先日の譲渡会。

今回もほぼ子猫だらけで20匹が参加。


















三毛柄多めの5匹兄弟達は、
先日ネットから申し込みがあった市内のご家族に、すみれちゃんとげんきくんが貰われて(やったー!)残り3匹が参加。



れんげちゃんとひなぎくちゃん





ブランも。




あの絶叫していたブランくんは嘘のように人懐こい猫に変身しどんなお客様にも可愛く対応し遊ばれまくられていた・・・




つくづく猫って不思議 ^^;






で、

この参加猫20匹のうち、



なんと私の保護猫7匹!



多過ぎだろ・・・



ふっ・・・(。-∀-)




それが、


いつも私達の譲渡会では5~6匹のトライアルが決まるのが常だったのだが、

この日の譲渡会では、なんと10匹のトライアルが決まった。


そしてなんとそのうちの5匹が私の保護猫!





ああ~~~~
苦節ウンヶ月!!!

先月8月の譲渡会では一匹しか決まらなかったんだよな~~(それがミシェル)


それが今月は5匹も!




決まったのはタツヤとみなみちゃん





三毛柄多めの5匹兄弟の残り3匹。


しらぎくちゃんと



柄そっくりで区別がつかないれんげちゃんとひなぎくちゃん



それぞれ皆んな違うおうちへ5匹バラバラに決まった!



ああああ~~嬉しい!
お届けが忙しいけどうれじいよぉ~ヽ(;▽;)ノ




残ったのは中猫3匹と成猫1匹だけど、皆慣れてていい子なので年内には間違いなく決まるだろう。


と勝算たっぷり(笑)







・・・



今まで確かにキャパオーバーだったけどこうして里親さんが決まると本当に保護して良かったと思う。



ほんとうに。






今年もあと4ヶ月だけど

なんとかなりそうだ。






ケムリちゃん、ありがとね。








2017/9/3

スポンサーサイト

みなみちゃんはカスミ荘のママの家の物置に野良ちゃんが置いていった3兄弟の一匹。


全員フーシャーだったがその中でいちばん懐こい子が先にもらわれると、あと2匹は人慣れさせるためにのっぽさんにしつけを頼んだ。




オスがほくとくん
メスがみなみちゃん


名前はほくとくんのお見合いが決まった時に慌ててつけた。





のっぽさんのしつけのおかげで人慣れはできたものの、実はみなみちゃん達兄弟はエイズ陽性疑惑があった。


3兄弟で最初にもらわれた子の里親さんが、病院で血液検査をしてもらったところ「エイズ陽性反応」が出たと言われたのだ。


慌てたカスミ荘のママはすぐに残り2匹の血液検査をしたところ、2匹ともエイズ陽性反応が出たのだ・・・




その頃まだ生後2ヶ月弱だった。

カスミ荘のママは絶望していたけれど、
おそらく母親からの抗体移動だ、もう少し大きくなってから再検査すれば大丈夫だよ、そうママを慰め、、それでもほくとくんはもらわれて残ったみなみちゃんを私が預かることにした。


(最初の里親さんもエイズ反応が出た子を返さずにそのままもらってくれた)



エイズ陽性反応が出た子を譲渡会に出すにはプロフィールにそう記さないとならない。

子猫だらけのこの時期に「エイズ陽性」という子をわざわざ選ぶような人はいないだろう。


可愛い盛りのみなみちゃんだったが、私はもう一度血液検査をするまで譲渡会に出すのをやめることにした。



そして2回目のワクチンの時~最初の検査から2ヶ月ほど経った頃、

みなみちゃんの血液検査をすると、





陰性や~~ん!!!



良かった、みなみ!
これで大手を振って譲渡会出られるよ!


よかったぁ~~~~。゚(゚´ω`゚)゚。




そんなこともあるからあまり月齢の小さいうちの血液検査はアテにならなくて、
小さい子は敢えてしないようにしている。




みなみはシャイな子だった。




先日の譲渡会でそのみなみの里親さんが決まり、
里親さんのところが自営業だったため、お届けの日程が噛み合わず、
結局その日に「今日の夕方なら」ということで譲渡会の帰りに届けることにした。



幸い会場からも近く、他の猫達のキャリーもぎゅうぎゅうに積んだまま里親さんのお宅に着くと、家の前で家族全員総出で待っててくれていた。



私はみなみをうっかり別の猫と一緒にキャリーに入れてしまって、慌てて車の中でキャリーの入れ替え作業をしているとみなみがキャリーから出てしまった。


まぁ車内にいることは間違いなかったから、


慌てず騒がず狭い車内でいざみなみを探してみたのだが、


シートの下のどこを探しても見当たらない。






そんな馬鹿な?

