その時Tさんは白血病のことをそれほど深刻に受け止めていないようだった。

現に動物病院の先生も、
「白血病のキャリアは持っているけどまだ発症していないし、何年しか生きられるないということは言えない」
と言っていたようだった。


だけど私達は知っている。
その先生が言うことはエイズの猫の場合で、、、
白血病はエイズと違ってほぼ長生きできない。






過去にも白血病でも里親さんを見つけてもらわれた子や、あとからわかった子などいたが、
どの子ももらわれてまもなく亡くなっていた。




私が苦労して里親さんを見つけたぴょん太だって・・・
里親さんのところに行って1年も経たずに死んでしまった。



お星さまになったぴょん太




それらの経験があっての結論だった、
動物病院の先生のようなあいまいなことは言えなかった。



Tさんも「譲渡会には出せないのだ」ということをなんとなく理解してくれたようだったが、その時はあまりはっきりと突き放すようなことは言えなくて、

それよりもかねてよりまれちゃんをシャンプーするお手伝いの約束をしてあったので、
その時にきちんとお話ししようと思っていた。



シャンプーの約束は抜歯手術のため延期になっていた。






それから更に1週間後、まれちゃんのシャンプーに行くと、Tさんは、

「もううちで飼うしかないかなって思ってます。母ともそう言ってます」

と言ってくれた。







そうか・・・

Tさん、、、、ありがとう、、、



まれちゃん、良かった!








白血病なんてまれちゃんにとってはなにも関係のないこと、
飢えることなく毎日ご飯があって快適に暮らせることが大事なこと、
まれちゃんはそういう暮らしを手に入れた、
それだけで嬉しいに違いないのだから。







「ソクラテスより猫」  近藤明理

からだを伸べて
空(くう)を見ている猫よ
そこにある風を見ているのか
時をみているのか

生まれたときに与えられた
からだの模様やしっぽの長さに
文句もいわず

餌があればそれなりに
餌がなければそれなりに
病も痛みも
毛に艶のなくなる いのちの折り返し地点も
静かに受け入れて

わずか十年ほどの命を
あらがうことなく
悔やむことなく
恐れることもなく
日々ついやしてゆく猫よ

猫は問わない
なぜなら
猫自身が答えであるから

ソクラテスの時代から
人間たちが考えつづけてきた
全ての問いの
答えそのものであるからだ









シャンプーしたまれちゃんはもうよたよたしていなかった。

逃げようとするにも力があって、身体もがっちりして、ひとまわり大きくなったように見えた。














まれちゃんはその日から今までいた保護部屋から出され、家中を自由に歩けるようになった。




「まれちゃんは母が外出する時以外ぴったりくっついてます。夜も母と一緒に寝ています」

(Tさん談)







お母さんもトラウマを払拭できたのかもしれない。

今頃お母さんと一緒にリビングでテレビでも見ているに違いない。

あ。それも100パーお膝の上で。








スポンサーサイト

発表会というものは何時間も何ヶ月も練習して、一回切りで終わる。一瞬で終わる。


その一回を完璧にやるために練習するんだけど、それでも、、、それでも失敗するんだよ・・・(-_-;)















ゲネプロで本番さながら真剣に踊って、本番では幕袖から子供達やおば仲間のコンサートをはらはらしながら見ていると、疲労感たっぷりでもう終わった気になるけれど、

実はそのあと本番。ε-(´∀`; )




出演演目
グランドバレエ「シンデレラ」
モダンバレエ「カレイドスコープ」



見に来ていただけました皆様、ありがとうございました。
見に来てもらえるのが何よりでございます。

おつかれちゃん、私。







2017/4/30

Aさんのところから連れて来たコウタ。







下顎から変な方向に生えていた歯がめっちゃ気になって仕方なかった。

この歯のせいで見てくれも悪いし、動物病院の先生が言うには、ぐらぐらしているから本人は痛いと思う、とのこと。



そこで思い切って抜歯手術することにした。



先生が試しにペンチ?で抜こうとしたがさすがに怒られて先生断念。そりゃそうだわな。(^_^;)




手術して病院に1泊して帰って来たら、


おおっ!
コウタおっとこまえ~~!


