先日の3.15の譲渡会の参加猫は頭数ぐっと減って12匹だった。


しかも皆生後半年以上の若猫さんだらけ。




左目が濁っているけどやさしいお顔のすずのすけくん♂





もう長いこと病院で保護されているビビちゃん♂





初めての譲渡会でビビりまくっていた恐がりの兄弟
保護主さんのおうちでは慣れているらしいけど、、、抱っこもできず

なんとかおうちを見つけてあげたいんだけど・・・





譲渡会常連のヨルちゃん♀ ものすごく甘えん坊になった。






さくらちゃんの息子のピアくん♂

ピアくん、それでも随分譲渡会慣れしてきた。あと少しだね!




そんな中から選んでくれるありがたい里親様。



比較的若い2匹。レイくんとりんごちゃんはそれぞれ里親さんが決まった。




アラレさんの保護猫のチロくんも!!!


チロくんはエイズキャリア。
それも承知で引き受けてくれる里親さんが現れた!!!


      バンザ~イ!バンザ~イ!バンザ~イ!!!


アラレさん、よかったね!

どうか無事に正式譲渡になりますように!



   






中には「子猫はいないですか?」と言ってくるご家族様もいらっしゃる。


この季節、お急ぎでなければもうじき子猫がワサワサ出てくるので、アンケートをご記入いただき子猫の予約も承っております。


予約って・・・変だけど。

普通の商品なら「メーカーに問い合わせます」とか「本日発注して入荷次第ご連絡します」・・・なんだけど、

悲しいかな、そんな手配をしなくても春になると絶対入荷するんだよね。




・・・・・・・・・・・・・




ほーら!!!









一昨日突然電話が鳴った。
電話の主はMさんで、なんと勤務先の駐車場に子猫5匹が捨てられていたという・・・



誰がどこから連れてきて捨てて行ったのか、
たとえば野良猫が家の物置で勝手に産んでしまった、処分したくないから遺棄――――

ああそうかもしれない、
でも拾った人によってはこの子達だってそのまま指導センターに持ち込まれて殺処分されたかもしれない。


捨てた人は自分の手を汚さなかっただけ。


己の手を汚したくなかったのか、
その何十倍も己の心が汚れているというのに。


比較的綺麗な子猫達。
もしや自分の飼い猫が産んだ子猫だということも考えられる・・・



え~~~~~~~い!悪の根源め!



昨今各地で猫の餌やり問題が取り上げられたりしているけれど、そもそも野良猫さえいなければそんなことでモメることもない。
そして世の中になぜその野良猫がいるかというとそのおおもとはこういうことをする人間だ。


その人間は知らぬ顔をしてのうのうと過ごし餌を与える人間が責められる。

そんなのおかしいだろ。
酷過ぎるだろ。


餌を与える人を罰する条例を作る前に猫を捨てる人がいなくなるようにすることを徹底的に考えてくれはしないか。








2015/3/26
スポンサーサイト


コメント

  1. ふぶき | -

    ホロリ

    胸がスッとするようなご意見に賛同。
    エサやりがいるからとそこに捨てに来るような輩は非難されないのか。
    あんな小さい子猫を遺棄するのは殺すのとイコールです。
    耳がまだ頭の上まで来てないよ(T_T)
    小っさい!
    でも元気そうですね。
    早くプリプリ太ってキラキラ可愛さ振りまいて里親さんのハートを掴んでしまいなさい!(笑)
    毎年春の仕入れ子猫がどんどん減って行きますように…

    ( 20:45 )

  2. けむ | -

    Re: ふぶきさん

    コメントありがとうございます。
    言いたいことはたくさんあるけどこれだけ言うのが精いっぱい。
    色んな意見があるのも知ってます。
    ただ飢えた生き物がそこにいたら、食べ物を与えるというのは人間の本能とも言える行為です。
    それがまずわかっていない。
    それが悲しくてたまらないです。

    ( 23:26 )

コメントの投稿

(コメントの編集・削除時に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)


トラックバック

Trackback URL
Trackbacks


最新記事