さて、

母猫を捕獲するために、私は捕獲器を持ってノブコさんの家に出かけた。
ノブコさんに捕獲器の使い方を教え、
じゃあお庭のどこに捕獲器をかけましょうか、と
ふたりで庭に出て場所を選び、
あとはがんばって下さいね、と帰ることにした。


「その前にチビちゃんたちに会っていこうかな~


子猫達はその前の週末、ノブコさんの家で私がお風呂に入れてあげたのだった。
かわいくなってるだろぉなぁ~~~

ノブコさんは「あっちの部屋にいます」と子猫を連れに行ってくれたのが、
「あら~~~おかしいわ~~~」と声がする。
3匹いるはずの子猫が1匹しかいない。


しかしこのうちで子猫を探すのはいつものこと。

ノブコさんは割りといつも緊張感なく子猫達を自由にさせていた。
ふたりで2匹の猫を探すが、不思議なことにその日はどこにも見当たらない。


ひとり暮らしのノブコさんの家の中は、いつも小奇麗に片付いていた。
目の届かない箇所もそれほどない、
タンスの後ろとか、カーテンの裏くらいで、
それがどこを探してもあと2匹が見当たらないのだ。


「もしかして外に出ちゃったのかしら?」


え???
さっき捕獲器持って庭に出たときに???


「でも出るときちゃんとサッシは締めましたよね??」


「・・・・ええ、、たぶん、、、」



たぶん?
ま・・まさか母猫だけでなく、子猫も逃げちゃったってこと?


そそそ・・・そんなぁ~~~~


そんなはずはないと思いつつ、
家の中を何度も探すけれどもう探す場所もないほど探している。
まさかと思いつつ外に出た可能性も考えて庭も探してあるいた。
もうとっぷりと夜になったいたけれど、
その中でも目が慣れるほど探してみたが見つからない。
ついにノブコさんに、

「すみません、あとは明日の朝私がさがしますので、
 遅くなって申し訳ないので今日はもうこれで帰って下さい。」

と促される。



ううう、諦めきれない。
猫を探すのは私の方が得意だ、でも庭にいる気配はなかった。


私はノブコさんに、
「いいですか、家の中にいる可能性を捨てないで出入りして下さいね」

と念を押し、

「今日どんなに遅くなってもいいから子猫が見つかったら電話ください」

そう言いながらも頭がクラクラしていた。




母猫が逃げただけならまだしも、子猫まで逃げてしまったのか?

せっかくきれい手入れして、さぁこれからって時に。


あ〜〜〜クラクラするぅ〜〜〜〜・・・・・


      



その日家に帰って、あんまりぐったり来たので、
かのんさんにかくかくしかじかと電話で報告していると、
携帯が鳴った。ノブコさんだった。


「一体どこにいたのかさっぱりわからないのですが、
気がついたらベッドの上で遊んでいました」




ノブコさんには結構振り回わされている・・・。


__ 3

__ 4




2012/8/21
スポンサーサイト


コメント

  1. 坂ち | 27ET4VhU

    No title

    お顔に特徴のあるコは、表情がフジちゃんに似ていますwww

    猫って「えッ?」ってトコにいますよね?
    だから、とーーーーっても変なトコに
    潜んでいたのではないでしょうか???

    フジちゃんも「そこ暑く無いの?」って
    思う様な、隅っちょにいたりします。

    ケムさんのブログに出てくるキャラは
    みんな面白いなぁ~wwwww


    ちなみに私は、ちっとも面白く無い
    フツーのおばちゃんですよぉ~www

    ( 12:47 [Edit] )

  2. けむ | -

    Re: 坂ちさん

    いえいえ、
    「坂ちさんっておもしろいよね」って、よくかのんさんと話してます(笑)

    いつもどんな時も、猫が逃げちゃったって話しを聞くたびに、
    「絶対家の中にいるって」って言い切っていた私なのに、
    今回は慌てました。やれやれ。

    ( 12:56 )

  3. ふぶき | -

    ヨカッタ…

    臨場感あるブログでハラハラしました(笑)
    ホントに個性のある柄の子猫たちでかわいいですね。

    そういえば花屋でアレンジメントを頼んだ時iPadで見本を見せられたけど、けむねこさんのiPhoneもあんな感じにいつも里親募集の猫ちゃんたちが見られるようになっているのですね~
    チャンスを逃さない凄腕の営業さんですよ!

    ( 23:13 )

  4. けむ | -

    Re: ふぶきさん

    私の昔の携帯のメニュー画面のアイコンはすべて猫の写真で作ってありました。
    画像を借りなくてもそれができる!ってところがちょっと自慢だった(笑)
    いや~この時は生きた心地しなくて、ほんとにめまいしてました。
    生き返ってよかったです。(笑)



    ( 13:49 )

コメントの投稿

(コメントの編集・削除時に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)


トラックバック

Trackback URL
Trackbacks


最新記事