先日会社から戻った時のこと、

家中誰かが吐いた唾液のあとが点々と・・・・


しかも血液のまじったような唾液のあとだ。

そういえば今朝ナナが吐いていた・・・・

「ナナ、ナナ」と呼ぶとナナはソファーでうずくまっている。
あわててキャリーバッグにナナを入れ、病院へ連れて行ったが、
その道々思い出したことが・・・・



その前の週、会社の研修で大阪の後輩が来ていた。

「せっかくだからもう1泊していきなよ」とすすめて、
その晩は飲みに誘い家に泊まってもらった。
さて、朝帰るときになったら、後輩が寝る前にはずしておいた「指輪とネックレスがない」ということになった。


布団をたたんでも、置いたテーブルの近辺も隅々探したがさっぱり見つからない。
朝いちばんの新幹線に間に合わないから、見つかったらあとから送るよということにして、
後輩にはとりあえず帰ってもらっていた。


も・・もしや指輪とネックレスを食べちゃったんじゃあ・・・?



頭の中は完璧「ナナが食べた」図式ができあがっていた。
どうやって出すのか?下手したらお腹を切るなんてことにならないだろうか?

ど・・・ど う し よ お・・・・・ 


101221 014


行きつけの病院の閉院時間ギリギリにすべりこみ、事情を説明すると、

「ではレントゲンを撮ってみましょう、金属なら必ず映りますから」

と、レントゲン写真が出来上がるのを胸バクバクで待つこと数分。



しかし、映ってない。

アレ?

「先生、私も現物見てるけどほそ~い金の指輪にほそ~~~い金のネックレスなんです。」


今までいつも元気で食欲旺盛なナナが急に吐くなんて、他の原因など思い当たらなかった。
私はどうしても「食べちゃった説」を否定できなかったのだ。



結局そのあと、エコー、血液検査、最後は内視鏡をお願いして、
すべて終わったのは夜11時頃だった。


で、結論はというと、

「食べてない」 




そのかわり胃の内部に潰瘍が見つかった。
潰瘍は病理検査に回す。
悪性腫瘍じゃなければいいけれど、ということだった。


レントゲン、エコー、血液検査、内視鏡、病理検査、点滴、注射・・・・

お会計はしめて6まんえーん。 




倒れそうだった・・・・



ましかし、病理検査の結果、悪性腫瘍でないことがわかってそこはひと安心。

「たぶん何か化学物質のようなものによるただれだと思います」

よーーーーーーーく考えて思い当たることといえば・・・・
ナナは不思議に洗剤のスプレーの先をよく舐めていた。

その洗剤はドイツ製の「舐めても安全」という謳い文句の家中どこでも使える洗剤で、
薄め液を100均のスプレーに入れてたのだ。

「そのせいかなぁ~~~???」(未だに謎です)


101221 013
その後元気になりました。



この話を知り合いに話すと皆一様に同じリアクションをしてくれる。
金額を聞いたあと、真後ろに倒れます。 爆



それにしてもいまだに指輪とネックレスは出てこない・・・?

どうしても食べちゃった説をあきらめきれなかった私は、
しばらくの間、ナナのウチを念入りにチェックしたのだった。。。。




2010/12/21

スポンサーサイト


コメント

  1. りーちゃ | -

    そういう事ってありますよね。

     今回の日記は、読んでいてとてもハラハラさせられましたー。
    「6まんえーん」って所で同じく私もひっくり返りそうでした。
     ケムさんの文章はいつも楽しいです。(楽しい話題ばかりではないですどね・・・そよちゃんの話シリーズは、最後が悲しかった。)

     私は10年前に、家の猫の足が変な方向に一瞬曲がったのを目撃して「骨折したんだ~!」って思い、あわてて動物病院に連れていったことがありました。
    レントゲンを撮って、何度も触診してもらった結果、なんともない事が分かりました。
    まぁ、おそらく私の気のせいだったんですね。診察料は4000円位でした。高額では無かったけど、無駄使いでした。
     
     犬の方が猫より誤飲が多いんですよね。
    知り合いの犬の話なんですが、ず~と食欲が無くて、病院に点滴を打ってもらうために通っていたんです。でも、その子は死んでしまいました。
    原因を調べるために解剖してもらったら、胃袋からトトロのぬいぐるみが出てきたそうです。
     食欲がなくなった原因は誤飲だったそうです。
    その話を聞いてから、私は自分の猫が飲見込めそうな大きさの物を、出しっぱなしにすることはしなくなりました。  

