み癖がひどくて」
と預かりさんが言うので、

うちには同じくらいの体格の彗ちゃんがいるし、彗ちゃんも一匹で遊び相手がいないからと思い、マメちやんを我が家に連れてくることにした。




するとわが家に連れて来た途端、


預かりさんの家族の愛情を一身に受けていたマメちやんが、





凶暴化?・・・してる・・・



シャ~~~ッ



ど、どしたの~マメ~!!!
シャー言うし唸るし噛むし引っ掻くし・・・



これじゃ今日捕まえて来たばかりの野良猫みたいじゃないか・・・





ところが翌日。

ふつーの子猫になる。





な、、なんだよ、、
どうしようかと思ったよ、マメ。




マメちやん箱入り息子だったんだね~

マメにとってはおばちゃんちは初めて出てきた荒野だったんだね(笑)











それでも2、3日は唸り声をあげていたマメ。






マメちやんと彗ちゃんは体格もまったく同じくらいで、まさにお互い格好の遊び相手で、
遊ぶ遊ぶ、
追いかける追いかける、
取っ組み合う。






不思議なことに預かりさんの言う噛み癖とやらはほぼない。
唸り声もそのうち出さなくなった。






子猫時代に兄弟のような存在と一緒に過ごすことがいかに大事だということがよくわかる。

どんなに可愛がっても人間では教えられなことがある。


1匹で噛み癖のある子はたいてい遊び相手を与えてあげると治るのだ。








これから子猫を飼おうと思っている方、
先住猫さんがいないおうちは、
是非2匹一緒に飼うことをオススメします。


何度も言うようですが




あ、そうそう、
銀次とヒデくんはトライアル期間満了を待たずに正式譲渡のお返事をいただきました。

ああああ良かった!

本当は里親様の奥様にアレルギー症状が出てしまい、
凍りついていたんですが。



症状は工夫と努力で乗り越えられる範囲とご判断いただき、あの子達はそのまま兄弟のように暮らせることになった。

名前もそのまま(笑)


ありがとうございます。





そういえば、
銀ちゃんもヒデくんも爪とぎは専用のダンボールでやってくれて、家の壁とかでは一切やらないし、カーテンも昇らないと、
里親様からお褒めの言葉をいただきました。

保護主様、預かりさんのしつけのおかげでございます。


ありがとうございます。







2016/8/13 マメ預かる


銀次とヒデくんがカーテンも昇らず壁にも見向きもしないで爪をといでくれているのが、
こちらの爪とぎ段ボール



(サイズ26×50)


これはホームセンター売ってるものでなくて、専用に作っている方がいましてそこから買ってます。



ひとつ600円!です。 (安いっ!)


小さいサイズも作ってくれます。

両面使えてしっかりしていて丈夫でオススメ~~~
里親さんにももれなくすすめています。


お求めは ↓↓↓↓

「猫のポケット」
054-281-3928
数がまとまれば配達もしてくれるそうなのでお電話してみてください



モデルはマメちゃん

マメ、イケニャンだね~
「爪研いで~~~」とさっきから言ってるのに研がない・・・




   



さて!

またいつもの夏のダンス公演があるのだが~
いつもは8月の第一週にやってるのが今年だけ劇場の都合で9月になった。

例年なら8月は公演も終わって暑さも本番でビールもガンガン飲みまくっているのが、
今年はまだこれから本番を控えてるので、
スタイルだって調整しなきゃーならない。

禁酒すればそこそこお腹もへこむんだけどね、


禁酒すれば、

禁酒すれば、

禁酒すれば。





================================

コンテンポラリーダンス公演
「ちっちゃなちっちゃな王子さま」

平成28年9月3日(土)・4日(日)18:30開場 19:00開演(両日とも)
料金/全席自由 前売¥3,000 当日¥3,500
会場:静岡県野外芸術公演「有度」

http://www.ks-pro-dance.com/stage/index.html


=================================


今回は「星の王子様」をモチーフにした作品になってます



毎年来てくれる友人以外に、
新しく誘った人も翌年から来てくれるようになるで、
おかげさまで今年は難なく自分の持ち分のチケットは完売。

わ~~~~い

・・・なんだけど、



いつまでたってもヘタクソだから見てもらうのが恥ずかしい。



いやいや、そうはいっても上手くなってるはず・・・って思うでしょ~~~~~~!!!!



