かのんさんがあるお宅のTNRを手伝った時に、他の兄弟に比べてひとまわり身体の小さい子が1匹いた。
この子成長悪いしリリースすると心配だ、小さいから里親さん見つかるかもしれない、と保護したのが、


リョウちゃんだった。








病院の診断では生後4~5ヶ月と言われた、でもせいぜい3ヶ月くらいにしか見えない、
血液検査の数値も悪くてしばらく入院していたが、数値が正常になって1回目のワクチンが済むと同時に我が家に連れて来た。



かのんさんはエイズの子や腎臓が悪い子をたくさん保護している。


子猫を保護しなくてはならない時は、なるべく病気の子と一緒にしたくないからと、私が預かりを引き受ける約束をしていた。



その時うちにはマーブルやショコラやこぼんがいたけどええい!子猫だ、なんとかなると思い・・・
( ̄◇ ̄;)






リョウちゃんは意味わからず逃げ回る子だった、なんの攻撃もせず鳴きもせず、ただ逃げる。
でも抱っこすると耳をひっくり返して観念して抱かれてる(笑)
(リョウちゃんの右耳はリリースするつもりだったので桜カットされていた)

大丈夫、これならそのうち慣れるだろう。







・・・と思っていたら、


この子ご飯を食べない。




リョウちゃんの成長が悪い理由がわかった。
食べることに執着がない子なんだ・・・



外の子はたいがい食べることに必死できたからがっついているが、リョウちゃんは見向きもしない、もしくはほんの少し食べてもう終わり、フードを変えたり美味しそうなパウチを混ぜたりしてもどーも食いつきが悪い。



私はその頃マーブルとショコラにかかりっきりで、、リョウちゃんはこぼんちゃんと一緒に放置状態だった。



そこでちゃんと食べているか体重を計ることにしたのだが、



げげっ、体重がみるみる減って行く・・・



((((;゚Д゚)))))))

まずいやんけ!


リョウちゃんが食べないご飯はこぼんやうちの猫が食べてしまう、ケージに入れっぱなしにするのもかわいそうだ、、

そうだ、リョウちゃんをのっぽさんに預けて食事管理してもらおう。

今度は私からのっぽさんへのお願いだ。













のっぽさんにはリョウちゃんと一緒に料理用の計りを渡して、
「毎日体重計って報告してね」と。




するとのっぽさんから毎日リョウちゃんが計りに乗っている写真が届くようになった。(笑)
最初のうちは朝晩2回ずつ。


のっぽさん、1日一回でいいよ~^^;




2/24




2/25








2/26








2/28




3/7









3/15




3/17

すごい!1800グラム超えたよ!




リョウちゃんは計りの上でじっとしているよう躾けられた(笑)

運動しないとお腹も減らないだろうと一生懸命遊ばせてくれて、途中体重は上がるばかりでなく下がったりもしたが、
のっぽさんのおかげでリョウちゃんは順調に体重を増やしていくことができた。





そして譲渡会前日。



のっぽさんから「リョータ可愛く撮れた」と画像が送られて来た。
(のっぽさんはリョータと呼んでいる)










譲渡会の日、リョウちゃんはのっぽさんにシャンプーしてもらってふわふわでちょっぴりふっくらして、ものすごく可愛かった。







2017/3/19
スポンサーサイト



最新記事