メルちゃんにお試しの話しが出た。

先日三毛ちゃんの里親さんを紹介してあげたボラ仲間から、その代わりにと紹介してもらった人だった。


そちらのご家族は「長毛希望」だったのだ。
車で1時間ほど走らせた隣りの市にお住まいのOさん。

実はOさんは以前私のところにも電話をしてきたことがあった人だった。
その時も「長毛の子はいませんか?」と言っていたのだった・・・


相変わらずオシッコの心配はあったが、とりあえず見るだけ見てもらおうということになった。
Oさんに会うのは初めてだった。


メルちゃんを連れ、車を走らせる。



こういう時いつもナビが欲しくなる・・・・

110505 019


Oさんのお宅ではフレンチブルドッグのモモちゃんという子がいた。
メルちゃんは人見知り、猫見知りをしない子だったので、「犬もイケるだろう」とタカをくくっていたら、

さすがにメルちゃん、犬は初めてだったようで、

全身逆毛立ててリビングからキッチンまですっ飛んで逃げた。

ついでにキッチンに置いてあった味噌汁の鍋をひっくり返す。


メルちゃんの「シャー」を初めて見た・・・・


ご・・ごめんよ、メルちゃん・・・



110505 020
モモちゃんの気配を探すメルちゃん


その日メルちゃんを見せるだけで、お試しは後日、と思っていたが、
Oさんの旦那さんも帰ってきて、「早速ためしに置いていってみたら」と言ってくれたので、
Oさんに預けることにした。

フレンチブルのモモちゃんはメルちゃんに興味津々、、、

やや心配だったが雑談をしているうちに、メルちゃんも落ち着いてきたのでこれならいいだろうと。



メルちゃんのオシッコの説明もし、「寝室に入れないで下さいね」とお願いしたのだが・・・



=======================



結局Oさん宅からは1週間で帰ってくることに。

というか、私が「返してください」とお願いしたのだった。



Oさんの奥さんは「猫と一緒に寝たい」人で、
やっぱりメルちゃんを寝室に入れてしまい、おふとんにオシッコをされたそうなのだ。 ガックシ・・・


それでも旦那様はメルちゃんをたいそう気に入ってくれて、「それくらいいいじゃないか」とまで言ってくれたのだが、

洗濯する身(奥さん)にしてみれば、いくらかわいくてもそうはいかない。
そこで私が「返してください」と逆に頼んで返してもらったのだ。



1週間後お迎えに行くと、奥さんは、

「けむさん、こんな遠くまで何度も足を運ばせてわるかったですねぇ~」

とひどく恐縮して、冷蔵庫にあった野菜をたっぷり持たせてくれた。



こっちこそ、メルがオシッコで迷惑かけたというのに・・・・



平日の夜、あわてて出てきたのでキャリーバッグを忘れたと言ったら、
奥さんは家にあったリードを持ってきて、


「幸せの黄色いリードよ」



と言って、真新しい黄色のリードをメルちゃんにつけてくれたのだった。


メルちゃんはフレンチブルドッグのモモちゃんとすっかり仲良しになっていた。




メルちゃん、モモちゃんとたくさん遊んでもらってよかったね。

お父さんにもかわいがってもらってよかったね。





Oさんの旦那さんはメルちゃんを名残惜しそうにしていた。


でもメルちゃんのお家はきっと他にある。


110517 002 Oさん宅にて


2011/5/10
スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメントの編集・削除時に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)


    トラックバック

    Trackback URL
    Trackbacks


    最新記事