完太郎さんから新品同様のゲージをもらってきた。
とりあえず自分のところでは間に合っていたが、ゲージはいくらあってもありがたい、仲間の誰かが使う時がきっとくる、
そう思っていたところ・・・・


翌日カスミ荘のママから、「けむちゃん、使ってないゲージない?」

と泣きそうな声で電話があった。



私 「あ、あります!ちょうどもらってきたのが!」


ママ「ま~た猫が捨てられてたのよ~~~~!もう~~~手のひらに乗りそうなのが5匹!!!」


ママが毎日餌やりに行っている公園に生後1ヶ月にも満たない子猫が捨てられていたというのだ。
それがぜーんぶキジトラ、なんと5匹も


私 「ちょっとそれって警察に届けるとか、ポスター作って『ここの猫は処分しました』とかって
   脅かした方がよくない?」


ママ「そんなことしても痛くも痒くもない人の仕業よ。
   ふつうは箱に入れて捨てるけど猫だけ置いてあったもの
   よく5匹固まったままいてくれたわよ。寒かったから良かったのかしら。」


私 「・・・・・・・」(唖然) 





昨日完太郎さんからもらってきたばかりのゲージ、こんなにすぐに役に立つとは。
まるで今日のことがわかっていたかのように・・・・・


子猫はまだちっちゃいが皆人に慣れている。
子猫を捨てた人の家の猫が産んだ子だろうか・・・・
こんな人がいるからキリがないのだ、
いくら救っても救っても、元を絶たないとダメなのに。



私は処分される猫がいることも充分理解している。

捨てるくらいなら自らの手で処分に持って行ってほしい。

こういうことを言うと初めて聞く人は驚くかもしれない。
私も最初は驚いた。
「捨てるくらいなら処分」
・・・・でもこれは愛護団体の常識的な考え方なのだ。



この子達は拾われたからまだいいものを、カラスの餌になってしまうこともある。

散り散りになって、挙句育ってしまったらどうなるだろう?

過酷な野良猫暮らし、、、そしてまた不幸の種をばらまく元凶となっていく。

本当は産まれて欲しくなかった命なのに、、、





すべておまえのせいだ、
猫捨て人の、おまえのせいなのだ・・・・・


1124 003


2010/11/24






  
スポンサーサイト


コメント

  1. モコ | -

    すぐ保護出来たお陰かおめめもパッチリしてるし、健康そうでとりあえず良かった。

    産まれてきたんだから、
    せっかく産まれてきたんだから、
    誰かに愛されて育って欲しいです。

    自分の飼い猫が産んだ子猫を面倒みきれず捨てるという事がよくあるみたいですが、
    私にはさっぱり理解できません。

    子猫を捨てておいて、平然とその母猫を可愛がっている人を想像するとぞっとします。
    そんな人が同じ愛猫家だと思いたくもないし、とても腹がたつ。

    なんだか、やりきれませんよね。

    ( 01:32 )

  2. けむ | -

    Re: モコちゃん

    > 子猫を捨てておいて、平然とその母猫を可愛がっている人を想像するとぞっとします。

    あくまでも私も想像ですが、中にはそんな人もいるんじゃないでしょうか。
    本当にやりきれません。
    内輪の話ですが、この子達は動物病院経由ですべて里親さんを世話してもらえることになりました。
    捨てる神あれば拾う神あり、、、
    いやこれに関しては捨てる大馬鹿者、間違っても神ではありません。

    ( 14:57 )

コメントの投稿

(コメントの編集・削除時に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)


トラックバック

Trackback URL
Trackbacks


最新記事