今月いっぱいで猫舎を出て行く・・・
でも向かいのUさん宅の猫のTNRはまだ終わっていなかった。


オスも含めほぼすべての猫の避妊去勢手術はしたものの、Uさんから、
「あと一匹三毛猫がいる」と聞いていた。

三毛猫といえば・・・完全なメスだ。
メスを一匹でも残したらその子がまた子供を産む可能性がある。

TNRは一匹残らずやらなければ意味がない、
その三毛猫は餌をやっているUさん夫婦にさえ寄り付かない捕獲の難しい子だった。
捕獲器にも入ってくれないし・・・
どうやって捕まえようか、思案の最中だった。




そして実はもう一匹。

Uさんの奥さんが「体が弱くて死にそうなメスがいる」と聞かされて、
かのんさんが急遽保護を申し出た白黒猫。

左の頬に黒い丸模様があるので、Uさんご夫婦が「ほっぺちゃん」と呼んでいた。


食が細く、身体もがりがりで、当初避妊手術をするのが目的だったが、
痩せてそこまで体力がなかったので、
ずっと入院生活をしながら体力の回復を待っていたのだった。



IMG_1706.jpg
ほっぺちゃん


やや長毛がかった毛のかわいい子だった。

保護した当初、ところどころ薄毛で白茶けていてみすぼらしい感じだったが、
入院してからはだんだんきれいに生え揃ってきた。
病院の見立てでは「ノミアレルギーだろう」とのことだったので、
「元気になってもUさんに返さず里親さんを探さないとね」とかのんさんと相談していたのだが、
一進一退でなかなか普通の状態にならなかった。

それほど弱い子だった。



そのほっぺちゃんが急逝してしまった。




病院にはかれこれ4ヶ月くらいいただろうか・・・

やはり急に食べなくなってしまい、最後は腎不全だったらしい。


Uさんに連絡したが、、、
Uさんの奥さんは、見送らずにこのままお別れすると言って電話を切った。





IMG_1719.jpg IMG_1721.jpg



かのんさんと一緒に焼却場へ行った。






ほっぺちゃん、虹の橋に行ったら元気に走り回ってね。


今度生まれてくる時はもっと元気な身体をもらっておいで。


それから・・・



最後の三毛猫ちゃんを連れてきてちょうだい。






最後の一匹が終わらないとUさんの家のTNRは終わらない。
何が何でも最後の一匹を捕まえないと。






2013/1/21


スポンサーサイト


コメント

  1. 坂ち | 27ET4VhU

    ほっぺちゃんはひとりぼっちじゃ無かった。
    それだけでも救いは無いでしょうかね?
    寒空の下で、誰にも気付かれず
    ボロボロになって亡くなっていくコは沢山いますよね?
    猫は最期はひとりで知られず
    亡くなって行くみたいだけど。

    うまく言えないけど。

    温かい人の手は、感じてくれたのでは無いでしょうか?


    ほっぺちゃん、よく頑張ったね。



    ( 21:32 [Edit] )

  2. けむ | -

    Re: タイトルなし

    坂ちさん、
    私たちもほっぺちゃんを保護してよかったのか、
    ずっと病院の中にいて、本当は外を飛び回っていた方がよかったんじゃないか、
    Uさんの元にいた方がよかったんじゃないか、って思いました。

    だからそう言ってもらえて少しは救われます。

    見た目もかわいい子でした。
    たくさん産まれると中には虚弱体質というか、そういう猫(こ)も出るのでしょうか。
    元気になれば里親さんも見つけられたのに、残念でした。

    ( 12:48 )

  3. ふぶき | -

    猫は不平を言わないし、本当の気持ちはわからないけど…
    人間の私は、ノミのいない寒くない場所に保護されて、よかったと思ってしまいます。
    手をかけて、送って貰えて…
    ほっぺちゃん、美人じゃなくてもいいから今度は丈夫な体で生まれておいでね。
    そして人間と仲良くしてね。

    最後のミケママが捕獲されて、その現場に片が付きますように。

    ( 06:32 )

  4. けむ | -

    No title

    >ふぶきさん

    ありがとうございます。
    ノミのいない寒くない場所・・・そうですね、そうだといいな、
    ほっぺちゃん安らかにと、
    ただそう祈るだけです。
    ごめんね、ほっぺちゃん。

    ( 01:37 )

コメントの投稿

(コメントの編集・削除時に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)


トラックバック

Trackback URL
Trackbacks


最新記事