オカメさんが拾った子猫を2匹セットでもらってくれたのは40代のご夫婦。


お見合いの時、3匹まとめて見ていただき、茶トラの女の子希望だったところを「子猫を飼うなら絶対2匹一緒がいいです」と猛プッシュした。



2匹一緒をすすめる場合のトークテクニックがある、それはとにかく2匹一緒のメリットをこれでもかと羅列する。


◯成長過程で出てくる噛みグセを防げる
◯情緒が安定して性格が穏やかになる
◯子猫の活動量はハンパないが、人間が遊んでやらなくても猫同士で遊ぶ
◯お留守番も2匹一緒で寂しくない
◯2匹仲良しでいる姿は見るだけで癒される
◯あとからもう一匹飼おうとすると相性の問題が難しい、そこいくと兄弟はずっと仲良しでいられる
◯2匹一緒なのは猫のためだけでなく人間にとってもいいことだらけ


確かに餌の量やトイレの砂の量は2倍になるけど、だからと言って手間が2倍かかるわけではない、
ご飯のしたくやトイレの掃除の手間はほとんど変わらない、逆にそれ以外の手間は少なくなるくらいなのだ。



そしてとどめのこのひとこと。

「今までそうやって2匹もらってくれた里親様からは2匹にして良かったと100%言われます





かくして2匹一緒にもらわれたのは、茶トラの女の子とグレー系の男の子。






「トイレできました」

「お留守番と初ウンチしっかりこなせました」

「ワクチン行ってきました」



里親様からは短い報告メールが届く。
添付の写真にはなんとなく部屋に猫グッズが増えているのがわかる。



ーどうですか?2匹だと安心感があって可愛さも2倍になりませんか?



それは奇しくもタマ兄弟をもらってくれたご家族様の奥さんが言っていた言葉、

「2匹いると幸せも2倍ですね♡」

が片隅にあって引用したのだか・・・



「二人にして大正解でした😊ありがとうございます」

(二匹と言わず二人という里親様)




やった!






茶トラの女の子は福ちゃん、男の子の方はリッキーという名前になった。


旦那様はどうやら子猫達にメロメロらしい。(笑)








そして、無事に龍くん神くんも正式譲渡のお返事をいただいた。



めでたし、めでたし。



2016/12/3










スポンサーサイト

前回、名古屋のお友達のおうち居酒屋にお呼ばれしたのがちょうど2年前。


忙しくてずーっと指をくわえていたけれど、やっとのことでひっさびさに名古屋へ行って来た。

前回は「居酒屋真」で紹介したけれど、


もうねー


居酒屋通り越して民宿ですねん。
「民宿真」


今回はあちこちから酒豪7家族10名が集まり真さんご夫婦いれて12名での大宴会。

その出てきたお料理がこちら。(これでも抜粋)

























美味しいのはもちろんなんだけど、皆さんがまた更に美味しいものを持ち寄りしてくれるので珍しいものもいただけて、
もう天国のようなんですのよ~~



鹿肉あったり、





ローストビーフあったり、





クラフトビールがこらしょとあったり、





売り物のような手作りホールケーキがあったり、


なぜか穴ボコひとつ・・・



マツタケのリゾットなんてのも・・・




それ以外にもうまい手作りパンとか、えーっと他にもまだまだたくさん食べて~~


途中3回くらい倒れながら飲んだら、
最初と最後の話しか覚えてない・・・

なんてこったい。




まことのおどりば






そして朝はちょうどよい湯加減のサイコーに気持ちいいお風呂に入って、

朝ごはんがこれ。




蕎麦の実のお茶漬け&朝日を浴びるお漬物


お茶漬けの上に葛はたいて湯通しした(多分)白身のお魚ととろろが乗ってる・・・って凄すぎる!

お茶漬けの出汁が泣けるほどうまい。




ご褒美や~~


頑張った私のご褒美でっせー!




