以前コーシローくん、茶タローくん、ミケケちゃんという3匹を保護してくれたNさんが、

勤務先でまた3匹の子猫を保護してしまった。



Nさんの勤務先の建物裏の駐車場に3匹かたまって団子になっていたという。


もしもこの子猫がそのあたりの野良の子だったら・・・

そんなふうにひとところに固まっていたりしない、
その証拠に子猫はすぐにNさんに捕まった・・・つまり誰かが捨てていったのだ。



なんということだ
せっかくコーシローくん・茶タローくんの里親さんが決まってあと1匹になったというのに、
また3匹増えてしまった



Nさんには保護をお願いし、里親探しをお手伝いすることに・・・ああ~

この時生後1.5ヶ月くらいだろうか、目ヤニでくしゃくしゃして目が開かない子猫たち。

IMG_3618.jpg
2013/9/12







その子たちが先日の譲渡会で、



IMG_3945.jpg

ふわふわのきれいな子猫になって参加した。


IMG_3910.jpg



シャム系のやや長毛の男の子は「ししまる」くん、目がブルーで本当に愛らしい。

顔におもしろい模様があるのはメスは「こむぎ」ちゃん、こむぎちゃんもブルーアイだ。

そして黒にうっすら縞模様が見えるのは「やまと」くん、男の子。



このうちのししまるくんのトライアルが決まったのだった。


ししまるくん、とびきり高そうな猫になっていたからね。




IMG_3939.jpg





保護されて愛らしくなった子猫を見ていつも思う。



もしもあのときNさんがこの子達を見つけてくれなかったら・・・

もしもあのまま猫達がちりぢりになって野良になってしまったら・・・



子猫達は薄汚れ、

猫風邪はひどくなって顔は目ヤニでくしゃくしゃになり、

飢えて人を避けて食べ物をあさり、

よもや生きながらえることができただろうか・・・





こんな赤ちゃんがひとりで生きていけるはずなどない、

捨てられるというのはなんと残酷なことか。



      



そのししまるくんのお届けにNさんと一緒に行ってきた。

里親さんのお宅には先住の「ゆずちゃん」というぽっちゃりした白黒猫さんがいた。



ゆずちゃん、「なによコイツ?」といった風だったけど、シャー言わなかったもんね。


ししまるくん、ゆずちゃんと仲良しになれますように!
(といっても母親と息子のような年の差ですが)




あとの2匹も里親募集中です!


IMG_4016.jpg
やまとくん


IMG_3952_201310150035492cb.jpg IMG_3953.jpg
こむぎちゃん



2匹ともNさん家の大人猫さんのヒンシュクを買うほど毎日元気に運動会やっているそうです。


お問い合わせはお気軽に右のメールフォームから





2013/10/11 ししまるくんお届け

スポンサーサイト


コメント

  1. ふぶき | -

    フワフワ

    ししまるくん良かったね。
    保護されなかったらきっと兄弟全員は生き残れない。
    でも捨てる人は死なせる事はかんがてないですもんね。
    保護されるのは幸運なこと。
    この幸運が続いて兄弟全員幸せになれますように♪

    ( 23:56 )

  2. けむ | xzfXrOoo

    Re:ふぶきさん

    >捨てる人は死なせる事はかんがてないですもんね。

    そうなんです、その勘違いが甚だしい。
    保健所に持ち込むよりも心が痛まないから?
    捨てることがなによりもいちばん悪いことだとわかってほしいです。なによりもいちばん悪い、のです。

    ( 10:29 [Edit] )

コメントの投稿

(コメントの編集・削除時に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)


トラックバック

Trackback URL
Trackbacks


最新記事