預り子猫のうりちゃん。


130319-4.jpg


フネさんが保護した子、キジトラのオスで生後6ヶ月。




背中の模様がきれいなだけど、尻尾が・・・みじかーい!!!
尻尾がみじかいのでまるでイノシシの子供みたい。

130319-3.jpg



ウリ坊みたいなので「うりちゃん」と名づけた。

(フネさんが猫につける名前はせいぜい色なので・・・この子も「クロ」って呼んでて・・・ 黒ぢゃないし・・・)





フネさんの旦那様は猫嫌い。

それでフネさんは猫達を家の中の1室に閉じ込めている。



先日フネさんご自身の具合が悪くて「入院しないとならない」というので、
それならば子猫1匹くらいは私が預かろう、
と、連れて来たというわけ。



フネさんからうりちゃんを譲渡会に出したいと相談を受けてから、
ワクチン、検便、それにもう6ヶ月なら去勢手術もしないとね、と、
先日のアメショー一斉手術の時に一緒に連れていったのがこの子だ。


割と大きくなってから保護した子なんだろう・・・
抱っこすると震えてる・・・放すと逃げ回るし、捕まえられない。
無理に捕まえて最初は私の腕には噛み傷と引っかき傷ができてしまった。


やむを得ず最初は鳴こうがなにしようがケージに入れたが、、、


あまりにケージを嫌がるので、結局出してあげることに。




その代わりリードでつないでおけるようにとハーネスをつけたためにこの画像・・・


130319-2.jpg



最近はうりちゃんを捕まえる方法がわかった。


おもちゃよ。



おもちゃをふれば出てくるし、おもちゃがある時は触っても逃げない。


130319-5.jpg



でも抱っこは嫌いなのよね。

大丈夫かな~うり坊。
こんなんで里親さん見つかるかな。


だってうりちゃんは里親さんが決まらなくても、もうフネさんのところへは返せない。



なぜならフネさんの旦那様は、フネさんの入院中に残りの猫を外に出してしまったと聞いた。


・・・・・・・

かわいそうなフネさん。
せめてうりちゃんは、ちゃんとおうちの子にしてあげないと。




そんな私の苦悩がわかっているのかいないのか、

今日もうりちゃんは私の胸を蹴り上げて逃げて行く。



あまりの勢いに、パジャマの上からでもくっきりみみずばれができる。
おかげで胸が傷だらけです。ヒリヒリシテマス~



      


この前のアメショー譲渡会に、うりちゃんとミカも参加させてもらった。

そしてうりちゃん、トライアルが決まりました!



お届けは来週。
それまでに、もう少し、人間に慣れてもらわないと。


人間といると気持ちいい、

人間といるとおもしろい、

人間といると幸せって。


そのために一生懸命うりちゃんをいいこいいこする毎日。



・・・とりあえずおもちゃ遊びはかかせない。 




2013/4/2





スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメントの編集・削除時に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)


    トラックバック

    Trackback URL
    Trackbacks


    最新記事