せっかくなので、うののことも書いておこうと思う。



うのはやなぎさんに保護された猫でした。




生後2~3ヶ月、身体も小柄でものっすごくかわいい子だった。
やなぎさんから連絡をもらい見に行った時に、
かわいいけれどものすごく汚くて、
やなぎさんには悪いが任せてけないと思い、その場で預かって家に連れてきた。

耳の中は真っ黒、お尻の周りはウンチだらけ、
その割に便秘気味で便が出にくいようでお腹が張っている。

便秘の状態が不安だったためすぐに医者に連れていくと、、、


そこで先生に「子猫の便秘は骨盤に異常がある場合が多い」と言われレントゲンを撮られ、
そして見せられたのは、左後ろ足が骨盤の付根で「く」の字になっている写真。
それで便が出にくいのだと。

治療方法はお腹を開いて骨盤に金属を入れる大手術をすること、
そしてもしそのままにしてウンチが出ない場合は安楽死の方法もあると言われたのだった。



まじで?




うの


愕然としてしまった。

それはやなぎさんから預かった翌日の話で、
私の判断だけではどうしたらいいかもわからず、やなぎさんと相談することに。





そして・・・うのをうちの子にすることにした。


そんな手術にお金のかかるような子を誰がもらってくれるだろう。
手術をしないで様子をみたところで、どんな障害がでるかわからない。

当時私は、預かり猫には名前をつけなかったが、
すぐに「うの」と名前をつけた。


「うの」とはイタリア語で「1」という意味。
いずれ安楽死をむかえるかもしれない、でもこの世でただひとつの命、という気持ちでつけた名前だった。



DSCF0756.jpg


その時はまだ小さくて麻酔が出来ない、手術に耐えられないということで、
便秘の薬を飲んで様子を見ることにした。
そしてなんとか手術をしないでウンチを出す方法がないだろうか、
ヨーグルトを食べさせるとか、アロエがいいとか、青汁飲ませたらどうだろうかとかと考える毎日。


でも時間が経ちうのが成長すると、
足の骨が異常だったこと、便秘の悩みもまるでなかったことのように、
何ごともなくうのは大きくなっていった。
その後そのことを別の獣医さんに相談すると、
子猫の時の骨の異常は大人になる過程で治ってしまうことが多い、と言われたのだった。



な・・・・なんだそれならそんなに死ぬほど悩まなくてもよかったよ、
こっちは「安楽死」って言葉まで聞いてびっくりしたのに。





うのは今でも小柄な女の子。

でも母性豊かで、当時うちに来た子猫達のおかあさん役を買って出てくれた。

DSCF0121.jpg  
光くんにおっぱいを吸わせるうの



002.jpg
ナナにおっぱいを吸わせるうの



あまりに身体が小さく、発情期を迎えてもかわいそうで手術ができなかったくらいだ。


そしてあんなに人見知りのないようなぽわんとした子に見えていたのが、
今では私以外の人間の前には姿を見せない、
超人見知り猫になってしまった。



でもかわいい・・・いつまでも子猫のようなうの。








うの 2006年10月保護

スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメントの編集・削除時に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)


    トラックバック

    Trackback URL
    Trackbacks

    まとめteみた.【「うの」のこと】 ( 03:36 )

    せっかくなので、うののことも書いておこうと思う。うのはやなぎさんに保護された猫だった。生後2~3ヶ月、身体も小柄でものっすごくかわいい子だった。やなぎさんから連絡をもらい見に行った時に、かわいいけれどものすごく汚くて、やなぎさんには悪いが任せてけないと...

    まとめteみた.【「うの」のこと】 ( 03:36 )

    せっかくなので、うののことも書いておこうと思う。うのはやなぎさんに保護された猫だった。生後2~3ヶ月、身体も小柄でものっすごくかわいい子だった。やなぎさんから連絡をもらい見に行った時に、かわいいけれどものすごく汚くて、やなぎさんには悪いが任せてけないと...



    最新記事