よーし!
これで今年もうひと頑張りの力をもらったし!
あとは帰りにせっかく名古屋に来たから当たると評判の「名駅チャンスセンター」で年末ジャンボを買って帰るだけだ!(と決めていた)



グーグルマップを頼りに名駅チャンスセンターへ行き、年末ジャンボゲット!したぜぃ!


・・・と、ふと隣を見ると、

もうひとつ宝くじ売り場が・・・???


どど、どーゆーこと?




なんと私が買ったのは「名駅チャンスセンターの隣の宝くじ売り場」
だった・・・ガーン:(;゙゚'ω゚'):




道理で行列短いと思った・・・


それでホンモノの名駅チャンスセンターの長い行列に並ぶ気力がすっかり失せて、
結局わざわざ名古屋のなんでもない宝くじ売り場で年末ジャンボを買って帰ってきたという・・・



ちゃんちゃん





いーや。
運は自分で引き寄せるのだ!


とか言ってみました・・・チーン。






2016/12/4


毎年12月に不妊手術ツアーをすることが多い気がしする。

春や初夏に産まれた猫達が、里親さんが決まらず残っていると手術する頃合いがちょうど暮れあたりになるからかな~~



今回は6匹。




新しい車はシートを倒さなくてもほれこの通り、キャリー6個が楽々積める。

あと3匹追加してもダイジョブ、グッジョブ。





手術は日帰りで、10時に置いてきてお迎えは午後の3時~4時くらい。
いつもお迎えまでの時間をどうやって過ごそうかと考える。



そこで今回はランチに行きたいお店があったので、とりあえずそこに行くことで時間をつぶすことにした。




沼津市柳町「王味」(わんみ)


実はひとりでなく竹かご職人のかんたろうさんを誘って行ってきた。
だってひとりで行ったら食べたいものがひとつに決められないと思って~~(そこ?)



レバニラ定食840円


サラダもついてる



小海老入りラーメン(黒醤油)と半チャーハン950円




この海老がすごい!
ぷりっぷりで量もこらしょとある。

それにこの真っ黒なスープのラーメン。


単品だと「駿河ブラック」というラーメンなんだけど、
これが食べたかったの~~~~~





ちなみにランチのメニューはこちら






とーってもリーズナボー



満足したぜぃ。


今度はアレ食べよ~~と次もまた来たくなるお店です。




その後かんたろうさんの作業小屋で木工細工をしてもらっているちに(かんたろうさんの作業小屋はエンチョーのDNYコーナーのごとく道具がそろっている)お迎えの時間となった。



かんたろうさんは今竹の仕事で忙しいらしい。





これはとうじ蕎麦をすくうやつ。
とうじ蕎麦とはつゆのはいった鍋にひとくちずつ小分けにされた蕎麦を湯がくようにしてからおわんに盛って食べるもの。





これは来年の七夕祭りの飾りに使うぼんぼり(?)で、区の商工会議所から頼まれたのだという。
(これ7つ作るんだって)



へーーー
かんたろうさん、竹かご職人として名前が知れるようになったんだね。


私が頼んだおむすびかごはいつになってもいいから、いつか作ってね~~











今回はエリちゃん、ユウゴくん、アオちゃんの手術をしたんだけど、

エリちゃんがいつもよりも元気がなくてちょっと心配。








エリちゃんの傷あと。(手術3日後)





しおらしいエリちゃんもかわいいけど、
早く元気になってね。






年内に皆おうちが決まるといいんだけどな~
特にエリちゃんはナナおばちゃんから嫌われているから。




さぁ、おばちゃんも頑張るからね!






2016/12/8


去年子猫の時に保護されて今年の春やっと里親さんが決まったハチワレ柄のジロちゃん。



ジロちゃん正式譲渡




ジロちゃんの里親のWさんは今でも時々ジロちゃんの様子をお知らせしてくれる。


ジロちゃんはすっかりWさんには懐いたようだった。
以前ふらっと遊びに行った時、玄関先で仕事をしているWさんの横にジロちゃんが座っていた。

・・・その後私を見るなりダッシュで逃げたけど。



そのWさんから念願の・・・




おとうさん ジロちゃん抱っこの図






うう・・・・


嬉しい~~~~・・・・





臆病すぎて里親さんが見つからないかもしれないと思ってたジロちゃん


ちゃ~んとWさんちの猫になってる。















2016/12/4

12月は父の誕生月で、毎年家族揃って同じ店で食事をするのが恒例になっている。



中島屋グランドホテルの中華レストラン「四川飯店」



12月のHIBIKIコース。



季節のチャイナオードブル



花イカと百合根入り柚子風味岩塩炒め



エビチリ海老せん添え



鶏もも肉のパリパリ揚げ薬味ソース(取り分け後)



