先日会社で付き合いのあった友人が亡くなりお通夜に行って来た。


享年49歳、、なんと若過ぎる死。
食道癌が見つかり手術をしたが転移があり結局ダメだった、、術後3年目だったという。


彼女は私から猫をもらってくれた子だった。
もしも独り身で身寄りがなければ猫を引き取らなければならならないかもしれない・・・そんな心配が頭をよぎったが、喪主はご主人だった。


彼女は活動的な女の子で、猫をあげたばかりの頃スキーの予定があって、我が家で預かったことがあった。
名前は確かヘコちゃんといった。
人懐こいかわいい子だったけど、我が家の猫達の前では居ずらそうに、ひとり隠れていたっけ。



ヘコちゃんはどうなるだろうか、
ご主人がそのまま飼ってくれるはずだ、ただ今まで譲渡会に出てきた猫達の中には先立たれた奥さんの猫を処分すると言われ保護したとか・・・そんなケースもあった。





お経が終わって和尚様が珍しくお話しをしはじめた。

「戒名をつけるにあたり、◯◯さんの人となりを伺いましたところこんな風に聞きました」

そのあとの最初のひとことが、

「花と猫が好きで・・・」



ああ


それを聞いて心配がすっと消えた。
彼女は最期の日までずっと猫を可愛がっていた、
それはご主人も同じだった、そしてこれからもずっとかわいがってくれるだろうと、
なぜかそう思った。



飼い主さんに先立たれて残された猫さんがいる。
飼い主さんも無念だろうけれど、猫も唯一の頼れる人を失くしてどんなに不安だろう。
残された猫は自分達だけでは生きていけない。誰かがその生を引き受けてくれなければ。


fc2blog_20150118231504e7e.jpg はるみちゃん7歳♀

fc2blog_20150118231329d0f.jpg ミーコちゃん7歳♀



もしも年をとっても猫を飼いたい場合、
猫は飼いたいけれどれば自分の年を考えると躊躇するというならば、こういう身寄りのない成猫を預かるのはどうだろう。

飼うのではなく預かる

預かってもらっている間、ボランティアさんは正式な里親さんを探すことは探すけれど、
もしも預かりさんがいなければその間すら猫達は窮屈な動物病院のケージにいる場合もあるし、
ボランティアさんが無理して多頭飼育する場合だってある。
そういうことが解消できるし、年配の方は自分が年だからといって猫と暮らすことを断念しなくて済む。

―――この案はあくまでも私のアイデアで、傍からは現実的でないと言われるかもしれない、

でも・・
でもぉ~~~
いい考えだと思うんだけどな~~~~~~





先日テレビでやってた「シルバー川柳」で私が大笑いしながらもせつなくなった一句。


まだイケる もう一度だけ 犬を飼う (65歳男性)



この65歳ってギリギリ感が・・・




私もいずれそういう年になっても、あとのことを心配せずに猫を飼いたい。
世の中の人が協力しあってそういう仕組みができるといいんだけどな。





2015/1/12
スポンサーサイト


コメント

  1. macoto | 3fIBvpkA

    No title

    ご友人のご冥福をお祈りします。

    うん、預かる、いいと思う。
    飼いたくても自分の年齢で躊躇している人たくさんいるもの。
    預かってるだけだから自分の都合で返したいということが起こるかもだけど
    その逆で、正式な里親さんが見つかったら寂しい気持ちになるかもだけど。

    実家の犬はねー
    父が死んだらまったく性格変わってしまって。
    よく吠えて
    目がいつもくるくるして
    落ち着きなくて写真も撮れない犬だったのに

    誰が来ようと吠えず
    じっとしている犬になったよ。
    残された動物も不安と悲しみでいっぱいなんだよね。

    ( 08:23 [Edit] )

  2. No title

    自分が先立つのはほんとに辛かったことでしょうね
    ご冥福とヘコちゃんの変わらない幸せを祈ります

    以前は猫を飼うのでなく預かるということは
    誰かの飼い猫を2,3日預かるという以外は性格的に無理だと思ってましたが
    今では自分がある程度の年齢になったらその方がいいと思ってます
    元気で医者いらずの子ならまだ大丈夫かもしれないけど
    通院とか大変だし
    先代猫が腎不全になって数か月だけど自宅補液してたので
    これは70,80で出来ることではない…と考えてしまった
    腎臓病は高齢猫だとなかなか避けて通れないしその時に自分も高齢だと
    納得できる治療をさせてあげられないんじゃないかと悩むだろうしね

