さて避妊手術の日。

久しぶりに会うキキちゃんとララちゃんを楽しみに里親さんの家へ出かけた。



里親さんの家に着くと、
Kさんに抱っこされてあらわれたキキ&ララは、私を見るなりすっ飛んで逃げる・・・・・


(そんなことだと思った・・・)


いーのいーの。Kさん家族に慣れてさえいれば。
私は以前と変わらず、かわいくて元気な2匹を見れたら満足なんだから。


120226 036
ララちゃん

120226 035
キキちゃん



どの程度デカくなっているだろう?と思っていたが、
2匹はおもかげそのままだった。

うちにいた時と同じだ。

かわいいキキとララ。




獣医さんに着き、

術後服のことはあらかじめ病院にお話ししてあったが、
診察の時に先生から、


「ではちょっと着せてみましょう」と言われ・・・え?

その場で試着。




実は2匹がどの程度成長したかがわからず、
うちのナナをモデルに作ったものだからずいぶん大きく仕上がってしまい(ナナはやっぱりデブだった)、
途中実家に立ち寄り、大慌てで手直しをしたんだけど

どどど、、どうかな?




「ああ!これはいいですね~~~~」



なんと先生から太鼓判。


そして受付に戻ると、看護婦さんからも絶賛。


「あとで写真撮らせてもらってもいいですか?」

とまで言われる。



すっかり気をよくした私は、

「今度型紙作って持ってきますね

などとできるかどうかもわからないことを約束する・・・・




獣医さんによっては、すでにこういった術後服を採用しているところもあるはずなんだけどなぁ。

でもいずれ型紙が作れたらいいなぁ。
そうしたら誰かのお役に立てるだろうし。


      


実は今回、私にはひとつだけ不安要素があった。

それはキキ&ララが、あの大きな農家のおうちの中の一部屋だけで飼われていたこと。
お届けした日にゲージを置いてあった娘さんの部屋だ。

理由を聞くと、

「避妊手術が済むまで脱走が心配だったから」


ということだった。


あーそうなんだ、じゃあ手術が済んだら晴れて家中自由にさせてもらえるってこと?!



獣医さんには私のキャリーバッグを置いてきた。
お迎えに行くのは里親さん、里親さんにはキャリーバッグを預かってもらうことになっている。

・・・それは私の作戦だった。

なぜならキャリーバッグを取りに行くことを理由に、

あの子達に会いに行くため。





だって私は確認したいんだ。

あの大きなおうちであの子達が自由にしているところを、

のびのびと飛び回っているところを、

私はどうしても見たいんだもの。






2012/2/25







スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメントの編集・削除時に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)


    トラックバック

    Trackback URL
    Trackbacks


    最新記事