チャロが帰ってきた。


理由は「夜鳴き」
里親さんは、慣れない分にはいくら時間がかかってもがんばってもらえる覚悟があったのに・・・

チャロの里親さんは集合住宅にお住まい。
なんと連れていったその日から、夜ごと夜鳴きがはじまったそうで・・・

しかも明け方4時~5時くらいまで。 




さすがに近所からの苦情が恐くなり、、、、まぁ里親さんご本人も寝れたもんじゃなかっただろう。


早々に引き取ることにしました。。。



里親さんはずいぶん恐縮して、ご夫婦でチャロを連れてきてくれた。
いーや、こちらもまさかの「夜鳴き」とは。
そこは想定してなかった・・・・


チャロめ~~~~
なんてがっかりなヤツ。
仕方ない、また実家で預かってもらわないと。あーあ・・・



実家に電話すると父が出た。

私「私だけど・・・おかあさんに変わって」

父「ああ・・・・それよりどうだチャロは。」

私「ギョッ ・・・そ、それがさー帰ってきちゃったんだよねー。(冷汗)」

父「そうか!じゃとりあえずすぐに連れて来い!」



すぐに連れて来いって、、、なにお父さん?なんだか嬉しそう???




私は以前、父と猫のことで喧嘩したことがあった。

去年、実家の猫ミーを亡くしてから、父も母も「もう猫は飼わない」と言っていた。

私はそれを逆手にとって、実家で保護猫の面倒を見てもらっていたのだった。
母も、近くに住む妹や姪っ子達も、猫がいるのは大歓迎だったが、
父だけは、

「猫がいると気を使う」

と言って嫌がっていた。

去年も入れ替わり立ち替わり、いろんな猫の一時預かりを頼んできたが、
父から「いつまで猫を連れて来るんだ」と言われた時は、
つい大声で父に言い返したことがあった。


「私は昔からおとうさんやおかあさんにお願い事なんてそんなにしなかった、

 わがまま言ったりあれしてこれしてって言ったことなかったでしょ!?

 できることは全部自分ひとりでしてきたつもりだよ、

 でも自分でできないから頼んでいるじゃない、

 私が頼むことなんて滅多にないじゃない、

 それくらい協力してくれてもいいじゃん!!!」




その時父は黙っていたっけ。


================



実家に連れて行ってかくかくしかじか話しをすると、父は、

「いつまで見れるかわからないが、いれるだけ家にいればいい」

と言うではないか。



どーしちゃったの?おとーさん。


おとうさんがそんなこと言うなんて?



でもこっちとしてはありがたい。
母と私とこっそり顔を見合わせて「よかったね」と合図を送った。




その日チャロはいつもと違った。
やけにニャゴニャゴ言いながら、父が寝ている部屋と、母がコタツに入っている部屋を行き来していた。

何をニャゴニャゴ言っているのだろう?いつもこんなに鳴かないのに。

(文句でも言っているのかな?)


母のところに行きたいくせに、そこに私がいるものだから私の顔を見ると硬直、
その場を逃げるけれど、また母のそばに来たくて私の顔を見て逃げる・・・その繰り返し(笑)


120417 018


そのうち私を横目で気にしながら母にスリスリ甘え始め、撫でられてゴロゴロ言う・・・

私はいつかチャロが里親さんとこんなふうになれるって信じているんだけどなぁ。

120417 019



まぁ、いいや。

チャロが帰ってきたのはがっかりだけど、父の変化にちょっと嬉しくなったので帳消し。

でもチャロのことあきらめてないからね、もう少しがんばってみるつもりだよ。



2012/4/16

スポンサーサイト


コメント

  1. かむ | EiNKl2nE

    No title

    ケムさん♪
    いつの間にかご実家ぐるみとなっていたのですね
    御苦労お察しいたします
    それにしてもこの度のお父様との雪解けよかったですね
    なんだかほっこりしてしまいました^^
    チャロ、みなさまのご好意にこたえるんだよ!

    ( 22:00 [Edit] )

  2. けむ | -

    Re: No title

    かむさん、こんばんは。

    猫というのは、付き合えば付き合うほど不思議なもので、
    何を言いたいのかわかってくる気がします。
    父はチャロの言いたいことがわかったようでした(ホントかな?笑)
    それでも「飼う」とは言ってないですからねぇ・・・^^;

    ( 22:47 )

コメントの投稿

(コメントの編集・削除時に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)


トラックバック

Trackback URL
Trackbacks


最新記事