ますや旅館の夕食は別のお部屋でだった。

五十四号室は二間続きではあるけれどやや狭いということで。



IMG_0701.jpg

ここでの名物は「鯉」と「まぁーず料理」といって酒粕や麹をまぜた味噌の調味料を使ったもの・・だとか。

半月のお皿の真ん中は鯉のから揚げ。おいしい。



IMG_0702.jpg

信州サーモンと鯉のお刺身。



IMG_0703.jpg

千代幻豚の蒸し物 豚肉うまっ!



IMG_0704.jpg

お酒は「地酒飲み比べセット」というのを冷やでいただきました~



IMG_0707.jpg

鯉をこっくりと煮たもの。


茶碗蒸しが出て、揚げもの、ご飯、味噌汁。



IMG_0709.jpg


卓球から帰ってくると部屋にデザートが置いてありました。




お風呂


お風呂は源泉が39~40度で冬は加温しているらしいけど基本「ぬる湯」ということらしい。

IMG_0699.jpg
内風呂

IMG_0719.jpg
露天風呂


ぬるいお風呂に長~~く入るのが好き。

ぬるいお風呂大歓迎!
でも朝入った露天風呂はぬる過ぎで、下の方が水みたいだった

そしてこの温泉は「飲泉」で飲むこともできると言うので朝風呂の時にコップ1杯飲んだところ、、、


なぜかその日1日トイレが近いのなんのって

1日12回は行ったね、うん。
温泉飲んだせいかなぁ~~???



朝ご飯

IMG_0726.jpg
自家製味噌のお味噌汁とか、もずくのとろろ和えとかがおいしかった~



IMG_0722.jpg
五十四号の部屋の廊下の椅子テーブルセット


窓はすべて「木枠」です。
真冬は寒いだろうな~~~


IMG_0725.jpg

部屋にあったお宝ものの松坂屋の寒暖計。


宿を出る時宿のおばあちゃんから、

昨日は「あんな大きな地震は産まれて初めてだった」こと、このお宿が「国の登録有形文化財」だということを聞いた。


お宿自体が文化財なんだー。
こんな古い建物をずっと維持していくだけでも大変だろうな~



旅の2日目は戸隠の「そば祭り」へ向かう。

でもますや旅館のおばあちゃんに長野県にある「国宝」を聞いて、
どうせなら国宝全部見ておくか!という話になってしまった。(まじか?)




お宿は3人1部屋で1泊2食12,000円に消費税・入湯税150円

五十一号室だと13,000円(多分)、
藤村の間だと14,000円かな。


卓球おもしろくて大満足。
でも冬は寒い、今度来るなら夏がいいなぁ。



2014/11/23





スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメントの編集・削除時に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)


    トラックバック

    Trackback URL
    Trackbacks


    最新記事