いやホントにどこにもいないのだ。
意味がわからん?



イリュージョン?




里親さんは懐中電灯を貸してくれたりしたがまったく見つからず、待たせるのも申し訳なくてやむなく一旦家に帰ることにした。

「す、す、す、すみません、出直します!」




ところが。




帰ろうとして走り出すと車のメーター部分から警告音が・・・





げっ。
わかった、ハンドルの裏側にいるんだ・・・




警告音が鳴ったままでは恐ろしくて車を走らせることもできない、

再び車を停めると今度はハンドルの奥の機械がごちゃごちゃしているところに手を突っ込んでみた、すると、
みなみちゃんの尻尾が!!!




でもみなみは私が引き出そうとすると更に奥に体を突っ込んでいく。


おねがい!みなみ、出て!




すると一瞬みなみの身体の力が抜け、その隙になんとかみなみを引きずり出すことに成功し、やっとのことで里親さんのおうちに届けることができたのだ。


その間ずっと見守って待っててくれた里親さんに必死で謝ると、里親さんは、

「これもいい思い出になります」



と言ってくれて・・・



(´;ω;`)





みなみとしてみれば随分怖い思いをしたことだろう。


でもこの里親さんになら任せて大丈夫だと確信した。
















みなみちゃんにはずっと「ホントにエイズだったらどうしよう・・・」と心配してたから、
その分余計に気にかけていた。


そんな人の心配も知らないで、シャイで私から逃げ回っていたみなみちゃんは、




今ではご家族皆んなに撫でられて遊んでもらって、夜はお布団にも来るようになったという。






2017/9/3 みなみちゃんお届け

これは友人からもらったオマル型のトイレ。




こんなトイレで本当にオシッコしてくれるかどうか半信半疑だったので、

試しにヒメちゃんのリハビリ部屋に置いてみたら、








使い方は間違っているけど、


ヒメちゃんのソファとして活躍中。( ^ω^ )



たわっちありがとう♡




*****




前回の診察からまた1ヶ月が経ったので再び病院へ。



ヒメちゃんの骨、今度こそくっついてて欲しい・・・(ノ_<)



ヒメちゃんのその後③




実は前回藁をもすがる思いで飲ませていた「サントリーカルシウム&マグネシウム」は、

猫仲間から「マグネシウム入ってたらダメじゃん」と指摘を受け、


Σ(゚д゚lll)ハッ!


(猫は低マグネシウムの食事に気を配らないとオシッコ詰まっちゃうから)



結局なんの対策も打てずに1ヶ月過ぎていたのだ。




果たして。







左が現在、右は7月21日


(゚ω゚)






なんか・・・



うっすら骨が出来てるんでない?!





(´;ω;`)


(´;ω;`)


(´;ω;`)




あああああああ!

ヒメちゃん、骨が出来てる!



やったーーーー!




でも先生からは「今いちばん大事な時ですからくれぐれも慎重に」と言われた。



だけどこれでやっとトンネルの先に光が見えてきた感じがする!





ナナはヒメちゃんが気に入らなくて相変わらず部屋の境目にマーキングしてるし・・・

.°(ಗдಗ。)°.



ヒメちゃんもたったひとりで狭い部屋にいて気の毒ったら・・・

.°(ಗдಗ。)°.




一緒に遊ぶ友達もいないし、
私が朝と晩のご飯とトイレ掃除にヒメちゃんの部屋に入るだけで、
ヒメちゃん、さぞつまらないだろうな・・・


ゴメンね、ゴメンねヒメちゃん。

.°(ಗдಗ。)°.






本当はヒメちゃんにも里親さんを見つけてあげたいけれど、
いつヒメちゃんの骨折が完治するかわからない。


うちで面倒見てあげるにしてもナナと不仲でどうしようもない・・・


せめてAさんのおうちへ一日も早く帰してあげたい。



だからヒメちゃんもそれまで我慢してね、
早く骨ができるといいね。






ヒメちゃん

ヒメちゃんは毎日ひとりで何を考えているの?







