先日の子猫の件でかなりどんよりした気持だった。

あの女の子達とは連絡がつかなくなってしまったので、仕方なく私は、

「親が連れて行ってももともと捨てられていたのならまた捨てられるかもしれません。
 その時はうちへ連れてきてください。」

とメールだけはしておいた。



―――うちへ連れて来て下さい

そう言うのは不本意だったけど仕方なかった。
そう言わねばもう保護してくれないかもしれないと思ったのだ。



ところがすぐに事態は動いた。


連絡が途絶えた女の子達から、再び電話がかかってきた。



子猫は3匹いたが親が連れていったのは2匹、
あと1匹だけ残されてどうしても親は連れに来ない、

どうしたらいいですか、と。


「わかりました、その子を保護して連れて来て下さい」





かくして生後3週間の子猫を預かる。


110509 008


ふたり組の女の子~名前を山ちゃんと杉ちゃんとしよう~は、
最初にうちに来た時はおどおどしてたが、
今回はしっかりとした言葉で何度も謝罪をし、
「よろしくお願いします」と深々と頭を下げた。



そう、彼女達は私が思っていたほど適当な子達ではなかったのだ。

ちゃんと獣医さんにも診せてくれたらしく、
粉ミルクと缶詰め(a/d缶=妊娠中や病気の時に栄養をつけるフード)と
目薬も一緒に持って来てくれた。

110509 015


あとから思えば、子猫3匹の命は慣れない若い彼女達には重すぎたのだろう。

最初はなんとかしようと思ったけれど、
わからないことだらけ、不安だらけで、
ペット不可や周りの人達が彼女達を更に窮地に追い込んだのだ。

そしてその中に私もいた。



見て見ぬふりをしなかっただけでも偉かったじゃないか

現にこの子は助けられたじゃないか




私でさえいざ預かると、一匹だけでも最初はかなりおたおたする。

過去にへその緒がついた子を育てたことがあったから様子はわかるけど、
食事の与え方、排泄の仕方、他にも細かいことがたくさんあったというのに、
私は何ひとつ彼女達に教えてあげていなかった。




3匹いた子を1匹にしてしまった原因は私だったんだ・・・



「私がお世話はしますけど、里親探しはあなた達も含めて3人の仕事です。
 ちゃんとそこは責任持ってくださいね。」


そう言うとふたりは真剣な目で「はい!」と返事をした。




まぁしょーがない、またしばらく乳母をやりますか。

110509 012


2011/5/7




スポンサーサイト


コメント

  1. モコ | -

    良かった(*^_^*)

    私も勝手に彼女たちを適当な方達だと思い込んでしまった・・・(汗)
    良く考えれば、ケムさんのところに連れて来たって事は、
    「この子をどうにかしたい」って考えがあったからでしょうしね。

    ケムさんが安請け合い出来ないお気持ちもよく分かりますよ。
    きっと、今までにも野良猫のお持込を何度となく経験されているんですものね。
    中には、無責任に「お宅でどうにかしてくれるんでしょ」って方達もいたりしただろうし。

    ジジ(勝手に名前付けてるしw)、真っ黒くろで可愛いなぁ~。
    今の2匹を迎い入れた時ぐらいの大きさかな?
    あの時は、本当にオロオロしっ放しでケムさんから色々ご指導頂いて助かりました。
    さすがにへその尾はついていなくて良かった・・・(-_-;)

    でも、やっぱりうちの二匹も乳離れ出来てないうちに親猫と離れてしまったせいか、一人チュウチュウ(自分のおなかをフミフミして乳を吸う)の癖が治りませんね。
    見ていてすごく可愛いんだけど、なんだか不憫な気がするんですよね。

    ( 22:13 )

  2. けむ | xzfXrOoo

    Re: もこちゃん♪

    ご心配おかけしました^^

    そうなんです、その手の持ち込みがあるとめちゃめちゃ警戒しちゃって・・・;;;
    今回は私も反省しましたが、判断が難しいよねー。
    でも今は子猫に癒されてます。
    この子もお腹いっぱいになっても、ふんふんとおっぱいをさがす風にしてる。
    それを見るとやっぱり不憫だよね。

    もこちゃんも昔を思い出すでしょう?!
    大変だけど喜びも多いからね、どう?もう1匹。(笑)

    ( 16:49 [Edit] )

コメントの投稿

(コメントの編集・削除時に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)


トラックバック

Trackback URL
Trackbacks


最新記事