クリちゃんはAさんのところから連れ帰ってその月の譲渡会に参加させると、すぐに里親さんが見つかった。


ただし、お届けは1ヶ月先になった。



なぜなら、



里親希望者様の家が
新築で引っ越しが1ヶ月先だったから。




なんとクリちゃんは、
ご夫婦二人暮らしの新築のおうちの最初の猫として迎えられたのだ。

ご夫婦ともに共働きのため、お留守番できる月齢ということもあったが、
何よりクリちゃんはキジトラはキジトラでもすこぶる綺麗な柄で、性格の良さを見染めてもらえたから、だと思う。




クリちゃんすごい・・・新築のお家だって!(゚∀゚)






Aさんちでなぜかおとなしくなっていたクリちゃんも、お届けまでの1ヶ月ですっかり元ののやんちゃなクリちゃんに戻った。(よかった~~)





そして1ヶ月後、タカラさんと二人でお届けに伺ったのだが、




・:*+.\(( °ω° ))/.:+

・:*+.\(( °ω° ))/.:+

・:*+.\(( °ω° ))/.:+



スゴッ!

こんな家に私が住みたい~~!
と思うほどおしゃれなお宅で、

しがも猫と暮らすことを想定した家なのであちこちが猫仕様。




猫用ドアはもちろん、窓の桟も猫が登れるスペースがあり、




窓まではキャットタワーを伝っていける



洗面台の下を猫トイレ置き場に、





柱は奥様が手作りで爪研ぎ用の麻布を巻いてあった。












ソファの上の猫ちぐら。





チェストの隣にも猫ちぐら。




クリちゃんはあちこちを探検。


(私もあちこちを探検


タカラさんは、
「あんな綺麗なおうちでいたずらして返されなきゃいいけど」と心配してた(笑)





最初は夜鳴きや、鼻風邪のような症状が出て薬を運んだりしたが、それでも里親様からは1週間ですぐに正式譲渡のお返事をいただいた。





そしてクリちゃんは「りくちゃん」になった。

クリをひっくり返してりく?
いや、たまたまだろうけど(笑)






里親様より

ここ1週間のりくの写真を送ります。
男の子っぽい顔つきになってきました。
周りにりくの写真を見せると、
凛々しいとかハンサムとか言われ、実物に会うと、人懐こくてカワイイと言われます。
(中略)
りくのおかげで楽しい毎日を過ごせています。ありがとうございます。










麻布巻き、すべて完成(笑)














・・・
よかった、クリちゃん。



Aさんのところから連れ戻した時は、
この先クリちゃんにどんな人生が待ち受けているかわからなかった。


でも、蓋をあければ、多少強引だったけれどAさんちから連れてきてよかったと、、

そう思わずにいられなかった。












2017/3/26 クリちゃん本譲渡
スポンサーサイト



最新記事