猫カフェくるるんのスタッフだったジニーちゃん。

シャム系の美人猫で、身体も小柄で、愛嬌のある人懐こさで大人気だったジニーちゃんが、猫カフェを卒業しておうちの子になった。


ジニーちゃんはちょうど去年のお正月、Y市のお年寄りの多頭飼育崩壊により、27匹の長毛猫の猫舎として使っていた家に新たに11匹の猫達を預かった。そのうちの1匹だった。


11匹の置き去り猫

可愛い猫ジニー


オーナーのハッチーさんも、とりわけジニーちゃんのことはかわいかったらしく手元から送り出すのにも随分寂しがっていた。

それでもそうしなければならなかったのには、ジニーちゃんをもうカフェに置いておけない相当な事件があったからだった。
(詳しくはくるるんのスタッフブログに書いてあります)
↓↓↓↓

「信じられない事が」


今まで平和だった猫のコミュニティーにある日突然一瞬で均衡が崩れる事件が起こり、たちまち猫同士が争い始める・・・

その場に居合わせたハッチーさんはよほど恐ろしかったのだろうと想像する。


その時猫達が何を感じてそうなったのかかわからない、、、わからないだけに対策のとりようもない。



私がたまたまその翌日くるるんを訪れると「臨時休業」となっていて、ハッチーさんは「もう猫カフェを続けられないかも」と漏らしていたほどの落ち込みようだった。
そしてすぐにジニーちゃんを迎えていただけるおうちを探すよう呼び掛けたのだった。


IMG_5559_20140525102157ec0.jpg
ジニーちゃん


ジニーちゃんの新しいおうちはあっという間に決まった。
母娘でお客様として猫カフェに通っていた方で、ジニーちゃんが大のお気に入りだったらしい。
そちらの一人娘のお姫様猫は過去に私がお世話した猫だった。


かねてより「編み癖」があったその子のために、実は私は「もう一匹いかがですか」とオススメしていた。
その時はまったくお返事いただけなかったのだけれど、それが今となってはジニーちゃんを迎えるための席をあけておいたことになったのだ。
無理にオススメしなくて良かったなぁ。



ジニーちゃんと先住猫さんはうまくやっているというし、

ご家族様はジニーちゃんを猫かわいがりで、ジニーちゃんも新しいおうちでのびのびやっているようで、
本当に良かった!
(こちらのスタッフブログにジニーちゃんのその後の様子が書いてありました)
↓↓↓↓

15時まで貸し切りです



生き物相手のご商売というのはつくづく難しいのだと私も傍で見ていて実感した次第。

でも今回のことでくるるんが閉店しなくて本当に良かったです。



ジニーちゃん、いつまでもおねえちゃんと仲良しで元気でね。




2014/5/17
スポンサーサイト


コメント

  1. 坂ち | 27ET4VhU

    No title

    もしかしたら、ジニーちゃんずっと耐えていたのんもしれないですよね?
    それが爆発してしまったのか?
    本当の事はわからないし、もうジニーちゃんが
    新しい家族と共に、幸せならそれていいのかなぁ~。
    それより(あっ、ごめんなさい)、カフェのサンタ君が
    フジコに瓜二つだもので...ついつい見入ってしまった!!!

    あの長毛猫たちも、いろんなところに行って
    今はみんな幸せかと思うと....
    みなさんの活動に感謝感謝ですv-290

    ( 12:50 [Edit] )

  2. けむ | xzfXrOoo

    >坂ちさん

    サンタくん・・・そりゃ~そうですよ。
    フジコちゃんと血がつながってますもん(笑)
    ジニーちゃん、そうだったかもしれないですね。
    でもとてもいい結論に辿り着くことができて本当に良かったです。
    カフェの猫たちもそうやってたくさんの子達が卒業しています。ジニーちゃんの卒業を心からお祝いしたいです。

    ( 15:29 [Edit] )

コメントの投稿

(コメントの編集・削除時に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)


トラックバック

Trackback URL
Trackbacks


最新記事