2年前、会社が合併してお給料がすとーんと下がってしまい、

でもその代わり仕事が超楽になったので有給休暇をばんばん消化している。


いろんなポイントが失効される年度末、
私の失効される有給休暇数はゼロ(笑)



だって土日以外にも休みを取ってかないと猫の用事が片付かないんだもーん。

それでも忙しくて寝る時間がどんどん遅くなる、
それでなくても春は眠い。




眠い。







今回は5匹の保護猫すべてトライアルが決まったので、お届けやらなにやら。

随分前から久しぶりにお風呂にでも行ってこようかな~~と休暇を取っていた日は、
猫のお届け絡みで予定変更( ̄◇ ̄;)




それというのも先日の譲渡会でこぼんちゃんとすずめちゃんは2匹一緒にもらっていただけることになり、
お届け先がなんと伊豆の国市!









すずめちゃんはあまりにも地味でおとなしかったので、カスミ荘のママのところから付きっ切りでお世話できるのっぽさんにみてもらっていた。


更にわが家に新しい猫を連れてくることになったので(その話はまた次回)、
特段問題のないこぼんちゃんものっぽさんのところに連れて行くと、

のっぽさんがこんなことを言ってきた。



「すずめ、こぼんの面倒をよく見る」


「すずめとこぼん、親子かもしれない」


「きっと親子」




えーーー!




実はすずめちゃんは2月の半ばの避妊手術ツアーの時にお腹に赤ちゃんがいて出産直前だった。

(よかった産まれなくて・・・



すずめちゃんはのっぽさんがクリスマスの時に公園の遊歩道で保護した子だったから、まさに保護直前に妊娠していたことになる。(猫の妊娠期間は60日)


こぼんちゃんも同じ場所でリリーさんが保護した子だから、すずめちゃんがその前に出産した子猫だったとしてもありうる話だ。



すずめちゃんはこぼんちゃんの面倒を見る時だけは、自分らしさを見せるし、仲いい姿は微笑ましいので、
もしかしたら親子でもらってくれる人もいるかもしれないと、2匹を一緒のケージに入れて譲渡会に出したのだった。



で、思惑通りになったというわけ。





トライアルを決めてくれたのは30代のご夫婦、
こぼんちゃんを気に入ってくれて、すずめちゃんについては付録・・・だったかもしれない。



それでもそんなありがたいことはない、
すずめちゃんはもしかしたら里親さん見つからないかもしれないな~などと思っていたくらいだから。



伊豆の国市だったので、お届けはまたのっぽさんと一緒。
こぼんもすずめものっぽさんの保護猫だしね、
それにのっぽさんヒマだから。



こぼんは車が動くと泣いて止まると泣き止むので、途中からのっぽさんに抱っこしてもらった。





「こぼんちゃん、大丈夫よ、新しいおうちに行くんだよ」







里親さん宅ではテレビの下に2匹仲良く潜り込む。








こぼんちゃんは猫じゃらしに手を出すがすずめちゃんは固まったまま。


それでもこぼんがいればすずめも安心感が全然違うだろう。


里親様、どうか長い目でお付き合い下さい。





里親様のおうちは伊豆の国市韮山というところで、近くに世界遺産に登録された韮山反射炉という観光スポットもある。

せっかくこんな方に来たのだからついでに観光もと思ったけれど、


そんな時間もなく、、、



車は持ってないけど免許は持ってるのっぽさんに帰りの運転を頼んで車中爆睡で帰ってきた。


( ̄▽ ̄;)





あーあ
のんびりお風呂にでも行きたいな~~






頑張れ私







2017/3/24 こぼん、すずめお届け

スポンサーサイト



最新記事