去年のクリスマスの前、


エイケミさんが一生懸命お世話している猫舎の猫達にも里親さんが現れた。



猫舎の猫達とは―――↓

もうひとつの多頭飼育崩壊

猫舎の猫達


ひどい飼育環境から7匹を引き出してきたのが去年の春頃、
しかし皆成猫で年がいってる子もいれば、すべての猫の健康状態が悪く、
しかもほとんどの猫がエイズだった。


そんな猫達でも希望を捨てずに里親さんを探すために毎日通いでお世話しているエイケミさん・・・・


(えらいなぁ・・・)



そう思って少しでも猫舎のお世話のお手伝いしようとすると、

「けむさんは忙しいからいいよ~」

と言ってくれるのだけど、その本心は、

「けむさんは忙しくて猫と遊んでるヒマがないから他の人に頼むからいいよ~」

・・・らしい。


27匹多頭飼育崩壊でお世話したおじいさんと、
私の猫舎の時からお手伝いしてくれているアラレさんがいまやエイケミさんの大事な片腕になってくれている。

多頭飼育崩壊を助けたおじいさんに、今は助けてもらっているのだから人生わからないものだ。




そんな猫達をもらってくれる里親さんが見つかったと聞いて驚いた。


しかも2匹!!!

ロッシーというグレーの男の子と、
うずくんという片目に障害のある男の子を一緒に!!!



え~~~~~っ?!あのうずくんを!???

え~~~~~っ?!2匹も???

え~~~~~~~~~~っ?!エイズなのに????





エイケミさんも「自分でもまだどうなるかわからないって思ってる」って言っていたけど、
仕事の忙しいアラレさんの代わりに車を出して欲しいと頼まれ、私が一緒にお届けに行ってきた。





子供さんのいないふつうの30代のご夫婦。

20131228-1.jpg
「うずちゃん、新しいおうちだよ!」



ふつうのきれいなペット可集合住宅。

20131228-3.jpg
早速探検する2匹



ふつうの・・・いや引っ越してきたばかりで新しいソファや家具が並んでいて、

20131228-2.jpg
「すごいね!陽あたり抜群だね!」(猫舎は陽が当らなかったから嬉しいよ~!)



ふつうの・・・いや普通よりきれいめの奥様が、

20131228-5.jpg
ロッシーは首のアレルギーのあとにバンダナ巻いて



ロッシーとうずちゃんに「よろしくね」と嬉しそうに話しかけていた。

20131228-6.jpg
早くもお腹をみせるロッシー


・・・・・・・・・


猫なんていくらでもいる、


猫なんて飼おうと思えばいくらでも探せる、


それなのにこの奥さんはわざわざハンデのあるこの子達を選んでくれた、


なぜ・・・なぜ・・・・・



里親探しの仕事をしていると、ごく稀にそんな神様みたいな人に会うことがある。
過去に私にも経験がある。
そんな奇特な人が世の中に居てくれるから、
どんな猫でも希望をもって地道に里親さんを探すことができるんだ。



ロッシーとうずちゃんはエイズは発症していないけど、
なぜかアレルギー症状が出て治療は進行形だった。
原因不明のアレルギー・・・でもそれももしかしたら、
新しい里親さんと新しい環境のもとで完治するかもしれない。


エイケミさんはそれを「奇跡が起こるかもしれない」と言っていた。






私は去年のことを思い出した。

片目が白く濁った「海ちゃん」という黒猫にすばらしい里親さんがあらわれ、
妹の「ふたちゃん」も一緒にもらってくれたのがまさにちょうど一年前の今頃。

クリスマスの時期にはきっとそんな奇跡が起こるんだ。




ロッシーのアレルギーが治ってしまえば、なんの心配もなく正式譲渡の運びになるのだけれど・・・



どうか奇跡が起こりますように。





2013/12/28



スポンサーサイト


コメント

  1. こみんと | -

    No title

    決まったんですね~~~~~~!!
    ひゃっほ~(ふなっしー風で)

    やっぱり、あるんですよ!運命の出会いが!
    やっぱり、いるんですよ!心優しい人たちが!

    うれしいです~

    あ~でも譲渡会でもうロッシーちゃんに合えないんですね
    ちょっと寂しいけど
    そんな事はどうでもいい^^
    よかった~ 本当によかったです~~~

    ( 12:38 )

  2. 猫舎の猫たちにもサンタさんが

    お邪魔で~す^^

    本当によかった~♫

    サンタさんの贈り物
    このご縁が実を結びますように☆彡

    ロッシー、うずちゃん p(*^-^*)q がんばっ♪

    ( 13:38 )

  3. けむ | xzfXrOoo

    No title

    >こみんとさん

    そーなんです、嬉しいですよね!
    でもまだ病気の具合を見ながらなので決まりではないんですが、
    なにごともなく本譲渡になることを祈っています。
    さぁこみんとさんも一緒に!ナムナムナム・・・


    >myままさん

    ありがとうございます!
    うまくいきますように!そこはホントにわからなくて・・毎回祈るしかないですね~
    myままさんのところの睦月ちゃんにも、そんな里親さんが現れること祈ってますよ!「

    ( 22:24 [Edit] )

  4. ふぶき | -

    今回もしつこく泣いてしまった。
    ふたちゃんたちのお家が決まってからもう一年なんですね。
    本当に神様みたいな里親さんがいます。
    うちの方でも、耳カットされた子が前足を切断してしまい、ずっと見守ってくれてた地域の人が引き取ってくれました。
    苦労したけど、今は平和に暮らしてます。
    ご縁はどこにあるか私たちにはわかりませんね。
    猫たちがちゃんとご縁を引き寄せるように念じましょう!
    ロッシーたちがいまくいきますように〜!

    ( 22:11 )

  5. けむ | -

    Re: ふぶきさん

    > ふたちゃんたちのお家が決まってからもう一年なんですね。

    そうなんです。あの時も奇跡を感じたものでした。
    お正月前ギリギリにして、私はあたたくて何もかも揃っている自宅に帰ってこれました。
    感慨深いです~~~
    そういう人が世の中に居てくれるおかげで、なんとかなっているんですね。
    ふぶきさんのとこの前脚切断した猫ちゃんもよかったですね~!ウルウル

    ( 12:35 )

コメントの投稿

(コメントの編集・削除時に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)


トラックバック

Trackback URL
Trackbacks


最新記事