牛肉の湯葉包みフカヒレあんかけ



四川麻婆豆腐



トビッコチャーハン



杏仁豆腐と胡麻団子





毎年同じ月に食べてるから毎年似たようなメニューだけど(^_^;)
美味しくてお腹いっぱいでいつも満足。




去年は姪っ子(姉)が子供を連れて里帰りしていたので小さい子供がいて賑やかだったが今年は帰ってこれなくて、
その代わりにもうひとりの姪っ子(妹)が今年入籍したものだから旦那を初お披露目で参加した。



披露宴は来年予定していて私は初対面。

案外イケメンで長身な旦那にビックリ。



それ以前に、あの姪っ子が結婚できて、更に主婦やってるのもビックリ(笑)




段々家族の形って変わって行くんだな~~










今年の青葉公園のイルミネーションは少しおとなしめ。

ツリーもないし、不景気ってことかな?





今年もあと少し。





右ユウゴ、左は新しい預かり猫のキク








2016/12/11

先々月から譲渡会に4匹の兄弟子猫が参加している。
その子達の保護主さんは70代のご夫婦。


家で餌をやっていた半野良半飼い猫が子供を連れてきた、このままでは増える一方、TNRと里親探し・・・メンバーの古い知り合いとかで譲渡会に来ることになった。


ところが先々月も先月も里親さんが決まらない、まさかこの子猫達を70代のご夫婦が飼う羽目にならなきゃいいけど・・・と心配になり、ついついお節介に入ることになった。



なぜなら年寄りの家では子猫達は出入り自由、トイレのしつけも果たしてできているかどうかわからない、せっかく駆虫したのにまたノミがつく・・・

奥さんに電話で子猫達について質問すると、毎回いきさつを一から説明されて答えにたどり着く前にこっちが挫折、結論は不明のまま、あ~やってられない


面倒臭いから4匹の子猫を手分けしてこちらで預かることにした。




ヒガシ




タロウ




のの




キク




中でもキクは見た目可愛かったのでオファーがありいち早く私が預かったが、その話が結局ダメになってそのままわが家にいる。




それが苦労の連続で、、、


預かったばかりの時はなんとトイレができなくて、のっぽさんが苦労して躾けてくれた。

その後わが家に来てからもストレス性の下痢?でケージの中でウンチを垂れ流したり、ドライフードを食べなかったり、原因不明でグッタリしたり、もうワケわかんない猫だった(泣)のが、




今はドライフードもよく食べ、よく遊び、キツネのように高く飛び跳ね、お膝に自分で乗って来るゴロゴロの猫になった。













ああどうか、明日の譲渡会でおうちが決まりますように!!!





2016/12/15

日曜日の譲渡会で、


なんとキクちゃんのトライアルが決まった!




左は兄弟のタロウくん



マジで~~?!
わーん嬉しい!。・゜・(ノД`)・゜・。
キクは別の意味で苦労したから~


ホントーに猫って色々なパターンがある。




でも、里親希望者様のおうちにはワンちゃんが2匹いるようで・・・


大丈夫かなぁ、キクちゃん・・・







今回はなぜか三毛猫さんが多くて



キクと姉妹のののちゃん




幸(ゆき)ちゃん 2歳




ミケコちゃん 6歳くらい





エリちゃんも出たよね(笑)
6ヶ月 避妊手術済み エイズ白血病陰性



カスミ荘の保護猫の兄妹はそれぞれトライアル決定!
良かったね~~



アサリ


しじみ




その他のトライアル決まらなかった猫さん


アビシニアン風かりんちゃん メス 4ヶ月
人馴れもバッチリ、可愛いのにねー



キクの兄弟のヒガシくん 4~5ヶ月




ジンくん(♂)とシェリーちゃん(♀)3ヶ月



このきれいなベージュの兄弟はのっぽさんが捕まえた子・・・


その話はまたするとして、




今年も押し迫ってきましたがギリギリまで里親募集中~~!!!