リハビリ部屋のヒメちゃん










2017/9/2 診察

9月24日 日曜日 10時~15時

静岡市駿府城公園で動物愛護フェスティバルがあります。











私達「グループねこさと」でもボランティア活動紹介のコーナーで展示ブースを出します!


以前清水駅の南口広場でやって好評だったフェイスペイントや、ちょっとした物販をやりますので遊びに来てくださーい。


今回はかねてより「こういうの欲しいよね」とグループ内で話していたものを、うちらグループでオリジナルで作ってみた。


それがコチラ⤵︎







猫飛び出し注意ステッカ~


(↖︎ドラえもんがポケットから出す感じで読んでみて下さい)




いいでしょお~これ!
オリジナルですよ、オリジナル!

うちらグループのメンバーのイラストレーターやってるねこまんまさんが描いてくれた100%オリジナルなんですの~~

玄関に貼って宅配のお兄ちゃんや初めてのお客様に注意を促すんですのよ~奥様♡


こちらも売ります。



すみません、売り物で。












写真は里親募集中のメスの姉妹、ふくちゃん(白黒)とゆきちゃん(白)3ヶ月。



ゆきちゃんの目が濁っているがわかるでしょうか。


多分光は感じるだろうけれど動物病院の先生によると見えていないだろうと。







でも見えてないとは思えないほどぜーんぜん違和感なく生活してる。


仲良し姉妹でもらってくれたら嬉しいけれど、一匹だけでも気になったらご連絡下さい!




次の譲渡会(10月9日)に参加します♡

動物愛護フェスティバルもよろしく♡





2017/9/18

3兄弟でシャーシャー言っていたブランの兄弟は、皆里親さんのお宅ですっかりゴロゴロの猫になったと聞いている。


そして唯一今も我が家に残っているブランくんも、



あの絶叫していたブランくんも、、




すっかり、いや必要以上にゴロゴロでベタベタな猫になってしまった。






















自分で寄ってきて膝に乗せればゴロゴロ大音量で降りる気配なし。


最近はブランが必ず膝の上にいるのでご覧の通りのブランの写真ばっかり。



あんたどうしちゃったの?(^_^;)





最初に比べて変わり過ぎだろ!(笑)







更にブランはものすごーーーく元気で、まぁ子猫だから当然ではあるけれど、
元気すぎて色んなものを壊される。



あ~~あ




あ~~あ~~





これ誰の仕業?




最近どーもワイファイの調子が悪いと思っていたらLANケーブルかじられてオシャカになってたし、

気がつくと何かに抱きついてキックしてるとかガジガジしてるとか( ;∀;)


もうなんてやんちゃなんだー!








だけどすごーくかわいい。

かわいいからしゃーないね。^_^;

おばちゃんが落とされるような場所に置いておくから悪いんだよね~


しかも元気でよろしい。


真菌のハゲもやっと治ったし。







ブランこそは(兄弟達も)保護されずそのまま置いておかれたら、超絶ド級の野良猫になっていたのは間違いない。


ホリさんに保護してもらって本当に良かった。..>_<..




最近ますます成長してきたけど^_^;
もう在庫になる心配はしていない。



ブランはどんなおうちにもらわれるのかな?




少しくらい悪いことしても全部受け止めてくれる心のひろーい里親さんが見つかるといいね!




ね。ブラン。













2017/9/20

日曜日は駿府城公園で「動物愛護フェスティバル」。

毎年動物愛護週間の時期は、市の動物愛護館で同じようなイベントが開催されるけど、何年かに一度は今年のような大規模なイベントをやるってことなのかな。

前回は2011年にやっている。



動物愛護フェスティバル





私達ブースではその時好評だったフェイスペイント(無料)と猫グッズの物品販売を。














ちなみに猫脱走防止ステッカーは200円で販売しました~




お天気にも恵まれて(暑かった)そこそこ盛況~~




農業高校のふれあい動物や、









トリマーの専門学校のデモンストレーション、





災害救助犬の実演などなど









やっぱり野外はワンちゃん連れのお客様が多いし、健気に人間の言うことを聞くワンちゃんは可愛い~~!