    ( 18:01 )

  2. robi | -

    うちのナナは 塩素に反応します。
    だからキッチンでつけ置きなんてもってのほか。
    体が小さいだけに 少しの量でも怖いです。
    原因はわからないけど、元気になって良かった。v-410

    うち、以前はビニールとか毛糸とか一緒に出てきたことありました。v-292

    尻尾の先 黒いんだね^^
    鼻の模様が うちのゴロに似てますなー親近感♪

    ( 01:08 )

  3. ringo | -

    6まんえ~ん。
    私も真後ろに倒れそうになりました(笑)。

    何はともあれ、悪性なものでなくて良かった。

    ( 05:17 )

  4. けむ | -

    Re: そういう事ってありますよね。

    りーちゃさん、こんにちは。
    そうなんです、今回のことは指輪&ネックレス紛失事件がなければ、ここまで治療がおおごとになることはなかったのかなぁ・・・とも思いましてフクザツな気分です。
    でもおかげで家の中の危険なものを見直す機会にはなりました。
    気にしていると、ナナはそこらじゅうのものを舐めてました。
    へんな子です・・・(・・;)

    > 「6まんえーん」って所で同じく私もひっくり返りそうでした。

    本当にひっくりかえって頭をぶつけた人もいました。(笑)
    りーちゃさんは4千円でよかったです、コメントありがとう。

    ( 23:08 )

  5. けむ | -

    Re: タイトルなし

    ろびちゃん、こんにちは。
    塩素ですか、漂白剤こわいですよね。これからもっと気をつけようと反省・・・
    一瞬死ぬかと思ったほどなので、6万は痛いけど死ななくてヨカッタと・・・そう思えば安い安い・・・(少々無理あり・笑)
    もしくは保護猫がいることのストレスかと思ったけど、先生から否定されました。
    潰瘍のでき方からいって違うって(笑)よかった~
    ゴロちゃんのお鼻と似ているのね。
    私はナナの愛嬌ある鼻が大好きです。

    ( 23:14 )

  6. けむ | -

    Re: タイトルなし

    りんごちゃんも同じリアクションありがとう。(笑)

    ほんと、それだけが救いです。
    うちの子達は今までエイズやリンパ癌で死んでいるので、ナナには長生きしてほしいです。

    ( 23:16 )

  7. モコ | -

    うひゃー。
    6万円!!
    クラッとしますね、その金額は^^;

    でも、動物病院ってほんと高いですよね。
    保険もあるみたいだけど、なかなかそこまではね・・・。

    ちょびの時は、毎日のお薬と月1の注射とでかなりお金のかかる子だったけど、躊躇うことは何もなかたな。
    ただ、癌が再発した時に高額の放射線療法をやる事は難しくて、旦那と色々悩んだのを思い出します。

    でも、猫の様子がおかしいとほんとにドキドキしちゃう。
    今の2匹もなんでも口の中に入れちゃうので、たまにゲーゲーしてる。
    それが、誤飲ならまだいいんだけど、病気の発症なんじゃないかと思うと、ちょびの事を思い出しちゃって・・・。

    ま、今のところ元気でなによりです。
    ナナちゃんもね❤

    今年はクックでもお世話になりました。
    また来年もどうぞ宜しくお願いします。
    酔いお年を~♫♬

    ( 09:33 )

  8. けむ | -

    Re: モコちゃーん

    そこの動物病院は普段はとても良心的なお値段なの。
    だからこそお任せしたんだけど、、、
    なにしろ「お腹切るかも」って頭があったから、それがなかっただけでもよかったわ~(苦笑)

    ちょびちゃん、癌だったのね。
    死んだ天羽と同じだわ。本当に、猫も人間も健康がいちばんよね。^^
    良いお年→酔いお年
    確かに酔いお年になりそうだわ~~~がははは
    モコちゃんこちらこそ来年もよろしくね!

    ( 18:43 )

コメントの投稿

(コメントの編集・削除時に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)


トラックバック

Trackback URL
Trackbacks


最新記事