メイサちゃんがうちに来て一週間が経った。

今日は仲良しのHちゃんを家に呼んで、うち飲み新年会だった。


メイサちゃんは相変わらずまったく慣れてくれない。
強いて言えば、タオルにくるんで抱っこしてたのが、素手で抱っこできるようになったくらいで、
それはメイサちゃんの変化というより、私が慣れたと言う方が正しいのかもしれない。


なぜなら相変わらず近づけば
「シャーーーー!フーーーーッ!」と威嚇され、
抱っこし損なうようなことがあろうものなら噛みついて抵抗してくる。


今日はHちゃんの手前、油断してうっかり逃げられてしまい、
捕まえる時にまた右人差し指と中指を噛まれてしまった・・・





Hちゃんとはなんでも言い合える希少な友達だと認識していたが、
時に「なんでも言い合える」というのは、
お互いの誤解を招いたり、お互いを傷つけたりすることにもなる。

そんなことは今までに何度かあった。


今日酔っ払い具合が佳境になった時、会話がまずい方向に傾いて、
危うく喧嘩別れになりそうになった。
このまま喧嘩別れになることなど、
私もHちゃんも望んでいるはずもなく、
なんとか持ち直してHちゃんを駅まで送りとどけることができた、、、、
できたけど、、、


お互い大人なんだから、もしどうしてもダメだと思えば付き合いを続けるのはあきらめればいい。
Hちゃんと私は合わないのかもしれない、
一緒にいるのはお互いのためにならないかもしれない。

どうしたものか・・・・




さっきメイサちゃんに噛まれた人差し指がやけにズキズキと痛む。


メイサちゃんを家猫にするのはあきらめるべきか。
もう一週間も経っているというのに。
でもメイサちゃんも縁あってうちに来たのだ。
もしかしたらいつか劇的に変わるかもしれない。

Hちゃんとの友達付き合いを考える私と、
メイサちゃんの家猫修行を考える私が、
なぜか今日は重なって、
結論を言えば、

「もう少しがんばってみよう」

という答えになることは決まっていたのだ。



恐れないで

貴女に合わせるから

なぜなら貴女が好きだから



DSCF3425.jpg


メイメイは相変わらずこわい。
噛まれた指がズキズキと痛む。


2011/1/2
スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメントの編集・削除時に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)


    トラックバック

    Trackback URL
    Trackbacks


    最新記事