なんということでしょう!!!



DSCF6366.jpg



大改造ビフォーアフターじゃありません、、、

こここ・・・こんなことって・・・・

私も初めての経験でした。


私はすぐにかのんさんへ連絡をし、
幸いかのんさんのかかりつけの獣医さんで母子とも預かってくれることになった。


子猫は全部で5匹いた。




ああ~~~もう少し早く捕獲を始めていれば・・・・


こういう活動をしている人の中では、その手段は色々で、
お腹の大きい猫を保護すると、そのまま産ませる人もいるようだ。
私はお腹の中にいる子を処分することは何とも思わない、
むしろほっとする、、、
しかし一旦産まれてしまったら始末するわけにはいかない。


これで里親さんを探さないとならない子猫が5匹増えたっちゅーわけだ・・・


まぁ考えようによっては、外で産み落とされることを思えば捕獲器の中で産まれてくれてよかった。
外で産まれてしまっていたら、その子猫を回収するのがまた一苦労だからだ。




しかし捕獲器だけで、この界隈の猫をすべて避妊去勢できるだろうか???

こういうことは、1匹残らずやらないと意味がない・・・
もしも1匹でも残って、その子がまた子供を産んだら、
あっという間にまた猫が増えて元の黙阿弥になるからだ。


そもそも誰なんだよ、ここに猫を捨てたのは!!!



最初に捨てた猫が、こんなとんでもないことになることをもっとわかって欲しい。

安易に猫を捨てることが、どんな大きな社会的迷惑になるのかを。




      



その次の日。


捕獲器をもう1台増やし、4台体制にした。
これで毎日2台ずつ仕掛けられる。


ところがその日捕獲器に入ったのはオスが一匹と、すでに耳カットされた猫が一匹。
耳カットされた子はリリース。


翌日もオス一匹に耳カット猫が一匹。

120530.jpg



そのまた次の日は耳カット猫が2回捕獲器に入り、結局成果なしとなった。





もう猫いなくなったのか?


・・・・・・・・・・・


そんなはずあるもんか、
猫舎に捕獲器があることが猫の間でウワサになってきたか?(まさか
でも今度は捕獲器のセットする場所を変えていかなきとならないかもしれないなぁ。



捕獲器の中で子供を産んで乳を飲ませていた母猫のように、外猫の生き様は壮絶なはずだ。
(私の預金通帳も壮絶だけど)

こっちもそれなりに対処しないと。




と・・とにかくやらなきゃ・・・



2012/5/30
スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメントの編集・削除時に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)


    トラックバック

    Trackback URL
    Trackbacks

    まとめtyaiました【猫舎のオマケ⑤~壮絶】 ( 13:46 )

    なんということでしょう!!!大改造ビフォーアフターじゃありません、、、こここ・・・こんなことって・・・・私も初めての経験でした。私はすぐにかのんさんへ連絡をし、幸いかのんさんのかかりつけの獣医さんで母子とも預かってくれることになった。子猫は全部で5匹い...



    最新記事