それが、、、

iPhoneで動画を撮るようになったら客観的に自分の踊りが見れるものだから、、、



やっぱへたや~~~~~~

というのがわかってしまう。




ま。

落ち込んでも仕方ないので頑張りまっす!!!





彗ちゃん




マメちゃん




2016/8/24

さあ禁酒しよう。


禁酒をするにはビール買ってこなきゃいいじゃん、と物理的な作戦に出てみたが、
(いつもはケースで買ってる)
コンビニで女々しく1本ずつ買ってきそうな気配ありありなので、




・・・・・・・・・


ビールはやめて焼酎を買ってきた。
(ダメだこりゃ)




大好きな胡麻焼酎「紅乙女」しかも紙パック!





*****



先日の譲渡会でテイちゃんのトライアルが決まった。


先々月から譲渡会に来てテイちゃんを気に入って抱っこしていってくれる人がいたのは知っていた。

でも申し込みするわけでもなく、
「来月また来るね~」だったり
「家族に相談してくるね~」だったりして帰っていくので、
まったく期待はしていなかった。

というよりそんな人がいたことすらいつもすっかり忘れていた。


それが今回本当に「また来たよ~」と言って、

家族にも了解をとって今度こそテイちゃんを欲しいと言うではないか。


「まままままま、まじですか?!」



今回もかわいらしい子猫がいっぱいいるのになぜテイちゃんが良かったのか。


その人は以前犬を飼っていたことがあるが、犬の一途さはとても受け止めきれるものではない、
子猫の活発さも自分にはとても付き合いきれない、と冷静にご自身を分析されて、
それで大人猫のテイちゃんを選んでくれたのだった。




テイちゃん!おうち決まったよ!

でもうちに来た時1週間ご飯食べなかったテイちゃん・・・
新しいおうちに行ってまたそんな風になって里親さんの気持ちが折れちゃったらどうしようという一抹の不安があった・・・(・_・;





テイちゃんのお届けの日。


きれいな夕焼けが。




もしかしてテイちゃんの巣立ちを祝ってくれてる?(o^^o)


思えば5月の猫がいない時期に「水増し」する意味で公園から連れてきてから3ヶ月、
うちの猫とも馴染まなかったし、子猫も嫌いだったテイちゃん。

これからはずっとひとりだけでいられるんだから。



・・・・・・・・・



里親様のおうちに着いて、

広いリビングダイニングのお部屋にテイちゃんを放すと、テイちゃんはキッチンの棚の下の蓋つきゴミ箱の上に乗って隠れてしまった。

里親様と話して帰る時にテイちゃんをゴミ箱の上から引きずり出すと、
テイちゃんの身体が柔らかかったのに気がついた。


緊張すると身体は硬くなる。
テイちゃんも例えばキャリーに入れる時、譲渡会で抱っこするためにケージから出す時、身体はガチガチになるのに、

その時は柔らかかったのだ。



テイちゃん、そんなに緊張していないのかも?



テイちゃんにトイレと爪とぎの場所を教えて、
「頑張ってね」と言って帰ってきた。


それでも「今日はご飯食べないかもしれたせん」「猫は2~3日ご飯食べなくても平気ですから~」などと言って精一杯万が一の事態に予防線を張っておいたのだが、



家に帰ると里親様からのメールで、


「あのあと少しだけフードを食べてくれました」と。




ま、ま、まじですか?!




テイちゃん、
すごいじゃん?!


なんだかいけそうな気がする~!!!
(↑古い)





わが家ではミシンの裏が定位置だった





2016/8/22 テイちゃんお届け




最新記事