市の動物愛護館で、毎年猫の日近辺に行うイベントに譲渡会で参加させていただいた。

今回私は譲渡対象の保護猫はなし。
運搬とお手伝いで参加。
メイサちゃんは恐すぎて抱っこも出来ないし、今回の譲渡会は見送ったのだ。


10時開始とともにお客様がわんさか。

110220 018


今回の参加猫は少なく14匹だった。
譲渡会のスペースもこじんまりだったのに、この人の押しかけよう。

常にぎゅうぎゅう


本当はゲージに張り付いて猫の説明をしたいところだが、
参加猫がいない私はなるべく外野でスタンバイすることにした。


それでも今まで私から猫をもらってくれた里親さんがたくさん遊びに来てくれた

白猫4姉妹のみおんちゃんの里親さん

譲渡してちょうど一年経ったラッキーちゃんの里親さん

事故で亡くなってしまったそよちゃんの里親さん

保護したナナシちゃん(現在ココちゃん)の里親探しをお手伝いしたMさん




それぞれなつかしくおしゃべりしたが、話し足りないほどだった。

お手伝いでも行った価値があったというものだ。


110220 019 110220 020

ターニャのように片目が濁ったふうちゃん(♀)     ワンパクなのに内弁慶のチャロくん(♂)



110220 023

キジトラのすいかちゃん(♀)といちばん人気だったシロ太くん(♂)


110220 022

ダヤンのような長毛の美猫 カイルくん(♂)



みんな生後5ヶ月から1歳くらいの大きい子ばかりだったけど、
毎年この子猫のいなくなる時期には、そんな大きい子にも譲渡のチャンスがある。
大きい子は性格もわかっているので希望の猫を探しやすいし、健康状態も安定していて飼いやすい。

今までの譲渡会でずっと決まらなかった子でもがっかりすることはない、
最後に最高の里親さんに巡り会えればそれでいいのだから。


110220 021 110220 024

今日が3回目の譲渡会でやっと決まったナツメちゃん(サビ♀)  同じく3回目の今日決まったくぅちゃん(♂)


この日はそんな猫達にも里親さんが見つかり、本当に嬉しいことだった。




実は同じフロアーに愛護館で保護している譲渡対象の子猫がいた。
こんな時期に生後2ヶ月の子猫・・・
それがのけぞるほどかわいい
譲渡会に来たお客様に子猫を見られるとこっちの商売(?)あがったりだ!
なるべく子猫を見せないように~~~


それにしても6匹まとめて小学校に捨てられていたとは・・・全員アメショーくずれのシルバーの子猫で、時期的に考えてもおかしい・・・もしやブリーダーの仕業かもしれないという意見が。


しかしこの子達は間違いなく飼い主さんが見つかるだろう。
いや、希望者が多くて抽選になるとか。
なんだかなぁ~~

110220 026

110220 027

110220 028 中には長毛シルバーの子も。オス3匹、メス3匹の兄弟姉妹。



子猫・・久しぶりに見たなぁ・・・・・・かわい過ぎる。
 

2011/2/20





  
スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメントの編集・削除時に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)


    トラックバック

    Trackback URL
    Trackbacks


    最新記事