7月30日(土)、7月31日(日)
日本平舞台芸術公園「有度」

演目 : 「ZYO HA KYU(序・破・急)」    「夜叉 (夜叉ヶ池より)」 


今回もまたお天気が心配な両日。
土曜日は昼から雨が降ったりやんだり・・・・

110801 005


15時には上演の決定をしなければならない。
ナンデモ下界では大雨注意報が出たとか・・・・で、やむなくこの日は公には上演は中止。
ただし、「公開ゲネプロ」という形で夜は時間通り上演することに決めた。
つまり、開演時間になって雨がやんでいたら、来たお客様には無料でゲネプロを見てもらえるという判断にしたのだ。

※ゲネプロ=すべて本番同様に行うリハーサルのこと。



でも夕方になると雨は一層強くなり・・・


110801 007


110801 006


中止=延期になると、月曜日に本番が繰り延べされる。

月曜日・・・仕事休めないんだよな・・・・
でも自然には逆らえない、自然だけはどうにもできない。



110801 008

誰かがつくったテルテル坊主もむなしく・・・・



110801 009

ファンキーな顔のテルテル坊主だった・・・
(レディガガをイメージしたそうな・・・)

土曜日の公開ゲネプロは雨の中、かっぱを着て踊る。
でもお客様がいました・・・10数名ほど・・・かっぱでも真剣に踊る。







今回の「夜叉」という作品について少し。


これは泉鏡花の戯曲で、
岐阜県に実際にある「夜叉ヶ池」にまつわる話を今に伝える昔話のように書かれている。



(あらすじ)

三国ヶ嶽の麓(ふもと)の里、龍神が住むという夜叉ケ池。
日に三度鐘をつく掟を破れば、村はたちまち全て水の底に沈むという。

諸国を旅する学者僧、山沢(やまざわ)学円(がくえん)。
彼がこの里で出会った鐘守りの男は、行方不明の友人、萩原(はぎわら)晃(あきら)だった。

再会を喜び、共に夜叉ケ池へと出かけたその時
晃の妻百合(ゆり)は、かんばつに苦しむ村人に、
雨乞いのいけにえにと迫られる。
追いつめられて命を落とした百合を抱き、晃は鐘の掟を破る。

村が水に飲み込まれるたまゆら、一人残った学円は、
池の主、白雪姫と妖怪変化の曲馬団、
その道行きを垣間見る。






今回うちの先生がこの「夜叉ヶ池」を題材に作品作りをしようと決めたのは、
去年の夏のSPACの舞台が終わってからのこと。

年が明けた3月にあの東北大震災があり、
あまりにも震災がこの作品に重なったため、一時違うものに変えようかと考えたが、

この作品に向き合ううちに、むしろ今年でなければできないと思うようになり、
上演にこぎつけたという。




泉鏡花の本文の一説にあるくだり。


昔、人と水と戦って、この里の滅びようとした時、
越(えつ)の大徳泰澄(だいとくたいちょう)が行力(ぎょうりき)で竜神をその夜叉ヶ池に封じ込んだ。
竜神の言うには、人の溺れ、地の沈むを救うために、自由を奪わるるは是非に及ばん。
そのかわりに鐘を鋳て麓に掛けて、昼夜に三度ずつ撞鳴(つきな)らして、我を驚かし、
その約束を思出させよ。
我が自由のためには、世の人畜の生命などものの数ともするものでない。
が、約束は違えぬ、――その誓を思出させようとするために鐘を撞く事を怠るな。
一度でも忘れると、たちどころに大雨、大雷、大風とともに、夜叉ヶ池から津浪が起って、
村も里も水の底に葬って、竜神は想うままに天地を馳すると――


・・・・・・・・・・・・・


ここに「津波」って言葉が出てくるんです。。。



この物語が、今に伝わる本当の伝説であるとしたら、

私達は鐘を撞くことを忘れたのか、

だとしたら鐘とはなんだったのか、

そんな風に思ってしまう。




7月31日の日曜日は土曜日に来れなかったお客様も入って会場は満員御礼。

お天気もまったく心配なし。

110801 010



見に来てくれた皆様、ありがとうござました。

(覚書)
ひでみん
イタさん
戸塚さん(お友達と)お花すみません。
加藤さん(お友達と)
小野さん
矢澤さん
ソノダさん
カネコちゃん、マナちゃん、土曜日中止になってゴメンね!
アライさん、土曜日残念でした。

川島、ひろみ、しのぶ、しほり、あさの→いつもお花ありがとう。

KZちゃんお花ありがとう。




月曜日の公演が終わってやれやれで、深夜、家で洗いものをしている時、



じ・・・地震が・・・・




こ・・・こわかった~~~~ (駿河区震度5弱)




もしや竜神が空へ帰っていったのだろうか・・・・と、思えて仕方がなかった。




2011/8/1
スポンサーサイト


コメント

  1. モコ | -

    お疲れ様です!

    土曜はさんざんのお天気だったようですが、日曜日に無事公演が出来て良かったです。
    カッパを着て足場の悪い雨の中踊られたと聞いて、皆さんの熱い情熱に感動です(´;д;`)ブワッ
    本当にお疲れ様です!

    演目のストーリー、なんとも深いですね。
    『鐘』・・・なんだったのでしょうね。
    欲・慢心に対する警告の鐘・・・・でしょうか。
    でも、そんな事被災された方達に決して言える事じゃないですけど。
    うーん。

    そだ。
    なめこおろし、いつもご馳走様です。
    私の手料理ですか?
    皆様のレシピでよろしかったら自信ありますよ(笑)

    ( 23:31 )

  2. けむ | -

    Re: タイトルなし

    もこちゃーん!!!

    ありがとう♡公演が終わるまですべてのことが後回しとなっていたので、
    やっと一息ついています。
    一息つく間もなく、いろんなことがあるんだけどね・・・

    なめこおろし、こちらこそいつもありがとう~( ̄▽ ̄*)ゞ
    もこちゃんのお料理って真さんにかぶるところがあるんだよね。
    料理人直伝みたいな。
    いつかごちそうになれそうな気がする。いつかね(笑)

    ( 21:23 )

コメントの投稿

(コメントの編集・削除時に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)


トラックバック

Trackback URL
Trackbacks


最新記事