コクシジウム治療のあいりはかわいそうだった。

昔デビちゃんがオシッコしてもいいようにと、かのんさんとふたりでフロアシートを貼った四畳半の部屋をあいりの部屋にして、
そこから一切出さずに他の猫と隔離した。

あいりはたった一匹で一日中その部屋で過ごし、
朝と夜、私が部屋に入ってお世話する以外はずっとひとりだった。

121020-1.jpg



あいりが一匹でいるのがかわいそうで辛かったけど、少しの辛抱だと自分に言い聞かせた。
朝は薬を飲ませてご飯をあげるだけ、
夜はおもちゃで遊んであげるのだが、それもせいぜい30分くらいだった。

指でメールを打ちながら、足の指でねこじゃらしを掴み遊ばせたりもした。
バレエダンサーだから足を使うのは得意。(ナンチャッテ)

いや、少しでもあいりの部屋にいるためだった。



あいりはおもちゃをふらなくても私の手で遊ぶのも好きだった。
しっぽを膨らませて「欽ちゃん走り」みたいに横っ飛びで走るあいりはおもしろくてかわいかった。

IMG_0882.jpg

IMG_0880.jpg


あいりは毎日ひとりで何をしているのだろう。

ネズミのおもちゃやバネのおもちゃ、じゃらじゃら転がる卵。
ひとり遊びできるおもちゃもたくさん置いておいた。


窓際に椅子を置いてあげると、
あいりは椅子の上に乗って外を眺めていた。

121020-2.jpg



遊びの合間にあいりを抱っこするといつもゴロゴロが鳴りやまない。
いや、あいりの部屋に入ってあいりを触った途端にゴロゴロ言うのだから。
ある夜、あいりを抱っこしていると、ペロペロと舐めながらおっぱいを探るような動作をし始めた。

遊びたいばかりだと思っていたが、無理もない、、、
あいりはまだおかあさんのおっぱいが欲しい年頃なんだ。





コクシジウムの治療中だったがはやいうちにネットの里親募集に掲載すると、
県内の遠方の方よりご連絡をいただいた。

「市内ではありませんがいいですか?」と。




私はとにかくあいりを毎日隔離しておくのがせつなくて仕方なかったから、

もしも先住猫のいないお宅であればコクシのお薬つきであいりを引き取ってもらおう

そう思っていたためすぐにお話しをすすめることにした。



そのお宅~Tさん~ご家族は、小学生の子供さんふたりとおじいちゃんの5人家族。
田舎の一軒屋、家の前は一面田んぼ、家の裏には茶畑というのどかな環境のおうちだった。
先住猫が亡くなって、子供達が寂しがっているからと。

先住猫はいないんだな、それならばお薬付きであいりを預かってもらえるぞ!


121020-3.jpg



最初の検便でコクシジウムとわかった時に、
「たくさんいますね~~~」と言われていたが、
2回目で早くも「マイナスでした、すごいですね~」と病院のスタッフさんから褒められ、
3回目もマイナスだったら里親さんに渡そうと決めた。
そして3回目の検便がマイナスだった日、私はすぐにTさんに電話をしお迎えに来てもらう日を決めた。

本来ならお届けするのだが、私の都合がつかなかったこと、
お届けを延期することは、あいりの隔離生活も延長することになってしまう、
少しでも早くあいりをコクシ部屋から出してあげたくて今回は例外でお迎えにきてもらうことにした。
Tさんの家の外観の写真を送ってもらい、お電話でお話して諸々確認し、
お迎えには下のお子さんを連れてきてもらった。


その日、Tさんを待ちながら、最後にあいりを1階のみんな(海・ふた・ミカ・モーモー)がいる部屋に連れて行った。


IMG_0852.jpg



走る走るあいり

飛び回ってモーモーを追いかける

しっぽを膨らませて興奮して遊びまわっている

どんなにこうして遊ばせてあげたかったことか

あいり、2週間ものあいだ本当にごめんね・・・・




そして小学校2年生のTさんの息子さんと一緒に、
あいりは新しいおうちへ旅立っていった。


IMG_0848.jpg


その夜Tさんからメールが届いた。

本日は大変ありがとうございました。
(中略)
車の中では30分くらい鳴いていましたがその後寝てました。
家に着いてからはずっと走りまわっていましたが、夜になって疲れて時々寝てます。
物音ですぐに起きるので、まだ緊張しているのだと思いますが、
子供達にも全然人見知りしないで遊ぶので早く慣れるのではないでしょうか。
少し寒いせいか人に寄り添って寝るのがとてもかわいいです。・・・