2016/12/18








クリスマスにひとりでいることを最近では「クリぼっち」って言うんだってね。

私達時代は「シングルベル」だったけど。(笑)










クリスマスイブは仲良しのchuchuさんのライブがあったのでクリスマスライブの夕べ~~~ひゃっほぅ!


忙しくて全然クリスマスの気分にならなかったけど、
クリスマスメドレーが聞けてやっとこさクリスマスの気分盛り盛り上がり~~


清水区のライブハウス「もでらあと」は、へんぴな場所にある(失礼)ライブハウス兼喫茶店なんだけど何気に食べるものが美味しい。
おすすめはミックスピザとハンバーグ。



ミックスピザ1000円



ハンバーグ950円

ハンバーグ、ボリューミーです!






その後は女同士で家飲み会。

お腹はちきれそうだった~
















先日の譲渡会のすぐあと、



なんとエリちゃんにオファーが来た(!)







エリちゃん、こんなにかわいいのになぜ決まらないんだろ~
・・・・・・・・
ずっとそう思ってた。



きっとエリちゃんには特別な里親様との出会いがあるからなんだ!
・・・・・・・・
ずっとそう思ってた。




そしてまさにそんな感じの里親様との出会いが・・・・・!!!






もうそれが嬉しくて嬉しくて、
それが私にとって何よりのクリスマスプレゼントになった。


サンタさんているんだな~~と。




だってクリスマス近くにはここ毎年も何かしらいいことがある・・・気がする。



ただし猫に限って。 









サンタさーーーーーん!
それでもありがと~~~~~~~~





天皇誕生日はお届けラッシュで、
キクちゃんのお届け、
てんちゃんのお届け(譲渡会後預かるつもりだったけど黒猫くん)、
そしてエリちゃんのお届け、


更にユウゴくんはのっぽさんのツテでトライアルに行って、

5匹いた保護猫が急に2匹になってしまい、

寂しいったら。





幸せな寂しさもありクリぼっち  byけむ






2016/12/25

大先輩のハッチーさんのお店、「猫カフェくるるん」が12月29日で閉店。


オープンの時はわが愛猫のナナもオープニングスタッフとして参加させてもらったっけ(笑)


ナナ「猫カフェデビュー」





それから6年。


ハッチーさんの猫カフェは全て保護猫達で、猫カフェが猫と里親さんを繋ぐ場にもなるように、という想いで営業されてきた。

そして猫を愛するあまり、営業時間は短くなり、利用上のお願いごとが多くなり(抱っこ禁止、寝ている猫を起こさない等)そのため料金も安くして、商売にならんだろう?と余計な心配をしていたが


おかげさまでくるるんを介して本当にたくさんの里親さんとご縁がつながり、
ハッチーさんの想い~猫と里親さんをつなぐ場所~としてどんなに大きな存在だったことか。



子猫を保護してもらったり、スタッフにしてもらったり、譲渡会以外でのお客様とのやりとりがあって、そこから何匹もの猫達が新しい飼い主さんのもとへ巣立っていった。








ハッチーさんは少し前から猫カフェのあり方や将来のことを気にしてナーバスになることがあった。
ずいぶん昔、ブログにこんなことを書いてあったことがある。



猫カフェは、(生体販売などしなければ)商売として考えると、本当に利益がない分野だと思います。
少なくともくるるんではそうです。

なのに、けっこう変な風に妬まれる事が多い気がします。
それは実態が判っていないからだと思いますが、時折その負の思いに押しつぶされそうにもなります。

それと、このちっぽけな取るに足らない私が、みんなの想いや、ここの猫たちの未来をも背負っていると思うと責任重大に思えます。

そんな緊張感がある毎日ですが、猫たちの寝顔や邪心のない日常の一こま一こまが私を癒してくれるので、私などよりずっとずっとたいへんなお立場や、ずっとずっと辛い事がある方、又何もなくハッピーな方ももっともっとハッピーになる、そんな猫カフェにしていきたいとますます想いは強くなっています。

