Aさんについては、クリちゃんを返してもらったら解決・・・というわけではなかった。


Aさんの猫を今のままにしておくことは、AさんにとってもAさんの猫にとってもあまりいいことではなかった。
私はタカラさんと話し合い、



「里子に出せる子は出そう」
ということにした。


その提案にはAさんも「是非お願いします」と承諾した。




去勢していなかった2匹のオス猫のうち1匹はコウ君といって、キルアくん(6年前に私からもらった子)をいじめるのだとAさんは言っていた。

その子のせいでキルアは引きこもりになっていると。



コウくんともう1匹のオスのハルくんのことをAさんは「餌やりおばさんから押し付けられた子」と言っていた。
Aさんがそういうならその2匹と、あとはメスのヒメちゃんを譲渡会に出そう、と決め、
未避妊だったその3匹の避妊去勢手術をし、オス2匹はAさんの家に置いたまま譲渡会に連れてくる、私はメスのヒメちゃんをわが家で預かることにした。


ヒメちゃんについては、タカラさんがAさんのおうちにペットシッターに行った時、お腹を出して甘えてきたと聞いていた。
ならばヒメちゃんは若いし、里親さんを確実に見つけられるだろう、自分の手元に置いて性格を把握したかったのだ。




2月15日。
その3匹を譲渡会に参加させるが結果は見送り、その後ヒメちゃんを預かる。



で、ヒメちゃんをうちに連れてくると、
これまたひどいビビリで・・・




ヒメちゃん





ヒメちゃんは冷蔵庫の裏を定位置にして私がいる間は一切出てこようとしなかった。
しかたないのでご飯も冷蔵庫の裏に置いてあげた。


その時わが家には同時にショコラがいたので、
まぁヒメちゃんはゆっくり慣らそう、ショコラが片付いてからでいいやと、しばらく放っておくことにした。






ところが1ヶ月経っても相変わらず冷蔵庫の裏に引きこもったまま。




ここはひとつ、またまたのっぽさんにお願いしようかな~・・・・





で、のっぽさんのところに連れて行ったのだが、

3日目にはのっぽさんもヒメちゃんには匙を投げる始末。



Aさんに相談すると不思議がるも、結局ヒメちゃんを里子に出すことはあきらめて、代わりにコウくんを預かる算段に変更した。






さてのっぽさんのところにコウくんとヒメちゃんを交換しに行こうとしたその日のこと。

のっぽさんから緊急連絡が入る。



「一大事発生ヒメが暴れて骨が折れた」



え???


いいいい・・・意味がわからないんですけど~~~どーゆーこと?




のっぽさん曰く、ひめちゃんをキャリーに入れようとしたら暴れて逃げ回り、部屋の隅で動かなくなったから持ち上げたら足がぶらーーーんと・・・・


ってマジ???






その足ですぐに病院。



で、結果は骨折。 ええええええええええ!



右大腿骨?







なんで・・・・

なんで・・・・



なんでそうなるの~~~~!!!   















2017/3/25 ヒメちゃん骨折・・・・
スポンサーサイト



最新記事