譲渡会には「猫を飼いたくて探している人」「猫は飼えないけど猫を見にくる人」が来る。




前者はもちろんだが、後者のお客様が来ていただくのもとても嬉しくありがたい。



前々回の譲渡会で兄弟子猫の里親さんになってくれたぐりぐら母さんも、
今回の譲渡会にはご家族総出で来ていただいた。
(前回も来てくれたけどね。笑)


猫を飼うのが初めてながら、兄弟2匹(オス・メス)をもらっていただき、とても可愛がって育ててもらっている。
そしてこちらのお宅でも「2匹一緒に飼って本当によかった」と評価いただいてます。


なんとぐりぐら母さんの小学生のお嬢さんが、夏休みの自由研究で「猫のこと」を調べたいということで、
喜んで質問に答えさせていただいた。


質問の内容は、毎月開催している譲渡会のこと、、、なんだけど、

・何匹くらいの参加があって、何匹くらい里親さんが決まるのか
・なぜ譲渡会を開くようになったのか
・譲渡会で里親さんが決まらない猫達はどうなるのか
・譲渡会以外でどんな活動をしているのか
 etc・・・



それは「猫のこと」といっても、

私達ボランティアのあり方というか、

地域の野良猫問題まで関心を寄せて考えられたすばらしい質問の数々で、


すっかりこっちが感心してしまった。




ぐりぐら母さんの娘ちゃんも、
子供ながらにぐりちゃん・ぐらちゃんという猫を飼ったことで、
あの子達を取り巻く環境にまで興味を持ってくれたんだね。

すばらしいっ!!!


ここで質問する前には静岡市の愛護館にも行ってお話しを聞いてきたとのこと。


娘ちゃんの研究結果を学校のお友達にも聞いてもらえることで、
いろんな人が少しでも興味を持ってくれるようになったらいいなぁ。

せめて自分達の住んでいる地域だけでも、
かわいそうな猫がいなくなるように。



それが広がることで、日本全体にかわいそうな猫(動物)がいなくなる世の中になるんだから。





ぐりぐら母さんに差し入れしていただいた、

猫型クッキー


IMG_3386.jpg


これ「オッコクッキーズ」といってお取り寄せお菓子なんだそうだ。


→メンバーのにゃんパンダさんが教えてくれた。さすがにゃんパンダさん!「スィーツ番長」!
(オッコクッキーズの回し者じゃないので「オッコクッキーズ」で検索してみて下さい)

でもこちらのお菓子屋さんでも近所の野良ちゃんを飼い猫にしてくれて、
このクッキーを思い立ったというから、
猫の恩返しですね


      



譲渡会参加猫達で気になる子がいましたら、
左のメールフォームでお気軽にお問合せくださいね。



IMG_3357.jpg IMG_3359.jpg

IMG_3385.jpg IMG_3384.jpg

IMG_3364.jpg IMG_3400.jpg

IMG_3392.jpg IMG_3436.jpg


子猫はすべて健康チェック済み、ワクチン済み(1回以上)
どの子も皆とてもいい子です。

よろしくお願いします!!!


≪追記≫
伊東から参加した茶トラのおからちゃんは里親さん見つかったそうです!!!
よかった~~~~~~~~~~~!!!!


2013/8/20
スポンサーサイト


コメント

  1. ぐりぐら母 | X.Av9vec

    おつかれさまでした!

    譲渡会おつかれさまでした〜!
    たくさんのネコちゃんがトライアルになって、大成功ではないですかv-352
    すばらしい〜v-407

    娘のインタビューに答えてくださってありがとうございました。
    ブログでこんなに褒めていただいて、こりゃがんばって良い自由研究に仕上げなければ!!とハッパをかけています(笑)。

    今後ともよろしくお願いしますv-238

    ( 11:11 [Edit] )

  2. けむ | -

    Re: ぐりぐら母様

    こちらこそ、わざわざありがとうございました~!
    娘ちゃんの自由研究には本当に感心させられました。
    まず関心を持つ、そこが大切で、それだけで充分な気がします~
    こちらこそ今後ともよろしくお願い致します。

    ( 23:53 )

  3. かむ | hDOuJR.s

    No title

    けむさん

    小学生のお嬢さんたちの質問に感心してしまいました。

    ・なぜ譲渡会を開くようになったのか
    ・譲渡会以外でどんな活動をしているのか 

    今宵泣きたい気分でしたので
    ほっこり気分になれました。

    ( 21:24 [Edit] )

  4. けむ | -

    Re:かむさん

    そうでしょう。・・・
    これも猫が教えてくれることです。
    猫は私たちに大事なことを教えるために、悲しい生を選んでいる場合もあるんですね。

    ( 09:58 )

コメントの投稿

(コメントの編集・削除時に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)


トラックバック

Trackback URL
Trackbacks


最新記事