ケンくんの家では具体的に猫達を迎える準備を始めていた。



きれいな家ではあったが、今まで空き家だったため家の中には土足であがってる状態だった。

とりあえず家の中の拭き掃除、
猫達を入れるゲージの組み立て、
猫トイレやフード・水のお皿などの備品の買出し、、、



なにしろここの家を猫専用のシェルターハウスにしてしまった発案者が私だ、

あとはよろしく、というわけにもいかず、
できる範囲でのお手伝いを申し出た。



おじいいさんの家では、猫20数匹に対して家の中にはトイレが1個しかなかったようだ。
すべての猫がきちんとトイレで出来るかどうかもわからないため、
とりあえず手術の済んだ子はすべてゲージにいれることにした。


猫達は避妊去勢手術がされるたびにこの家に連れてこられ・・・

110711 021




部屋にはだんだんゲージが増えていった。

110718 027





猫達には名前がなかった。
ゲージにつけられた番号で呼ばれていたが、かのんさんが、
「名前がないと不便だねー」というので、


「じゃあ私が名前をつけてあげる」

と、猫達の名付けを買って出た。



ゆいいつおじいさんが一緒に寝ていた猫が「ふたちゃん」

ふたちゃんはたまたま2番のゲージに入っていた。



それならばと、



すべてゲージの番号で名前をつけることにした。


1番 ♀ チョコ(チョコレート色をしていたので)

2番 ♀ ふたちゃん

3番 ♀ ミミ

110718 026
ふたちゃん(左)とミミちゃん(右) うりふたつの2匹

4番 ♂ シロウ

5番 ♂ ゴン

6番 ♂ ロク


110718 023 ゴン


110815 020 ロク


7番 ♀ ナナ

8番 ♀ やよい

9番 ♀ ココ(9=ここのつだから)


よ~し、ちょうどいい具合にオスメスの名前が番号にマッチしてるぞ。


10番 ♂ テン(英語です)

11番 ♂ ムサシ(士=さむらい=ムサシ)

12番 ♀ グレコ

グレコはゆいいつグレーの色の子で、皆から「グレー」と呼ばれていたのでそのまま「グレコ」にした。

110824 003
シロウくん


110824 004
 グレコ



そう、おじいさんのところの猫はすべて長毛種だった。
顔も皆そっくりで、まんまる目が特徴だ。

おかげで子猫達もすべて長毛で気絶するほどかわいらしい。
子猫の里親さんは、苦労せずに見つけられるだろう。


しかしこの成猫達のお世話と里親探しは簡単にはいかない。
まだすべての猫を連れて来たわけじゃない。
(成猫は20匹以上いる)


最初はかのんさんモモさんがふたりで交代に猫のお世話に通った。
ふたりともフルタイムではないが、仕事を持っているし、
ふたりとも普通の家庭の奥様なので、家には家族もいるし飼い犬や飼い猫もいる。


猫の家ではゲージごとにご飯、お水、トイレのそうじをするわけだが、
それ以外に体調の悪い子への投薬などもあり、
ひとりでひとおおりのことをすべてやると2時間はかかってしまうという。

あまりに気の毒で、
「バレエ公演が終わったら必ずローテーションに入るから」
と、、、

言わずにいられなかった。



それでもこれから毎日、朝晩、無人の家に通うのは大変なことだ・・・





ゆいいつの救いはこれ以上猫は増えないということだった。


少なくともこの「猫の家」に限って言えば、
終わりがある仕事になる。

それを励みにがんばるしかないのだ。



2011/7/19


※今週末バレエの公演を控えているので、今週いっぱいはブログをお休みします。
 バレエ公演が終わったら、猫の家のお世話のローテーションに入ります。
 「多頭飼い崩壊事件」はまだ片付いていませんが、一旦これで終わりにします。
スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメントの編集・削除時に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)


    トラックバック

    Trackback URL
    Trackbacks


    最新記事