手術前



手術後






コウタ、見た目も可愛くなったし、ご飯の食いつきもよくなった!
やっぱり今まで歯が痛かったんだね・・・




一週間後に経過を診てもらってすっかり完治。









良かったね~~コウタ~~~~
コウタいい子になったからもういつでもよそのおうちに行けるよ!









もう7~8歳だというのにおもちゃ遊びが好きでミカちゃんと一緒におもちゃにじゃれる。










抱っこの間、しっぽをゆらゆらさせている。








コウタいい顔になったね。



でも私が近づくと逃げる・・・でもって唸るんだよね、なんでだろー(^_^;)


耳掃除ばっかやるからかな


おばちゃん、こんなにコウタのこと好きなのに~~~~





でも慌てなくていいや。
コウタが私から逃げなくなって、唸らなくなったら、その時きっと新しいおうちがみつかるだろう。





2017/4/20 コウタ抜歯手術


2015年の秋にタカラさんが保護した3匹の子猫がいた。


そのうちの一匹、空ちゃん(くうちゃん)と名付けた男の子はタカラさんが飼っていた。







2015/10/29 生後1ヶ月半



兄弟2匹が先に里親さんが決まり、その後も譲渡会に出ていたが、
その譲渡会で同じ月齢の他の子猫に比べてあきらかに成長が遅いことに気づき、タカラさんは慌てて空ちゃんを病院に連れて行った。
すると悲しい事実を突きつけられた。
空ちゃんは肝臓の欠陥で血管が成長していない、
動物病院の先生から、

「この子は大人になれない」


と言われた。

治療方はないと。





タカラさんは、空ちゃんの里親募集を全て取り下げたのだった。



その後は肝炎と貧血、病院での血液検査、、
生後6ヶ月になっても体重は1000グラムほどしかなく、それでも命は繋がっていた。
(2016/3/7 体重1070g)

そんな空ちゃんは別の品種の猫か?いや、猫とは違う生き物だろうか?と思うほど小さな猫だった。




ある時血液検査の数値ばかり気にしていたタカラさんに、別の動物病院の先生がこう言った。


「数字は数字、この子がご機嫌で過ごせたらそれでいいじゃないか」と。



タカラさんもそれで気が楽になり、ドライフードを食べなくても、下痢ばかりしても、
空ちゃんが食べたいものを食べたいだけ食べさせて育てることにした。

空ちゃん達兄弟は飢えてガリガリの状態で保護している、もうそんな思いはさせたくないと。




空ちゃんはそれからも、いつまで経っても身体が大きくならず、その代わりお腹ばかり膨らんだアンバランスな体型になっていた。








2016/4/5





いつも私がタカラさんの家に行くと、空ちゃんは必ず勝手口のところにいて迎えてくれた。

それは空ちゃんはタカラさんのことが大好きで、あまりあちこち動き回れない空ちゃんがタカラさんと一緒にいたくて、いつもキッチンにいたからだ。




私は空ちゃんのアンバランスな体型を見るたびにいつも動物病院の先生の言ったことを思い出していた。
この子はいつまで生きられるだろう、、、








2016/5/15



ある時の空ちゃんは目がくしゃくしゃしていかにも具合悪そうな時があった。


その時はさすがに、
「もうダメかもしれない」
などと考えたりした。




2016/6/9






今までも何度も、空ちゃんもうダメかもしれない、という時があった、
そんな時タカラさんは空ちゃんを入れる箱を用意したり花を買ったりたりしたが、そのたびに空ちゃんは持ち直して、