白いシェパードのすずちゃん(山羊と同じアングルや



無駄吠え防止の口輪がアヒルのミニチュアダックス(笑)



ワンちゃんは一緒にお出かけできるのがいいねぇ。
皆んなお利口さんで。





今回のイベントの目玉はなんといってもワンワン大サーカスだったな。




大縄跳びしたり







きゃーお利口~~!




玉乗りしたり



すごーい!




行進したり








ワンちゃんは偉いねぇ~(*´꒳`*)


ワンワン大サーカスのワンちゃん達も保護犬なんだって。



そう思うと泣ける~~.°(ಗдಗ。)°.





私たちのブースは大勢の里親様とボラ仲間が立ち寄ってくれて、
多分ブログを見てわざわざ遊びに来てくれたんだろうと想像するけれど、

なんとありがたいことよ。.°(ಗдಗ。)°.




ハッチーさん手作りのキッカーは完売。
グッズもそこそこ売れ

何よりご寄付もたくさんいただき、本当にありがとうございました!




ちなみにわがグループも表彰されました!





パチパチパチ





10月は譲渡会が2回。

そして10月1日はまた芸術祭という舞台もございまして、






静岡のバレエ団がそれぞれ1曲ずつ披露するちょっとした舞台でして、


相変わらず忙しいでありんすが頑張ります。





ちなみに芸術祭は無料なのでおヒマな方はお誘い合わせで文化会館中ホールへどうぞ。
(=´∀`)人(´∀`=)





2017/9/24





前回の譲渡会でトライアルが決まった猫達は、すべてお届けも済んで、
あとは本譲渡のお返事をもらうだけ。



みーんないい子達なので先住猫さんと問題が起こらない限り大丈夫だろう。




すでに本譲渡のお返事をもらったタツヤ。








タツヤはすんごくかわいい子だった。


私がベッドに入ると、自分からすり寄ってきてペッタリくっついてゴロゴロ言い始める。


その甘えっぷりったら猫好きにはたまらないはず!!!




さぞ里親さんも大喜びだろうと思っていたが、
里親さんって案外そういう喜びを表現してくれないんだよね・・・(。-∀-)



譲渡会という場所でもらうとそうなのかな、保護主さんじゃなくて「会の人」とか思うのかな、

「うああああああ~こんなにいい猫を助けてくれて、私に譲ってくれて、ありがとうおおおおおお~!」

とかって思わないのかな、



・・・・・・

というのはこっち側の勝手な言い分だが、




猫はお礼を言わないんだよね、
「ありがとう」って言わない、
里親さんが喜んでくれるのが唯一のねぎらいなんだけどね、、、



(。-∀-)




2匹一緒にもらわれたすみれちゃんとげんきくんは、
チョコちゃんとミントくんになった。
(2匹あわせてチョコミント・笑)



お届けした初日はこんなんだったのが、





今はこんなにくつろいでる。










実はこちらも猫初めてのお宅で、
「子猫でしたら2匹一緒がいいですよ」とオススメして、



「2匹一緒で良かったです!」

と言っていただき成功率100%(笑)





れんげちゃん



れんげちゃんは意外にもお膝大好きゴロゴロ娘で、先住さんのいるおうちに行った。



お届けの日はこんな感じだったのが、





すぐに馴染んだようで、今は先住さんと一緒にごはんもこの通り。


右端がれんげちゃん



お膝の上のれんげちゃん



里親さんも喜んでいるようだ。(^ω^)






れんげにそっくりのひなぎくちゃんはちょいビビりだが、
新築のおっきなおうちにもらわれ、
朝5時から飛びまわって里親さんを起こしているとか・・・(⌒-⌒; )






まあね、

もう100匹以上里子に出しているわけなので、全部の里親さんからしょっちゅう連絡もらったら返事が大変でしょーがないし、


(。-∀-)




皆それぞれ幸せになってくれたらそれでいい。



飢えることなく

ノミや病気に冒されて放置されるのでなく

人に寄り添ってゴロゴロと喜びの声をあげられたら

それだけで外の子よりも遥かに幸せなんだから。





チョコちゃんとミントくんの里親さんのメールにこんな一文が。



「この子達が幸せそうにしているのを見るのが私達の幸せになりました」






.°(ಗдಗ。)°. .°(ಗдಗ。)°. .°(ಗдಗ。)°.



わたしもです!



ありがとうございます!












最新記事