メルちゃんをお届けする前日に、なんとTさんの奥さんからメールをいただいた。


Tさんはメルちゃんをお試しいただいた方で、
衣替えの衣類へのオシッコ事件でご縁が結べなかった方だ。
あれから1ヶ月、お互いなんの音沙汰もしないままだった。


しかしTさんはその後同じボラ仲間へとお試しを申し込んでいたことを、私はその仲間から聞いていた。

Tさんはお試しをしていた猫がこのたび無事に正式譲渡となったと、
その報告をしてきてくれたのだった。




Tさんが譲り受けた猫は繁殖場からレスキューされた、立ち耳のスコティッシュフォールドだった。
メルちゃんと同じ約1歳の去勢済みのオスで、メルちゃんほど人馴れはしていない。

Tさん自らメールに

「メルちゃんとは大違いで直ぐには懐かず、
来た当初はビビって丸一日棚裏に隠れ潜んでました」


と書いてきたほどだ。


しかも見た目もおせじにもかわいいとは言えない顔立ちの子だった。
私も仲間のHPを見ていたから、
「Tさんが欲しい子ってこの子でいいのかな?」と不思議に思っていた。



Tさんはお金持ちだから、耳の折れたスコティッシュでもメルちゃんのようなメインクーンでも、
いくらでも血統のいい子やかわいい子を選べるはずなのに。




保護主さんでさえその立ち耳スコティッシュを、

「頭が大きい三等身、ちょびこと通称おじさん」

と紹介していたし、


Tさんが友達に写メを送ると、

「鼻の下にでかいホクロかシミがある」とか、

酷い人は「ハナクソついてるよ」

などと言いたい放題言われたらしいけれど・・・



でも我が家では今となってはあばたもエクボ、
かえって可愛いものです



110603_123631.jpg




「Tさんは素敵だ」と、私は思った。


メルちゃんのお試しでTさんと色々な話をしていた時、
Tさんは一貫して「ボランティアさんからレスキュー猫を」と言っていたのだった。


ちょびちゃんは徐々に慣れて、今では自分から擦り寄ってくるようになったという。








私がメルちゃんのお試しが決まったことを話すと、

私は心と経験が足りないばかりにお返ししましたが、オシッコ覚悟で手馴れた方なら受容れてくれるのではないでしょうか、メルちゃんの幸せを心から祈っています。

とお返事をいただいた。
私もTさんとちょびくんの幸せを心から祈っている。



メルちゃんは、保護してくれたN島さん、お試ししてもらったOさんとTさん、一時預かりしてくれたYさん家族、
みんなから応援してもらっている幸せな猫なんだなぁ・・・


    



ミントさんのご実家から正式にお返事をいただいたら、
必ずTさんにも報告することにしよう。
Oさんも、Yさんも、N島さんにも。



2011/6/27
スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメントの編集・削除時に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)


    トラックバック

    Trackback URL
    Trackbacks


    最新記事