「大人になれない」と言われていたのに、奇跡的に1歳のお誕生日も迎えていた。








2017/3/18 1歳6ヶ月




先月タカラさんから「今空ちゃんは真菌がひどくて」と連絡をもらってからは、私はタカラさんの家に行かないようにしていた。

私にとって真菌は侮れない病気だった、それというのもオージは真菌が肺に入って亡くなっていたからで、真菌がこわかった。

真菌は人にもうつる、人を介して猫にうつるのだ。

それでタカラさんはしばらく猫の預かりはできない、とのことだった。








それがゴールデンウイークが開けた月曜日、

連休あとで仕事が詰まっていて、お昼休みにやっとメールを確認して愕然とした。



おはようございます。昨夜10時35分空ちゃんが逝ってしまった。
2月に2.1㎏あった体重が5月に1.4㎏になって金曜日まで食べそのあとは全く食べなかった。
今日生きる分を今日食べていた。命の自転車操業だった。
頑張ってくれました。






会社のデスクだというのに涙が溢れてしまう、
空ちゃんが、、かわいそうでたまらなかった、、、

いや空ちゃんはかわいそうじゃない、
普通の猫とは違ったけれどタカラさんにこんなに大事にされてきたじゃないか、
でも空ちゃんを失ったタカラさんはかわいそうだった、
タカラさんを慰める言葉が見つからなかった、



タカラさんはいつでも心の準備をしていたと言っていたけど、そんなものできているはずもなく、、
空ちゃんの旅立ちを一緒に送りたいと言った私の申し出を断って、タカラさんはひとりで空ちゃんを見送った。






今回花は用意してなくて、庭に咲いていた花を入れたと言っていた。






以前タカラさんは私が空ちゃんに会いに行くと喜んでこう言っていた、
「空ちゃんが生きてきたことを一人でも多くの人に知ってもらいたい」から嬉しいと。







私は空ちゃんという猫がいたことをずっと忘れない。


タカラさんが支え続けた愛おしい命。






一緒に空ちゃんを荼毘に付すこともできなかった、それからタカラさんにも会っていない、

タカラさんへの慰めの言葉は今も見つからない。









2017/5/7 空ちゃん虹の橋へ


5月20日土曜日はフリマでした!

同じボラ仲間のM田さんと街中の青葉公園で「わいわい夢市フリーマーケット」に参戦。



実は去年の秋も参加予定だったのが雨で中止になっていたから待ちに待ってた~~





今回はいいお天気!








暑いくらい~~




店名は「ねこさと小間物屋」(笑)





青葉公園は街中なので集客はバッチリ。

フリマは何度かやってるけれど、セオリーがわかってないのか私は?という場面に遭遇。


300円で売っていたワンピース。
インポートの素敵なデザインのワンピースに300円って、かなりギリギリの安い値段付けたつもりなのに、

「200円にまけられない?」

と聞かれる。


∑(゚Д゚)


ついてる値段が高いと思われてるのか、
それともとりあえず言ってくるのか・・・



こっちは激安で売ってるつもりだからそういう場面ではこういう。


「私達野良猫の保護活動していて費用を集めてるんです。あと100円は寄付だと思って買ってくれませんか」


その人は悩んだ挙句買ってくれたけど、まけないと辞めちゃう人もいる。



試しにそれと柄違いのワンピースを「いくらですか?」と聞かれた時点で「500円」と答え、
案の定「負けてくれない?」と聞かれたので「400円でどうですか」と答えると即買ってくれた。


さっきの人より高く買ったことになるやんけ。

( ̄▽ ̄;)



値段のつけ方が下手なだけなのか?(・・;)




・・・

ま、次回の課題としよう。





フリマ好きのタカラさんにフリマの告知をしておいたら来てくれた。
他のお店でもかなり買い込んだらしく、両手に戦利品ぶら下げてた(笑)
嬉しかった~~





フリマは買うのも大好きなのに今回は忙しくて他のお店を見て周る暇もなかった。

疲れたけど楽しかったー!

荷物が減るのも嬉しいし。



売り上げ金額云々よりも、捨てずに済むことの喜びー






リサイクルショップに持っていけばいくらかになるようなものも、ご寄付いただきました皆様、
本当にありがとうございます!



それだけでなく、
他にもいろんな形で応援していただいている人がいてくれて、

嬉しいです!
























ありがとうございます!






2017/5/20



最新記事