(ハッチーさんブログより抜粋)




それが猫カフェオープン当初からのスタッフだったサンタくんが病気になり、
そして今月10日に亡くなり、、
ハッチーさんの気持ちにくぎりがついたのだろう、、、





サンタくんに届いたたくさんの花



お店の閉店を決めるとそこからはスタッフだった猫達に次々に里親さんが決まり、
最後には2匹残すのみとなってその2匹はハッチーさんが引き取ることになったそうだが、
閉店までに成猫さんもすべて里親さんが決まるだなんて「奇跡」としか思えない。




猫カフェkululunスタッフブログ















ハッチーさんは私がひとりで猫ボランティアを始めるよりずっと前から猫ボラ活動をしていて、
当時いろんな状況がいまよりずっと悪い中、熱心に勉強して、
パソコンもインターネットも息子さんに叱られながら教わったと言ってたし(^^;)
猫の病気のことや薬のこともすごく詳しくて、
本当に尊敬できる大先輩なので、

猫カフェが閉店になったらとりあえずゆっくり休んでほしいけれど、
これからも猫のことはやめないでいて欲しい。



譲渡会の活動「グループねこさと」としては活動は継続するけれど、
最近仲間内で「もう猫のことはやらない」という人がちらほらいて・・・・


まァ私だってやりたくはないけど、猫がいるから・・・・猫がいるからいつだってしかたなくやっているんだけど、
いつか世の中が変わって保護する猫がいなくなるかもしれないから、そういう時代になるかもしれないから、
それまでは出来ることだけ、自分のキャパの中だけでも、という方針でやっている。


だから猫を置いて旅行にも行くし、しょっちゅう飲み歩くし、傍から見れば随分テキトーなボランティアさんと思われるかもしれないけど、ボランティアはそうでなければ続かない。
仕事じゃないしNPOでもないし、ボランティアはそれでいいんじゃないかな。
もしも今何かしてみたいなと思っている人がいたら、ボランティアを大袈裟に考えず、たとえば猫の預かりだけでも立派なボランティアになるのだから是非預かりさんをやってみては。
「関心を持つ」ということが大事で、それが世の中を動かす力になると思う。



話しが長くなるが、

以前ある飲み友達が住んでいる分譲マンションで「ペット不可」なのを一部の住居者からペットを飼いたいという意見が出て「ペット可」にする住居者会議があったという。
彼は奥さんに先立たれてひとりでそのマンションに住んでいたが、その意見に「反対」したらしい。


「どうして反対なの?鳴き声とか?別によそのおうちで犬や猫飼っていたってあなたに影響ないでしょ?」


私がそう質問すると、
彼はこう言った。


「自分に影響ないから変えなくたっていいんだよ」







・・・・・・・



その彼とはそれきり縁を切りました。



あいつがそんなやつだとは思わなかったよ、そーゆーやつは無人島にでも行っとけ。
一緒に飲んでて楽しくても、そんな人とこれからも付き合いたくないもん。




閉店前夜、ねこさとの仲間とハッチーさんを囲んでお店でお疲れさんパーティを。
遅くまで猫談義で盛り上がった




アタチたちにはおこぼれはないのね~とふて寝するココちゃん(笑)
(※ココちゃんは指導センターに処分に持ち込まれた子猫。里親さんが決まりました)




今日はもう大晦日でブログ更新しているどころじゃない、お掃除もしなくちゃ(まだ全部終わってない)、
なのでバタバタだけれど、いつも読んでいただいてます皆様、本当にありがとうございます、
来年もよろしくお願いします。

そしてどちらさまも良いお年を~






2016/12/31



最新記事