6月の譲渡会前、正確に数えると里親募集の子猫が全部で6匹いた。


アムロ、マミオ、チャオ、





ぽっぽ






ルビィちゃん、ウシジマくん




ルビィちゃんは便にコクシジウムが出てしまったことと、アムロ・マミオ・チャオの3匹が体調が不安定だったため、
ルビィちゃんとウシジマくんをカスミ荘のママのところに疎開させてもらった。



うしろの一匹はカスミ荘の保護猫キースくん



キースくんはママの昔の里親さんが保護して連れ込まれた猫^^;



アイラインくっきりのイケにゃん。





そしてルビィちゃんとウシジマくんの代わりに、カスミ荘のママの保護猫のほくとくんとみなみちゃんを預かってのっぽさんに面倒みてもらっていた。



左がメスのみなみちゃん、右はほくとくん





ほくとくんとみなみちゃんはカスミ荘のママの物置きに野良猫さんが親子で居着いてしまった、その子供達。
(ママ猫は避妊手術した)







6月の譲渡会では、ルビィちゃん、ウシジマくん、ホクトくん、みなみちゃん、は月齢が小さくてまだワクチンできなかったのでお留守番。

譲渡会に参加した、マミオとチャオ、ぽっぽはトライアルが決まり、ヤッタ~~~
あとがつかえてるからどんどん里親さんのところに連れて行きたいのに・・・


譲渡会翌日からチャオの食欲不振が続いていた。


体重も減ってきてしまいΣ( ̄□ ̄ノ)ノエエッ!
病院に連れて行くとFIPの血液抗体検査をやることになった。


すると、

数値は「100」。


この100というのがとっても微妙な数字なんだとか。
100以下なら大丈夫でしょう、100以上だと過去に感染の可能性がある、その境目の数値。
ただ高いと何千という数値にもなるのでそこまでではない、
どちらとも言えないという曖昧な結果に。


結局はたくさん食べさせて体重増えるまで様子を見て行きましょう、という結論になった(・_・;






でもそんなんじゃ心配でトライアルに出せない。




ああああ・・・




クッションの色と同化しているチャオ



アムロ、マミオ、チャオの3匹は同じところから保護しているが、3匹で代わる代わる、嘔吐や食欲不振、手の麻痺?、軟便などを繰り返していて、
病院に連れて行けばさして問題はないし、もう意味わかんなくて(T▽T)


仕事はフルタイム、バレエも週に3回も4回も通っている私はこーゆー時の小回りが利かない、

猫達のご飯とトイレの面倒くらいはみれるがそんなに丁寧なことはやってあげられない、

ひとたびこういう具合悪い子が出てくると細かなフォローが出来ない分ホント困る。



・・・・・



でもそんな時は助けを求めればいいんだ。



のっぽさんとか、


カスミ荘のママとか、


タカラさんとか、、



他にも助けてくれる人達がいるから。







ぽっぽは里親様にお願いしてトライアルを早めにスタートさせてもらった。








ぽっぽと先住猫のくぅちゃん

ぽっぽ頑張って!





のっぽさんのところにいたほくとくんは里親さんを紹介してもらいこちらもすぐにトライアルしてもらう。







よ~~~~し、2匹減った。



そこで妹のみなみちゃんを私が預かり、代わりにマミオとチャオをのっぽさんに預けて体重管理してもらうことにした。




ルビィちゃんとウシジマくんは引き続きカスミ荘にお願いして、




そうするってえとわが家の子猫は2匹になる!(アムロとみなみちゃん)
あとコウタとヒメちゃんもいるけどね



と喜んだのもつかの間。






のっぽさんが新しい子猫をまた2匹保護してきた~~~~~









2017/6/17ほくとくんトライアル 6/25ぽっぽトライアル
スポンサーサイト



最新記事