2008年11月

しろちゃん(現在名こじろう)が、カスミ荘のママのところでバイトをしていた大学生の女の子にもらわれて、彼女の彼氏の家で飼われることのなったことは過去に書いた。

そのバイトの女の子~しほちゃん(仮名)も、猫が大好きだった。
私の猫のバイブル書は大島弓子の「綿の国星」であり、「グーグーだって猫である」だったが、
しほちゃんのバイブルは町田康の「猫にかまけて」だと言っていた。

しほちゃんは実家はなんと滋賀県で、
実家で飼う猫はカスミ荘のママのところからもらうと決めているのだと言っていた。




年が明けて2009年、餌やりのMおばさんからまたしてもヘルプの電話が来た。
捕獲器に子猫が入ったらしい。

「それがものっすごくいい黒猫で、尻尾も長くて本当にきれいなんです。
 里親さん見つからないかしら~?

Mおばさんの「里親さん見つからないかしら~?」は、この頃の得意の台詞になっていた。



聞けばオス猫だと言うし、私は気が進まなかったが仕方なくその黒猫を保護することにした。
私にとって初めての黒猫だった。

0129 001


その猫は全身混じり毛のない黒で、おばさんがいうように尻尾もすっと長く、
褐色でまんまるの目のきれいな黒猫だった。
ただこの子、猫のくせに高い所に飛び乗りそこなったり、
何もないところでたびたびコケたりして、

「お、お、おい・・・へ、平気か?」

と言いたくなるような鈍臭い猫だった。


でも真っ黒い猫というの不思議な生き物だった。
まるで存在が影のようで、生きているものが動いたのか影が動いたのかわからないようだった。
でも、、だから黒猫は神秘的なのだろう。
黒猫が好きで、黒猫しか飼わない人がいるようだが、
なんとなくその気持ちがわかるような気がした。
黒猫と一緒にいると、自分にもなにか人と違う能力が宿ってくるような気になるのだ。


そして結局はこの黒猫を、しほちゃんが実家の猫としてもらってくれたのだった。
その時里親探しが行き詰っていて、しほちゃんには半分頼むようにしてもらってもらったのだった。



それにしてもクロちゃん(仮名)は実にお金のかかる子だった。
ある日クロちゃんのワクチン接種に行って来た時のこと、
ワクチンから帰ってきてしばらくするとクロちゃんがダラダラとよだれを垂らし始めた。




私はびっくりして再び病院へ連れて行くと、クロちゃんはそのまま入院になってしまった。

0224 013

この時まだ人慣れの最中だったので、入院させることにより人慣れも進むと考えて、
しばらく病院に預かってもらうことにした。
病院での費用は多少まけてもらったとしてもそれなりにかかったし、
しかもその後、涙目と鼻水がなかなかとまらず、
点眼点鼻薬を随分長いこと続けることとなったのだ。

0224 005



クロちゃんはその春、しほちゃんの卒業と同時に滋賀の実家に連れられて行った。


しほちゃんには実家に妹さんがいて、クロちゃんに「はなお」という素敵な名前をつけてくれた。
はなおの涙目はなかなか完治することなく、私はしほちゃん宛てに目薬を何度も送ったのだった。





しほちゃんが時々はなおの様子を知らせるメールを送ってくれたので、
しほちゃん姉妹がそれはそれははなおをかわいがってくれているのがよくわかった。
そして去年はしほちゃんの妹さんから年賀状が届いた。


DSCF3444.jpg


「保護してくれてありがとう」




それを見て私は思わず泣いてしまった。

いいや違う、保護したのは猫おばさんだ。

私は嫌々預かっただけなんだ。
 
いつもいつも、私は仕方なく預かってきただけなんだ。



現場にいる人がいちばんえらい。
保護してくれる人がいちばん愛のある人だ。
私はただそんな人のお手伝いをしているだけなのだ。



そしてその子と接してみればわかる、
どんな子でも他の子と違うその子らしさを持っていることを。
唯一無二の命であることを。



はなおはしほちゃん宅でも相変わらず鈍臭く、
家族をハラハラさせながらも癒しの猫となっている。


2009/3/31







スポンサーサイト


コメント

  1. りーちゃ | -

    こんばんは

    やさしい姉妹のうちの子になれて、はなお君よかったですね。
    私も読んでて泣けちゃいました。
    カワイイ年賀状。いい写真ですね。
    ケムさんはスゴイ大きな幸せを猫達に与えていると思います。

    ( 23:22 )

  2. けむ | -

    Re:

    りーちゃさん、こんにちは。
    お返事遅くてごめんなさいね。
    はなお、遠くに行きましたが幸せでよかったです。
    そんな時いつも保護してくれた人に感謝しています。
    私なんてたいしたことありません。。。

    いつもありがとうございます♡

    ( 16:06 )

コメントの投稿

(コメントの編集・削除時に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)


トラックバック

Trackback URL
Trackbacks


最新記事