3匹の子猫の里親さんを見つけるのに時間はいらなかった。

新聞広告に出せば一発だ、と思いながらも仕事に追われているうち、
ハッチーさんから早速子猫が欲しい人の紹介をいただいた。

「条件はクリアしてます」

仕事の合間、バレエのお稽古の合間をぬってそのお宅に子猫を見せに行くのに、
先日の暴風雨の中を出かるしかなかった私。。。


なにもこんな日に出かけなくても・・・・


しかも運悪く、雨風MAXの時間に運転ちゆう~~~


・・・・・・・・・・・・・・・・


まるで沸騰した水の中を走っているような・・・今まで見たことのない世界でしたー



おかげさまでお見合い成功、まぁこんなかわいい子猫を見て気に入らない人はいないだろう。

ハッチーさんから、
「新聞広告出さなくてもネットだけで決まると思いますよ」と言われ、

半信半疑で新聞広告も取り下げておいたら、

その翌日には本当にネットからの希望者があり、残りの2匹もあっさり決まってしまった・・・


「ハッチーさんの言う通りや~~~」





この子達は病院で健康チェックも受けていない、ノミや耳ダニもない、
ウンチもいいウンチしてるし、ちょっとばかり目がパシパシしていたのは、
常備していた目薬であっという間にきれいになってしまった。


一生懸命病院に連れて行って治療をして、ゲージから人馴らしをして、
譲渡会に出したり、何度も新聞広告出したり、
そうやって苦労して里親さんを探してきた今までの猫と、
いったい何が違うんだ~~~~~!!!



それは猫の月齢とタイミング。

う~んなんか腑に落ちないぞっ!(往生際が悪い)





しかしあまりにもあっという間に子猫がいなくなり、何だかさみしいったら・・・・

DSCF6013.jpg
やっと名前もつけたのに~~~ 2匹の女の子「イネ」と「ニコ」


DSCF6005.jpg
いちばん甘えん坊だった男の子の「ボク」ちゃん。


ボクちゃんは、中学生の息子さんのいるおかあさんにもらわれ、
その男の子が名前もつけて一生懸命お世話しているのだという。

名前は「幸村」(ゆきむら)・・・・・・・戦国武将系だなぁ。


今までいた猫が19歳で他界したというので、
その息子くんにとっては初めての子猫ということになる。
息子くんのかわいがりようが微笑ましいと、嬉しそうにおかあさんからメールをいただいた。




おかあさんと離れさせてごめんね、

みんなバラバラになっちゃってごめんね、

でもあんたたちの幸せは保証されている、、、元気でやるんだよ!



2012/4/5




スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメントの編集・削除時に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)


    トラックバック

    Trackback URL
    Trackbacks


    最新記事