    うさちゃんズにはまだまだ長生きしてもらうので!!
    先の話ではあるけど
    いつかはそうするのがいいのかも?と思ってます

    ( 09:10 )

  3. けむ | xzfXrOoo

    No title

    >macotoさん

    猫の預かりさん、いないんですよね。
    まぁ私も預かりさんの一人ではありますが、我が家の猫に慣れてもらうのに時間かかるし、隔離したい場合もあるし。
    しくみを作るのは難しいかもしれないけど、まず身近な人が手を挙げてくれたらって思います。
    実家のわんちゃんも悲しかったね。犬は特に飼い主さん命だしね。




    >くろねこルゥさん

    「預かる」というのは責任重大な感じがプレッシャーになるので、
    そう簡単にはいかないかもしれない、よほど保護主さんと信頼関係がないと。
    やはり難しいですかねぇ~・・・―_―;

    近年譲渡会で里親NGの条件になっている一人暮らし・70歳以上などの人には、是非預かりさんになってもらいたいものです。
    そういうの社会が下支えしてくれないですかねぇ。

    ( 12:37 [Edit] )

  4. 坂ち | 27ET4VhU

    No title

    うちも、先代ぶーちゃんが亡くなり...
    ぶーちゃんは生後一か月で我が家に来ました。
    そして、22年も一緒に居たので...


    もし次のコが同じくらいだったら...
    うんと頑張って生きないと!


    と思いました。


    そんな折、フジッペとのご縁があって我が家に。
    フジッペは私にべったり...

    私がもし亡くなったら...
    母はフジッペとうまくやっていけるかなぁ...


    などと、最近よく考えます。
    他人事ではありません。
    くるねこさんが預かっていられるトム君の
    おかあさんも、近日お亡くなりになったそうです。

    預かり猫、いい案ですね。
    里親さんが見つかると、寂しいけど....

    ( 14:59 [Edit] )

  5. めいぴー | ELD9pjOg

    預かりっていうよりレンタル?的な

    私もそう思いますが、さて、最終受け皿があればのお話です。それと通院もですよね!具合が悪くなった子を獣医さんに連れて行く方も必要ですよね!
    お年寄りは猫はとかく外出自由にする癖もありますしね!実現できれば良い事ですよね!

    ( 20:59 [Edit] )

  6. ふぶき | -

    同居

    動物飼ったら送るのが仕事と思っていますが、その辛さも皆知ってること。
    しかし残す辛さはいかばかりか…とても人ごとではありません。
    最近の高齢化で飼主の死後センターに持ち込まれる子が後をたたないそうな…社会問題ですね。
    猫や犬の管理を信託会社に頼む人もいるとか。
    年のことを考えて動物との暮らしを断念する人も多数だそうです。
    けむさんの提案に賛成です。
    動物病院への送迎とか、少しのサポートで猫と人間が静かな生活を送れたらいいですね。
    同居人みたいに。

    ( 23:06 )

  7. けむ | xzfXrOoo

    No title

    >坂ちさん

    もしも私が・・って縁起でもない。
    でも私も想像するんですが、私の莫大な財産を猫の持参金にすればなんとかなるかなと・・(←ウソ)
    坂ちさん、ものすごくいろんな猫関係のサイトを覗いてるんですね(笑)さすがです。



    >めいぴーさん

    以前「レンタ猫」って映画を見ました。その時もそんなこと考えてました。
    そうなんですよね、羅列していただいた項目がネックです。
    時代がもう少し先にいって常識が変わっていけば実現可能かも。



    >ふぶきさん

    ふぶきさんのコメント、この記事の補足にしたいくらいです。
    ありがとうございます。

    ( 12:17 [Edit] )

コメントの投稿

(コメントの編集・削除時に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)


トラックバック

Trackback URL
Trackbacks


最新記事