5月の譲渡会は大きい猫さん5匹だけだったけど、

いよいよ


いよいよ




子猫のシーズンとなりました!





5月26日

タカラさんから電話。
タカラさんの隣のおうちで、仕事関係の人から「子猫をもらってくれないか」と頼まれ、ならばタカラさんが猫のことをやっているからと相談された。
聞けば野良猫ちゃんが子供を産んでしまい困っているとのこと。

その仕事関係の方は、子猫は里親さんを探し親猫は避妊手術をするということをすべて了解してくれたそうで、タカラさんが「明日見に行ってこようと思う」
というので、一緒にお手伝いに行くことにした。

ちょうど明日は土曜日で仕事も休みだ。





仕事関係の人は年配のおじいさんだったが、自宅で奥さんと製造のお仕事をやっているため、小さな作業小屋がある。
その作業小屋と隣家との間の通路が猫の通り道と住居になっているようだった。


土曜日の朝、猫にご飯をあげるという時間にその日のお宅に行くと、


あ~

あああああ~~(⌒▽⌒; )


いるねー。










お母さんと目が合う。

子猫達はしっかりお母さんの後ろに並んでいる。


なんかグレーのふわふわしたやつ?

めっちゃかわいいんでない?





子猫は素手でも捕まえられそうだったけど、こんなほっそい隙間にいるんじゃ人間が近づくことができない。

仕方なく捕獲器をかけてその場は帰ることにした。



子猫は全部で5匹。

私はもう1台捕獲器があった方がいいと考え、その日の昼にタカラさんのところに捕獲器を届けようとしたところ、


「子猫全員捕まりました」
って、えー!



まじで?すごい!


なんでも1匹は捕獲器に入り、隣家の旦那さん(少し若い)が残りの4匹をすべて素手で捕まえてくれたと。


(;゜0゜)



隣の旦那、すごい!









子猫達は2ヶ月弱・・・くらいかな?
フーもシャーも言わない。
これくらいで保護できたらまさに理想的!な月齢。

なぜならお母さんのおっぱいもたっぷり飲んで育っているし、これ以上大きくなると人を警戒して慣らすのに苦労するだろうし。
その前に素手では捕まえられなくなる。
タイミングおみごと。



そしてなぜか全員長毛?っぽくてめっちゃかわいいんでやんの。












先日の譲渡会で子猫予約受付をしてあった。
その前の譲渡会にも「長毛子猫希望」の人がいた。

長毛猫なんてそう簡単に出てくるわけねーじゃん、思っていたが、



・・・いたね。




で、あっという間に、






この子を残して全員決定。


タカラさんとハッチーさんの連携プレーの妙。(ま、私もだけど^^;)


拍手。



そしてその日の夜、母猫も捕獲器に入り避妊手術が済み、もとの場所にリリース。

子猫を取られてかわいそうだが、もとの場所でご飯をもらって安全に暮らせる。


よかったー!





これから続々子猫の記事出ます。

子猫の季節いよいよ始まりましたから~~

(冷やし中華も始まりました)







2017/5/28 M町の子猫5匹保護、うち4匹譲渡決定

スポンサーサイト



最新記事