子猫行方不明騒動も終わって、その後はノブコさんが庭で母猫の捕獲をがんばってくれることになっていた。


しかしその後連絡がない。

連絡がないってことは、母猫が捕まらないってことだ。


どんな様子か電話をかけてみた。
すると、

「ああすみません、お電話しようと思っていたんですが、、、」


「どうですか、その後」


「それが親がまた家へ入ってきたんです」


えええ~~~~



「よかったじゃないですかー」

といいつつ内心は(それならそうと早く言ってよ)だったが、
これで格段に捕まえやすくなった。


「それでは家の中で捕獲器かけてみてくださいね、
 それからもう二度と網戸から逃げられないようにして下さいね」



母猫は家の中に子猫がいたせいか、
それとも外に出てみたら、やはり家の中がよかったことに気がついたのか、
・・・・その両方かもしれないけど帰って来たのだった。
そこをすかさず玄関の戸を閉めたところは、ノブコさんでかした!だった。


しかしその後しばらくしてまた電話をしてみると、

「捕獲器にはいらない」という。


捕獲器に入らせるにはお腹をすかせないとダメだ。

親猫だけ一部屋に閉じ込めておいてですね、
ご飯が捕獲器にしかないとなれば入ってくるはずなんだけど

そんな風にやり方を色々説明していると、


「猫を捕まえるのはやっぱりけむさんのようなボランティアさんがいちばん上手なんですか」

「・・・・・・」

「よく猫を探す探偵さんみたいな人がいるけど、そういう人は捕まえるのは得意じゃないの?」


(なにをいいたいんだろう・・・?)


「何やら色々やらなきゃならないことがあってこんなに猫を捕まえるのが大変だと思わなくて・・・

わたしなんだか疲れちゃったわ



へっ!?


なんですかーなんですかー
疲れちゃったからもうやりたくないって言うんですかー?
・・・・・一般の人はそうなんだな。
猫を捕獲して避妊する重要さが身にしみていなければ、
こんなことに一生懸命になれないってことか。


ノブコさんは母猫がまた網戸を開けやしないか神経をとがらせているようで、
それだけで疲れてしまってるみたいだった。
網戸を開けられる心配をするくらいなら、開かない工夫をすればいいだけだ。


その日私は夏休みを取っていた。
バレエのお友達と、打ち上げを兼ねて「湯あたりの会」をやることになっていて、
お昼にお風呂の食堂に集合だった。

私はホームセンターで網戸ロックを買ってノブコさんの家に行くと、
ママ猫と子猫3匹はノブコさんの寝室のベッドの下にきれいに並んで入っていた。



私は初めてママ猫をまともに見た。
黒白のブチ猫だった。
昼間のせいか、いつもより穏やかに見えた。

その時ふと(もしかしたらつかまえられるかもしれない)と思った。

私はノブコさんに大きめのバスタオルを借りて、猫達がいる寝室の戸を閉め、
捕獲器を用意した。

私が近づけばママ猫は逃げる。

逃げた先に捕獲器を開けておき、その中へ追い込む作戦にした。
その方がタオルをかぶせて捕まえるよりははるかに安全に捕獲できる。


・・・・・・・・・・・・

そして作戦成功、
今日のママ猫は以前私がノミ取りのスポットをした時よりもずっと動きがゆっくりで、
何度か部屋の中を行き来した果てに、まんまと捕獲器に入ってくれた。

IMG_8835.jpg




そりゃーもうノブコさん大喜び。

以前ノブコさんには行きつけの動物病院へと手術のお願いもしてもらっあったので、
あとはトントン拍子、その足で一緒にその獣医さんへと連れて行き、
無事に手術することができた。


「ああこれで肩の荷が下りたわ~~ああ~~~よかった~~~ありがとうございます!!!」


ハイ、私も肩の荷が下りました。


        



そのあとなんとか集合のお風呂に行くこともでき、

ひと仕事おわったあとのお風呂の気持ちよかったこと。



ノブコさんはママ猫をリリースせずに、家の中で餌やりをしてくれている。
(つまり飼ってくれるってことですね)



2012/8/29
スポンサーサイト


コメント

  1. 坂ち | 27ET4VhU

    No title

    なんかお母さんも子供みたいな
    若いコですねぇ~♪
    ノブコさん、面白い!
    ヤングお年寄りだから、まだまだ疲れたと
    言っても、やってくれるから大丈夫!
    うちの親だったら、どうなっていただろうか?


