ナナがうちに来たその年の後半も、子猫がぞくぞくと持ち込まれた。
2008年10月、いつものようにやなぎさんが餌をやっている公園に、また4匹の子猫が捨てられた。

DSCF0325.jpg

顔のそっくりなトラ2匹、白黒、変わった柄のキジトラ。
いつものように家の前に飾ると、この子達はあっという間に貰い手がついた。


顔のそっくりなトラ2匹は、近所でリフレクソロジーをやっている女性がお客さんを連れて来てくれて、
その人が2匹一緒にもらってくれた。
見ず知らずの女性が見ず知らずのおばさんを連れてきてくれて猫をもらってくれる・・・
本当に神様かと思った。


DSCF0317.jpg


次にうちの前をよく通るという女性が、実家の両親を連れてきて、
「猫を飼うのは初めて」と言いながら、選んでくれたのが白黒の子だった。

DSCF0308.jpg


そして私はてっきりこの子がいちばんにもらわれるかと思っていたのだが、
お腹にアメショーのような渦巻き模様のあるキジ白ちゃんが残った。
男の子だった。

DSCF0295.jpg

この子はよくおしゃべりする子だった。
最初に若いご夫婦がお試しで連れて行ったが、あまりに鳴くので「お留守番がかわいそう」と言って戻されてしまった。

次に今までは犬を飼っていたという高齢のご夫婦が連れて行ってくれたが・・・・

結局そのご夫婦からも返されてしまった。
今思えば高齢のご夫婦には、子猫でなくてもおとなしく人懐っこい大人猫を紹介すればよかったのだと思う。
そのご夫婦は鼻水たらしていたその子のために、医者通いをしたり、
私が言うことをすべて聞き、ブラッシングのブラシや爪切りも買って一生懸命お金をかけてくれた。
でも猫は犬のように言うことは聞かない。
生後3ヶ月では遊びたい盛りで、やんちゃなオス猫は夫婦のイメージと違っていたのかもしれない。

男の子だったけど、私が「チビ」と呼んでいた1字を取って、
「チコちゃん」という名前をつけてくれた。
約1ヶ月もその家にいて、たいそうなお金を使ったのに、私には文句ひとつ言わずに返してくれた。
猫を返したことが、そのご夫婦にとって安堵になったことが、
逆に私には辛かった。
猫と暮らすことは大変なことじゃない、幸せなことなのに、
この人たちには負担の方が大きかったのか。
私のコーディネートが悪かったばっかりに。



その子はその年の暮れ、我が家で年を越すと、
保護したやなぎさんが「いいよ家で飼うから」と連れ帰った。

チコちゃんごめん。
今ならちゃんとおまえに合った里親さんを見つけてあげられると思うのに。
あの時はあれがいっぱいいっぱいだったんだ。


DSCF0808.jpg

手前がチコちゃん、チコちゃんに乗っているのはナナの足。
向こう側はみーくん。


2008/12


スポンサーサイト


トラックバック

Trackback URL
Trackbacks


最新記事