カスミ荘のママが公共施設から保護した6兄弟の最後の1匹にもその後里親候補様が見つかり、お見合いを待つのみとなった。


IMG_5671.jpg



子猫は成長してかわいらしくなっていく。どうやらこの子はメスのようだ。



IMG_5665.jpg

IMG_5675.jpg


子猫の時の性格というものはあてにならないけど、どうやらこの子はおっとりとした穏やかな性格で抱っこも大好き。

抱っこすると嬉しそうにしている。
子猫ってたいがいじっとしていないのに、抱っこされてじっとしている猫なんてめずらしいなぁ。


いい子だね。
お見合い、うまくいくといいね。

幸せになってね。





するとまたカスミ荘のママのところに新しい子猫情報が。

今度は近所の造園業のところに入り込んだ母猫が産んだという子猫を保護するハメになり、ママは少々うんざりだったのだが、いざ捕まえてくると子猫のあまりにかわいさに嬉々として私に連絡してきた。


「サビなんだけどふわふわですっごくかわいいの


それがこの子。

IMG_5667.jpg


IMG_5668.jpg


うひゃ~~~かわいい!


私はのけぞったが、ママと一緒に暮らしている姪っ子さんは、
その子猫を一目見るなり「変な柄」と言ったらしい。


「けむちゃんだってかわいいって思うでしょ?―この子のかわいさはツウじゃなきゃわからないのよ」とママ。



実はこのサビちゃんは3兄弟であともう2匹子猫がいる。

連絡くれた人は母猫は手術してくれるというので、やむなくあと2匹の子猫達も連れてきた。



それが茶白のオスと、


IMG_5666.jpg


キジ白のオス。


IMG_5710.jpg

IMG_5705.jpg


か・・・かわいい・・・・


この子達は最初の白猫よりも月齢が上のようだ。
身体も大きい。


連れてきたばかりの時は逃げ回っていたけれど、

「もう慣れたわよ」とママが言うように、
私が見ている前で4匹で団子になって眠り始めた。


IMG_5708.jpg

IMG_5719.jpg



かわいいなぁ――

子猫は無邪気でいいなぁ・・・





今年は子猫が少ないと思っていたが、やっぱり出て来るもんだ。

幸い今のところ譲渡会に出す前に順調に里親さんが決まっていく。



この子達も里親募集を呼び掛ける前に決まりそうだ。

その分、この時期は大人猫さんが決まることがまずない。


大人猫さんへと目を向けてもらうには、とにかく個体数を減らすことだ。

子猫はあっという間に大きくなる。
性格も健康状態も安定している大人猫さんを選ぶのは賢い選択だと思うけれど―――



ああ、なんだか私には遠い将来が見えてきそうだ。


譲渡会にはもう子猫は出てこない。

子猫を欲しい人はボランティアさんにお願いして予約待ちになっていく。
そして譲渡会に出てくる成猫ですらどんどん数が減っていく。


すごいなぁ。



砂をすくうような活動だと思ってきたけれど、
もしかしたらがんばってきた成果がでてきたのかなぁ・・・・・


・・・・なーんて妄想はそのうち現実に消されちゃうんだけどね。
いつもついそんなことを夢見てしまうのです。




2014/6/1
スポンサーサイト


コメント

  1. ふぶき | -

    ステキ

    けむさんの未来予想図ステキですね〜
    本当に猫が欲しい優しい里親さんしか猫を貰えない、そうなって欲しいです。
    うちの近所では不妊手術をがんばってくれてるボランティアさんがいるので子猫がいません。
    欲しい人が近所で子猫探しても全然いない、と言って本当にボランティアさんに頼んで来ましたよ(笑)
    そんな地域が広がるといいですね。

    ( 04:24 )

  2. けむ | -

    Re: ふぶきさん

    ふぶきさんのご近所もすばらしいですね!そのボランティアさんの成果ですね!
    そういう人が増えてくればいつか本当に世の中から野良猫はいなくなる、
    それがものすごく遠い未来でも、確実にそんな未来に向かっていると思うと、
    私は本当に本当に嬉しいです。

    ( 01:18 )

コメントの投稿

(コメントの編集・削除時に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)


トラックバック

Trackback URL
Trackbacks


最新記事