    お疲れ様会のお風呂?も、とーーーっても
    気持ちよかったでしょうねぇ~。
    後は、良いご家庭きぼーーーッ!ですね♪

    ( 13:01 [Edit] )

  2. まっちゃん | -

    ママニャン♪

    とっても可愛くて、まだまだ子供って感じですね。

    捕獲・避妊手術・お家でご飯! ひとまず良かったですねv-354

    我が家では、網戸を開けないように100均で突っ張り棒と格子の網(キッチン用品を引っかけたりする長方形の白い網)を買って設置しています。

    うちの子だけならつっ張り棒だけでも良いんですが、外ののら猫チャンが網戸をブチ破って侵入しないように、内側に網(柵)を設置してます。

    以前、男の子ニャンコがうちの子を狙って網を破る勢いだったので、それ以来怖くて網で対策してます。

    ご近所さんちは、網戸を破って進入して来たのら猫チャンにケガをさせられました・・・。

    脱走対策はもちろんですが、入って来られる事も考えないといけないんですよね。



    ノブコさん・・・このままずっとママニャンを飼って下さると良いなぁ~i-176

    ( 13:25 )

  3. ふぶき | -

    お疲れさまです~

    私も捕獲のお手伝いに行った事がありますが、こんな作戦もあるのですね~勉強になりました。
    室内なら猫には安全ですね…人間はさておき。
    何よりママもお家に入れてくれて親子共々飼って貰えるなんて嬉しいなぁ~けむねこさんの努力が報われてよかったです♪

    ( 06:10 )

  4. けむ | xzfXrOoo

    〉坂ちさん

    ノブコさん、ヤングお年寄りかぁ・・・まぁそんなところです。
    でもそもそも猫を保護してくれて、いい人でよかったです。
    あの時のお風呂の気持ち良さは格別でした〜笑。
    そうそう、良いご家庭が・・・そっちの方が大変なんだよね。汗


    〉まっちゃんさん

    野良ちゃん、網戸破って入ってくるの?
    近頃の野良猫はたくましいなぁ、それほど過酷な生活なのかなぁ、なんだか切ないですね。
    ノブコさん、ずっと飼ってくれると思いますよ。
    あのママにゃん、そのうちノブコさんに慣れそうな気がします。


    〉ふぶきさん

    ねぎらいの言葉、ありがとうございます。
    ただノブコさんが面倒みてくれるのママ猫ちゃんだけです。
    そりゃあ子猫は里子に出した方がいいですから。
    かわいいから里親さんすぐ見つかる・・・って思ったけど甘かった。
    想像以上に厳しい市場です。

    ( 23:59 [Edit] )

  5. ふぶき | -

    そうか…

    脳天気に喜び過ぎでした。ちびっこは里親さん募集ですね。
    1番難航しそうなママの居場所が確保されたのはよかったけど。
    猫は大きくなっても勿論かわいいけど、子猫の小さい感触を体感すると更に大事にしようと思うんじゃないかなー。
    この子達にもいいご縁が見付かりますように。

    ( 15:56 )

  6. けむ | -

    Re: ふぶきさん

    いえいえ、ママ猫を飼ってくれるのがどんなにありがたいか。
    触れもしない猫ですよ!
    飼うという言い方はしないんです、「家の中で餌をやる」って(笑)
    猫初めての人だから、猫をかわいさは子猫で充分感じているとは思いますけどね。
    ・・・はい、いいご縁がありますように。

    ( 12:58 )

コメントの投稿

(コメントの編集・削除時に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)


トラックバック

Trackback URL
Trackbacks


最新記事