・・・寒いせいじゃない、あいりは人が好きなんだ。



よかった、あいり

今日からもうひとりじゃないね

安心して寝なさいね

そばに必ず誰かがいるから・・・・



幸せになってねあいり




私も一度くらいあいりを一緒のお布団の中に入れて眠りたかったけれど、
それもできずにあいりはあっという間にいなくなってしまった。



幸せになるための我慢は猫も私も必要な時がある。

121020-4.jpg



*************************


今回コクシジウムに有効な対策・・・と思われる方法を発見したのでご参考までに。

あいりは最初トイレを覚えられなかったのか、砂が気に入らなかったのか、
トイレの外にウンチをしてしまうことが数回あったため、
私は部屋の拭き掃除を余儀なくされたのだが、

当然あいりも踏み潰した様子だったため、
これでもかというほど、足拭きをした。

ウンチがトイレにできるようになっても、ウエットテッシュで朝晩足を拭いてあげた。

「いっぱいいますね~~~」と言われたコクシが1週間でいなくなったのは吾ながら驚いたが、
この足拭きのおかげなんじゃないか、、、そう思っている。

ウエットテッシュで拭くのが簡単でいいと思う。



2012/10/20
スポンサーサイト


コメント

  1. にゃんこママ | -

    (*^o^*)

    きゃわゆぃ~
    あいりにゃん(≧∇≦)
    なんて、かわゅい!

    こんな可愛い子が
    ひとりで我慢してる姿を見てるなんて…(ノ△T)
    辛かったですね


    でも里親様が決まって
    幸せになって、良かったですね♪

    ( 00:21 )

  2. chuchu | -

    ケムさん お疲れ〜!

    あいりちゃん 良かったね
    我慢した分 子どもたちと めっちゃ遊んでるね きっとi-194
    じゃ 私のとこの写真 誰のにしようi-229i-101

    ( 02:50 )

  3. お疲れ様でした。

    工藤さんの記事の際、コメントさせていただきました「だるこ」です。

    あいりちゃん、本当によかったですね。
    記事を読ませていただきながら胸が熱くなってしまいました。

    1匹でも多くのネコちゃんに幸せの連鎖が起こりますように・・・

    ( 17:32 )

  4. ふぶき | -

    ステキネーム♪

    アイリちゃんかわいい名前~コクシで大変なのに不謹慎だけど顔もかわいくてメロメロでした。
    ふつうのキジトラにとても弱い私…
    人がたくさんいるお家の子になってよかったね♪ずーっと賑やかに暮らせそうで嬉しいです~

    ( 21:36 )

  5. けむ | xzfXrOoo

    No title

    >にゃんこママさん

    ありがとうございます!本当によかったです。
    あいりを送り出したあとの安堵感といったら・・・・
    「もうあの子はいないんだ」と思うと、
    淋しいよりも何倍も嬉しかったです!


    >chuchuさ~ん!

    いつもブログで宣伝してくれてありがとうね~~!
    そーねーまずは白黒牛柄のモモタが出て行ってくれないと・・・焦ってます。
    応援感謝感謝!これからもよろしくお願いします!


    >だるこさん

    里親さんはある日突然ふらっと現れたりしますよね。
    他の子にもそんな日が来るのだと信じてお世話を続けています。
    あいり、本当にかわいい子でした。いつもありがとうございます。


    >ふぶきさん

    私もなにげにつけた名前でしたが、「あいり」って気に入ってました。
    キジトラちゃんは柄は平凡だけど、情が深いような気がします。
    ひとりぼっちから急に家族が増えて、本当に何よりでした。ありがとうございます!

    ( 13:03 [Edit] )

コメントの投稿

(コメントの編集・削除時に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)


トラックバック

Trackback URL
Trackbacks

まとめ【あいり里親さんが決ま】 ( 17:35 )

コクシジウム治療のあいりはかわいそうだった。昔デビちゃんがオシッコしてもいいようにと、かのんさんと



最新記事