タカラさんをどうやって慰めたらいいだろう・・・


私はたった1枚の元気な時のテンちゃんの写真を現像し、小さなお花を一緒に持ってタカラさんのおうちを訪ねた。
タカラさんは、その写真を「よく撮れている」といって喜んでくれたけれど、
テンちゃんのことを話しながらずっとテッシュで涙をぬぐっていた。





今年の夏、タカラさんが保護した「カメちゃん」という猫を一緒にお届けに行っていた。
そういえばカメちゃんの里親さんからその後なんの音沙汰もないと言っていたことを思い出した。
「もしかしたら逃がしちゃったのかしら、それで連絡よこさないのかしら」などと冗談めかしたことを言って笑っていた。


そうだ、カメちゃんが元気にしていることがわかればタカラさんも元気がでるんじゃないか!?



苦労して子猫を保護し、

乳飲み子はミルクで育て、病気の子は一生懸命治療をして、

それなのに病気の子は亡くなり、もらわれた子は逃がされちゃったのでは、


それじゃあ保護主は救われない、保護主は報われないじゃないか。



カメちゃんの里親さんは無愛想な人だったかもしれない、でも私からこっそり頼んでみよう、思い出したようにカメちゃんの様子を送ってきたことにしてもらって。



その翌日の昼休み、すぐに私はカメちゃんの里親のAさんのアドレスを探した。
・・・そうだカメちゃんは「ミクちゃん」になったんだっけ。
Aさんに、タカラさんが最近保護した子猫を亡くして落ち込んでいる、なぐさめる意味でも最近のミクちゃんの様子を教えてあげてほしいと、

祈るような気持ちでメールを送ってみた。


その日は会社の忘年会だった。
里親のAさんも昼間はお仕事だろう、返事はすぐには来ないと覚悟していた、、、でも忘年会が終わって家に帰る道すがらもAさんからの返信はまだなかった。

Aさん、どうして返事をくれないのだろう・・・・


誰も子猫の死を引きとめることなどできない、
でも「猫は元気です」のひとことを送ることくらいはできることじゃないか、
なぜそれをしてくれないの?
・・・・・・・・・・・・・

なんだか悔しいというか、やるせないというか、ものすごく悲しくなってきた。

そうだ、私はナナを保護してくれた人にきちんとお礼を言っただろうか、
うのを助けてくれたやなぎさんにもきちんとお礼を言ってあっただろうか―――

その日は雨が降っていた。
大通りを傘をさして歩きながら声を出して泣いても、車の音が泣き声を消してくれて、傘が泣き顔を隠してくれる。
それはただのみっともない酔っ払いだ。(恥)

でもテンちゃんのことを考えると泣けてしかたなかったんだ― ― ―




すると家に帰ってからのこと。


Aさんから返事がきた!
Aさんは音沙汰がなかったことを詫び、仕事が変わってバタバタしていたこと、携帯が壊れてアドレスが消えてしまったことを説明し、ミクちゃんのあともう1匹猫を貰い受けて今は猫2匹犬1匹になったと教えてくれた。

タカラさんのことも気の毒がってくれて「メールしてみますね」と言ってくれた。
そして「タカラさんのアドレス教えてもらえますか」とも。


メールにはミクちゃんに寄り添う白いシャム系の猫の画像、
犬のサンタくんと一緒に寝ている画像、
そして3匹で仲良く寝ている画像が添付されていた。

ミクちゃんは成長して元気にしていた。



131219-3.jpg
右がミクちゃん


131219-4.jpg
サンタくんとミクちゃん


131219-5.jpg



「しばらくは捨てられた子猫に会いたくない」と言っていたタカラさん。

あんなに悲しいことがあっても、会えばまた保護してしまうから。


・・・でも幸せになった子猫と幸せになった里親さんを見て、

タカラさんの悲しみが少しでも癒えますように。




「ミクちゃんは寂しがりやさんなので私の行くところをずーっとついてきます (^^;」
―――Aさんより




2013/12/20
スポンサーサイト


コメント

  1. macoto | 3fIBvpkA

    No title

    けむさーん

    昨日は職場で号泣
    今朝はでかける直前に号泣なんですけどもー
    またゆっくりきますー

    ( 08:12 [Edit] )

  2. はるちゃん | -

    No title

    小さい子が逝ってしまうのは それだけでとても哀れでかわいそうで 思わずもらい泣きです。病気で亡くすのも 私も自分をどれだけも責めて 10年近く経つ今でも 思い出し涙し あの子に会いたくて シッポナにその子を見てしまう自分がいます。

    ( 09:32 )

  3. モネねえ | -

    No title

    ケムさんこんばんは

    深く深く悲しんでいる人を慰めるにはどうしたらよいか
    本当に考えてしまいますよね。。。

    ケムさんの即実行される行動力、私も見習いたいです。
    そしてAさんが答えてくれて本当に良かったです。

    タカラさんの優しさと努力がちゃんと実っている証拠が
    あの仲良くくつろぐ猫ちゃんワンちゃんたちの写真として
    現れていますね^^

    すぐには無理かもしれないけれど
    徐々にでもタカラさんの悲しみが薄れていきますように。

    ( 19:54 )

  4. ふぶき | -

    私も毎日落涙。

    本当に猫の運命は変えられないですね。
    してあげられることは少ない。
    愛情でお腹いっぱいにして返すしかできないのかな、と思います。
    次はもっと幸せになってね、と。
    テンちゃんもいっぱい愛情のお土産貰ってた。

    次はミクちゃんみたいに毎日楽しく暮らすんじゃないかな。
    愛情の種をまくみたいな活動ですね、タカラさん。
    けむさんの行動力もホントにすごいです。
    みならわなければ。

    ( 22:21 )

  5. けむ | -

    Re: No title

    > macotoさん
    涙もろいなー(確かいつぞやも同じセリフを笑)
    いつもありがとうね、ブログにいつでも里親貼ってもらってホントありがとう。

    >はるちゃん
    はるちゃんにもそんな猫さんがいたんだね。
    私達はそうやって経験して次の子との接し方を学んでいくんだよね。
    しっぽなちゃん元気で良かったです。

    ( 09:40 )

  6. けむ | -

    Re:

    >モネねえさん

    タカラさんのやってきたことが無駄ではないとわかって欲しかったんです。
    どんな言葉をかけるよりも、保護猫の幸せに暮らす姿を見るのがきっといちばんですよね。
    行動力なんてほどのものはないです、お恥ずかしい^^;
    いつもありがとうございます。


    >ふぶきさん

    同じく涙もろいふぶきさん。
    悲しい運命をたどる猫が多いせいでこんなことやっているわけで、それも報われないとしたらやりきれないけれど、ふぶきさんの言うように愛情でお腹いっぱいにしてあげられたと思えばいいのかもしれないですね。
    次はきっと幸せな猫生を送るために生まれて来て欲しいです。
    いつもありがとうございます。

    ( 15:18 )

コメントの投稿

(コメントの編集・削除時に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)


トラックバック

Trackback URL
Trackbacks


最新記事